毎シーズン何かと注目を集めるテレビドラマ。2015年4月開始のテレビドラマも、ちょうど盛り上がってきたころですね。当初の期待を上回る人気作品もあれば、その逆も。そこで今回は、「期待外れだった4月開始のテレビドラマ」について探ってみました。

■「期待外れだった4月開始のテレビドラマ」ランキング
1位:「戦う!書店ガール」主:渡辺麻友x稲森いずみ
2位:「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」主:大島優子
3位:「心がポキッとね」主:阿部サダヲ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《「戦う!書店ガール」主:渡辺麻友x稲森いずみ》でした。渡辺麻友が主演ということでかなり注目度が高かったこの作品。しかし、実際蓋をあけてみると、意外と期待外れだと感じた人が多いよう。「まゆゆの演技が微妙…」「ストーリー展開が読める」など、厳しい意見が多く、1位にランク・インしました。

2位は《「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」主:大島優子》でした。「SPEC」「ケイゾク」「TRICK」などで知られる堤幸彦が演出を担当することから注目度がかなり高かったこのドラマ。今まで大ヒットばかり飛ばしてき堤幸彦だけに、今回はどんなすごいドラマなのか...と期待し過ぎた人が多く、その期待値の高さゆえ「想像を超えなかった」という意見が多かったようです。

3位は《「心がポキッとね」主:阿部サダヲ》でした。阿部サダヲや水原希子、そして山口智子が出演することで話題となったこのドラマ。どうやら配役に期待し過ぎた人が多かったようです。「阿部サダヲのキャラもっと濃いのかと思ってた」「コメディかと思いきや、意外と普通だった」といった声が多く、上位にランク・インしました。

このように、期待し過ぎた結果、想像を下回ってしまったというドラマが選ばれる結果になりました。4月開始のドラマのクライマックスはこれからです。ひょっとすると、ここから一気に期待以上の盛り上がりを見せるかもしれませんよ。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
調査期間:2015年4月27日~2015年5月11日
投票数合計:2,028票