みなさんの自宅には「実は価値があるかも」と思い、リサイクルショップなどに持って行ったら、高く売れるのではと淡い期待を持ちながら、眠っているものはありませんか?思い出の品だったり、今回は捨てるのがもったいないと感じているけれど、高価買取してくれそうなものを調査してみました。今回1位を獲得したのは、なんとなく昔集めていた…と言う人も多い、あのアイテムでした。

■実は高価買取してくれるかも?捨てるのがモッタイナイものランキング
1位:昔のコイン
2位:古い漫画・小説
3位:昔の切手
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《昔のコイン》が選ばれました。流通している硬貨でも、生産量が少ないなどの理由で希少性のあるものは高値がつくこともあります。一方、プレミアがつきそうな記念硬貨は、流通量が多く、さほど高値がつかないものが多いそうです。どうしても諦めきれないなら、一度質屋に足を運んでみてもいいかもしれません。

2位には《古い漫画・小説》がランク・イン。有名漫画家の駆け出しの頃の作品は、高額となることがあるようです。漫画や小説の価値は、保存状態にも大きく左右されますので、できる限りいい状態保存しておきましょうね。

3位は《昔の切手》でした。かつてはコレクションしている人が多かった切手ですが、プレミアがつくのは昭和30年以前に発行されたものが中心。専門業者に買取りを依頼すると、額面以下となるものが多くを占めるようです。

モノの価値は時代によっても変わるもの。持っている間に価値が上がるものや、逆に下がってしまうものもあるかもしれません。価値があるのではと気になるものがある人や、思い切って整理したいという方は、質屋やフリマで売ってみてもいいかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2014年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)