サービス一覧
閉じる

三井住友カード デビュープラスのメリットとデメリットは?口コミや評判も

三井住友カード デビュープラスのメリットとデメリットについて解説します。口コミもチェックし、カードの評判や疑問点、申し込み方法も紹介します。25歳までが申し込めるカードで、ショッピング保険付帯やETCカード発行、高い還元率など多くのメリットを覚えましょう。

三井住友カード デビュープラス

25歳までの若者向けカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三井住友カード デビュープラスは18歳〜25歳の方限定のクレジットカードです。若者が対象のため、審査基準は甘く発行しやすいカードです。年会費は初年度が無条件で無料、次年度以降は年1回の利用で無料となるため実質年会費無料のクレジットカードといえるでしょう。

 

ポイント還元率は一般の三井住友カードと比べると2倍の1.0%であり、入会後3ヶ月は還元率が5倍の2.5%となるため、入会直後は破格の還元率となります。またインターネットショッピングは「ポイントUPモール」を経由して買い物をするだけで、還元率がアップします。

 

追加カードとしてETCカードと家族カードを発行可能です。また、最大補償額100万円のショッピング保険が付帯するため高額の買い物にも安心です。

 

26歳以降のカード更新時にはゴールドカードランクの三井住友カードプライムゴールドへ自動で切り替わるため、将来ゴールドカードを持ちたい方にとってはメリットの大きいカードです。

年会費 1,375円(初年度無料)※ 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜3.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

三井住友カード デビュープラスのメリットはたくさんありますので、しっかりと把握しておきましょう。

年会費が実質無料

年会費は初年度が無条件無料、2年目以降は年1回以上の利用で無料となるため実質無料です。もし年間に1回も利用しなかった場合、年会費として1,375円(税込)かかります。ただ、1回も利用しないのであれば持ってる意味がないので、年会費の請求が来る前に解約しましょう。

審査に通りやすい

25歳以下限定のためカード発行の審査は甘いです。収入が低い方やクレジットヒストリーがない方でも審査に通りやすく、初めてのクレジットカードとしておすすめです。

 

三井住友系のクレジットカードは審査が厳しいと言われる銀行系カードであり、通常の三井住友カードは比較的審査が厳しめです。そのことを考えると、三井住友のカードでクレジットヒストリーを積み上げたい方には、審査が甘いこのデビュープラスは発行するのに最適です。

ポイントが貯まりやすい

三井住友カード デビュープラスは、ポイントが貯まりやすいことで知られています。ポイントの貯まる仕組みを紹介します。

いつでもポイント2倍

三井住友カードは通常200円(税込)で1ポイント貯まりますが、三井住友カード デビュープラスならいつでもポイント2倍となり、200円(税込)で2ポイント貯まります。1ポイントは1円相当なので、還元率は1.0%の高還元率です。

入会後3ヶ月間はポイント5倍

入会後3ヶ月間は入会特典としてポイントが5倍になります。200円(税込)で5ポイント貯まるので、還元率は驚異の2.5%です。大きい買い物がある場合は、この入会特典の期間中にしておくとポイントがたくさん貯まるのでお得です。

ポイントUPモール利用で還元率が上がる

ネットショッピングは三井住友カードのポイントサイト「ポイントUPモール」を経由すると、還元率が最大20倍まで上がります。ネットショピング大手の楽天市場やAmazonも対象のため、ネットでの買い物は必ずポイントUPモールを経由しましょう。

対象店舗でポイント5倍

優待店であるセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用するとポイントが+5倍になります。通常利用の2倍と合算すると200円(税込)で6ポイント貯まるので還元率3.0%まで上昇します。若い方がよく利用するコンビニやマクドナルドでポイント還元率が上がるのは、利用者からすると非常に嬉しい特典です。

選んだ3店でポイント2倍

事前によく利用するお店を最大3店まで登録し、そのお店で買い物をするとポイントが2倍になります。三井住友カード デビュープラスは通常利用でポイント2倍のため、この選んだ3店での買い物は+1倍となり、200円(税込)で3ポイント貯まります。

 

対象店舗はライフや西友などのスーパー、スターバックスやドトールなどのカフェ、マツモトキヨシなどのドラッグストアと幅広いので事前に登録してお得に使いましょう。

26歳以降はプライムゴールドカードに切り替わり

若者対象のカードのため26歳になって初めてのカード更新時に、三井住友カードプライムゴールドに切り替わります。この三井住友カードプライムゴールドはゴールドカードランクのカードのため、利用できる特典がさらに増えます。

 

将来的にゴールドカードにランクアップさせたい方にとっては、26歳になったら切り替わることはメリットです。もちろん更新時に審査はありますが、滞納などせずに実績を積んでおけば問題なく切り替わるでしょう。いきなりゴールドカードを申し込むよりも、この切り替わりを利用した方がゴールドカードを発行しやすいです。

ショッピング保険の付帯

ショッピング保険が付帯していて、その対象は「海外での買い物、国内でのリボ払い、3回以上の分割払いで、購入から200日以内に不慮の事故などにより損害を被った場合」です。最大補償金額は100万円で、自己負担額3,000円が必要になります。ただし、航空券などのチケット類は補償対象外となるので注意しましょう。海外で買ったブランド物が偶然壊れてしまった場合などはこのショッピング保険を利用できます。

メリットがある一方でデメリットも存在します。申し込む前にデメリットを理解しておくことも大事です。

申し込みは25歳まで

三井住友カード デビュープラスの申し込み可能年齢は「高校生を除く18歳から25歳まで」です。若者をターゲットにしているのが1番の特徴でもあるので、年齢上限があるのは仕方ないことです。26歳以上の方であれば、一般の三井住友カードに申し込むことを検討してみましょう。

旅行保険の付帯はない

残念ながら国内、海外ともに旅行保険の付帯がありません。旅行保険は他のクレジットカードの付帯保険でカバーするか、別途保険に加入することを考えましょう。三井住友のカードでは一般の三井住友カードや三井住友カードアミティエなどが旅行保険付帯のカードです。

追加カードが有料

追加で発行できる家族カードとETCカードが有料です。ただし、条件付きで無料になるので無料条件を満たせるなら発行しても損ではないでしょう。

家族カード

家族カードは年会費が440円(税込)かかります。ただし、1人目は初年度が無料、2年目以降は年3回以上の利用で無料なので、この条件を満たせそうなら発行しても良いですね。2人目以降は初年度から440円(税込)の年会費が発生し、無料になる条件はありませんので、発行するなら1人までがおすすめです。

 

家族カードの詳細は以下をご確認ください。

 

三井住友カード デビュープラス 家族カード
申し込み資格 生計を共にする配偶者、両親
年会費 440円(税込)
※1人目は条件付き無料
利用枠 本会員の利用枠内
カード特典 本会員と同じ
支払い 本会員とまとめて支払い

 

ETCカード

ETCカードの年会費は550円(税込)です。ただし初年度は無料で、2年目以降は1回以上の利用で年会費無料になります。車をよく使う方であれば条件達成は簡単なので、そこまでデメリットとは言えません。ETCカードの利用分もポイント還元の対象です。

三井住友カード デビュープラスのメリットとデメリットについて紹介しましたが、実際にこのカードを使っている方の評判はどうなのでしょうか?ここでは三井住友カード デビュープラス利用者の口コミを紹介します。

三井住友カード デビュープラスの良い口コミ・評判

先日20歳の誕生日を迎えたためその日の午前1時頃に申し込みをした。すると昼過ぎには審査が通った旨のメールが来て、1週間以内にカードが届いた。Vpassアプリを用いた利用額の確認がしやすく、月々の収入と比較しての利用額の管理がしやすい。初めてのクレジットカードだったがとても良かった。

出典:https://review.kakaku.com

この度新しいデザインにもなり早速カードを利用してみたが、ポイントが一般より比べて2倍貯まり、入会から3か月までは5倍貯まるようになっています!そして、利用したかを確認できるように通知メールとかどれだけ買ったかアプリですぐ確認できるため便利です。

出典:https://review.kakaku.com

突出したものはありませんが、トータルで考えると万能なクレジットカードだと思います。 社会人になった22歳からメインカードで使っていますが、不満に感じたところはほとんどありません

出典:https://review.kakaku.com

三井住友カード デビュープラスのイマイチな口コミ・評判

最初の1枚にはおすすめだけどポイントの交換先少ないのがな……

出典:https://review.kakaku.com

三井住友カード デビュープラスはどのように申し込むのでしょうか?ここでは申し込み方法について解説しますので、カード発行を検討している方は参考にしてください。

申し込みはこちら

公式サイトから申し込み

三井住友カード デビュープラスの公式サイトから申し込みを行います。

規約の確認と基本情報の入力

まずは会員規約を確認し、同意後に基本情報を入力します。入力する情報は他のクレジットカードと同じく、名前や住所などの基本情報から職業や年収などの資産情報です。

キャッシング枠の選択

続いてキャッシング枠を選択します。キャッシング枠は最大50万円まで設定できますが、審査が不安な方はキャッシング枠は設定しない方がよいでしょう。

運転免許証番号の入力

運転免許証をお持ちの方は運転免許証番号の入力があります。申し込み時には手元に運転免許証を用意するか免許証番号をメモしておくと手続きがスムーズです。

追加カードの申し込みと支払い口座の設定

追加カードとしてETCカードと家族カードを申し込みたい方は同時に申し込み可能です。その後は支払い口座の設定を行いましょう。支払い口座をオンラインで設定することでカードの発行がスムーズになります。全て入力が終わったら、入力内容を確認します。入力ミスがないか細かくチェックしましょう。

審査完了後にカード発行

入力が終わると審査に移行し、審査は最短で即日完了します。審査完了後は約1週間で登録住所にカードを郵送してくれます。カード受け取り時は運転免許証など本人確認書類の提示が必要なので用意しておきましょう。

申し込みはこちら

2020年11月30日までに新規入会した方向けのキャンペーンを実施中です。キャンペーン内容は利用金額の20%還元で、最大12,000円が還元されます。エントリー不要のキャンペーンであり、下記3つの条件を満たすだけでキャンペーンの対象となります。

 

・2020年11月30日までに新規入会
・カード入会月の2ヵ月後末までに、1回以上Vpassスマホアプリへログイン
・カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

 

キャンペーン期間中に申し込めばよりお得になるので、入会を検討している方はこのキャンペーンを活用しましょう。

最大12,000円還元キャンペーンの詳細はこちら

三井住友カード デビュープラスに関する、よくある質問についてまとめました。疑問点がある方はこちらを見て解決しましょう。

三井住友カード デビュープラスの引き落とし日は?

三井住友系のカードは、支払日が毎月10日の場合と26日の場合の2パターンがあります。2つのパターンを表でまとめました。

 

三井住友カード デビュープラスの締め日、支払日
パターン1 毎月15日締め 翌月10日支払い
パターン2 毎月末日締め 翌月26日支払い

 

支払日がどちらになるかは三井住友カードの会員向けのネットサービス「Vpass」で確認できます。

三井住友カード デビュープラスから一般の三井住友カードへの変更は可能?

変更はできませんが、通常の三井住友カードを新規で申し込むことは可能です。

三井住友カードプライムゴールドへ切り替えたくないことは可能?

26歳以降の最初の更新でプライムゴールドへ切り替えたくない方は、一般カードへの切り替えも可能です。デビュープラスをずっと持ち続けることはできません。

三井住友カード デビュープラス

25歳までの若者向けカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 1,375円(初年度無料)※ 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00%〜3.00% 付帯保険 ショッピング
ポイント Vポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

今回は三井住友カード デビュープラスのメリットとデメリットについて解説し、利用者の口コミや評判を紹介しました。三井住友カード デビュープラスは25歳以下が発行可能で、初めてのクレジットカードとして選ぶ方が多いです。年会費は実質無料のうえ基本還元率も1.0%と高いです。入会後3ヶ月はポイント5倍の特典がありポイントが貯まりやすいので、25歳以下の方は新規入会を検討してはいかがでしょうか。

三井住友カード デビュープラスについてもっと知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

TOPへ