今回は、意外と知らない「食物アレルギー」についての調査。食物アレルギーは、原因となる食物を摂取すると、皮膚の赤みやじんましん、嘔吐や下痢、咳やぜんそく発作などの症状を引き起こす可能性があります。ます。今回は、意外と知らない「食物アレルギー」についての調査してみました。。どんな食べ物がアレルゲンとされているのか見ていきましょう。

■意外と知らない「食物アレルギー」ランキング
1位:スイカ
2位:クリ
3位:アワビ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 1位になった《スイカ》は、6位の《メロン》とともに、口唇や舌、のどにかゆみや腫れの症状が出る口腔アレルギーの原因となる食べ物の一つ。花粉症の人に多いとされています。「喉がピリピリする」「唇が痒い」といった軽い症状の方もいれば、腹痛や吐き気などの症状が出ることもあり、アナフィラキシー反応に至ることもあります。《スイカ》や《メロン》を食べて、ちょっと調子が悪いかも…と思ったら、一度アレルギー検査を受けてみては?2位には《クリ》が入りました。《クリ》のアレルギーがある人は、天然ゴム製品にアレルギー症状を起こすラテックスアレルギーを起こしやすいといわれています。さらに、ラテックスアレルギーがあると、《メロン》などの他の果物にもアレルギー反応を示すことがありますので、注意が必要です。3位は《アワビ》。《アワビ》はあまり普段お目にかかる食べ物ではないかもしれませんが、貝アレルギーはアサリやカキ、ホタテでも起きます。また、意外な回答として、4位には《米》が入っています。米粉など、小麦アレルギーの代替品のイメージが強い《米》ですが、こちらにもアレルギー症状を持つ人がいるとは驚きですね。
 アレルギーは病院で調べることもできます。あまり知られていない食物アレルギーによる不調は、自覚がない人もいるかもしれません。食べると肌に赤みが生じるなどの症状が出る人は、一度検査を受けてみるとよいでしょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)