「きちんと睡眠をとっているはずなのに、なんだか体の疲れが取れない…」という人も少なくないのでは。睡眠時間は長すぎても、逆に短すぎても体に疲れが残ってしまったり、体に影響を及ぼす要因になることがあります。一般的な睡眠時間が分かれば、自分の睡眠時間が平均なのかどうか知ることができますよね。そこで、皆さんが寝不足だと感じる睡眠時間について調査してみました。

■寝不足だと感じる睡眠時間ランキング
1位:5時間以下
2位:4時間以下
3位:6時間以下
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《5時間以下》が選ばれました。若い世代はもしかしたら《5時間以下》でも、日常生活に支障が出ないのかもしれませんが、年をおうごとに、《5時間以下》という睡眠時間は辛さを増すものです。5時間以上睡眠時間を取ることができれば、スッキリと目覚められるという人が多いようです。

2位には《4時間以下》がランク・イン。数字を見ると短いような気がしないでもないですが、大事なのは睡眠の質です。睡眠は、浅い眠りを示すレム睡眠と深い眠りを示すノンレム睡眠を交互に繰り返し、体を休めています。浅い眠りのノンレム睡眠の時に起きることができれば、短い時間でもスッキリ目覚めることができます。

3位は《6時間以下》でした。上位3つの中では、最も長い時間の回答でしたが、総務省が5年ごとに行っている『社会生活基本調査』の、平成23年平均睡眠時間の統計では、睡眠時間の全国平均は7時間31分だったそうです。そう考えると、《6時間以下》でも、睡眠時間としては少ない方かもしれません。

今回のランキング結果に対して、あなたの睡眠時間はどれくらいでしたか。睡眠は時間も重要ですが、質も重要です。どうしても睡眠時間を確保できないなら、質にこだわるのも一つの方法ですよ。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
集計期間:2015年03月21日~2015年04月04日
投票数合計:951票