宇多田ヒカルが、5年ぶりに音楽活動を再開!

活動を休止していた宇多田ヒカルが、本日4月4日に新曲2曲のタイトルを発表しました。1つはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌である「花束を君に。」。もう1つは、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)エンディングテーマ曲の「真夏の通り雨」。両番組とも本日スタートなので、いち早く聴きたい方は要チェックです。

さて、1998年に15歳という若さでデビューして以来、クオリティの高い楽曲を発表し続けてきた宇多田ヒカル。その中でも、皆さんが一番の名曲だと思う楽曲はどれですか?調査結果をお届けします!

■宇多田ヒカルの名曲といえばランキング
1位 First Love
2位 Automatic
3位 光
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位に輝いたのは、「First Love」。1999年に発売された3枚目のシングルで、松嶋菜々子と滝沢秀明主演の木曜ドラマ『魔女の条件』の主題歌としてリリースされました。

96万枚の大ヒットとなり、選抜高等学校野球大会の行進曲にも起用されました。この曲を聞くと、当時の思い出が鮮明に蘇ってくるという人も多いのではないでしょうか。


2位は、宇多田ヒカルを世に知らしめる代表曲となった「Automatic」。狭い室内で歌っているミュージックビデオの独特の演出が当時話題にもなりました。日本人離れした歌唱力とダンスに驚いた人も多く、15歳という年齢を聞いてさらにびっくりした人も多かったのでは。


3位には「光」がランク・イン。10枚目のシングルとして発売されたこの曲は、PS2用ゲームソフト『キングダムハーツ』の主題歌として作られた楽曲です。システムキッチンで歌うプロモーションビデオも話題となりました。このプロモーションビデオを見て、キッチンでこの歌をノリノリで歌った人も少なくないのでは。

さて、皆さんの好きな名曲はランキングされていましたか。本日より、いよいよ本格的に音楽活動を再開する宇多田ヒカル。さまざまな経験を経て培ってきた音楽性は、今後どのように発信していくのか興味がありますよね。。今後の活躍も目が離せませんね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,590票
調査期間:2015年12月09日~2015年12月23日