サービス一覧
閉じる

還元率の高いお得なポイントカード人気おすすめランキング10選

普段の支払いでポイントが貯まるので、手軽に節約できるポイントカード。でも種類が多く、どれがいいのかわからない、厳選したいという人も多いでしょう。この記事では選び方や、還元率の高いお得なポイントカード人気おすすめランキングを紹介します。ぜひ参考にしてください。

簡単にできる節約術の一つに、ポイントカードの有効活用があります。支払いの際にポイントカードを提示するだけで、現金と同様に支払えたり商品と交換できたりするポイントが貯まるので、とてもお得です。

 

また実は、大手ポイントカードの中には、貯めたポイントを災害時の寄付に使えるところも。ポイントカードでポイントをためておいて損はないんです。ただ、種類が多すぎて、持ちきれなくなることも多いですよね。

 

そこで今回はポイントカードの選び方やおすすめのカードをランキング形式でご紹介します。ランキングは還元率、使えるお店の幅広さ、使いやすさを基準に作成しました。価格は、発行に必要な価格を記載しています。どのカードを作ろうか迷われてる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ポイントカードは数多く存在します。すべてを作っていたら、財布はポイントカードだらけになり、探すのも一苦労でしょう。そのため、厳選して持つのがおすすめです。

 

ただ、どのポイントカードを選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。ここからは、お得なポイントカードを厳選するために知っておきたい、選び方をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

還元率で選ぶ

払ったお金に対して何%ポイントが返ってくるのかというのを、一般的に還元率といいます。この還元率はポイントカードによって様々です。同じ金額を使った場合、還元率が高いほどポイント数も多いので、還元率がいくらかを意識してポイントカードを選ぶのがよいでしょう。

 

ここからは、還元率を重要視する上で知っておきたい、目安やチェックポイントについてご紹介していきます。

「還元率1%」のポイントカードがお得

ポイントカードの還元率は、0.5%~1.0%程度に設定されている場合が多いです。そのため、1%近い還元率があるポイントカードを選ぶのがおすすめですよ。

 

具体的に見てみると、還元率が0.5%のポイントカードの場合は、200円買うと1円分のポイントが付与されます。一方、還元率が1%のポイントカードなら、100円の購入で1円分のポイントが付くんです。同じ買い物額で、倍近くポイントに差が出ることになります。

 

また、自社運営のサイトや店舗なら1%の還元率だけど、提携店では0.5%の還元率というポイントカードもあります。「思ったより貯まってない」と後で驚かないよう、事前に調査しておくと安心ですよ。

「キャンペーンで還元率が上がる」ポイントカードもおすすめ

キャンペーン中はポイントの還元率がぐっと上がることもあります。うまく利用すれば数倍~10倍になることも。

 

またドラッグストアで使えるポイントカードの中にも、ポイント2倍デー5倍デーが開催されるものもしばしばあります。ドラッグストアの場合お店によりますが、毎週土曜日はポイント2倍など、決まった曜日に開催されることも。

 

キャンペーンを活用できそうなポイントカードがあれば、優先するのも良いでしょう。

貯めやすさで選ぶ

いくら還元率が良くても、実際にポイントが貯まらないと意味がありません。使う機会が少なかったり、有効期限が切れてしまうと、宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。そのため、どのようなポイントカードを選ぶと貯まりやすいのかも、ポイントカード選びには欠かせないでしょう。

 

ここからは、貯めやすいポイントカードを選ぶために、押さえておきたいポイントを解説していきます。

複数のお店で使える「共通ポイントカード」が〇

ポイントが貯まるお店は、数えきれないほどあります。ドラッグストアにコンビニ、スーパー、家電量販店、飲食店、服屋に下着屋、靴屋などなど。すべてのお店でポイントカードを作ると、財布やカードケースがすぐパンパンになってしまうでしょう。

 

そのため、ある程度ポイントカードを厳選するのがおすすめです。複数店舗で使える共通ポイントカードなら、1枚持っていれば多くのお店でポイントを貯められます。1つのお店で貯まるポイントが少なくても、複数のお店で使えるので、いつの間にかたくさんポイントが貯まっているいるなんてことも。

 

また共通ポイントカードは大手の会社が作っていることが多く、還元率良かったりキャンペーンが頻繁に行われたりするポイントカードが多い傾向にあります。上手に活用しましょう。

「利用頻度が高め」ならポイントカードを作ろう

コンビニやドラッグストアなどを頻繁に利用する人も多いのではないでしょうか?コンビニで毎日ちょっとしたものを買っている人も多いですよね。

 

またドラッグストアで化粧品を買っている女性やおむつやミルクがいる子どものいる家庭、大人数の家庭は、ドラッグストアで月1万円以上使うことも少なくないでしょう。このような頻繁に使うサービスに関するポイントカードは作っておくのがおすすめです。

 

還元率がさほど良くない場合でも貯まりやすいでしょう。

「大型家電代」は1度でたくさんのポイントが貯まる

大型家電などは高額になることが多いです。そのため、利用頻度が少なくても、1度で多くのポイントが貯まります。他に家電量販店で買い足す予定が無くても、電池・電球などの小物をはじめ、最近の家電量販店は食料や化粧品、消耗品なども売っているので、持っておいて損はないですよ。

 

また通学・通勤で使う定期代は、継続的に費用がかかります。定額であり、値引きされることもないですよね。交通系ICカードの利用や、登録でポイントが貯まるところも多いため、ポイントサービスを上手に活用しましょう。

「有効期限の長いポイントカード」なら消失の心配がない

多くのポイントカードで、ポイントの有効期限が定められています。この有効期限は、そのポイントを取得した日から何年間と定められているものもあれば、ポイントの最終取得日から何年間と定められているものもあります。

 

ポイントの最終取得日から何年間というポイントカードであれば、ポイントを得るたびに有効期限がリセットされるので、コツコツ貯めることもできますよ。せっかくポイントを貯めても、使う前に消えてしまったら意味がないですよね。

 

ポイントカードが多すぎると管理しにくく、見つけるのも大変です。頻繁に利用せず、ポイントを消化できなさそうなお店のポイントカードは持たないというのも選択肢の一つでしょう。

利便性で選ぶ

「貯めるのが面倒くさい」、「得なのは分かっているけど、見つからなくてレジ前で焦るのが嫌」などの理由でポイントカードを作らない人も少なくありません。

 

また財布がカードだらけというのもあるあるでしょう。ポイントカードだけでなく、免許証に保険証、クレジットカードにキャッシュカードなどが入っていて、財布を圧迫している人も少なくないですよね。

 

頻繁に使うものだからこそ、利便性も大切。使いやすさを重視してポイントカードを選ぶのもおすすめです。

「クレジットカード一体型」なら1枚でポイントを2重どりできることも

クレジットカード・ポイントカード一体型のカードの場合、提示後そのカードで支払うと、2重にポイントが付くこともあります。例えばポイントカードとしての還元率が1%、クレジットカードとしての還元率が1%の一体型カードで、1000円分買い物した場合次のようになります。

 

1枚の一体型カードをまず提示しポイントカードとしての10ポイントゲットします。その後クレジットカードとしてそのカードで支払いを行うことで、カード支払い分の10ポイントも付くんです。この場合は1000円の買い物で合計20ポイント取得することができます。

 

ポイントカードとクレジットカード別々でもポイントの2重どりはできますが、一体型なら1枚でやり取りできるので、手軽ですし財布やカードケースを圧迫することもありません。

「アプリ管理」でお財布もスッキリ

アプリで管理できるポイントカードも増えています。使い方は簡単で、アプリを開いて所定のボタンをクリックすると、バーコード画面が出現し、その画面をレジで見せて店員にスキャンしてもらうというのが主流です。

 

今持っているポイントカードを連携することもできるので、枚数が多くて困っている人にもおすすめです。いつどこで何ポイント付与されたか、今何ポイント持っているのかなどの確認がいつでも出来るようになるのも嬉しいですね。

 

カードケースと異なり、スマホはちょっとした買い物でも持ち歩くというのもメリットでしょう。「うっかり忘れた」なんてことも防げますよ。

nanacoポイント

よくセブン-イレブンを使う人におすすめ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

nanacoポイントは、正確には電子マネーです。実はセブン-イレブンで使える、提示するだけでポイントが貯まるカードはないんです。でもセブン-イレブンを頻繁に使うならポイントをつけたいですよね。そんな人におすすめのポイントサービスになっています。

 

イトーヨーカ堂などのセブン&アイグループや町のお店でも使えます。通常還元率は0.5%ですが、ボーナスポイントが付く商品も多数用意されていますよ。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 0.5% 代表的な使える店 セブン-イレブン、イトーヨーカ堂、ロフト
アプリの有無

ヤマダポイントカード

ヤマダ電機で使えるのはもちろんマイルに交換もできる

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヤマダ電機で貯まり・使えるポイントカードです。1ポイントで1円分支払えます。ANAのマイルやSoftBankカードと交換できるのも魅力。クレジットカードで支払った場合もポイントが付与されるのも良いですね。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 商品によって異なる 代表的な使える店 ヤマダ電機
アプリの有無

ビックポイントカード

多くの商品で10%と還元率が高い

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビックポイントカードなら購入履歴が残るため、以前何を購入したかが分かります。消耗品を買い足す場合などに便利ですよ。ポイントの有効期限は最終利用から2年間なので、期間中に1回使えばまた2年延長されます。

 

ビックカメラはコジマ電気、ソフマップと提携しており、それぞれのポイントに交換することも可能です。また還元率も多くの商品が10%であり、高いです。入会金や年会費がいらないので、ビックカメラで買い物をする人は作っておくのが良いでしょう。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 基本10%だが、商品によって異なる 代表的な使える店 ビックカメラ
アプリの有無

ヨドバシゴールドポイントカード

高い還元率で通販でも使える

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨドバシゴールドポイントはヨドバシカメラ系列で貯まり・使えるポイントで、1ポイント=1円です。還元率は商品によって変動しますが、還元率が10パーセントを超える商品も多く高い還元率となっています。入会金や年会費は0円で、有効期限は最後にポイントカードを使った日から2年間となっています。

 

共通化作業をすれば、ヨドバシカメラのインターネット通販サイトであるヨドバシ・ドット・コムでも使えます。通販なら日本全国に届けてくれるので、近くにヨドバシカメラがない人にもおすすめですよ。しかも配送料無料です。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 商品によって異なる 代表的な使える店 ヨドバシカメラ、石井スポーツ
アプリの有無

紀伊国屋ポイントカード

新しい本をお得に買おう

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本屋では新品の本の値引きがされません。定価が決まっており、どの本屋でも値段は同じです。そのため、ポイントが貯まる本屋なら、他店よりちょっとお得になるんです。紀伊国屋ポイントカードは税抜100円につき1ポイント付き、実店舗はもちろんオンラインショップでも貯まります

 

年会費や入会費はいりません。誕生日月はポイントの付与が2倍になるのもちょっと嬉しいですね。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 1% 代表的な使える店 紀伊國屋書店
アプリの有無

JRE POINT

JR東日本を通学・通勤で利用する人にうってつけ

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JRE POINTはJR東日本が運営しているポイントです。登録したSuicaでJR東日本の電車・新幹線に乗ったり、提携先の店舗でカードを提示することでポイントが貯まります。JR東日本の定期券でもOKです。そのため普段鉄道を利用する人におすすめです。

 

登録するSuicaが、カードタイプなのかモバイルSuicaなのかで還元率が異なります。モバイルSuicaの方が、還元率が良いですよ。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 0.5~4% 代表的な使える店 JR東日本、アトレ
アプリの有無

Pontaカード

ホットペッパーなどリクルート運営サービスでも貯まる

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Pontaカードは、ホットペッパーグルメやじゃらんなどで有名なリクルートグループが運営しています。そのため、リクルートグループ関連でもポイントが貯まるのが魅力。またケンタッキーフライドチキンやGEO、ローソンなど、街のお店でも使える所が多いです。

 

還元率は街のお店だと0.5%程度の所が多いです。ポイントが当たるルーレット1回などユニークな施策をしている店もあります。またリクルートグループ関連は還元率が高い傾向にあります。au WALLETポイントを統合できるようになったため、auユーザーにもおすすめのポイントカードです。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 0.5~10% 代表的な使える店 ローソン、ホットペッパー
アプリの有無

Tポイント

アイテムID:5752501の画像1枚目

出典:http://tsite.jp

  • アイテムID:5752501の画像1枚目

提携先が多く使い道も豊富

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Tポイントは使う・貯められるお店が豊富。還元率は多くのお店で0.5%とさほど高くありません。ただ、ウエルシアをはじめとしたドラッグストアなどでは、1%と高い還元率が設定されています。ウエルシアでは、ポイントを1.5倍で使える日もあるため、「ウエル活」と呼ばれSNSでも節約術として人気が高いです。

 

また、提携会社のポイントとの交換も可能。エネオスや関西電力のポイント、ANAのマイルなどラインナップも多いです。ヤフー系列であり、YAHOO!JAPANネット募金から貯まったTポイントを被災地に寄付することもできます。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 0.5~1% 代表的な使える店 TSUTAYA、ファミリーマート
アプリの有無

dポイントカード

使い勝手のいいポイントカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CMでもおなじみdポイント。NTTドコモが運営するポイントカードです。貯まる・使えるお店も増えており、使い勝手が良いのが魅力でしょう。還元率はおよそ0.5~1%で、お店によって異なります。

 

指定のお店でd払いというコード決済サービスを利用するとdポイントが還元されたり、当たるキャンペーンが頻繁に行われているのも特徴です。ゲームやアンケートなど買い物をせずにポイントが貯まるコンテンツも用意されています。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 0.5~1% 代表的な使える店 ローソン、ファミリーマート
アプリの有無

楽天ポイント

使えるお店がとにかく多い

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽天ポイントが貯まる・使えるお店は、マクドナルドやミスタードーナツ、吉野家やマツモトキヨシ。衣料販売のライトオンや家電量販店のジョーシン、ガソリンスタンドのコスモ石油などジャンルも店も幅広く、書ききれないほどあります。1ポイントは、1円と同じ扱いです。

 

また楽天グループでの支払いでも貯めたり、使うことができます。楽天グループは通販だけでなく、スマホや保険、電気、旅行など幅広く運営しており、グループ内の利用でよりポイントが貯まるキャンペーンを頻繁に行っているのも強みでしょう。幅広く網羅できる1枚です。

還元率(使う店によって異なる場合も有) 1% 代表的な使える店 楽天市場、ファミリーマート
アプリの有無

気になっているカードがどのくらいの人に使われているのか知りたい人もおられるでしょう。Tカード、dポイントカード、Pontaカードは共通ポイントカードの中でも使える店舗数が多く、知名度も高いです。この3つのポイントカードについて、発行枚数や登録者数を調査しました。

 

Tポイントカードの発行枚数は、2016年9月末時点で1憶9000万枚突破しています。またdポイントカードの登録者数は、2019年時点で3616万人以上です。Pontaの会員数は、2015年5月時点で7,000万人超えました。各社公表しているのが発行枚数だったり登録者数だったりするため、単純には比較できません。

 

ただ、いずれも多くの人に利用されていることが分かります。またポイントカードだけでなく、クレジットカードでもポイントが貯まります。審査はありますが、現金で支払うよりお得なので、ぜひ検討してみてくださいね。

以下の記事では、還元率の高いクレジットカードの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ここまでポイントカードの選び方や、おすすめのポイントカードをご紹介してきました。ポイントカードを活用することで、ちょっとお得に買い物できます。自分の生活に合ったポイントカードを見つけて、効率よく貯めてくださいね。

TOPへ