日本の夏はムシムシとして湿気が多く、日中は長時間外にいるのが厳しいほどです。そんな暑い夏に、皆さんは何をたくさん消費しますか?今回のランキングでは、夏にたくさん消費すると思うものを聞いてみました。1位には、多くの人が少しでも消費を減らしたいと思う、あの項目がランク入りしました。

■夏にたくさん消費すると思うものランキング
1位:電気代
2位:日焼け止め
3位:麦茶
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《電気代》が選ばれました。夏の《電気代》といえば、エアコンによる消費量が多くを占めます。節電も気にもなりますが、猛暑の中無理をし過ぎると熱中症の恐れがあります。《電気代》の節約も大切ですが、無理をして体を壊さないように注意しましょう。

2位には《日焼け止め》がランク・イン。秋になってシミやソバカスで後悔しないように、入念な日焼け対策を行う人が多いのかもしれません。ちなみに、最近では皮膚がんの防止のため、子供にも《日焼け止め》を塗るのが当たり前となってきているそうです。

3位は《麦茶》でした。暑い夏に、キーンと冷えた《麦茶》は、子供の頃からの定番といえるでしょう。ただし、飲み過ぎてお腹を壊さないようにご注意を。

夏に消費するものとして思い浮かぶものは人それぞれですが、日本の暑い夏を乗り切るために必要なものが多数ランク入りする結果となりました。《麦茶》や《スポーツ飲料(ポカリスエット・アクエリアスなど)》などもランクしていましたが、夏バテや熱中症にならないよう、水分補給は欠かさないようにしましょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
集計期間:2015年5月12日~2015年5月13日
有効回答者数:20代~30代の女性:500名