いよいよ年末が近づいてきましたね。日本には毎年恒例の年末行事が多数存在します。「これをしないと年が越せない」という行事もあれば、そうでもない行事も…。そこで今回は、もういらないと思う年末年始の行事について探ってみました。

■もういらないと思う年末年始の恒例行事ランキング
1位:日本レコード大賞
1位:ジャニーズカウントダウン
3位:年賀状
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《日本レコード大賞》が選ばれました。
1959年に始まった音楽に関する有名な賞として知られる《日本レコード大賞》。その一年に発売された邦楽CDの中で、作詞・作曲・独創性等、幅広い指標をあてはめ、一番優れていた作品に贈られる賞です。毎年恒例行事として行われていますが、特に若い世代からの注目度は低く、「もういらないのでは?」と感じている人も多いようです。

同率1位は《ジャニーズカウントダウン》でした。
毎年大晦日の夜にスタートし、お茶の間と一緒に年明けを楽しむジャニーズタレントによる番組《ジャニーズカウントダウン》。このときしか見ることができない豪華な顔ぶれを楽しみにしている人もいる一方で、「別に年末のイベントとしてやらなくてもよいのでは?」という声も。

3位は《年賀状》でした。
毎年、年末は《年賀状》の宛名書きに追われるという人も多いのではないでしょうか。お正月の風物詩のひとつでもある《年賀状》ですが、最近はメールで新年の挨拶を済ませる人が多いことから、「もう廃止しては?」と思う人も多いようです。また、「住所を書いて配るなんて、個人情報が心配」なんてイマドキの意見もちらほら見受けられました。
このように、毎年恒例の年末行事ですが、「もうやめればいいのに」と思われているものも少なくないことが分かりました。みなさんは、どのような年末行事が「いらない」と思いますか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:767票
調査期間:2015年12月06日~2015年12月11日