サービス一覧
閉じる

ANAマイルが貯まるクレジットカードの人気おすすめランキング25選

ANAマイルが貯まるクレジットカードは旅行で貯まったポイントをマイレージと交換でき、お得に旅行を楽しむことができます。カード会社によってマイル還元率が異なるなど特典が様々。今回は、お得なANAマイルが貯まるクレジットカードを人気ランキング形式でご紹介します。

「とにかくお得にマイルを貯めたい」「もっと効率的にマイルを貯めて旅行を楽しみたい」こんな思いで、マイレージ機能がついたクレジットカードを探していませんか。ANAマイルが貯められるクレジットカードには多くの種類があってメリットが分かりづらいですよね。

 

実は、私たちの生活のなかにはANA便に搭乗する以外でも、ホテルでの宿泊・交通サービスの利用、コンビニでの買い物や支払いに使うだけで、効率的にマイルが貯まっていくクレジットカードがあるのです!

 

ということは、私たちが想像している以上に多くの場面でマイルを貯められます。そこで今回は、ANAマイルが貯まるクレジットカードの選び方やおすすめクレジットカードをランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ANAマイルを貯めるには、どのクレジットカードを選べばいいのか迷いますよね。そこで、クレジットカードを選ぶポイントを3つ紹介します。

POINT

年会費無料カードでお得にマイルを貯めよう

マイルは貯めたいけど、クレジットカードの年会費を払いたくない方は、年会費無料のクレジットカードを選びましょう。年会費無料でもANAマイルがお得に貯まるカードはありますよ!

年会費無料でANAマイルを貯めるならこちら!

POINT

還元率1%以上の高還元だとより貯まりやすい!

とにかくお得にマイルを貯めたい方はマイル還元率が高いカードを選びましょう!ANA提携のクレジットカードなら、通常の利用だけでなくフライトボーナスも貯まるので、実質還元率は高くなり効率的にマイルが貯まりますよ。

高還元でANAマイルが貯まるカードはこちら!

POINT

飛行機利用でより貯まるカードでヘビーユーザーはお得に

飛行機によく乗る方は、航空券購入でマイルが貯まるカードを選びましょう!出張や旅行の度にお得にマイルを貯められれば、あっという間に特典航空券への交換もできますよ。

飛行機利用でANAマイルを貯めるならこちら!

人気のクレジットカードをANAマイルの還元率別に比較しました!どのカードがANAマイルを貯めるのに適しているのでしょうか?

 

カード名 年会費(税込) マイル還元率 フライトボーナス
楽天カード 無料 0.5% なし
オリコカード・ザ・ポイント 無料 0.6% なし
ANA VISA ワイドゴールド 15,400円 1.0% 25%
ANA VISAプラチナ 88,000円 1.5% 50%
SPGアメックス 34,100円 1.25% なし

※カード名は略称
※還元率は1円=1マイルで計算
※通常利用での還元率で計算、それぞれ優待店で利用すると還元率は上昇

 

楽天カードなど通常のカードでは、フライトでのボーナスマイルはありません。しかし、ANA提携のカードであれば、フライトボーナスがあるので、ANA便に乗れば乗るだけマイルが貯まります。また、航空券購入でも還元率が上がるのが特徴です。

年会費無料でANAマイルが貯まるクレジットカードは、楽天ANAマイレージクラブカードがおすすめです!人気の楽天カードにANAマイレージ機能を搭載した便利なカードですよ!

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天のサービスで最強のカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天ANAマイレージクラブカードは、人気の楽天カードにANAマイレージクラブの機能が搭載されたカードです。通常の楽天カードとの一番の違いは、還元を楽天ポイントで受け取るかANAマイルで受け取るかを選ぶことができる点で、ANAマイルで受け取る場合の還元率は0.5%です。

 

また、入会特典が通常の楽天カードよりも豪華で、楽天ポイントに加えANA楽パックの予約で使える4,000円分のクーポンが付与されます。また、ANA便利用時に、搭乗手続きを簡略化できるスキップサービス機能もついているので便利です。

 

楽天ANAカードの年会費は2年目以降は550円ですが、年1回の利用で無料となるので実質無料といえます。楽天ポイントをANAマイルに移行させたい方にとっては、移行の手間も省ける楽天ANAカードを選ぶ方がメリットが大きいです。

 

年会費 条件付き無料(初年度無条件無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜3.00% 付帯保険 海外旅行
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

楽天ポイントコースかANAマイルコースかを選択可能

通常の楽天カードは、楽天ポイントが貯まりますが、楽天ANAカードなら、楽天ポイントを貯めるかANAマイルを貯めるかを選択可能です。楽天ポイントなら100円につき1ポイントの還元率1.0%、ANAマイルなら200円につき1マイルの還元率0.5%です。

 

楽天ポイントからANAマイルへの移行もでき、その時の還元率も「2ポイント=1マイル」のレートなので、還元率はポイントコースとマイルコースどちらを選んでも変わりません。ただし、ポイントの場合はANAマイルへ移行する手間がかかるので、元々マイルへ移行する目的の方はマイルコースを選んだ方が良いでしょう。

 

ただし、ANAマイルの有効期限は3年間なので、期限切れには注意が必要です。また、マイルコースを選択すると、いくら利用しても楽天会員ランクには反映されないので、会員ランクを上げたい方はポイントコースの方が良いですね。

入会特典が通常カードよりお得

入会特典が通常の楽天カードよりもお得なのも、楽天ANAカードの特徴です。通常の楽天カードの場合は、入会特典2,000ポイント、利用特典3,000ポイント(キャンペーンによっては3,000ポイント以上)の計5,000ポイントです。

 

一方、楽天ANAカードなら入会特典と利用特典の計5,000ポイントに加えて、ANA楽パックの予約時に利用できる4,000円分のクーポンまでついてきます。つまり、単純に4,000円分多く特典がついてきます。

 

楽天カードと楽天ANAカードの入会特典の違い
楽天カード 入会特典 2,000ポイント
利用特典 3,000ポイント
合計 5,000ポイント
楽天ANAカード 入会特典 2,000ポイント
利用特典 3,000ポイント
楽天ANAカード限定特典 4,000円分クーポン
合計 9,000円相当
その他の年会費無料でANAマイルが貯まるカードはこちら

ANAマイル還元率が高いカードは、ANA VISAプラチナ プレミアムカードです!航空券購入時のマイル還元率は驚異の3.5%です!

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

最高峰のANAカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、通常マイル還元率が1.5%の高還元カードです。ANA便の搭乗でよりマイルを貯めやすくなっており、航空券購入で還元率+2.0%、搭乗でフライトマイル+50%され非常にお得です。

 

また、このカードの特典として、ANAの国内ラウンジを利用できるので、搭乗ギリギリまで快適にすごせます。また、プライオリティ・パスも無料発行できるので、海外の多くのラウンジも利用できるのは魅力です。

 

入会や継続でもボーナスがあり、1万マイルがプレゼントされます。このカードはANAのマイルが最も効率よく貯まると言っても過言ではないので、88,000円の年会費を許容できるならANAマイラーにはイチオシのカードです。

年会費 88,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.50%〜3.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD、楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

航空券購入で3.5%の超高還元

カードの通常還元率は200円で3マイルが貯まるので1.5%ですが、ANA航空券の購入では還元率が2%上がり、還元率が3.5%となります。3.5%還元は、他のANA提携カードと比べてもトップクラスに高いです!

 

このカードを上回る還元率は、4.5%還元のANAアメックスプラチナとANAダイナースプラチナがありますが、年会費がそれぞれ約17万円のため、ANA提携カードでコスパが最も良いのは、88,000円の年会費で3.5%還元のANA VISAプラチナです。

50%加算のフライトボーナス!

フライトで付与されるマイルが驚異の50%アップです。このフライトマイルの加算はスターアライアンス加盟の航空便でも適応されます。このボーナスマイルの積算は「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%」に基づきます。

 

つまり、運賃が安い場合は運賃倍率が下がるので、もらえるボーナスマイルも少なくなります。一方で、プレミアムクラスなど運賃が高い場合は運賃倍率も上がり、ボーナスマイルもその分多くなりますよ。

国内線のANAラウンジとプライオリティ・パスが無料

還元率だけじゃなく、豪華な空港ラウンジを利用できるのもこのカードの特権です!国内ならANAの国内線ラウンジを、海外ならプライオリティ・パスを無料で利用できます。

 

ANAの国内線ラウンジは、ゴールドカード以上で入れるカードラウンジとは違い、ANAの上級会員やこのカードの保持者、プレミアムクラス搭乗者など限られた人しか利用できないので、ゆったり過ごせるのが特徴です。 

 

プライオリティ・パスは、140カ国以上で1,300箇所を超えるラウンジを利用できるので、海外旅行の時に重宝します。通常なら429米ドル(約47,000円)の年会費が発生するので、これだけでも非常にお得な特典であることがわかりますね。

その他のANAマイル高還元カードはこちら

航空会社の優待でお得なカードは、アメックス・スカイトラベラー・プレミアカードです!航空券購入時の還元率は驚愕の5.0%ですよ!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

航空券の購入で5%の最強還元率

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは航空券の購入でポイント還元がお得になるクレジットカードです。通常ポイント還元率は1.0%ですが、航空券の購入時はポイント5倍になり、5.0%の高還元率です。

 

貯めたポイントは有効期限がなく、16の航空会社のマイルに交換できるので、柔軟にマイルを貯めることができます。ただし、JALマイルへの交換はできないので、JALマイルを貯めたい方には不向きです。

 

旅行保険は最大5,000万円の補償があり、空港ラウンジも無料利用可能など、マイルを貯める以外の特典も充実しています。また、入会特典で5,000ポイント、初回の航空券購入で1万ポイント、毎年の継続ボーナスで5,000ポイントが付与されるのもメリットです。

年会費 38,500円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜5.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード メンバーシップ・リワード 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay

16の航空会社のマイルへ交換できる!

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミアカードで貯めたポイントは、16の航空会社のマイルに「1,000ポイント=1,000マイル」で交換できます。また、ポイントの有効期限がないため、自分のペースで気長にポイントを貯めて、必要な分だけをマイルに交換できるというメリットがあります。

 

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミアカードのポイントをマイル移行できる航空会社
ANA※ デルタ航空 ヴァージン アトランティック航空 シンガポール航空
タイ国際航空 キャセイパシフィック航空 ブリティッシュ・エアウェイズ スカンジナビア航空
アリタリア-イタリア航空 フィンランド航空 エティハド航空 エミレーツ航空
カタール航空 エールフランス/KLM航空 チャイナエアライン カンタス航空

※ANAマイルに交換する場合、以下の2点に注意してください。

・メンバーシップ・リワード ANAコースの登録が必要(年会費5,500円)
・ポイント移行の上限は4万マイル

 

多くの航空会社のマイルへ交換できますが、JALマイルへの交換はできませんのでご注意ください。

航空券購入で還元率5%!

アメックス・スカイ・トラベラーカードの基本還元率は1.0%で、100円の利用で1ポイントが貯まります。しかし、対象の航空会社の航空チケットの購入時は、還元率が5倍の5.0%となります。

 

対象の航空会社27社と旅行代理店2社はこちらです。

 

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミアカード還元率5倍対象航空会社、旅行代理店
スターアライアンス加盟航空会社(9社)
ANA アシアナ航空 エバー航空
スイスインターナショナルエアラインズ シンガポール航空 オーストラリア航空
スカンジナビア航空 タイ国際航空 ルフトハンザドイツ航空
スカイチーム加盟航空会社(7社)
アリタリア-イタリア航空 デルタ航空 エールフランス航空
ガルーダ・インドネシア航空 KLMオランダ航空 大韓航空
チャイナエアライン    
ワンワールド加盟航空会社(5社)
カンタス航空 キャセイパシフィック航空 フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ JAL  
その他(6社)
Peach エティハド航空 エミレーツ航空
スターフライヤー フィリピン航空 エア タヒチ ヌイ
旅行代理店(2社)
日本旅行 アップルワールド  

 

その他の高還元優待カードはこちら

年会費無料でANAマイルが貯まるカードは楽天ANAカード以外にも多数あります。その中からおすすめのカードを紹介します!

Orico Card THE POINT

入会後6ヶ月はポイント2倍!

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Orico Card THE POINTは年会費永年無料の高還元カードです。通常還元率は1.0%であり、入会後6ヶ月間はキャンペーンで還元率が2.0%です。また、ネットショッピングはオリコモール経由で特別加算ポイントがつくので、入会後6ヶ月間のAmazonでの還元率は3.0%になります。

 

貯めたオリコポイントは、他社ポイントやマイル、オンラインギフト券へと交換できます。ANAマイルへ移行する場合の還元率は0.6%なので、無料クレジットカードの中では高いです。

 

また、電子マネーのiDとQUICPayを両方とも搭載している珍しいカードです。現在では多くのお店で利用できる電子マネーのため、どこでもスピーディーかつ安全に決済できます。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 -
ポイント オリコポイント 電子マネー iD、QUICPay
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay

JCB CARD W

39歳以下におすすめの年会費無料の高還元カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JCB CARD Wは39歳以下が発行可能な若い方向けのクレジットカードです。JCBは日本国内での需要が高いので、国内のカード利用で困ることは少ないでしょう。JCB一般カードと比較すると年会費が永年無料・ポイント還元が2倍というメリットがあります。

 

Oki Dokiポイントでの還元となり、貯まったポイントは各種ポイントや航空会社のマイルへの交換でき、ANAマイルへ移行する場合の還元率は0.6%です。また、キャッシュバックとして毎月のご利用金額からマイナスすることも可能です。

 

さらにAmazonとセブンイレブンの利用でポイントが3倍、スターバックスの利用でポイント10倍となっており、これらのお店をよく利用する方であれば非常にポイントが貯まりやすくなっています。新規入会者向けにお得なキャンペーンを多数展開しており、2020年11月現在では還元率20%のキャンペーンも開催中です。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00% 付帯保険 海外旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ANA JCBカード ZERO

フライトボーナスも貯まる年会費無料のANAカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA JCBカード ZEROは29歳までが申し込める年会費無料のANAカードです。5年後の更新時に、自動的にANA JCB一般カードに切り替わるので、保有できるのは5年間限定です。更新後はANA JCB一般カードの年会費2,200円がかかります。

 

基本還元率は0.5%とそこまで高くありませんが、ANA便に搭乗すると、フライトボーナスが10%加算されるので、飛行機によく乗る方はANAマイルを貯めやすいです。また、ANA便の機内販売が10%OFF、空港の免税店が5%OFFなどの特典もついています。

 

注意点は、学生の方は発行できないことです。ただし、学生の方は学生専用のANAカードがあるので、そちらを発行しましょう。学生専用カードも在学期間中は、ANA JCBカード ZEROと同じく年会費無料です。

年会費 無料 追加カード ETCカード
ポイント還元 0.50% 付帯保険 ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー QUICPay
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

Yahoo! JAPANカード

TポイントをANAマイルに交換

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤフーカードといえば、Tポイントをしっかり貯められるクレジットカードですよね。こちらのカードは、ヤフーショッピングのほかファミリーマートなどTポイントが貯まる店舗で買い物をする人におすすめです。

 

Tポイントを効率的に貯めてANAマイルに交換できれば、日常的にマイル貯金ができますよね。TポイントからANAマイルへの交換レートは「2ポイント=1マイル」です。もちろんカードの入会費や年会費は無料なので安心ですよ!

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Tポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

エポスカード

マルイでの買い物や海外旅行が多い人向け!

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レストランやカラオケなど、10000店以上の多くの優待店舗がそろっている、年会費永年無料のクレジットカードです。マルイやモディで買い物をする機会がある人にも便利でしょう。また、海外旅行の傷害保険が自動付帯しているので旅行が多い人にもおすすめです。

 

ポイント還元率は200円で1ポイント貯まるので0.5%です。しかし、ANAマイルに変える場合は「2ポイント=1マイル」のため、マイル還元率で換算すると0.25%とあまり高くありません。それでも優待が多い無料カードなので、マイル以外の特典を期待する人にはおすすめです。

年会費 無料 追加カード ETCカード
ポイント還元 0.50%〜1.25% 付帯保険 海外旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ANA VISAカード<学生用>

学生の期間は年会費が無料!搭乗ボーナスもうま味に

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA VISAカード<学生用>は、在学期間中は年会費が無料のANAクレジットカードです。ボーナスとして入会と継続の際、それぞれで1000マイル貯まります。また、航空機の搭乗ボーナスマイレージとして10%プラスしてもらえるのも魅力ですね。

 

通常還元率は0.5%ですが、6,600円を支払ってマイル2倍コースに変更すれば、還元率は1.0%に上がります。また、学校を卒業すると一般カードへ変更となりますが、変更の時に2,000マイルを卒業特典てしてプレゼントされます。

 

海外旅行保険も補償額は少ないですが自動付帯されるので、旅行好きの学生にとってはメリットの大きいカードです。

年会費 在学期間中無料 追加カード ETCカード
ポイント還元 0.50%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD、楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

楽天カード

年会費無料で1%~3%と高還元率

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天カードは、楽天ポイントがザクザク貯まる年会費永年無料カードです。基本還元率は1.0%で、楽天市場ならいつでも3.0%の高還元です。楽天系のサービスを利用するなら、持っておいて損はないカードと言えるでしょう。

 

貯めた楽天ポイントは、楽天モバイルや楽天トラベル、楽天証券など様々な楽天系サービスで1ポイント=1円相当で利用できます。ANAマイルへ交換する場合は2ポイント=1マイルのレートで交換可能です。

 

楽天系サービスと組み合わせて利用することで、ポイント還元がどんどん増えていき、楽天市場の買い物で最大44%還元を受けれます。ポイント以外にも海外旅行保険が付帯するなど多くの特典がついています。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜3.00% 付帯保険 海外旅行
ポイント 楽天ポイント 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

セブンカード・プラス

セブンなどのコンビニ利用でお得にマイル貯金

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

学生さんは毎日コンビニに寄ることが多いのではないでしょうか。セブンイレブンを頻繁に使う人におすすめなのが、セブンカードプラスです。カードを利用すると200円につき1nanacoポイントが貯まります。

 

貯めたポイントはセブンイレブンの買い物だけではなく、ANAマイルにも交換が可能で、交換レートは2ポイント=1マイルとなっており、マイル還元率は0.25%です。

 

電子マネーであるnanacoへチャージするだけで、ポイントが貯まり、セブングループのイトーヨーカドーなどで利用すれば毎月8のつく日が5%割引です。セブンイレブン・イトーヨーカドーが近くにある学生さんにとってお得なクレジットカードとなってくれるでしょう。

 

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 ショッピング 付帯保険 0.50%〜1.00%
ポイント nanacoポイント 電子マネー nanaco
マイル ANAマイル スマホ決済 -
年会費無料でANAマイルが貯まるイチオシのカードはこちら

ANA VISAプラチナ プレミアムカード以外にも、マイル還元率が高いカードはたくさんあります。これらのカードを使ってANAマイルをたくさん貯めましょう!

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

マイル還元率が40社以上で常時1.25%の怪物カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SPGアメックスは、ポイントを多くの航空会社のマイルへ移行できる魅力的なクレジットカードです。ポイントの有効期限は実質無期限で、マイル還元率は1.25%と高いため、マイルを貯めたい方には非常におすすめできるカードです。

 

マイルへの交換だけでなく、豪華な特典がついてくることでも知られています。マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格や年1回の高級ホテル無料宿泊優待などは、34,100円の年会費を払う価値が十分にあるでしょう。

 

もちろん旅行保険の自動付帯や空港ラウンジ無料利用もあり、旅行の時には大活躍のカードです。2020年11月現在では、入会後3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で3万ポイントをもらえるキャンペーンを実施中で、お得に入会できます。

年会費 34,100円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.25% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Marriott Bonvoyポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル、マイレージプラスなど スマホ決済 Apple Pay

プラチナ・カード

憧れの高ステータスカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメックスプラチナカードは年会費が143,000円と超高額ですが、その年会費以上の特典がついている高ステータスカードです。審査基準も厳しく誰もが持てるカードではないので、持っているだけで社会的な信用度が高くなります。

 

具体的な特典は、コンシェルジュサービス、フリーステイギフトなど高級ホテルでの優待、7つの空港ラウンジプログラムの利用、高級レストランでのコース料理の1名無料、最高補償額1億円の旅行保険など、まさに豪華そのものです。

 

ポイント還元率は1.0%で、ANAマイルへ移行する場合も手数料なしで移行できるため1.0%のマイル還元率です。ANAマイルを貯めるだけでなく、最高峰のサービスを受けたい方には特におすすめできるカードです。

年会費 143,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント メンバーシップ・リワード 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay

MileagePlusセゾンゴールドカード

マイル有効期限が無期限のゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MileagePlusセゾンゴールドカードは、ユナイテッド航空のマイルが貯まるゴールドカードです。ユナイテッド航空は、世界最大の航空会社連盟であるスターアライアンスに加盟しており、貯めたマイルはユナイテッド航空だけでなく、スターアライアンス加盟のANAでも特典航空券として利用できます。

 

マイルの有効期限もないため、自分のペースでマイルを貯められるので安心です。特典航空券の利用は本人や家族だけでなく、恋人や友人にも適用されるので様々な場面でマイルを使って旅行することが可能です。さらに、特典航空券は燃油サーチャージも無料なので、余分な費用もかかりません。

 

年会費は22,000円(税込)かかりますが、基本還元率は1.50%と高く、マイルを10%OFFで購入できる特典もあり効率よくマイルを貯められます。また、AMEXブランドを選ぶと継続1年ごとに1,500マイルのボーナスマイルを受け取れます。

年会費 22,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント マイレージプラス 電子マネー -
マイル マイレージプラス スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANAマイルが貯まるゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA VISA ワイドゴールドカードはANAマイルが貯まりやすいゴールドカードです。通常のマイル還元率は1.0%ですが、リボ払いの設定をすることで還元率1.3%まで上昇します。

 

ANA便に搭乗するとボーナスマイルが25%加算されるので、ANA便を利用すればするだけマイルが貯まりやすくなります。また、入会や継続の特典で2,000マイルがプレゼントされるのも魅力的です。

 

ゴールドカードなので、空港ラウンジの無料利用や専用のコールデスクといった特典がついています。また、旅行保険は国内、海外ともに最高補償額5,000万円と手厚いです。ANAマイルを貯めつつ、ゴールドカードが欲しい方にはバランスの取れた良いカードです。

年会費 15,400円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD、楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ダイナースクラブ プレミアムカード

超高ステータスのプラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイナースクラブ プレミアムカードは、高ステータスで名高いダイナースクラブのプラチナカードです。100円につき1.5ポイント貯まり、「1ポイント=1マイル」のレートでANAマイルに交換できるので、マイル還元率は1.5%です。

 

ANA提携カード以外での1.5%還元は非常に高く、陸マイラーでもマイルを非常に貯めやすいカードです。ポイント有効期限もないので、自分の好きなタイミングでANAマイルへの交換ができます。

 

プラチナカード特典として、コンシェルジュサービスやプライオリティ・パス、豪華ダイニングの優待、高級ホテルでの優待など至れり尽くせりのサービスが揃っています。ステータスも求めつつ、ANAマイルを貯めたい方にはピッタリのカードです。

年会費 143,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.5% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ダイナースクラブ リワードポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル、マイレージプラス スマホ決済 Apple Pay

ANA一般カード

ANAマイルを貯めるための王道カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA一般カードは、ANAマイルを貯めるための王道カードと言っても良いでしょう。通常還元率は0.5%ですが、ANA便の航空券購入なら還元率は1.5%と高還元です。また、入会時と継続時に1,000マイルのボーナスマイルが付与されます。

 

フライトボーナスもあり、通常のフライトマイルに10%のボーナスマイルがつくので、ANA便によく乗る人ほどメリットが大きいカードです。年会費も2,200円と手頃なので、安い年会費でANAマイルを貯めたい方にはピッタリのカードです。

 

カードブランドは、JCB、VISA、Mastercardがあるので、ご自身の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。アメックスブランドもありますが、年会費が7,700円と高く、還元率も変わってくるので、ANA一般カードというくくりでは扱われません。

年会費 2,200円(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 0.50%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント(VISA, Mastercard)Oki Dokiポイント(JCB) 電子マネー iD、楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ボーナスポイントもあり!年間7700円でお得にマイレージが貯まる

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通常の還元率は1.0%ですが、ANAの航空券や旅行グッズ・アイテムや、ANAグループ関連でこちらのを使用すればポイントが1.5倍になるお得なクレジットカードです。入会と継続時に1,000マイルのボーナスマイルも付与されます。

 

また、ANA便の搭乗ボーナスとしてフライトマイルの10%が加算され、航空購入時の還元率は2.5%になるなど、ANA便を利用すればするほどお得にマイルが貯まります。

 

2020年11月現在では、新規入会で最大18,000マイルがプレゼントされるお得な入会キャンペーンが開催中です。入会検討中の方は今がお得に入会できるチャンスです。

年会費 7,700円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay

ANA VISA Suicaカード

通勤・通学でスイカのポイントやANAマイルを貯めたい人向け

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スイカとクレジットカードを一緒に出来ちゃう、便利な交通系のANAカードです!その名の通りANAカードとスイカが一体化していて、スイカのチャージ(オートチャージ)で1,000円につき1ポイントを貯められます!

 

初年度は年会費が無料で2年目は2200円です。電車や買い物をスイカで行う人にとって『ANA VISA Suicaカード』はとてもお得なクレジットカードといえるのではないでしょうか。入会したときに「マイ・ペイすリボ」を登録するとお得になるキャンペーンもあるので活用しましょう。

 

また、同じ交通系ANAカードでは、九州地方の交通系ICカードnimocaが搭載されたANAカードもあるので、九州地方の方はnimoca付きのANAカードの発行を検討しましょう。

年会費 2,200円(初年度無料) 追加カード ETCカード
ポイント還元 0.50%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー iD、Suica
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)

ANAカード初心者さんにおすすめ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソラチカカードというのは、ANAと東京メトロが作っている、空(ソラ)も地下(チカ)もマイルが貯められるカードのことです。移動や買い物の多いANAカード初心者さんにおすすめです。

 

ソラチカカードから享受できる大きなメリットは、定期券を買ったりPASMOのオートチャージ機能を利用することでマイルが貯まる点でしょう。そして日常の買い物でも「100円=1マイル」というポイントが貯まります。とにかくお得に買い物や移動をできるクレジットカードなのです!

年会費 2,200円(初年度無料) 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 0.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー PASMO
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
高還元でANAマイルが貯まるイチオシのカードはこちら

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミアカード以外にも、高還元かつ優待がお得なカードがありますので紹介します!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

航空機利用で還元率3%

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは航空券の購入でポイント還元がお得になるクレジットカードです。通常ポイント還元率は1.0%ですが、航空券の購入時はポイント3倍になり、3.0%の高還元率です。

 

貯めたポイントは有効期限がなく、16の航空会社のマイルに交換できるので、柔軟にマイルを貯めることができます。ただし、JALマイルへの交換はできないので、JALマイルを貯めたい方には不向きです。

 

旅行保険は最大3,000万円の補償があり、空港ラウンジも無料利用可能など、マイルを貯める以外の特典も充実しています。また、入会特典で3,000ポイント、毎年の継続ボーナスで1,000ポイントが付与されるのもメリットです。

年会費 11,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜3.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード メンバーシップ・リワード 電子マネー -
マイル ANAマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

アメックスプラチナとANAプレミアムの特典を合わせ持つカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANAアメックスプラチナカードは、アメックスプラチナの特典とANAカードプレミアムの特典を合わせたようなカードです。通常還元率は1.0%ですが、ANA航空券の購入時は4.5%まで還元率が上がります。

 

特典も超豪華で、ANA国内線ラウンジやプライオリティ・パスが無料になるのに加えて、コンシェルジュサービスやホテルメンバーシップの上級会員資格、高級ホテルのフリーステイギフトなどがあります。

 

また、ボーナスマイルも秀逸で、フライトマイルは50%加算され、入会や継続時にはなんと1万マイルがプレゼントされるので超お得です。165,000円の年会費に見合うだけの特典がついているので、ANAマイルを貯めつつ豪華特典を受けたい方にはおすすめです。

年会費 165,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント メンバーシップ・リワード 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay

ANAダイナース プレミアムカード

航空券購入で4.5%還元のプラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANAダイナース プレミアムカードは、ANA提携のダイナースプレミアムカードです。年会費は170,500円とかなり高額ですが、それに見合うだけの特典を兼ね備えています。一律の限度額がなく、事前入金をしておけば、数千万円の高額決済も可能です。

 

通常のマイル還元率は1.5%ですが、ANA便の航空券の購入で還元率が4.5%まで上がります。さらにフライトボーナスとしてフライトマイルの50%加算、入会と継続で1万マイルがもらえるので、マイルがザクザク貯まるのも特徴です。

 

プラチナカードならではの特典は、ANA国内線ラウンジとプライオリティ・パスが無料になり、コンシェルジュサービスや高級ダイニングでの優待、高級ホテルでの優待など非常に豪華です。

年会費 170,500円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ダイナースクラブ リワードポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 -

ANA アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード

入会で2000マイレージもプレゼント!ポイントに有効期限なし

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANA アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードはANAマイルが非常に貯まりやすいゴールドカードです。通常還元率は1.0%ですが、ANAの航空券購入時の還元率は3.0%です。また、入会時と継続時に2,000マイルがプレゼントされます。

 

フライトボーナスもあり、フライトマイルの25%が加算されるので、乗れば乗るほどお得です。また、ポイント有効期限や移行ポイントの上限がなく、自分の好きなタイミングでANAマイルに変換できます。

 

2020年11月現在では、新規入会で最大50,000マイルがプレゼントされるお得な入会キャンペーンが開催中です。入会検討中の方は今がお得に入会できるチャンスです。

年会費 34,100円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜2.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード 電子マネー 楽天Edy
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay

ANAダイナースカード

ポイントの有効期限なし!移行手数料も無料

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常のショッピングのほか、家族カードやETCカードなどありとあらゆる場面でマイルを貯められるクレジットカードです。1番のメリットとしては、ポイントの有効期限や、マイル移行に関しての上限がないことです。

 

また、通常還元率は1.0%ですが、ANA航空券購入時は2.0%還元となります。フライトボーナスも25%加算され、入会や継続時にボーナスマイルが2,000マイル付与される点も非常にお得です。

年会費 29,700円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜1.20% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント ダイナースクラブ リワードポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 -
お得な優待があるイチオシのカードはこちら

ANAマイルが貯まるクレジットカードには特徴やメリットがあります。マイルを効率的に貯めたいのであれば、この点を考慮しながらクレジットカードを選ぶようにしたいですね!

ANAマイルが貯まるカードの特徴

『ANAマイル』とは、全日空のANAが提供しているポイント制度といっていいでしょう。そのため、『ANAマイル』はANAのポイントと考えれば分かりやすいですよね。航空券の購入やホテルの予約、日々の買い物や支払いなどでマイルが貯まっていきます。

 

ANAマイルが貯まるクレジットカードというのは、大きく分けてANA提携クレジットカード」「貯まったポイントをANAマイルへ交換出来るクレジットカード」の2種類があります。それぞれのカードにより還元率などには差があるので注意して選びましょう。

フライトで貯まるマイル数とは

ANA便のフライト搭乗で貯まるマイル数はどのくらいでしょうか。一般カードであれば、搭乗ごとに+10%のボーナスマイルがもらえます。また、ANAワイドカードやANAゴールドカードだったら、搭乗ごとに+25%ものボーナスマイルがもらえます。

 

ANAカードプレミアムにもなると、搭乗しただけで+50%ものボーナスマイルがもらえるのです!そのためANAの飛行機に多く乗る人は、ANA提携のクレジットカードを持っておくことでより効率的にマイルが貯められるでしょう。

マイルが貯まるカードのメリット

ここでは、マイルが貯まるクレジットカードのメリットを簡単に紹介します。

お得に旅行が楽しめる

マイルが貯まると、お得に旅行が出来ることがメリットの1つです。最も一般的なのが、マイルを航空券へと交換することです。多くのマイルを貯めれば、ファーストクラスの航空券へと交換することも可能ですよ。

 

また、航空席をアップグレードさせることも、おすすめのマイル利用方法です。元々がエコノミークラスならビジネスクラスに、ビジネスクラスであればファーストクラスへとアップグレードしてもらえますよ。

ポイントへ交換できる

日常生活のお買い物で貯まったマイルは、ANAの航空券と交換するだけでなく、楽天ポイントやTポイントなど、日常で使えるポイントに交換することもできます。ポイントの変換率は各カードやサービスによって違うので、入会する前にチェックしましょうね。

今回は、ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカードを紹介しました。年会費無料のカードからプラチナカードまで、様々なカードでANAマイルを貯めることができます。どのカードを選ぶかは年会費や還元率、付帯する特典を比較して、自分に合ったものを選びましょう。お得にANAマイルを貯めて、特典航空券を使って世界中いろいろなところへ行くことができますよ。

TOPへ