街を歩いていたり、TVやラジオなどで強い口調の方言や話し方を耳にすることがあると思います。そんな時「この人は○○県の出身かな?」と思うこともあるのでは。今回は、口喧嘩で負けない人が多そうなイメージのある都道府県を聞いてみました。

■口喧嘩で負けない人が多そうな都道府県ランキング
1位:大阪府
2位:京都府
3位:福岡県
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

ダントツの1位に選ばれたのは、《大阪府》でした。前回の調査でも、2位の広島に3倍の差をつけての1位でした。他県の人は、関西弁(大阪弁)でまくし立てられたら勝てない、と感じている人が多いのではないでしょうか。大阪人は、「笑い」を重視し、口出しやダメ出しをしないと気が済まないイメージがあるのかもしれません。

2位には、《京都府》がランク・イン。《京都府》の人は一見、上品な物言いの人が多そうですが、長い歴史を持つ土地柄ということもあり、プライドが高い県民とも言われています。京都弁で強く言い寄られてしまうと、たじろいでしまいそうだと感じる人が多いのかもしれません。

3位は、《福岡県》でした。《福岡県》は「「男気」がある人が多そうな都道府県ランキング」でも3位を獲得しています。「男気がある=大事な人を守る」時に、他人に対しての口調が強くなってしまうのかもしれません。

口喧嘩が強いイメージを持たれる都道府県は、西日本の都道府県が上位にランク・インする結果となりました。生まれ育った環境は、人格形成に影響しやすいもの。県民性を理解すれば、全国のさまざまな出身の交友関係も円滑に進められるかもしれません。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年5月14日~2015年5月18日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)