単身やカップルの引っ越しと違い、子どもがいる家庭では荷物が多くなりがち。子どもの年齢によっては、日中は世話をしながら、荷造りもするという忙しさにも見舞われる方もいらっしゃいますよね。そんな時、引っ越し会社のサービスに助けられることもあります。今回の調査では、子どもがいる家庭に引っ越し業者を決めるポイントを聞いてみました。

■子どもがいる家庭に聞いた!引越し業者を決めるポイントランキング
1位:見積の中で最安値だった
2位:問い合わせたときの対応が良かった
3位:ダンボール・テープなど梱包材がセットされている
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 1位に入ったのは、《見積の中で最安値だった》。引っ越しはただでさえ物入り。特にお金のかかる子育て世代にとって、価格は最も重視する点のようです。見積もり価格を重視するなら、一度の見積もりでたくさんの引っ越し会社を比較できる引越し比較サイトを利用するのがおすすめ。引っ越し会社側も、比較サイトを通して見積もり依頼が来ていることがわかっているので、1社単体で依頼するよりも、さらに頑張った値引き見積もりを出してくれることが多いそうです。ただし、一度にたくさんの会社から電話がかかってきますので、その点はご注意を。2位には《問い合わせたときの対応が良かった》、4位には《営業マンの対応が良かった》と、対応に関する回答が入りました。似たようなサービスで同程度の価格であれば、感じのよい対応をする業者に頼みたいもの。見積もり訪問に来てくれた場合は、営業マンの感じの良さもわかるので、その際の対応の良さが引っ越し会社を決めるきっかけになったという人も多いようです。3位は、《ダンボール・テープなど梱包材がセットされている》。引っ越しの必需品の段ボールは、購入すると意外に高価。段ボールは業者によっては無料で、ハンガーボックス数個がついてくることもあります。引っ越し会社によってサービスは変わりますので、比較する際はこうして点もしっかりチェックしておきたいですね。
 ランキングの上位には、引っ越し費用に関する事柄が多くランク・インする結果となりました。子どものいる家庭では、少しでも安く、感じの良い業者にやってもらいたいと考える人が多いようです。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)