2015年のラグビーW杯イングランド大会で、優勝候補である南アフリカに大金星を挙げ、多くの感動を呼びました。そんなW杯が終わってからも選手達はテレビで引っ張りだこ状態。またTOPリーグも始まったことでさらに注目を集めている選手達。そこで、今後も注目したいW杯日本代表選手ついて調査しました。あの人はランキングされているのでしょうか。

■今後も注目したいラグビーW杯日本代表選手ランキング
1位:五郎丸歩
2位:リーチ・マイケル
3位:アマナキ・レレイ・マフィ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《五郎丸歩》が選ばれました。
今大会の活躍では、五郎丸フィーバーが巻き起こるほどの人気者に。さらに「五郎丸ポーズ」も注目を集め、流行語大賞にもノミネートされました。実際に、指をかまえるポーズを試した人も少なくないのでは。また、現在行われているTOPリーグでは《五郎丸歩》が出る試合のチケットが早々に完売、さらに、12月20日に椿山荘で行われる《五郎丸歩》の16,000円のトークショー、当初は高すぎるんじゃないかと騒がれていましたが、発売が開始されるとたった25分で完売したそう。恐るべし五郎丸フィーバーですね。
今後も注目したいラグビーW杯日本代表選手ランキング

画像:goo画像検索


2位には《リーチ・マイケル》がランク・イン。
日本代表の司令塔でもある彼はニュージーランド出身。15歳の時に留学生として日本に来日して以降、東海大学に進学しています。所属チームでは、準優勝に貢献するなど輝かしい成績を残している《リーチ・マイケル》。まさに日本代表のキャプテンとしてふさわしい力の持ち主なのではないでしょうか。
今後も注目したいラグビーW杯日本代表選手ランキング

画像:goo画像検索


3位は《アマナキ・レレイ・マフィ》でした。
相性ナキで親しまれる彼は、トンガ出身で5歳からラグビーを始めたとのこと。かつてはトンガ代表としても活躍していたそうですが、現在は日本代表としても注目を集める若きエースの一人となっています。
今後も注目したいラグビーW杯日本代表選手ランキング

画像:goo画像検索


ラグビー日本代表ですが、海外の選手が多く在籍しているのが気になっている人もいるのでは。日本代表に選ばれた31名のうち10名が外国の選手だそです。31名のうち10名と聞くと多いと思うかもしれませんが、実は他のチームではもっと多い国もあるとのこと。日本では、海外の選手は助っ人というイメージが強いかも知れませんが、日本を代表として戦ってくれる人に、肌の色の違いはないという、素敵な例ではないでしょうか。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:741票
調査期間:2015年09月25日~2015年10月09日