サービス一覧
閉じる

エポスプラチナカードは最強?口コミとメリット・デメリットを紹介

エポスプラチナカードの口コミや評判、メリット・デメリットまでご紹介します。カードの特色を知ることでよりお得にカードを使っていただけます。お得な入会方法もご紹介していますのでクレジットカード選びの際にはぜひ参考にしてみてください。

エポスプラチナカード

年会費がお得なプラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラチナカードの中でも年会費が割安であるエポスプラチナカード。年間100万円以上カード利用で翌年以降の年会費が10000円OFFに。年間の利用額に応じたボーナスポイントも充実しており、100万円の利用で20000ポイント付与されます。ポイントで年会費を支払うことも可能です。

 

家族カードではエポスゴールドカードを通常年会費5000円のところ無料で発行可能。国内外の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパスが無料付帯。死亡補償最大1億円の手厚い補償内容の海外旅行保険が自動付帯

 

選べるポイントアップショップに登録した店舗での利用は3倍のエポスポイントが貯まります。お誕生日付きの利用はポイント2倍になります。

年会費 30,000円 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50%〜1.25% 付帯保険 海外旅行、国内旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

エポスプラチナカードを使用することで得ることのできるメリットを5つのポイントにまとめてご紹介します。ご自身の利用頻度や使いたいサービスなどがあるのか参考にしてみてください。

エポスポイントが大量に貯まる

エポスプラチナカードは通常ポイントとは別に、選べるポイントアップショップは3倍誕生月は2倍、丸井グループはもちろんのことその他対象店舗はポイントが貯まりやすくなっています。選べるポイントアップショップの対象店舗は300店舗と豊富ですので自分の生活に合わせてカスタマイズ可能です。

 

さらに、クレジットカードの年間利用金額に応じて加算されるボーナスポイントがあります。100万円以上で20000ポイントで最大年間1500万円以上で100000ポイントが付与されます。年間利用額が多い方ほど特できるボーナスポイントです。

 

年間利用額100万円以上で年会費が20000円になるのでボーナスポイントで相殺できてしまいます。実質年会費のかからないプラチナカードになるということです。

手厚い海外旅行保険が自動付帯

エポスプラチナカードでは海外旅行保険がカードを利用していなくても付帯する、自動付帯となっています。傷害死亡・後遺障害時には最大1億円個人賠償責任最大1億円と手厚い補償内容の海外旅行保険が付帯します。

 

また、エポスプラチナカードの海外旅行保険は家族も補償対象となります。家族は傷害死亡・後遺障害の補償金額が最高2000万円になります。個人賠償責任に関しては家族も最大1億円の補償内容となっています。

 

国内旅行保険に関しては利用付帯となっているので注意が必要です。国内旅行保険も海外旅行保険同様充実した補償内容となっています。

海外サポートが充実

エポスプラチナカードには海外サポートデスクがあり、世界30都市以上の現地デスクが日本語でサポートしてくれます。観光に役立つ情報や緊急時の対応などを案内してくれます。

 

海外サポートデスクのサポート内容は空港・レストラン・ショッピングなどのインフォメーションサービス、レストラン・観劇・スポーツ観戦などのリザベーションサービス、紛失・事故などのエマージェンシーサービスと幅広く対応可能となっています。

 

ハワイやヨーロッパ、北米など人気の観光エリアに複数の海外サポートデスクがあるため、海外旅行へ行く機会の多い方などには心強いサービスです。

プライオリティパスが無料

エポスプラチナカードでは、通常年会費429USドル(約45000円)かかるプライオリティパスが無料で利用可能になります。プライオリティパスとは、世界130ヵ国1000カ所以上のVIP空港ラウンジを利用することのできる権利のことです。

 

空港ラウンジでは、軽食やアルコールのサービスを受けることができます。国内外の空港ラウンジを同伴者1名様まで無料で利用可能になります。出張はもちろんのこと海外旅行でもゆったりとした旅を楽しむことができます。

家族カードが無料

エポスプラチナカードを所有されている方のご家族は家族カードとしてエポスゴールドカードを発行することができます。エポスゴールドカードは通常年会費が5000円かかりますが、家族カードの場合年会永年費無料で発行することができます。

 

また、エポスファミリーゴールドカードでは年間のカード利用額に応じてボーナスポイントが紹介者本人が貰えるというサービスがあります。家族で年間100万円利用で2000ポイント、年間300万円利用で6000ポイントとなっています。

エポスプラチナカードはメリットの多いクレジットカードですが、ここで紹介する2点がデメリットとして挙げられます。それぞれのポイントをよく理解しておきましょう。

通常のポイント還元率が0.5%

エポスプラチナカードの通常ポイント還元率は0.5%と高い還元率ではありません。年間のカード利用額が100万円を超える場合ボーナスポイントが付与されるため、ポイント還元率は2.5%ということになり高い還元率でポイントを貯めることが可能になります。

 

エポスプラチナカードで年間カード利用額が100万円を超える見込みなない場合はポイント還元率が0.5%ですので、ポイント還元率だけで言えば還元率1%を超えるクレジットカードへの申し込みを検討された方が良いかもしれません。

ショッピング保険が有料

ショッピング保険とは、ショッピング保険の付帯したクレジットカードで支払いをした」一定額以上の商品について補償をするものです。購入後万が一事故やアクシデントに見舞われ他場合に限度額の範囲内で補償されます。

 

プラチナカードにはショッピング保険が無料で付帯しているものが多いですが、エポスプラチナカードでは有料のサービスとなっています。年会費1000円でショッピング保険をエポスプラチナカードに付帯することができます。

エポスプラチナカードの口コミや評判をご紹介します。申し込みを検討しているクレジットカードを実際に使用した人のレビューは参考になることも多いと思いますのでぜひチェックしてみてください。

エポスプラチナカードの良い口コミ・評価

大学4年、昨年の5月にエポスファミリーゴールドのショートカットを利用し、1年で100万決済しました。 海外が行くことが多く、楽天のプレミアムカードを持っていましたが、これを機に解約しようと思います。 これからは、いくつか持っているカードを解約してメインで使っていこうと思います。

出典:https://bbs.kakaku.com

20代前半に最初の1枚として作りました、社会人になってからゴールドに、その後の利用額が増えてプラチナのインビテーションを頂きプラチナになっております。プラスチックカードの券面が汚れたり傷ついたりした際にマルイのお店で新しい券面に替えてもらえるとのは、とても良いサービスだと思います。

出典:https://kakaku.com

エポスプラチナカードのイマイチな口コミ・評価

年間100万円以上使ったなと思ってボーナスポイントを楽しみにしていたら、実は到達していなかったようで、ポイントも付かず、年会費も2万円、まるっと持っていかれました。 100万に到達したという基準が分かりにくいです。該当月の締め日ではなく、31日(月末)までの買い物金額で決まると書いてあったので、余裕で越えているだろうと計算しましたが、そうではなかった。

出典:https://review.kakaku.com

エポスプラチナカードに申し込みたいけど、申し込み方法がわからないという方もいらっしゃるかと思います。ここでは申し込み方法や確認事項などをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

申し込みはこちら

エポスネットやwebで申し込み

webから申し込みをしていただくことが可能です。空メールを送信すると申し込みメールが届きます。そのメールにある登録用のURLから申し込み画面へ移って入力を開始します。

 

カード審査を受けるために必要な情報を入力する必要がありますのですぐにわかるようにしておきましょう。また、エポスカードをインターネットで申し込みされる場合、口座振替のお手続きは後日郵送される依頼書にて手続きをする必要があります

エポスネットに登録する

エポスカードへお申し込みいただいた方は、クレジットカードのお申し込みと同時にエポスネットにご登録していただくことになります。エポスネットにご登録いただくと、エポスネットのIDでマルイのショッピングサイト「マルイウェブチャンネル」もご利用いただけます

 

エポスネットではクレジットカード発行後、様々な管理やサービスを受けることができます。お支払い金額やご利用状況、エポスポイントもリアルタイムで確認可能に。優待情報などもすぐに確認することができます。エポスネットのアプリがあるのでクレジットカード発行後はアプリを入れておくと管理が楽になります。

カード受け取り方法を選択する

クレジットカードを申し込みした時点でクレジットカードの受け取り方法を店頭か郵送か選択いただきます。店頭の場合最短即日お渡しが可能で、郵送の場合ですと申し込み完了後1週間でお届け。配達時に本人確認が不要の簡易書留でお届け。

 

店頭受け取りの際には審査結果メール・本人確認書類・キャッシュカードが必要になります。店頭受け取りの際に口座振替のお手続きを行います。審査結果メールが届いてから1週間以内が店頭受け取り期限になり、受け取りにいらっしゃらない場合にはご自宅に配送されます。

申し込みはこちら

エポスカード は支払日が27日と4日の2パターンあり、支払日によって締め日が異なります。webからクレジットカード申し込みをされた場合は自動的に27日のお支払いの設定になります。変更も可能です。

 

支払日が27日の場合、前月の27日が締め日となります。ご請求該当期間は前々月28日から前月27日の利用分ということになります。支払日が4日の場合、前月の4日が締め日となります。ご請求該当期間は前々月5日から前月4日の利用分ということになります。

エポスプラチナカードは審査に通るとほとんどの場合限度額は300万円に設定されます。なかなか限度額を増額する機会はないかもしれませんが、突発的な支払いなどで一時的に限度額を増額することは可能です。

 

ブライダルの支払いで利用の場合は最高400万円まで、その他の目的の場合は限度額の2倍または、現在の限度額プラス100万円のどちらか少ない金額まで希望することができます。限度額増額の申し込みはエポスネットからのみの受付となっています。

エポスプラチナカードに関するQ&Aをまとめています。気になることがあったらここで解決できるかもしれません。

エポスプラチナカードへのインビテーション条件は?

正式な条件は公式サイトでの表示はありませんが、エポスゴールドカードを1年以上所有、年間カード利用額が100万円以上の方にエポスプラチナカードへのインビテーションが届くようです。

インビテーションで申し込む際の審査は?

上位カードへのインビテーションが届く際には既に審査済となっていますので、インビテーション経由で申し込みをする際には審査の心配は不要です。

エポスプラチナカード

年会費がお得なプラチナカード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 30,000円 追加カード ETCカード
ポイント還元率 0.50%〜1.25% 付帯保険 海外旅行、国内旅行
ポイント エポスポイント 電子マネー -
マイル ANAマイル、JALマイル スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

エポスプラチナカードのメリットについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。インビテーションを利用して申し込みをすると審査も通りやすく、年会費もお得に発行できます。エポスプラチナカードの申し込みを検討している方はぜひ参考にしてください。

TOPへ