サービス一覧
閉じる

JCB CARD W plus Lの審査は甘い?審査基準と申し込み方法を解説

JCB CARD W plus Lの基本情報や審査基準、申し込み方法について解説します。また、審査に落ちる条件や審査に通るコツも紹介します。JCB CARD Wとの違いにも触れていますので、申し込む前にJCB CARD W plus Lの特徴を把握しましょう。

JCB CARD W plus L

人気のJCB CARD Wに女性向け特典を追加

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wの基本的な特典に女性向け特典を付け加えたクレジットカードです。JCB CARD Wと同じく発行は39歳までで、JCB一般カードと比較すると年会費が無料・ポイント還元が2倍というメリットがあります。

 

JCB CARD W plus Lだけの女性向け特典は、お手ごろな掛金で任意付帯できる女性向け保険と、キレイに関するお得情報やサービスを受け取れる「LINDA」の2つです。

 

ポイント還元はOki Dokiポイントでの還元となり、貯まったポイントは各種ポイントや航空会社のマイルへの交換の他、キャッシュバックとして毎月のご利用金額からマイナスすることも可能です。さらにAmazonとセブンイレブンの利用でポイントが3倍、スターバックスの利用でポイント10倍となっており、これらのお店をよく利用する方であれば非常にポイントが貯まりやすくなっています。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00% 付帯保険 海外旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

JCB CARD W plus Lの審査基準は甘いでしょうか?ここでは審査基準について解説します。

JCB CARD W plus Lの申し込み資格

JCB CARD W plus Lの申し込み資格は「高校生を除く18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方」となっています。申し込みの年齢上限を39歳以下に定めているのが特徴的ですね。

 

JCB CARD W plus Lは女性向け特典を売りにしていますが、男性でも申し込み可能です。男性でも女性向けの特典がほしい方は申し込みましょう。男性だからといって審査が厳しくなることもありません。

JCB CARD W plus Lの審査は比較的甘い

JCB CARD W plus Lの審査は比較的甘く、審査基準は女性向け特典がないJCB CARD Wと同じです。学生や主婦でも発行できるので、安定継続収入さえあれば多くの方が審査に通ります。年齢上限を定めているのは学生を含めた若者へ広く普及させたいためなので、審査は優しめな印象です。

 

JCB CARD W plus Lは株式会社ジェーシービーが発行する信販系のクレジットカードです。信販系カードは、各銀行が発行する銀行系カードよりも審査が甘いと一般的にいわれています。

JCB CARD W plus Lはどのように申し込むのでしょうか?ここでは申し込み方法や必要書類について解説しますので、カード発行を検討している方は参考にしてください。

申し込みはこちら

公式サイトから申し込み

JCB CARD W plus Lは公式サイトからweb上で申し込みます。JCB一般カードと違いweb申し込み限定となっていますので注意してください。入力する情報は他のクレジットカードと同じく、名前や住所などの基本情報から職業や年収などの資産情報も入力します。

 

また、支払い用の金融機関口座の設定もこの申し込み時点で行いましょう。この支払い口座の設定を完了させることで本人確認も済むので、別で本人確認書類を提出しなくてよいです。必要なものは「支払い金融機関の通帳またはキャッシュカード」です。もしも、オンラインでの支払い口座設定ができない金融機関の場合は、別途郵送にて設定可能ですが、設定完了まで1週間ほど時間がかかります。

審査完了後にカード発行

入力が終わると審査に移行します。審査期間は即日〜1週間ほどですが、多くの方が2日以内に審査結果が出ているようです。審査完了後は約1週間で登録住所にカードを郵送してくれます。

申し込みはこちら

JCB CARD W plus Lで審査落ちする原因を紹介します。カードを申し込む前にご自身がこれらに該当していないか確認しましょう。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに載っているとクレジットカードの新規発行はできません。カード申し込み以前に、他のクレジットカードでの滞納歴があるとカード会社からの信用が損なわれ、ブラックリストに入っている可能性があります。

 

ブラックリストに載らないためにも、他のクレジットカードを保有している場合は支払い延滞をせずに、カード会社との信用を築いていきましょう。信用情報機関で本人開示請求を行えば、ご自身のこれまでの支払い履歴を確認できますので、不安な方は利用しましょう。

収入が安定していない

収入が安定していない方も審査落ちの可能性が高いです。申し込み資格として安定継続収入があることが条件ですので、安定収入がない人はアルバイトでもよいので安定して収入が得られる職に就きましょう。

 

カード発行に問題がない具体的な年収額は公開されていませんが、200万円以上あれば年収は問題ないでしょう。年収100万円でも通る可能性は高いので、収入が安定していない方は1つの目安にしてください。

短期間にクレジットカードを何枚も発行している

短期間にクレジットカードを何枚も発行していると審査に落ちる可能性があります。クレジットカードの過剰発行は、早急に多くのお金を必要としている状態とカード会社に判断されます。この状態はブラックリストと同様でカードの新規発行ができない恐れがあるので避けましょう。

 

具体的には過去2ヶ月で2枚以上カードを発行している場合は、期間を空けてから申し込みましょう。2ヶ月間で3枚以上のクレジットカード新規発行はカード会社に怪しまれる原因となります。

 

クレジットカードの申し込み履歴は6ヶ月間残るので、心配な方は6ヶ月間は新規カード発行を控えましょう。

入力内容に誤りがある

申し込み時の入力内容に誤りがある場合も審査落ちの対象です。電話番号を間違えて入力したために本人確認ができなかったり、審査に合格しても住所を間違えて入力したため、カードを受け取れず強制解約になったりすることがあります。

 

申し込みの際は、入力内容が間違ってないか何度も確認しましょう。単純な入力ミスだけでなく、収入を実際よりも多く入力するなど嘘の申告も審査落ちの原因となるので、正しい情報を申告してください。

JCB CARD W plus Lの審査に落ちる原因はわかりましたが、一方で審査に通りやすくなるコツはあるのでしょうか?ここでは審査に通りやすくなるためのコツを紹介します。

キャッシング枠を0円にする

キャッシング枠を0円にして申し込むと審査に通りやすくなります。クレジットカードのキャッシング枠は「個人の借入額は年収の3分の1以下まで」とする賃金業法の総量規制の対象であるため、キャッシング枠を多くして申し込みをすると審査が厳しくなります。

 

どうしてもキャッシング機能が欲しい人は、カード発行後に変更しましょう。申し込み段階ではキャッシング枠は0円にするのが審査に通りやすくするコツです。

良好なクレジットヒストリーを積み上げる

良いクレジットヒストリーを積み上げていくと、カード会社から信用されるため審査に落ちにくくなります。クレジットヒストリーとは、今までのクレジットカードの利用歴のことです。支払い延滞などをしない良好なクレジットヒストリーを積み上げていきましょう。

 

特にフリーターなど正社員に比べ収入が不安定に思われる方は、延滞歴なしのクリーンなクレジットヒストリーを築くことがより大事になります。

 

支払い延滞歴がなくても、クレジットカードの利用歴が少ないのもクレジットヒストリー上はあまり良くないので、適度に利用して支払い実績を作ることが大事です。現金派の方は支払いを少しずつクレジットカードに変えてみてはいかがでしょうか。

JCB CARD W plus LとJCB CARD Wの違いについてまとめました。

基本特典はJCB CARD Wと同じ

JCB CARD W plus LとJCB CARD Wで基本特典は変わりません。年会費は無料でJCB一般カードの2倍の還元率です。その他、付帯保険やキャンペーンも一緒ですのでJCB CARD W plus LはJCB CARD Wの特典に女性向け特典が追加されたカードと考えましょう。

JCB CARD W plus L限定の特典

JCB CARD W plus L限定の特典を紹介します。

女性向けサービス「LINDA」

JCBの女性向けサービス「LINDA」に参加できます。豪華プレゼントが当たるLINDAリーグや月2回のメールマガジン発行、映画観賞券の抽選など嬉しい特典が盛り沢山です。2020年10月はJCBトラベルで使えう旅行券1万円分の抽選に応募できますよ。

女性向け保険の付帯

女性向け保険の「女性疾病保険」や「お守リンダ」に任意で加入できます。女性疾病保険は女性特有の疾病に関する入院や手術に対して費用のサポートを受けれます。お守リンダは「女性特定がん」「天災限定傷害」「犯罪被害補償」「傷害入院補償」の4つから必要なプランを選択可能です。

 

任意なので加入しない場合は費用がかかりませんが、非常に安価に加入できるので必要性を感じれば加入した方がお得ですよ。

カードデザインが違う

2つのカードはデザインが違います。JCB CARD W plus Lのカードデザインはピンク色ベースの花柄で、女性向けに特化させたデザインです。一方でJCB CARD Wはブラックとシルバーのグラデーションで落ち着いたデザインになっています。

JCB CARD W plus L

人気のJCB CARD Wに女性向け特典を追加

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元 1.00% 付帯保険 海外旅行、ショッピング
ポイント Oki Dokiポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

今回は、JCB CARD W plus Lの基本情報や審査基準、申し込み方法について解説しました。JCB CARD W plus Lは39歳以下限定のカードで、女性向け特典が充実しています。JCB一般カードよりも審査が緩く、無料で発行できる上に基本還元率も高いです。JCB CARD Wの特典は全てカバーしているので、特に女性の方はJCB CARD Wを発行するよりもお得ですよ。

TOPへ