30代目前の女性がよく口にする「お肌の曲がり角」という言葉。20代前半のときは感じなかった肌のお悩みに直面し、肌老化を感じたという人が多数。では、30代になるとどのような肌のお悩みが出てくるのでしょうか。そこで今回は、30代肌のお悩みについて探ってみました。

■30代肌のお悩みと思うものランキング
1位:毛穴の目立ち
2位:乾燥
3位:シミ・そばかす
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《毛穴の目立ち》でした。20代のころはツルンと陶器のような肌だったのに、30代に入ってから鼻や頬の毛穴が気になるという女性が多数。毛穴が気になるだけでなく、ファンデーションの“毛穴落ち”に悩まされているという人も。また、毛穴が開いていることで皮脂が増え、オイリー肌になってきたというお悩みも多く見られました。

2位は《乾燥》でした。今までと同じお手入れをしているのに、肌がカサカサするようになったという人が多いようです。特に秋冬は、粉が吹いたように肌が白っぽくカサついたり、乾燥することで目元の小じわや口元のしわが目立ち、悩んでいるという人も。20代のころと比べてうるおいが足りないと感じている人が多いことが分かりました。

3位は《シミ・そばかす》でした。気が付いたら今までなかったシミがぽつり、ぽつりと、年々肌のシミやそばかす、色むらが気になるという人も。また、10代のときは夏に日焼けしても冬になったら元に戻ったのに、30代に入ってからは日焼けやシミがいつになっても消えないと悩む人も少なくないようです。

この他にも、4位は肌のくすみ、5位はほうれい線といった、30代以降の女性ならではのお悩みが上位にランク・インする結果となりました。年齢、肌質、悩み別によって推奨されているスキンケア方法も異なるので、今のお手入れで満足できていない人は、化粧品カウンター等で美容のプロに相談してみても良いかもしれませんね。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代女性)
調査期間:2015年10月9日~2015年10月10日