「パワースポット」という言葉がすっかり定着している世の中。それだけ「幸せを肖りたい」「元気になりたい」と思い、足を運ぶ人は多いのかもしれません。 パワースポットと聞いて、みなさんはどのようなところをを思い浮かべますか? そもそもパワースポットとは、何故パワースポットなのでしょうか。
そこで今回は、みなさんにとっての一番のパワースポットを聞いてみました。

■アナタの一番のパワースポットランキング
1位:神社
2位:海
3位:森
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《神社》でした。神社は神様が祭られている神聖な場所。縁結び・家内安全・合格祈願など、様々な思いを胸に参拝する人も多いことでしょう。神社に来るとすーっと穏やかな気持ちになることはありませんか?その心地良さこそが神様との相性の良さですので、 気持ちが向いた時に訪れるとよりパワーがいただけます。近所の氏神様や、観光がてらに遠くへ出向くのもいいかもしれません。

2位は《海》でした。果てしなく続く水平線と波音の美しい海は、いつまでも佇んでいたい場所です。海水はご存知のとおり、塩分を多く含んでいます。塩は邪気を払うのに効果的。また、海は「月」と密接な繋がりがあります。月の満ち欠けが28日であるように、潮の満ち干きも28日。同じバイオリズムをしています。月は心の反応と密接に繋がっており、心の「癒し」を求めるのに、海はまさに最強の場と言えます。

3位は《森》でした。木が密集して生い茂っている森は、多くのマイナスイオンを発しているため、空気が美味しく感じられますね。木々はその土地の持つエネルギーを多く受け取り、良い気を発しています。大地に根を張った木に象徴されるように、土にも「安定」「定着」の意味があり、心落ち着かせる効果が抜群です。心の「安定」を求めるなら是非、森へ出かけてみるのもいいかもしれません。

パワースポットを訪れる際に必ず気をつけるべき点があります。それは、パワースポットには相性があるということです。いくらパワースポットと言われて足を運んでも、必ずしも元気になれるとは限りません。そのときの体調や心の状態、自分自身の気質によって受ける影響は変わってきます。「なんとなく気分が優れない」「何か嫌な予感」「怖い」などネガティブな印象を感じたときは、近づかないことが鉄則でしょう。更に付け加えると、パワースポットは、その場所の持つエネルギーがそれだけ強いということで、「陽」を発するときは元気をもらえますが、相反する「陰」を発するときがあるということです。日没後の夜の時間帯は「陰」を発することが多いのであまりお勧めできません。最も「陽」のパワーを発する時間帯の午前中を狙って訪れるとより多くのパワーをいただけるでしょう。
いかがでしたか。自分の心の状態を確認しながら、上手にパワースポットへ出向くことで、より暮らしがハッピーになるでしょう。是非こちらのランキングを参考にしてくださいね。

(アストロヒトミ)


調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年5月14日~2015年5月18日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)