サービス一覧
閉じる

かっこいいクレジットカード人気おすすめランキング10選【男性必見!】

社会人の必需品とも言えるクレジットカード。クレジットカードにはランクがあり、収入や仕事によっては持てないカードもありますね。またデザインも様々です。デートやお会計のとき、サッと出すかっこいいクレジットカードのおすすめランキングをご紹介します。

デートや支払いの時、ゴールドカードやブラックカードを出せたらかっこいいと思いませんか?ランクの高いクレジットカードは、収入や地位の高さを一瞬で見せつけるステータスのひとつ。車や腕時計などのモノよりもこだわる人も多くいます。

 

そんな上級ランクのクレジットカードは、支払いを便利にするだけのものではありません。手にしている人にしか出来ない経験があります。例えば、空港のVIPラウンジの利用、予約の取れないゴルフ上やレストランの予約手配、リムジン送迎など、サービスの数々。かっこいいクレジットカードは、人生をより豊かにしてくれるのです

 

そこで今回は、かっこいいクレジットカードの選び方やおすすめランキングをご紹介します。ランキングはステータス性の高さ・見た目・手に入れやすさに分けて作成しました。手に入れたいクレジットカードを見つけてみてくださいね!

かっこいいクレジットカードを持ちたい!」と思った時、憧れのクレジットカードが決まっている人もいれば、違いがわからないという人もいるでしょう。かっこいいクレジットカードの選び方をご紹介します。

ランクで選ぶ

かっこいいクレジットカードが欲しいと思った人の多くが、「ランクの高さ」を意識しているのではないでしょうか?ランクの高いカードの選び方を解説していきます。

「カラー」でランクの高さをアピール

ブラックカードがかっこいい、ゴールドカードに憧れる、など、やっぱりクレジットカードの色がきになる人が多いですよね。クレジットカードは一般的に「ブラックカード」>「プラチナカード」>「ゴールドカード」>「一般カード」の順にステータスが高くなります。

 

しかし、中には独自のランクを設けているカード会社もあります。「ゴールドカード」>「ブラックカード」だったり、チタンのカードがあったりすることも。カードごとに、欲しいカラーとランクをチェックしておきましょう

「年会費の高さ」もランクに関係する

「年会費の高さ」もランクの高さに関係しています。同じカード会社のカードでのランクの顕著な違いは、カラーと年会費。「楽天カード」などの年会費無料のカードも世の中に多く出回っている中、上級ランクのかっこいいクレジットカードは数万円の年会費がかかるのが普通です。

 

特に上位のカードになると、何十万円の年会費が必要になることもあります。「それを支払える」こともステータスなのです。年会費を支払ってでも持ちたいカードを選びましょう。

「審査の厳しさ」もポイント

申し込みがあると、カード会社は個人信用情報などから「信用力」を測り、クレジットカードを発行するか審査をします。「信用力」だけでなく、「返済能力」や「クレジットカードを利用してくれそうか」なども判断材料になり、こちらを重視する会社も多いです。

 

そのため、カード会社によって審査の難易度が異なります。審査が厳しいと言われるカードほどランクが高いカードだと言えるでしょう。「三井住友カード」などの伝統ある銀行系や航空系の会社が審査が厳しいと言われています。

入会方法で選ぶ

クレジットカードを持つには手順が必要です。大きく分けて「申し込み制」「招待制」の2種類がありますので、ご説明します。

「申し込み制」ならいきなり審査を受けられる

「○○会社のブラックカードが持ちたい!」と思ったらそのカードに申し込みをする、という入会方法が「申し込み制」です。

 

カードによって20歳以上、25歳以上などの条件がある場合もありますが、条件をクリアしていれば誰でも申し込むことができますできるだけ早くかっこいいクレジットカードを手にいれたい人におすすめの方法です。

「招待制」ならランク下のカードからスタート

招待制のクレジットカードでは、カードの利用額などの条件を満たすとクレジットカード会社から上級カードへのアップグレード招待が届きます。これを「インビテーション」略して「インビ」、ネットスラングで「隠微」と呼ばれることも。

 

招待制の上級カードは基本的に申し込みを受け付けていないので、申し込み制のランク下のカードを手に入れてから、条件をクリアしてインビテーションを待つ必要があります。

 

例えば「ブラックカードは招待制だけど、ゴールドカードは申し込み制」なら、ブラックカードを手に入れるためにはゴールドカードに申し込みをして、利用しながらインビテーションを待つしかないのです。その条件を公開しているカード会社もありますので、チェックして選ぶと良いでしょう。長い道のりですが、よりVIP感を感じられますよ

待遇の良さで選ぶ

「持っている」というステータスも大事です。しかし、便利で実用性のあるカードだとなお嬉しいですよね。クレジットカードは会社やランクによって異なるサービスや保険制度を受けることができるので、下記のような項目もチェックして、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

「保険制度の充実度」は要チェック

ほとんどの年会費有料のクレジットカードには、最高2,000円〜5,000万円までの「旅行傷害保」が付帯されています。

 

上級ランクのクレジットカードになると、病気や怪我だけでなく、航空機遅延による出費等もサポートしてくれる場合も。険乗継遅延費用保険金として客室料・食事代などがもらえるのです。

 

また、そのクレジットカードで購入した商品の破損・盗難などの損害費交通事故による費用や賠償責任などまで手厚くサポートしてくれるカード会社もあります。困った時に助けてくれる保険制度の充実度はしっかり確認しておきましょう。

デートでキメるなら「T&Eカード」がおすすめ

「T&Eカード」とは、「Travel & Entertainment Card」の略。「旅行・娯楽カード」などと略されるカードで、ショッピングに利用するだけのカードではなく、旅行やホテル、レストランなどで特別なサービスを受けることができます

 

元々は明確に「T&Eカードかどうか」の区別がありましたが、近年は曖昧になってきており、旅行・娯楽関係の充実したサービスが付帯クレジットカードのことを指す場合が多いです。

 

予約の取りにくい有名レストランを手配してくれたり、ホテルでワンランク上のサービスを受けられたり、リムジン送迎のサービスが受けられたり…。そんなサービスが充実したカードを持っていれば、デート相手にかっこいいところを見せられるのではないでしょうか?

「海外でのサービス」もチェックしておこう

海外に行くことが多い人は、海外でのサービスも要チェックです。ホテルでサービスで優遇を受けられる、海外で無料で送迎してもらえるなど、海外でも特別なサービスを受けられるクレジットカードもあるんです。

 

また、24時間365日グローバルコンシェルジュのサービスを利用できたり、出張時の宿泊の手配をしてくれたりと、海外でのビジネスをサポートしてくれるサービスが充実しているカードもあります。

 

国内・海外の空港でラウンジが使用できるクレジットカードは多く存在していますが、よりランクの高い「VIPラウンジ」を使用できるのがハイクラスカードホルダー。コートや手荷物を預けられたり、送迎サービスを受けられたりもしますよ。

 

アメリカン・エキスプレス プラチナ・カード

年会費以上の価値がある、最高ランクのカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのカード会社「アメリカン・エキスプレス」が発行しているカードの上級ランクカード。ひとつ上にある「伝説のカード」を抜かせば、最もランクの高いカードです。

 

メタル素材で作られた重厚感のあるカード自体もかっこいいです。元々は招待制のカードでしたが、2019年から申し込み制になりました。生活のあらゆるシーンで最高のサービスを受けられ、13万円の年会費以上の価値があるカードです。

入会費 なし 年会費 14万3千円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外・国内旅行傷害死亡:最高1億円、個人賠償責任保険など サービス 世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジ利用、高級ホテルグループの上級会員資格 など
必要年収(目安) 1,000万円以上

ダイナースクラブ プレミアムカード

最上級のサービスとステータスを兼ね備える招待制カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ・ニューヨークのカード会社「ダイナースクラブ」は、その名の通りレストランで使用できるカードが少ない時代に、食事をする人(ダイナース)のために生まれたクレジットカード会社です。日本で最初のクレジットカードとも言われています。

 

そんな伝統あるカードの中で、最上ランクなのが「プレミアムカード」。実質のブラックカードです。プレミアムの文字がキラキラと輝く上質なカードで、見た目もかっこいい一枚です。

 

招待制のこのカードは、ダイナースクラブカードが提供するすべてのサービスと、プレミアムだけの特別な優待を受けることができます。招待の条件は公開されていませんが、ランク下のカードを年間200万〜300万円の利用で招待が来ることもあるそうです。

入会費 なし 年会費 14万3千円(税込)
入会方法 インビテーション インビ条件 不明
付帯保険 海外・国内旅行傷害死亡:最高1億円、ショッピング・リカバリーなど サービス 24時間対応のコンシェルジュ、銀座プレミアムラウンジ、ゴルフ優遇予約 など
必要年収(目安) 700万円〜1,000万円前後と予想される

ラグジュアリーカード マスターカードゴールドカード

24金ゴールドコーティングが眩しい最高のステータス

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラグジュアリーカードは、アメリカで創業し日本では2016年から発行されている、Mastercardブランドの最高クラスステータスのカードとして有名なクレジットカードです。ラグジュアリーカードは、通常とは違い「ゴールドカード」>「ブラックカード」>「チタニウムカード」というランク順になっているのでゴールドカードが最上位ランクです。

 

金属製のカードは、24金コーティングされ職人の手で1枚ずつ削り出して作られる、特別なカード。プラスチックのカードとは、存在感が違います。

 

もちろん、サービスも最高級。国立国際美術館などの国立美術館所蔵作品展の無料鑑賞、バイリンガル・ベビーシッター優待料金など、生活を豊かにしてくれます。

入会費 なし 年会費 22万円(税込)
入会方法 インビテーション インビ条件 非公開
付帯保険 海外旅行傷害死亡:最高1億2千万円、国内旅行傷害死亡:最高1億円 など サービス 24時間265日のコンシェルジュ、国立美術館無料、ゴルフ場優待予約 など
必要年収(目安) 不明 (平均年収5,000万円前後)

アメリカン・エキスプレス センチュリオン・カード

伝説のカードと言われるアメックス最上位カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのカード会社「アメリカン・エキスプレス」が発行しているカード通称「アメックス・カード」の最上位ランクのカードです。その情報は公式サイトにも載せられておらず、詳しい情報は持っている人しか知らないため、「伝説のクレジットカード」と呼ばれています。

 

このカードは、ひとつ下ランクの「アメックス・プラチナ」を5〜10年以上保有し、年間2,500万円以上、通算1億円以上使用した人にインビテーションが来ると言われています。間違いなく最も入手が難しく、ステータスの高いクレジットカードです。

入会費 55万円(税込) 年会費 38万5千円(税込)
入会方法 インビテーション インビ条件 アメックス・プラチナを年間2,500万円以上利用など
付帯保険 海外・国内旅行傷害死亡:最高1億円 など  サービス 専任のコンシェルジュ、高級ホテルグループの上級会員資格 空港VIPラウンジ など
必要年収(目安) 1億円前後と予想される

JCBゴールド

和デザインが上品で美しい、上を目指す人のゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本のクレジットカード会社「JCB」が発行しているカードの申し込み制の中で最上級ランクのクレジットカードです。上品に輝くカードの券面には、和を感じるデザインが施されていてかっこいいです。

 

このカードで条件を満たせば、「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインベテーションが、そしてさらに条件を満たせば最上級ランク「JCBザ・クラス」のへのインビテーションが来ます。

 

JCBカードは招待の審査が難しく時間もかかるため、入手困難という意味でもステータスが高く、憧れる人も多いです。ザ・クラスを目指して、まずはゴールドカードを手に入れてみませんか?日本のカード会社ですが、最近は海外でも使用できることが増えていますよ。

入会費 なし 年会費 1万1千円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外旅行傷害死亡:最高1億円、遅延補償、ショッピング保険 など サービス 空港ラウンジ無料利用、ホテル予約優遇、レストランサービス など
必要年収(目安) 350万円

アメリカン・エキスプレス ゴールド・カード

インパクトと知名度No.1のゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカのカード会社「アメリカン・エキスプレス」が発行しているカードのゴールドカードで、通称「アメックス・ゴールド」と呼ばれています。世界的に高い知名度を誇っており、最も有名で人気のゴールドカードと言えるでしょう

 

アメックス・ゴールドの券面には、センチュリオン、プラチナと同様に、古代ローマ帝国時代に活躍した百人隊長(センチュリオン)がデザインされています。力強さや誠実性を感じるそのデザインは、ひとめでアメックス・ゴールドだとわかります。

入会費 なし 年会費 3万1,900円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外旅行傷害死亡:最高1億円、遅延補償、キャンセル損害補償 など サービス 国内外約200店舗レストランでコース1名無料、空港VIPラウンジ など
必要年収(目安) 不明 350万円以上と予想

ラグジュアリーカード マスターカードブラックカード

シンプルなデザインとマットな質感がクール

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカで創業した最高クラスステータスのカード、「ラグジュアリーカード」のブラックカード。先述した通り「ゴールドカード」>「ブラックカード」>「チタニウムカード」なので、実質のプラチナカードです。

 

ラグジュアリーカードの申し込み制カードでは最高ランクとなっています。そのデザインは、洗練されたゴシック体のロゴがシンプル。素材は表面にステンレススチール、裏面にカーボン素材を使用した金属製で、重厚感があります。

 

表面はマット仕上げで、特別な質感。他のカードとは一目で違うとわかるでしょう。新しさと渋さを持ち合わせたクールなカードです。

入会費 なし 年会費 11万円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外旅行傷害死亡:最高1億2千万円、国内旅行傷害死亡:最高1億円 など サービス 24時間コンシェルジュ、ホテル優遇、空港ラウンジ利用 など
必要年収(目安) 不明 (平均年収3,000万円前後)

MUFGカード ゴールド

どこで出しても恥ずかしくない上質でお得なカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の「三菱UFJニコス」が発行するゴールドカードです。年会費初年度無料、2年目以降もたった2,095円で、上質なサービスとゴールドのステータスが手に入ります。券面も渋くてかっこいいデザインです。

 

エンターテインメント面のサービスはありませんが、国内主要6空港、海外1空港のラウンジを無料で使用でき、最高2,000万円の旅行傷害保険、ショッピング保険、国内渡航便遅延保険など、付帯保険が充実しています。

入会費 なし 年会費 2,095円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外・国内旅行傷害死亡:最高2,000万円 国内渡航便遅延保険 など サービス 国内主要6空港、海外1空港ラウンジ無料
必要年収(目安) 安定した収入

三井住友カード プライムゴールド

20代の生活をワンランク上げるゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20代で年収が200万円以上あるならおすすめなのが、三井住友フィナンシャルグループの傘下のカード会社「三井住友カード」のプライムゴールド。満20歳以上30歳未満の人しか持てないカードで、持つ年齢層に合わせて年会費が安く設定されています。

 

そんな手の届きやすいカードでありながら、一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス優待や一流レストラン1名無料になるクーポンなど、ランクの高いゴールドのサービスが生活を豊かにしてくれます。

入会費 なし 年会費 6,050円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外・国内旅行傷害死亡:最高5,000万円 サービス 一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス優待、空港ラウンジ無料 など
必要年収(目安) 200万円以上

楽天プレミアムカード

審査が比較的甘いゴールドカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の楽天グループのクレジットカード会社「楽天カード」の上位カードです。銀行系や独立カード会社などに比べて審査が甘いと言われる「流通系」のカード会社なので、入手しやすいと言えるでしょう。実際、世帯年収が安定していれば主婦や学生でも持てる場合があるようです。

 

国内30、海外2の空港ラウンジ無料利用や、会員専用デスクから宿泊の手配などができるトラベルサービスなどのサービスが受けられます。またポイントが貯まるシステムが充実していて、ショッピングや旅行をお得に楽しめます。

 

楽天プレミアムカードには、情報が公開されていない招待制で最上位ランクの「楽天ブラックカード」が存在しています。そちらを目指して手に入れても良いのではないでしょうか?

入会費 なし 年会費 1万1千円(税込)
入会方法 申し込み インビ条件 -
付帯保険 海外・国内旅行傷害死亡:最高5,000万円 サービス 国内30、海外2の空港ラウンジ無料 など
必要年収(目安) 安定した収入

かっこいいクレジットカードは、やはり手に入れるのが難しいです。この記事を読んで諦めかけてしまった方も多いのではないでしょうか?また、高い年会費を払ってまで手に入れる必要がわからないという人も多いでしょう。

 

時代は移り変わり、今は電子決済が普及されつつあります。電子決済は、スマートフォンやスマートウォッチで決済できてとってもスマート。かっこいいクレジットカードを持っていなくても、かっこよく支払いができます

 

クレジットカードよりも、スマートウォッチなどのデバイスのかっこよさにこだわるのはいかがでしょうか?スマートウォッチのおすすめ商品に付いては下記の記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

かっこいいクレジットカードについてご紹介しました。ランクの高いものから見ていくと、このカードがもし手に入ったら…と色々妄想が膨らみますね。手に入れたいカードはありましたか?手が届きやすいカードでも保険やサービスは充実していて、ステータスにもなります。かっこいいカードを持ちたいと思ったら、今すぐ申し込みをして生活を豊かにしていきましょう。

TOPへ