ジャニーズタレントと聞くと10~20代のジャニーズジュニアを想像する人が多いかと思います。しかし、忘れてはいけないのがデビューから35周年を迎えたジャニーズの大御所、マッチこと近藤雅彦。リアルタイムで見ていた人はもちろん、リアルタイムで見ていなかった若年層でもなぜか口ずさめる有名なシングル曲は少なくありません。そこで今回は、なぜか口ずさめるマッチのシングル曲について探ってみました。

■デビュー35周年!なぜか口ずさめるマッチのシングル曲ランキング
1位:スニーカーぶる~す
2位:ハイティーン・ブギ
3位:愚か者
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《スニーカーぶる~す》でした。なんとこの曲はマッチの歌手としてのデビューシングルであり、ミリオンセールスとなった自己最大のヒット作としても知られています。オリコン史上初のデビューシングルで初登場1位を獲得したとして世に衝撃を与えた楽曲です。

2位は《ハイティーン・ブギ》でした。マッチ主演の映画『ハイティーン・ブギ』の主題歌として有名なこの曲。特にサビ部分の「ハイティーン・ブギ!」は一度聞くと耳に残る歌詞とメロディーであることからも、若い世代にも「なぜか知っている」という人が多いようです。

3位は《愚か者》でした。マッチの通算23枚目のシングル曲であるこの曲は、マッチの他に萩原健一、高橋真梨子が歌ったことからも、曲を耳にしたことがあるという人が多いようです。当時ポップな曲が多かったマッチが歌うこの《愚か者》は、マッチの男らしい渋さを感じられる曲として人気を集めました。

このように、35年間で誰もが耳にしたことがある名曲を歌い続けてきたマッチ。そのルックスも年々大人の魅力が増しています。これからの活躍も楽しみですね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月11日~2015年3月16日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)