サービス一覧
閉じる

ACマスターカードの審査は甘い?審査基準と申し込み方法を解説

ACマスターカードの基本情報や審査基準、申し込み方法について解説します。また、最短即日でカード発行ができるACマスターカードですが、審査に落ちる条件や審査に通りやすくなるコツも考察します。申し込む前にACマスターカードの特徴を把握しましょう。

ACマスターカード

即日発行できる年会費無料カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ACマスターカードは最短で即日発行が可能な年会費無料のクレジットカードです。消費者金融のアコムが発行している消費者金融系のカードのため、審査基準も低く設定されています。この審査基準の低さが最大の特徴で、過去に延滞歴などがあったとしても現在の支払い能力さえあれば多くの方が発行できます。

 

デメリットとしてはポイント還元や追加カード、付帯保険などの他のクレジットカードにあるような恩恵がほとんどないことです。唯一の付加価値として利用額の0.25%のキャッシュバックがあります。

 

国際ブランドはMastercardのため、日本国内だけでなく世界各国の多くの加盟店で利用できるため、海外に行っても利用できるカードです。

年会費 無料 追加カード -
ポイント還元 0.25%(キャッシュバック) 付帯保険 -
ポイント - 電子マネー -
マイル - スマホ決済 -

ACマスターカードの審査基準は甘いのでしょうか?ここではACマスターカードの審査基準について解説します。

ACマスターカードの申し込み資格

ACマスターカードの申し込み資格は「20歳以上で安定した収入と返済能力を有する方」です。学生やフリーターの方でも安定した収入があると判断されればカードを発行できます。ただし、専業主婦の方は本人に収入がないため発行は厳しいでしょう。

ACマスターカードの審査は甘い

ACマスターカードの審査は甘いです。ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行する消費者金融系のクレジットカードです。一般的に消費者金融系クレジットカードはその他の流通系や信販系のクレジットカードと比べても審査が甘いと言われています。

 

特に審査においてクレジットヒストリーをあまり重視しないので、返済能力さえあればほとんどの方が審査に通ると考えられます。

ACマスターカードの審査期間は非常に短く最短30分です。あくまで最短が30分であり、誰でも30分で完了するわけではないので頭に入れておきましょう。ただし、即日発行を謳っているクレジットカードなので、多くの方が30分に近い時間で審査が完了するものと考えられます。

ACマスターカードの審査が甘いことはわかりましたが、どのように申し込めばよいでしょうか?ここでは申し込み方法や必要書類について解説しますので、カード発行を検討している方は参考にしてください。

申し込みはこちら

申し込み方法は「公式サイト」「店頭窓口・自動契約機」「電話」「郵送」の4通り

ACマスターカードの申し込み方法は「公式サイトからweb申し込み」「店頭窓口・自動契約機での申し込み」「電話申し込み」「郵送申し込み」の4通りです。それぞれの申し込み方法を解説します。

公式サイトでの申し込み

公式サイトからweb上での申し込みが手軽にできておすすめです。名前や住所などの基本情報から職業や年収などの資産情報、他社からの借入状況の項目も記入します。情報に間違いがないよう慎重に記入してください。

 

入力後にメールが送られてきますので、そのメールに添付されたURLのリンクページから本人確認書類の提出方法を選びます。郵送やFAXでの提出もできますが、アプリからのアップロードが手間が少なくスピーディーに行えるのでおすすめです。本人確認書類は運転免許証のほか、マイナンバーカードやパスポート、健康保険証での提出が可能です。

店頭窓口・自動契約機での申し込み

アコムの店頭窓口または自動契約機(むじんくん)での申し込みも可能です。運転免許証などの本人確認書類が必要になりますので、忘れずに持参しましょう。店頭申し込みのメリットはその場で審査が完了するので、すぐにカードを受け取ることができることです。ただし、営業時間が決まっており、夜間帯は利用できないのでご注意ください。

電話での申し込み

電話での申し込みも可能です。電話で簡易審査が行われ、簡易審査に通過した場合はインターネット、店頭、郵送、FAXのいずれかの方法で契約手続きを行います。電話だけでは完結せず、webや店頭での手続きが必要となりますよ。

郵送での申し込み

郵送での申し込みも可能です。フリーコールに電話をかけ申し込み資料を取り寄せてから、届いた書類に必要事項の記入や本人確認書類の写しを加え返送します。こちらは手間と時間がかかるのでおすすめはできません。インターネット環境がなく、近くにアコム店舗や自動契約機(むじんくん)がない方のための申し込み方法に限定されそうです。

審査完了後にカード発行

申し込み完了後に審査へ移ります。先述の通り審査は最短30分です。カード受け取り方法は申し込み方法により異なります。公式サイトからの申し込みの場合は、店頭受け取りか郵送かを選択可能です。店頭申し込みの場合はその場でカード発行、郵送申し込みの場合は郵送で受け取ります。

 

郵送でカードを受け取る場合は、到着まで約1週間かかりますので、すぐにカードを発行したい場合は店頭もしくは自動契約機(むじんくん)での受け取りを選びましょう。

申し込みはこちら

ACマスターカードの審査は甘いですが、どのような場合に審査に落ちるのでしょうか?審査落ちの可能性があるパターンをまとめてみました。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに載っているとクレジットカードの新規発行はできません。カード申し込み以前に、他のクレジットカードでの滞納歴があるとカード会社からの信用が損なわれ、ブラックリストに入っている可能性があります。

 

ACマスターカードはクレジットヒストリーを重視しないとは言いますが、さすがにブラックリスト入りしている人がカード発行できるほど甘くはありません。

 

ブラックリストに載らないためにも、他のクレジットカードを保有している場合は支払い延滞をせずに、カード会社との信用を築いていきましょう。信用情報機関で本人開示請求を行えば、ご自身のこれまでの支払い履歴を確認できますので、不安な方は利用しましょう。

収入がない

収入がない方はカード発行できません。ACマスターカードはクレジットヒストリーをあまり重視しない代わりに返済能力を重視します。そのため、無職の方や専業主婦の方など本人に収入がない場合は審査には通りません。

 

パートやアルバイトでもよいので、安定して収入を得て返済能力があると判断されるようになってから申し込みましょう。

短期間にクレジットカードを何枚も発行している

短期間にクレジットカードを何枚も発行していると審査に落ちる可能性があります。クレジットカードの過剰発行は、早急に多くのお金を必要としている状態とカード会社に判断されます。この状態はブラックリストと同様でカードの新規発行ができない恐れがあるので避けましょう。

 

具体的には過去2ヶ月で2枚以上カードを発行している場合は、期間を空けてから申し込みましょう。2ヶ月間で3枚以上のクレジットカード新規発行はカード会社に怪しまれる原因となります。

 

クレジットカードの申し込み履歴は6ヶ月間残るので、心配な方は6ヶ月間は新規カード発行を控えましょう。

在籍確認ができない

ACマスターカードは返済能力が重視されるので、会社に所属しているかどうかの在籍確認は他のクレジットカードよりも遥かに高い確率で行われます。そのため、この在籍確認ができないと勤務先などの申し込み情報が嘘であると判断され審査落ちすることもあり得ます。

 

在籍確認を実施してほしくない場合は、その旨を連絡すれば在籍確認の連絡なしで審査を進めることができます。ただし、その場合は給与明細書や社員証、雇用契約書の写しなど会社に在籍していると認められるための書類の提出が必要です。

入力内容に誤りがある

申し込み時の入力内容に誤りがある場合も審査落ちの対象です。電話番号を間違えて入力したために本人確認ができなかったり、審査に合格しても住所を間違えて入力したため、カードを受け取れず強制解約になったりすることがあります。

 

申し込みの際は、入力内容が間違ってないか何度も確認しましょう。単純な入力ミスだけでなく、収入を実際よりも多く入力するなど嘘の申告も審査落ちの原因となるので、正しい情報を申告してください。

ACマスターカードは最短30分で審査が完了すると言われていますが、本当に30分でスムーズに審査に通るには何かコツがあるのでしょうか?ここでは、クレジットカードの審査に通りやすくなるコツを紹介します。

他社からの借り入れがない

他社からの借り入れがないと、お金に困ってるイメージがないため審査に通りやすくなるでしょう。消費者金融系のクレジットカードのため借り入れ実績には敏感です。また「個人の借入額は年収の3分の1以下まで」とする賃金業法の総量規制があるため、他社借入額がこの基準に近いと審査落ちの可能性が上がります。

 

もし、借り入れがある方は全て返済してから申し込みをしましょう。

固定電話の番号も登録する

固定電話がある方は申し込み段階で、携帯電話番号だけでなく固定電話の番号も入力しましょう。固定電話番号を入力することで、住所が嘘ではないという証明になります。また、携帯電話と固定電話の2つを登録しておけば、連絡がより取りやすいとカード会社に判断されるので、仮に滞納をしても催促がしやすいというカード会社側へのメリットが大きいです。

ACマスターカードを即日発行するには、所定の手順で申し込まなくてはいけません。ここでは即日発行する方法を解説します。

平日の日中に公式サイトで申し込み

まずは申し込み方法ですが、公式サイトから申し込みましょう。アコムの店頭窓口や自動契約機(むじんくん)での申し込みでも即日発行は可能ですが、公式サイトから事前に申し込み手続きを行っておくことでよりスムーズにカード発行ができます。

 

申し込む時間帯が重要なのですが、平日の9時から18時に申し込みましょう。即日でカードを発行するには店頭窓口や自動契約機(むじんくん)に行く必要がありますが、店頭窓口は平日9時から18時までの営業ですし、自動契約機(むじんくん)は夜間時間帯は閉まっているので、申し込む時間帯によってはカード発行が翌日となるのです。

 

また、申し込みには本人確認書類が必要なので忘れずに準備しましょう。

自動契約機(むじんくん)で受け取ることを連絡

申し込みが完了すると、申し込み確認の電話がかかってきます。入力内容に誤りがないか確認があり、カード発行可能かの仮審査が行われます。

 

仮審査が終わると、電話もしくはメールで結果が伝えられますが、その際にカード受け取り方法を選択できるので自動契約機(むじんくん)で受け取ることを伝えましょう。アコム店頭よりも営業時間が長く、余裕を持ってカード受け取りできるためです。

自動契約機(むじんくん)でカード発行

自動契約機(むじんくん)へ行き、カード発行の手続きをしていきます。音声ガイダンスの指示に従い操作を進めましょう。最後にアコム側から在籍確認を行い、申し込み情報に間違いがないことが確認されると契約完了となります。その場でACマスターカードが発行され、その瞬間から利用可能ですよ。

 

自動契約機(むじんくん)は9時から21時までの受付なので時間には余裕を持ちましょう。受付時間に間に合わない場合は翌日以降のカード発行となります。

ACマスターカード

即日発行できる年会費無料カード

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

年会費 無料 追加カード -
ポイント還元 0.25%(キャッシュバック) 付帯保険 -
ポイント - 電子マネー -
マイル - スマホ決済 -

今回はACマスターカードの審査基準と申し込み方法について解説しました。ACマスターカードの審査は最短30分で完了し即日発行が可能な審査が甘いカードです。ただし返済能力は重視しているので収入がない方は安定収入が得られるようになってから申し込みましょう。追加カードやポイントなどの付加価値はありませんが、早急にクレジットカードを発行したい方にとっては魅力的なカードです。

TOPへ