女性の必需品とも言えるブラジャー。ノーブラで動き続けることでバストを支える乳腺が切れてしまい、バストの下垂を招くことも…。そんなバストを支えるという大切な役割を担うのがブラジャーです。しかし、窮屈に感じることもありますよね。そこで今回は、女性がブラジャーを外したいと思うときについて探ってみました。

■女性がブラジャーを外したいと思うときランキング
1位:寝ているとき
2位:休日に家でのんびりしているとき
3位:温泉地で風呂上りの浴衣を着るとき
4位:ベアトップやチューブトップなど肩や背中を出す服を着ているとき
5位:家事をしているとき
6位以降を見る

 1位は《寝ているとき》でした。とくに寄せて上げるタイプのブラジャーや補正効果が強いものは、締め付け感もあり、リラックスしたいときには不向き。寝るときは外したいと感じる女性も多いようです。しかし一方でノーブラで寝るとバストの形が崩れることもあるので、窮屈感の少ないナイトブラなどをつけて寝るのもおすすめ。2位は《休日に家でのんびりしているとき》でした。ゆっくりソファーでくつろいでいるときは、締め付け感から解放されたいと願う女性も多く、カップつきキャミソールを着用する女性も少なくありません。3位は《温泉地で風呂上りの浴衣を着るとき》でした。温泉で体の芯からあたたまり、リラックスしたあとに窮屈なブラジャーをつけることに抵抗がある女性が多いようです。4位は《ベアトップやチューブトップなど肩や背中を出す服を着ているとき》でした。ベアトップなどを着るときにブラ紐が見えているとせっかくのオシャレが台無しですよね。また、パーティーや結婚式でドレスを着るときにもこのような悩みが出てくるようです。5位は《家事をしているとき》でした。洗濯や掃除など、家事は意外とパタパタ動いたり体を伸ばすことが多いもの。そんなとき、下着の締め付けを窮屈に感じる女性が多いという結果となりました。
 このように、ブラジャーはバストをキレイに見せてくれるボディメイクの味方である反面、リラックス時には窮屈だと感じている女性が多いようです。購入時は面倒くさがらずにフィッティングをして、付け心地を確かめた方がよさそうですね。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年9月24日~9月25日
有効回答者数:女性500名