吉川晃司、ユースケ・サンタマリア、大友康平をはじめ、ミュージシャンとして活動していた人が俳優として活躍することは珍しくありません。
過去にゆずの北川悠仁が月9に出演したことも大きな話題になりました。
しかし、俳優のイメージがない人が、実は映画デビューしていたなんてことも!
そこで今回は、実は映画俳優デビューしていて驚いたミュージシャンについて探ってみました。

実は「映画デビュー」していた意外なミュージシャンランキング
1位 木村カエラ
2位 山崎まさよし
3位 坂本龍一
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「木村カエラ」が選ばれました。個性的なヘアスタイルとファッション、ポップな曲調が女性を中心に人気を集めている木村カエラ。
プライベートでは俳優の瑛太と結婚し、2人の子どもに恵まれています。

そんな彼女も、実は映画俳優デビューをしているミュージシャンの一人。
『カスタムメイド10.30』では主演を務め、その他『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などにもシンガー役で出演しています。

2位には「山崎まさよし」。誰もが知るヒット曲を多数生み出してきた山崎まさよし。俳優のイメージがないだけに、驚いた人が多いようです。
実は『月とキャベツ』という映画で映画初主演を務めました。クライマックスの名曲『One more time, One more chance』をピアノで弾き語りするシーンが印象的。

その他、映画やドラマなど、様々な作品に出演しています。

3位は「坂本龍一」がランク・イン。世界的に有名な天才アーティストの坂本龍一。
彼が生み出す美しいメロディーは、多くの人を魅了しています。『戦場のメリークリスマス』のサウンドトラックはあまりにも有名。

実は彼、楽曲を提供しただけでなく、俳優として映画に出演もしています。なんとデヴィッド・ボウイとのキスシーンも…!

このように、映画俳優デビューを果たしているミュージシャンは少なくありません。
気になる4位~23位のランキング結果も要チェック!

普段から表現することを意識しているだけに、演技力が高いと評判の人が多いようです。
みなさんは、どのミュージシャンが映画俳優デビューしていたと聞いて驚きましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年3月29日~2016年3月31日