皆さんは子供の頃どんな習い事に通っていましたか?子供の頃の習い事は、ピアノやスイミング、書道のいづれかを習っていたという人もいるのでは。大人になると、改めて何かを習ったりする時間を作ることが難しいため、「子供の頃にアレを習っておけばよかった…」と後悔する人もいるのでは?そこで今回は、数ある習い事の中から、やっておけばよかったと思う習い事を調査しました。

■やっておけばよかったと思う習い事ランキング
1位:英会話
2位:ピアノ
3位:書道
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《英会話》が入りました。
仕事や旅行などで英語を使う機会の多い人は、流暢に話せたら、と思うことがあるのではないでしょうか。大人になっても《英会話》を習うことはできますが、習得スピードはやはり子供の頃のほうが上。ネイティブの発音を早く修得するためには、子供の頃の教育が大事なのかもしれません。

2位に入ったのは《ピアノ》でした。
ピアノを子供の頃に習ったことのない人は、ピアノを弾けることに憧れを持つのかもしれません。ちなみに演奏できるようになりたい楽器ランキング(女性)でも《ピアノ》は1位を獲得。もし子供がいるなら、楽器の習い事は《ピアノ》がいいかも?
やっておけばよかったと思う習い事ランキング
3位には《書道》がランク・イン。
冠婚葬祭では、のし袋へ名前を書いたり、受付で記帳したり、筆ペンを使う機会があります。毛筆に慣れていない人にとっては、名前を書くだけでも気が重く感じるそうなので、書道を習って美文字を目指したいところ。最近では大人のためのペン習字などもありますが、できれば子供の頃からクセ付けをしておきたいと思う方が多いようです。
やっておけばよかったと思う習い事ランキング
やっておけばよかったと思う習い事の多くは、今からでも遅くはないのでは?気になる習い事がある人は、新年度から教室に通って、チャレンジしてみましょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)