好きな男性に可愛く見られたいと普段からがんばる女性は少なくありません。しかし、がんばり過ぎも問題。男性はがんばっているONの女性と、気を抜いたOFFのときの女性のギャップにドン引きしてしまうことも。そこで今回は、ON/OFFに驚いた、女性のギャップについて探ってみました。

■男性に聞いた、ON/OFFに驚いた、女性のギャップランキング
1位:目が大きいと思ったのに、すっぴんは小さい
2位:男性にはネコナデ声なのに、女性には低い声
3位:肌がきれいな人だと思ったのに、ボロボロ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《目が大きいと思ったのに、すっぴんは小さい》でした。最近は少しでも目をパッチリ見せるために目力メイクに力を入れる女性が少なくありません。太目のアイラインやつけまつ毛で目を大きく見せ過ぎた結果、すっぴんになったときの目の小ささに驚きを隠せないという男性が多く、1位に輝きました。

2位は《男性にはネコナデ声なのに、女性には低い声》でした。男性と話すときはアニメキャラクターのように高い声でやわらかく話す女性が、同性と話すときは声のトーンが低くなり、急に口調が変わる人もいるようです。そのような女性の腹黒い一面を見て驚くと同時に、ドン引きしてしまう男性が多く、2位にランク・インしました。

3位は《肌がきれいな人だと思ったのに、ボロボロ》でした。シミひとつなく、まるで陶器のようにツルンとした白肌だと思っていた女性が、いざメイクを落とすとシミだらけでボロボロ…そんなギャップに衝撃を受けた男性が多いようです。肌がキレイな女性が好きという男性が多いだけに、このギャップにはショックが隠せないという意見が多く、3位にランク・インしました。

このように、ONで完璧な女性を演じ過ぎると、OFFのときとのギャップが大きくなり、その分男性からドン引きされる可能性も高くなるようです。みなさんは、ONとOFFで大きく使い分けていることはありますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年6月24日~2015年6月26日