今や試合と同じくらいサッカーファンのお楽しみになっているのが、通称 “スタグル”ことスタジアムグルメ。全国津々浦々、J1・J2・J3リーグ、計53クラブのホームスタジアムでは、毎週末ご当地の「ウマイもの」がサポーターの胃袋をわしづかみにしようと待ち構えているのだ!うーん、ギュルルル~!ゴクリ。

というわけで、スタジアム通い15年目の食いしん坊サポがこの場をお借りして、祝・2016年Jリーグ開幕!勝手に「スタグルBEST11」を選出。つけ難い順位は独断と偏見で決定し、おすすめグルメを紹介します。

では、さっそくBEST3を発表!

1位 ハム焼き(県立カシマサッカースタジアム:鹿島アントラーズ)

2位 炎のカリーパン(NDソフトスタジアム山形:モンテディオ山形)

3位 塩ちゃんこ(等々力陸上競技場:川崎フロンターレ)

⇒4位以降のランキング結果はこちら!


【1位】ハム焼き(県立カシマサッカースタジアム:鹿島アントラーズ)

ぶっちぎりのグルメ度で他チームのサポから羨望の的のカシマスタジアム。数ある極うまメニューの中でも「五浦ハム」の「ハム焼き」を堂々の第1位とします!

ハムというよりまるで「肉塊」。長い串にゴロゴロ刺さった塊にかぶりつくと、外側はカリッとして中はほんとジューシー。1本ずつ炭火で焼いたスモーキーな味わいです。見よ、このモウモウと立ちのぼる煙を。画面から煙とにおいが出て、この美味しさが伝わればいいのに!

他にも、ソーセージがパンの両端から垂れ下がるほどの「豚ドッグ」、「もつ煮」「トマトもつ煮」「究極のメロンパン」「メロンまるごとクリームソーダ」などなど、うまいメニューがパワープレーで攻めてくるので嬉しい悲鳴!

ただ、 “アウェーの洗礼”が厳しいのが、このグルメ帝国の無慈悲なところ。ホーム側コンコースの充実ぶりに比べて、アウェー側ゴール裏といったら…メニューの種類・量とも格差がハンパない!「アウェーチームの応援だけどウマイ物もたらふく食べたい」そんな時は、ホーム側に行き来できるバックスタンドの席を取りましょう。


【2位】炎のカリーパン(NDソフトスタジアム山形:モンテディオ山形)

山形牛ステーキ、芋煮、どんどん焼き、牛ホルモン焼き…うまい物だらけでグルメ総合力の高い山形NDスタ。なかでも頂点に据えたい「炎のカリーパン」が第2位です!

外はサックサクでカリッとして油っこくなく、パンはもっちり。カレーはどこか懐かしく素朴な味で、「これ何個でも行けるヤツやん!」と叫んでしまったほど。

もともとは銀山温泉の名物「はいからさんのカリーパン」を作っている株式会社明友(めいゆう)さんが、「辛口のカレーパンで熱くモンテディオ山形を応援してほしい」と2004年に生み出したもの。

今では辛口・並辛の2種類のほか、「対戦相手を喰っちゃおー!」シリーズとして、毎試合ごとに対戦チームにちなんだ具を入れたオリジナル味も販売して大人気。シーフード(湘南)とか手羽先(名古屋)とか「それ絶対おいしい!」という具のみならず、生八ツ橋(京都)、とちおとめ(栃木)、イナゴ(FC東京)とかを平気で突っ込んでくるセンス、今年も目が離せません!

※「FC東京が何故イナゴ?」と気になっちゃった方は、 戦慄のメシテロ!「蝗活(イナカツ)」って何? をご覧ください


【3位】塩ちゃんこ(等々力陸上競技場:川崎フロンターレ)

川崎市内にある相撲部屋、春日山部屋の力士が、スタジアム横のイベント広場「フロンパーク」に来て作って売っている「塩ちゃんこ」が第3位!

柔らかい肉と野菜がたんまり、うどんも入ったサッパリ味の塩ちゃんこは、冬はもちろん夏でもペロッといけちゃう逸品です。もう1種類、ソップ(しょうゆ)、みそ、カレー、キムチ味のどれかが出てくる「日替わりちゃんこ」もあり、おすすめは「カレーちゃんこ」。


こちらがフロンパークの入口ですが、何といってもココを中心に繰り広げられる「斬新すぎる企画の数々」が、実は塩ちゃんこの第3位にコミコミになっております!

例えばちょっと見聞きしただけでも、マグロならぬ「東急バス解体ショー&部品即売会」をやったり、那須どうぶつ王国からアルパカのヨモギちゃん、カピバラさんなどを招いて辺り一帯を“モフモフの夢空間”に変身させたり、ボディビルのショーや「青空GOLD’S GYM」などでキレてる祭典「マッスルスタジアム」を開催したり…。

毎回アウェーチームのファンもツッコミ、いや便乗して楽しめるような企画が目白押し。ちなみに「マッスルスタジアム」ではこんな珍グルメに遭遇!

川崎マッスルブラザーズによる【握力】生絞りジュース&サワー!

何と“戦うフリーター”として有名な所英男選手まで!もちろん生絞ってもらうしかないでしょ。でもここはやはり塩ちゃんこの春日山部屋、春桜関にお願いして…

「はい、いきます」ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅむ~~~。
最後の最後は渾身の力を込めて…

ふん!ぅぐぐぐぐぐッ!

こうしてとびきりマッチョな握力にて完成した「生絞りグレープフルーツサワー」は、最高にフレッシュで美味しい!ごっつぁんでした。


さて、4位以降にはどこのスタジアムのどんなグルメがランクインしているでしょうか?写真とともに紹介しているので「メシテロ」覚悟でぜひどうぞ。

ちなみにgooニュースではJリーグの「試合速報」をスタート!気になる試合の経過と結果のチェックもお忘れなく!