「この前の旅行、最悪だったな…」「あんなつまらない場所だったなんて…

みなさん、旅行の際は計画を立ててから行きますか?それとも行き当たりばったりですか?
例え計画を綿密に立てたとしても、狙ってたスポット自体が実はガッカリな場所だった場合、計画があろうが無かろうがガッカリしちゃいますよね。

今回はそんな旅行で「ガッカリした都道府県」を調査・ランキングにしてみました。
観光名所もあるあの都道府県が、もしかしたら上位に刺さってるかもですよ。

1位 沖縄県
2位 北海道
3位 鳥取県
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は「沖縄県」。美しい海と独特の文化の観光名所がまさかの1位!
沖縄といえば修学旅行や卒業旅行でも人気なはずなのですが、行った事のある人の多さなのかTOPに来てしまいました。
というのも、綺麗な海と引き換えに台風が来やすい沖縄県なので、せっかく海を楽しもうと思っても台風のせいで期間中ホテルから出られなかった、なんて事が多いようです。

他にも戦争に関係する記念碑なんかが完全に観光地化されており、慰霊や勉強の気が削がれたなんて事もあるんだとか。
天候アレコレはどうにもなりませんが、戦争に関する貴重な資料があるところの観光地整備はしょんぼりしちゃいますね。


2位は「北海道」。道外の人が思ってるより巨大な観光地が2位を獲得!
北海道の夏は比較的涼しく避暑にはもってこいですが、冬は旅行者の皆さんが想像しているよりもはるかに寒さが厳しく、吹雪や寒さで全然楽しめなかった、なんて事が多そうですね。
また北海道自体が非常に大きい上に交通手段が限られているため、少ない日程で効率的に回ろうと計画してほとんど移動しかしない旅を経験した人も多いようです。


3位は「鳥取県」。水木しげるロードも有名な県が3位にランク・イン!
実は結構観光名所がある鳥取県ですが、砂丘のイメージが強すぎるのかみんな砂丘に行き、夏の暑さや冬の強風を味わってガッカリしているようです。
砂丘にこだわらず、 日本の滝百選に選ばれた名所「雨滝」とかを回ると印象も変わりそうですね。

いかがだったでしょうか?
北海道は実際めちゃくちゃ広く、中央に位置する山脈の影響で他の名所に行くのに信じられないくらい時間がかかるので、色々回りたい時は2週間以上期間を設ける事をオススメいたします。

今回は「旅行でガッカリした都道府県ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜46位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆・イラスト:Hikaru Sano

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年3月4日~2016年3月8日