こんにちは、gooランキング編集長のアプリーナです。
2015年も終了間近な今日このごろ。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

gooランキングでは、今年もたくさんのランキングをお届けしてきました。芸能人に関するランキングや、あるあるネタ、恋愛・エンタメ系ランキングなどなど…その数かるく1,000本以上。

でも、中には様々な理由でお蔵入りになってしまった、いわゆるボツネタも多数存在するんです。今回は、そんな陽の目を浴びれなかった悲しきボツネタたちを、反省と供養の意味をこめて、ここに放出させていただきますッ…!

※ボツネタだけにしょーもない内容注意

ボツネタ① 話題のアノ人がいなくてボツ

イケメンスポーツ選手の筋骨たくましい腕に、腕枕された〜い!なんて思ったことのある女子の方、多いのではないでしょうか。というわけで、秋ごろに取ったアンケート調査結果がこちら。

■腕枕されたいイケメンスポーツ選手ランキング
1位:内田篤人
2位:室伏広治
3位:羽生結弦
4位:内村航平
5位:長谷部誠
6位:入江陵介
7位:ダルビッシュ有
    ・
    ・
    ・
うんうん、名だたるイケメンマッチョ選手の名が連なる、実に納得感のあるランキングだよね!…って、

2015年の主役、五郎丸どうしたあああ

そう、こちらのランキング、「腕枕されたいイケメンスポーツ選手ランキング」なのに、今年を象徴するイケメンスポーツ選手の五郎丸選手がランクインしていないのです。というのも、アンケート調査とほぼ同時期にラグビー日本代表が伝説的な勝利で躍進し、五郎丸選手が大ブレイク。タッチの差で五郎丸知名度が爆上がり~!

もしもラグビー勝利後に調査をしていたら、五郎丸選手、上位ランクインは必至だったでしょう。きっと室伏選手あたりといい勝負してたんじゃないかと。ラグビーフィーバーのさなか、五郎丸のいないランキングなんてなんの価値もないッ…!ということで、このランキングは泣く泣くお蔵入りに。

画像:goo画像検索


ラグビー日本代表の勝利以後、スポーツ選手のアンケートを取る際は、当たり前のようにその名が挙がるようになった五郎丸選手。私はこの現象を五郎丸以前・五郎丸以後と呼んでます。せっかくなので、五郎丸抜きの「腕枕されたいイケメンスポーツ選手ランキング」をどーぞ。(でもリアルに腕枕してもらったら首痛めそう)


ボツネタ② アイツがいなくてボツ!

12月半ばに公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。公開日に合わせて掲載予定だった、こちらの人気キャラランキングなのですが…。

■好きな「スター・ウォーズ・シリーズのキャラ」ランキング
1位:ダース・ベイダー
2位:R2-D2
3位:C-3PO
    ・
    ・
    ・
18位:ボバ・フェット
19位:パルパティーン/ダース・シディアス
19位:ウィケット・ウィストリ・ウォリック

ヨーダいなかった。

スター・ウォーズの人気キャラ投票なのにヨーダがランクインしていないとは何事か…。こちらはgooランキングの投票機能を使って取ったアンケートだったのですが、なんと選択肢にヨーダを入れ忘れるという運営側の痛恨のミスゆえの結果でした。ということで、スター・ウォーズファンにしばかれるまでもなくお蔵入りに。南無〜。
1日ペットにして「スター・ウォーズごっこ」したいキャラクターランキング

画像:goo画像検索


こちらもせっかくなので、ヨーダ抜きの好きなキャラランキングをどうぞ。反省反省。

そんじゃ次ィ!


ボツネタ③ 最低すぎてボツ

突然ですが、JR山手線の駅のホームって本当によくゲロが落ちてるんです。ゲロです。金曜の夜なんてとくに。そんなわけで、「最もホームにゲロが落ちてる山手線の駅はどこだ!?」という最低なランキングを作ろうと思いました。(気になりませんか!?)

ことの発端は、「鶯谷のホームのゲロ落下率が新宿よりヤバイ」というタレコミがあったこと。ふつうに考えると、乗降客数ランキング上位で繁華街のある渋谷・新宿・池袋あたりが多そうなイメージですが、乗降客数最下位の鶯谷が本当に1位だったらすげえや!と思い、各所に問い合わせてしてみましたが、当然のごとくNGをくらい、他にもいろいろと怒られそうな空気を察したのでボツになりました。

タレコミが事実だとしたら、鶯谷に何が起きてるのでしょうか。今回はボツネタになってしまいましたが、いつか山手線ゲロの真実にたどり着きたい次第でございます。ちなみにgooランキング編集部のある田町駅では、ほとんどゲロ見ないです。


反省してまーす!

そんなわけで、あらゆる理由でボツになったランキングを紹介させていただきました。まだまだ、ここでの掲載すらはばかられるゴミネタも山ほどありますが、編集部の名誉のためにここまでにしておきます。そう、gooランキングは編集部の地道な調査と多大なムダの上に成り立っているのです…。

今年の反省を活かし、2016年は皆さんにさらなる面白ランキングをお届けるできるよう、精進してまいりまする。それでは、また来年〜!
編集会議の図