サービス一覧
閉じる

ANA JCB ワイドゴールドカードのメリットは?デメリットや口コミも紹介

効率よくマイル貯めて色々な所に行ってみたい、安心・快適な旅をしたいと思うなら、ANA JCB ワイドゴールドカードがおすすめです。マイルの貯まり易さと、万全のサポート体制を兼ね備えた、メリットいっぱいのカードです。併せて、デメリットや口コミ・評判も紹介します。

JCB

ANA JCB ワイドゴールドカード

価格:15,400円 (税込)

国内外の旅行で最も力を発揮する、安心の高い保障と利用限度額

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ANAマイレージクラブと、電子マネー楽天Edyの機能を、JCBクレジットガードに搭載したゴールドカードです。効率よくマイルが貯められると共に、最高1億円の海外旅行尊家外保険が付帯するなど、ゴールドカードならではの充実したサービスを受けられます。

 

追加付帯サービスとして、電子マネーQUICPayやPiTaPaや、ETCカードなど、さらに便利に利用することも可能です。ANA機内販売やANA FESTA、空港免税店などで、10%の会員優待割引が適用されます。提携ホテルでの朝食無料や、ウェルカムドリンクのサービスも受けられます。

 

新規入会や継続時には2,000ボーナスマイルのプレゼントに加え、搭乗ごとに25%増しのボーナスマイルがもらえます。国内・海外でのショッピングでもマイルが貯まり、楽天Edyへのチャージでも200円につき1マイルが自動的に積算されます。貯まったポイントのマイル移行手数料も無料です。

年会費 15,400円 還元率 1.0%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング マイル ANAマイル
電子マネー 楽天Edy スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ANA JCB ワイドゴールドカードには、多くのメリットがあります。順に紹介していきます。

新規入会キャンペーン

入会時には、2,000ボーナスマイルがもらえます。随時設定される2か月間のキャンペーン期間中に新規入会をして、キャンペーンに参加登録をした上で、ANA便を利用した場合に、6,000マイルがもらえます。更に登録したカードで20万円以上利用すると5,000マイルが付与されます。

 

JCBの新規入会特典も同時に実施されており、こちらはカードの利用金額に応じて最大30,000マイル相当のOkiDokiポイントがプレゼントされます。

効率よくマイルが貯まる

ANA JCB ワイドゴールドカードは、ANA便に搭乗するたびに、フライトマイルが25%増しになります。また、毎年カードを継続するたびに、2,000マイルもらえます。

 

日ごろのショッピングで、1000円につき1OkiDokiポイントが貯まります。1000円未満の買い物をしても、合算した月額利用料に対してポイントが付くので大丈夫です。また、楽天Edyへのチャージで、200円毎に1マイルが貯まります。なお、ポイントの有効期限は3年です。

 

貯まったOkiDokiポイントをマイルに交換する場合、ANA JCB ワイドゴールドカードなら、手数料無しで通常の2倍のレート(1ポイント→10マイル)で交換できます。他のカードで同じ交換レートにするには、5,000円の手数料がかかります。

充実した保険が付帯

充実の補償で、海外旅行をサポートします。ANA JCB ワイドゴールドカードでは、海外では最高1億円、国内では最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯しています。

 

更に、国内・海外での航空機遅延保険が付帯しています。乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円限度、出航遅延費用等保険金(食事代)2万円限度、寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)2万円限度、寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)4万円限度と、万が一の場合でも安心です。

 

ショッピングガード保険も付帯しています。海外・国内共に 年間最高500万円の補償です。

空港ラウンジサービス

旅行をもっと快適にするため、JCB空港ラウンジサービスを、ANA JCB ワイドゴールドカードの特典で利用できます。国内主要空港・ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが、無料で利用できます。

 

また、世界1,100ヵ所以上の空港ラウンジをUS32ドルで利用できる新サービス「ラウンジ・キー」がスタートしました。カードが入室証になるため、入会後すぐに利用できます。ラウンジでは、飲み物や軽食などの提供や、インターネット接続のサービスを用意しています。

ANA JCB ワイドゴールドカードについて詳しく知りたい方はこちら

ANA JCB ワイドゴールドカードには、目立ったデメリットはありませんが、あえて言うなら次の2点が相当します。

初年度から年会費がかかる

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費は、15,400円です。決して安くはない額です。その年会費が初年度からかかります。ゴールドカードでも初年度無料のカードもあるので、比べると割高に感じます。

 

入会初年度から、ある程度ANA便を利用しないと勿体ないカードです。日常でもメインのカードとして、ショッピングなどで使いましょう。残念ながら、ショッピング利用金額に応じて割引するシステムもありません。航空機の利用頻度が多くないと、メリットを発揮できません。

海外で使い勝手がよくない

日本発の国際ブランドJCBは、国内では不自由しませんが、欧米では使えるお店が少なく、使い勝手があまりよくありません。アジアの主要都市なら使えるお店もありますが、やはり海外に出かけるなら、VISAやMasterCardの付いたクレジットカードも持っていくことをおすすめします。

ANA JCB ワイドゴールドカードの口コミ・評判をみると、高い評価ばかりです。ANA便をよく利用する人の投稿が多いからかもしれませんが、欠点が少ないカードなのは確かです。

ANA JCB ワイドゴールドカードの口コミ・評判

ANAゴールドカードは大満足です。主の理由はサポートです。ANAカードのサポートは信じられないぐらい最高です。海外出張の時に不正利用されたときに、ANAカードの対応は早くて、すべて対応してくれました。問題が発生してもANAカードなら安心できます。海外旅行や出張が多い人に満足するサポートです。

出典:https://kakaku.com

マイルを貯める方法は、色々ありますが、普段の生活で、このカードを使うだけで、マイルが自然と溜まっていくので、便利に利用させてもらっています。ガソリンスタンド、コンビニ、EDYチャージ、クイックペイ、すべて、このカードで、対応できます。日本国内で使ってマイルをためるのがメインなので、JCBで十分だと思います。

出典:https://kakaku.com

ANA JCB ワイドゴールドカードののイマイチな口コミ・評判

とても良いカードで使い易いですが、アメリカやヨーロッパ等での決済性は下がってしまうので、サブカードとしてVISAかMasterの所持は必要かと思われますが、トータルコスト、ポイント還元率、付帯保険等を総合的に考えると、国内、東アジア、東南アジア程度での使用であれば、ANA WIDE GOLDカードの中では一番だと思います。

出典:https://review.kakaku.com

ANA JCB ワイドゴールドカードを申しむ場合は、ANAのホームページからでも良いですが手間がかかります、直接JCBのホームページを開いて、申し込み手続きをした方がスムーズです。これから申し込み方法について説明しますので、参考にしてください。

申し込みはこちら

JCBのホームページから申し込む

この記事の「申し込みはこちら」ボタンをクリックすると、「ANA JCBカード マイルプレゼントキャンペーン」というJCBのホームページに移動します。ここで、新規入会キャンペーンなど、カード毎のキャンペーン情報を確認できます。キャンペーンの条件などをよく理解しておきましょう。

 

次に、「ANA JCBカードのお申し込みはこちら」ボタンをクリック、すると「会員規約」や「重要事項」が書かれたページに移ります。よく読んで問題が無ければ「同意のうえ、入力へ進む」ボタンをクリックして、JCBカード入会申し込みのページに移動します。

必要事項を記入-その1

JCBカード入会申し込みのページでは、最初にカードの選択を行います。プルダウンメニューから、ワイドゴールドカードを選びましょう。注意事項が書かれていますので、確認してください。後述しますが、必要書類についてもここで確認できます。

 

ここで、既に「ANAマイレージクラブカード」または「ANA JCBカード」を所持していれば、新しいカードにマイルを統合するため、お客様番号を入力します。統合後は、お客様番号も新しくなります。

 

次に、貯まったポイントをマイルに移行するコースを選択します。コースは、マルチポイントコース(10マイル)と、マイル自動移行コース(10マイル)の2つです。カッコ内は1ポイントが10マイルで移行できる、移行レートを表しています。なお、ワイドゴールドカードは、移行手数料(通常は5,500円/年)が無料です。

 

マルチポイントコースは、ポイントを好きなときにマイルや商品に交換できるコースです。マイル自動移行コースは、ポイントを毎月自動でマイルに移行するコースです。自分に合ったコースを選びましょう。

必要事項を記入ーその2

JCBでは、万が一ゴールドカードの発行条件を満たさない場合には、一般カードが発行される仕組みになっていますが、必要が無い場合は一般カードを発行しないにチェックを入れてください。

 

ここから、本人情報を入力します。職業や年収は審査の比重が大きいので、正確な情報を入れてください。最後にEメールアドレスを入力して「次へ進む」ボタンをクリックします。

 

その後は、内容確認画面で間違いが無いか再確認して次に進みます。問題が無ければ申し込み受付番号が案内されます。最後に、本人確認書類などを郵送、または画像データで提出するなどの設定をして、申し込みは完了です。審査結果を待ちましょう。

予め準備しておく書類など

クレジットカードを発行する場合、本人確認書類を提出しなければなりません。郵送で本人確認を行う場合には、次の書類から2点のコピーが必要です。画像データで提出する場合も、同じ書類を使用します。

 

日本国内発行の、運転免許証または運転経歴証明書・パスポート・健康保険証・在留カード・特別永住者証明書・マイナンバー(個人番号)カード等から2点。

本人確認書類の2点目は、本人名義の公共料金または社会保険料、国税、地方税の領収書のコピーでも大丈夫です。

 

注意点1:2020年2月4日(火)以降に申請されたパスポートの住所欄は緊急連絡先のみの記載のため、本人確認書類となりません。

注意点2:介護保険証は、本人確認書類となりません。

 

各種書類のマイナンバーや本籍、各種健康保険証の被保険者記号・番号、保険者番号、2次元バーコード等はペン等で復元できないよう、黒く塗りつぶして提出しましょう。

 

なお、キャッシングサービスを希望する場合には、収入証明書類の提出が必要なことがあります。書類は、源泉徴収票、納税通知書、確定申告書、給与明細書等が必要です。

申し込みはこちら

ここでは、ANA JCB ワイドゴールドカードの魅力について、幾つか追加の説明をします。

ANAカードマイルプラス

ゴールドカードに限ったことではありませんが、ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで決済すると、クレジットカード会社のポイントとは別に、さらに100円または200円(税込み)につき1マイルが貯まります。

 

ENEOSやセブン・イレブンなどでは、ANA JCBカードを決済カードとして指定した「QUICPay(クイックペイ)™」での決済も、ANAカードマイルプラスのマイルが貯まります。

 

なお、発行手数料・年会費無料で電子マネー「QUICPay(クイックペイ)™」が利用できます。

優待サービス

カードの利用で、空港や旅先でお得な優待サービスを受けられます。代表的なサービスは次の通りです。

 

  • 空港内免税店で10%割引
  • 全国各空港にある「ANA FESTA」で10%割引
  • 国内線・国際線の機内販売が10%割引
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊料金5%割引
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンで朝食無料&ウェルカムドリンクサービス

海外旅行を更にサポート

ANA JCB ワイドゴールドカードなら、海外旅行を更に快適にするサポートがあります。

 

  • ANA国際線エコノミークラス利用の際でも、ビジネスクラスカウンターでチェックインできます。
  • JCBプラザコールセンターが、海外での不慮の事故やトラブルに対して、日本語で電話対応をします。
JCB

ANA JCB ワイドゴールドカード

価格:15,400円 (税込)

国内外の旅行で最も力を発揮する、安心の高い保障と利用限度額

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 15,400円 還元率 1.0%
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング マイル ANAマイル
電子マネー 楽天Edy スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ここまで、ANA JCB ワイドゴールドカードの魅力についてご紹介してきました。デメリットが少ないので、ANA便を年に何度か利用するなら、是非おすすめしたいカードです。ANA便のフライトでも、日常のショッピングなどでも、マイルがどんどん貯まります。貯まったマイルを特典航空券などに交換して、お得な旅を楽しんではいかがでしょうか。

他にもANA JCB ワイドゴールドカードに関連した記事があるので、ANA JCB ワイドゴールドカードについてもっと知りたい方は以下の記事も併せてご覧ください。

TOPへ