【初診料】勃たない?ED解決はDMMオンラインクリニック!口コミの評判を徹底調査【流れ】

記事ID55331のサムネイル画像

男性にとって気になる下半身の悩み・EDを解決するにはDMMオンラインクリニックが最適です。評価される理由と口コミの真偽を具体的に紹介しつつ、診療の流れや処方薬の相場、利用者のよくある質問と回答までしっかり深掘りします。

誰にも知られずスマホ1台でED治療できる

ビデオツールで診察するだけ、スマホ完結

診察料金は驚異の0円

薬は最短で当日到着

ED治療と相性が良いDMMオンラインクリニック

深刻なEDに悩んでいる日本人男性の総数は推定で約1400万人、軽度型を含めると約2800万人*にも登るといわれており、決して軽視できない国民病ともいえる悩みとなっています。大事なED治療ですが、実際にクリニックにかかっている人は罹患数の割には少数です。

 

これには”人には相談しにくい下半身の悩み”といった部分が少なからず影響しています。そこで、助け舟となるのがDMMオンラインクリニックです。直接人に会わずに悩みを解決したいといったニーズに答えつつ、提携クリニックによる診察と処方を受けられます。

 

今回は、そんなDMMオンラインクリニックの口コミ評価の真実や、処方薬の相場、実際の利用の流れなどを深掘りし詳しく紹介します。

 

*日本のED(勃起不全)有病者数調査2019

DMMオンラインクリニックの特徴

まずはDMMオンラインクリニックの特徴を見ていきましょう。多くの患者から選ばれるには、それなりの理由があります。「スマホで気軽に利用」「バレづらい」「診察料金0円」「専門クリニック同等」の4つのポイントをまずは詳しく解説します。

携帯電話などで気軽に利用できる

DMMオンラインクリニックは、その名の通りインターネットを介して利用できるオンライン診療です。パソコンだけでなくスマホでも利用できるため、「通院が面倒」「なかなかスケジュールが合わない」と感じている方に向いているクリニックです。

 

診察はビデオツールを用いて行うので、実際の病院に通う感覚を損なわずに医療サービスを受けられます。後々面倒な手続きもいらず、スマホ1台で完結するのが大きなメリットのひとつです。

周囲の人にバレづらい

EDの悩みはセンシティブで、決して他人に知られたくないものです。実際に医療機関に足を運ぶとなると、周囲の目も気になります。また、通院姿を知人や友人に目撃される可能性もあります。

 

EDは精神的な側面も症状に影響するので、それ自体がストレス要因となりかねません。DMMオンラインクリニックであれば、外出せずに診察から処方まで行えるので、通院に抵抗を感じている人に向いています。

診察料金は0円!初診料も再診料もかからない

DMMオンラインクリニックでかかる費用は、薬の代金と配送料のみです。画期的な「診察料金0円」を実現しており、これはDMMと提携クリニックの密接な関係性があって為せる技で、薬価や配送料金に大幅な転嫁もしていません。

 

オンラインクリニック=費用が上乗せされてしまうといったイメージを覆す画期的なシステムで、利用者からするとありがたい料金設定です。

専門クリニックと同等のクオリティ

オンラインクリニックと実際の病院の質の差は気になるところですが、DMMオンラインクリニックは専門クリニック同等のクオリティです。DMMオンラインクリニックは患者と医療機関を繋ぐプラットフォームサービスの役割を果たします。

 

実際に診療を行うのは提携クリニックなので、きちんとした専門クリニックでの診察と変わりません。医師とやり取りする前にカウンセラーが繋いでくれるので、診察や処方に関する疑問点も解決しやすいのが特徴です。

DMMオンラインクリニックの良い口コミ・評判

実際に寄せられたDMMオンラインクリニックの口コミを見ていきましょう。まずは良い口コミからです。「オンライン診察」「待ち時間なし」「明朗会計」といった部分が大きく評価されていたポイントでした。その理由も併せて紹介します。

良い口コミ・評判①

オンラインで診察を受けられる
5
年齢非公開
性別非公開
わざわざ行かなくて良い上にテレビ電話でしっかり顔を見ながら診察してくれるのでとてもありがたいです。

出典:https://goo.gl

DMMオンラインクリニックなら、パソコン、スマホ、タブレットなど、好きなスタイルで診察を受けられます。普段なかなか平日に病院に行けないビジネスマンを始め、周囲の視線が気になる方、院内感染や二次感染を気にする方にも適しています。

 

インターネット環境さえあればいいので、都市部に住んでいない方でも気軽に先進的な医療機関で受診できます。

良い口コミ・評判②

料金が明瞭
5
年齢非公開
性別非公開
値段は明瞭でお求め安かったです!
医師の対応も良く、また使いたいと思いました!

出典:https://goo.gl

DMMオンラインクリニックは料金体制がわかりやすく、明朗会計な部分も魅力です。1錠あたり378円(税込)の薬代に加え、配送料金は全国一律で550円(税込)。診察料金は0円なので、薬の費用と配送料金だけのシンプルな内訳です。

 

1錠ごとのバラ売りだけでなく、20錠、30錠セットのほか、定期配送も可能です。最大10%オフになるのでまとめて購入すればお得になるのも患者目線で嬉しい部分です。

良い口コミ・評判③

待ち時間がない
5
年齢非公開
性別非公開
煩わしさもなく、必要事項を過不足なく問診し処方してくれる。待ち時間もないため非常に患者フレンドリー。

出典:https://goo.gl

DMMオンラインクリニックは、待ち時間が少ないのが特徴です。予約時間は15分単位で設定できるため合間時間に予約しやすく、時間を無駄にしません。予約時には混みにくい時間帯も表示されているので、よりスムーズに診察を受けられます。

 

予約は7日先まで可能なので、都合のいい日を選択して予約するだけ。夜間までサービスを行っているので、時間の融通が利きやすいのがメリットです。

DMMオンラインクリニックの悪い口コミ・評判

数としては少ないものの、DMMクリニックに関する悪い評判も一部に存在しました。低評価の理由について見ていきましょう。

悪い口コミ

ドクターにより対応の差があった
3
年齢非公開
性別非公開
オンライン受診
初診のドクターは不安な点や質問に親身になって答えていただきましたが、再診のドクターは淡々と、というか専門医なの?と不安になるようなふわふわした回答でした
受付の事務の方はみなさん愛想の良い方ばかりでした

出典:https://goo.gl

「医師により対応に差があった」と感じる人もいるようです。ただ、DMMオンラインクリニックでは、医師の診察の前に、カウンセラーと情報確認を挟みます。この際に質問や要望などを相談できるので、問題がある場合はカウンセラーに伝えましょう。

DMMオンラインクリニックのQ&A

ここからは、DMMオンラインクリニックによくある質問と回答を見ていきましょう。「DMMが診療を行う?」「治療薬にリスクは?」「どんな薬を使う?」「日本では未認可の薬も?」「DMMってアダルトビデオ会社?」の5つの質問と回答です。

DMMが診療を行っているの?

編集部の画像

編集部

DMMオンラインクリニックはプラットフォームサービスであり、実際の診療は提携先の医療機関が行っています。イメージとしてはクリニックとユーザー間の橋渡しのような存在です。

DMMオンラインクリニックはED治療だけでなく、AGA治療やメディカルダイエットを始め、新型コロナウイルスのPCR検査なども行っています。

治療薬に危険性はある?

編集部の画像

編集部

ED治療薬のリスクとしては、身体の火照りや頭痛・めまい、動悸を始め、血圧の異常や鼻詰まりなどが起こる可能性があります。また、早漏防止薬では、頭痛や吐き気、立ちくらみや疲労、下痢などが起きる場合もあります。

ただ、ED治療薬だけでなく、世の中のどんな薬にもリスクあります。重大な症状の可能性は低いものの、異常を感じる場合や症状がつらい場合は、すぐに担当の医師に相談してください。

具体的にどんな薬を使っているの?

編集部の画像

編集部

DMMオンラインクリニックの提携先医療機関では、「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」「アバナフィル」などを処方しています。効果が出るまでの時間や持続力など、それぞれに異なった特徴があり、患者や症状に合わせて処方薬が変わります。

日本では未認可の薬もあるようですが…

編集部の画像

編集部

DMMオンラインクリニックの提携先医療機関では日本では未承認の医薬品も取り扱っていますが、入手経路は国内医薬品販売代理店経由です。「アバナフィル」はFDA(アメリカ食品医薬品局)のED治療薬として承認されていたり、「プリリジー」は欧州やアジア各国で数百万人規模で使用されています。

服用できない人はいる?

編集部の画像

編集部

血圧に異常がある方、薬のアレルギー反応を起こしたことがある方、硝酸剤、一酸化窒素供与剤、リオシグアトを投与中の方は健康上の問題で残念ながらED薬を服用できません。

また、心臓・心血管障害、肝機能障害、半年以内に脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴がある場合、網膜色質変性症が持病の方も処方を行えません。

DMMってアダルトビデオ会社のイメージがあるけど信用できるの?

編集部の画像

編集部

DMMオンラインクリニックの本体である合同会社DMM.comは、1999年設立の企業です。初期はビデオレンタル店を展開していましたが、インターネットビジネスを展開して瞬く間に急成長を遂げました。

「DMM=アダルト」といったイメージを持たれるときもありますが、現在のDMMは成人向け作品を「FANZA」ブランドで取り扱い、DMMとは差別化しています。DMMはデジタルコンテンツを中心に、証券会社やオンライン英会話、太陽光発電事業まで展開する、社会的地位が高い企業となっています。

DMMオンラインクリニックのメリット

ここからは、DMMオンラインクリニックのメリットを見ていきましょう。「男性としての自信を取り戻せる」「誰にも知られず診療を受けられる」「予約や利用が簡単」「DMMポイントが使用できる」の4つのポイントです。

男性としての自信を取り戻せる

EDの正式名称は「Erectile Dysfunction(エレクタイル・ディスファンクション)」といい、日本語では「勃起障害」と表現されます。男性の象徴が機能しなくなる現実は、本人にしかわからない苦悩があり、他の病気とも違う心理的負担を伴います。

 

具体的には、「勃起の硬度が弱くなる」「萎えると再び勃起するのが難しい」「まったく勃たない」といった症状です。性行為が怖くなってしまい、パートナーとの溝が深まるなど、人間関係や人生にも影響を大きな与えます。

 

ED治療を行い勃起機能が元に戻れば、性機能だけでなく、男性としての自信そのものを取り戻せます。

誰にも知られず診療を受けられる

EDに悩む日本人男性は推定で約2800万人存在しますが、実際にクリニックで診療してもらう人は割合的に少ないのが現状です。「デリケートな下半身の悩みである」といった部分もありますが、家族や友人・知人に知られてしまうのではないか…と恐れてクリニックに通院しづらい現状があります。

 

DMMオンラインクリニックなら、通院する姿を目撃される心配もありません。スマホ一台で完結するオンライン診療なので、周囲を気にせず利用できます。処方薬は自宅以外でも受け取り可能で、コンビニを始め、ヤマト運輸の営業所、オープン型宅配便ロッカーサービスの「PUDO」でも受け取れます。

予約や利用が簡単

DMMオンラインクリニックは、予約が簡単で、一覧で表示されるので非常に見やすいのがメリットです。日付と時間のグラフで「◯△×」で表示されており、混雑状況がすぐにわかるので予約も取りやすいのがメリットです。

 

また、予約日を忘れてしまった場合でもすぐに確認が可能なので、病院にわざわざ電話をかけて確かめるような手間も不要です。

支払いでDMMポイントが使用できる

DMMオンラインクリニックはDMMの展開するサービスなので、決済でDMMポイントを使用できます。動画、電子書籍、通販、レンタルなど、各種DMMサービスで溜まったDMMポイントをそのまま使用できるので、DMM利用頻度が高ければ高いほどお得なサービスです。

 

決済方法はクレジットカードとDMMポイントの2種類ですが、DMMポイント購入はコンビニを始め、各種電子マネーや電子決済、銀行振込にも対応しているので、実質的にはほとんどの決済方法が使用できます。

DMMオンラインクリニックのデメリット

メリットだけでなく、デメリットも確認しておきましょう。「直接診療ではない」「保険適用外」「治療コストがかかる」の3点です。利用した後でないと把握できない部分もあるので、事前確認しておくのが大事です。

直接診療ではない

オンライン診療は気軽に行える反面、直接診療ではない部分で通院診療とは異なります。触診が不可能なので、患部に直接触れて反応を診られません。また、オンライン診療では処方できない薬もあります。

 

しかし、最近はビデオツールなどの進化もあり、高い解像度での映像を使ったオンライン診療も行えるようになってきました。対面診療と遜色ないレベルで進化しているので、デメリットは薄れつつあります。

保険が適用されず自由診療

残念ながら、ED薬は保険適用外です。DMMオンラインクリニックだけが保険適用外ではなく、日本ではいまだに保険が利かないといった実情があります。厚生省は「勃起薬は生活改善薬である」と見解を示しており、DMMオンラインクリニックにおいても診療は自由診療の形で行われます。

 

ただ、DMMオンラインクリニックでかかる費用は薬の代金と配送料のみなので、余計な負担を最小限に抑えています。一般的な自由診療としては安価な部類で、利用しやすいといえます。

ITリテラシーがある程度必要になる

オンライン診療である以上、パソコンやスマホ、タブレットなど、IT機器を操作できなければいけません。アプリをダウンロードしたり、クレジットカードの決済なども行うので、慣れていない人にとってはハードルが高いと感じる場合もあります。

 

ただ、DMMオンラインクリニックは直感的で簡単な操作で予約も行えるため、すぐに慣れます。難しい操作も必要とされないので、オンラインクリニックの中ではかなり利用しやすい部類です。

DMMオンラインクリニックの実際の流れ

DMMオンラインクリニックを実際に利用する流れを見ていきましょう。「受診予約」「オンライン診療」「薬の受け取り」の3つのポイントを詳しく紹介します。

DMMアカウントにログインして受診希望日を予約

まずはサービスサイトの「診療予約」をクリックし、受診内容・希望日の予約を決めるため、DMMアカウントにログインします。アカウントがなければ作成を行います。名前、性別、生年月日、メールアドレス、住所・配送先を決済情報などを入力します。

 

すでにアカウントを持っているならそのままログインすればOkです。自宅にいながら受診が可能なので、スケジュールに左右されずに予約日も決めやすいのがDMMオンラインクリニックの特徴です。パソコンはもちろん、スマホでも簡単に予約が可能で、管理も簡単に行えます。

ビデオツールでオンライン診療

診療予約日になったら、予約時間前にマイページにログインします。マイページか診療一覧ページに「診療開始」のボタンが表示されるので、クリックすると診療のためのビデオツールが立ち上がります。

 

カウンセラーがまずは個人情報や予約の確認を行い、医師の診察が始まります。オンライン診療は複数科目の同時受診も可能なので、ED以外にも悩みがあるなら予約を事前に行っておきましょう。薬の種類や量と金額は診察の時点で行います。

支払いを行い、郵送で薬を受け取る

処方薬の決済は診療後に行います。決済完了後に配送手配が行われ、その後手元に薬が届きます。薬がなくなる前に追加配送できるシステムもあり、追加配送ボタンを押し、希望の薬や決済金額、配送先と決済方法を決定するだけで申請が行えます。

 

追加配送は処方履歴がない薬剤は選択が行なえません。また、服用状況を確認するためにカウンセラーから連絡が来る場合もあります。

DMMオンラインクリニックで処方される薬について

ここからは、DMMオンラインクリニックの薬についてさらに深く解説していきます。薬それぞれの特徴と、薬の費用、勃起の仕方について見ていきましょう。

DMMオンラインクリニックで処方される薬の効き目や持続時間

DMMオンラインクリニックで主に処方されるED薬は4種類です。それぞれ薬の特徴が異なるので、以下の表にまとめました。勃起強度で見るならいちばん硬くなるのはレビトラです。一方で、シアリスはややマイルドな勃起強度になります。自然な勃起なので、シアリスを好む人もいます。

 

持続時間を見ると、シアリスがかなり長めです。性行為が終わった後も持続してしまうのでかえって困る場合もあります。効き目が出るスピードでいうとレビトラ、アバナフィルが15~30分と早めです。すぐに行為に及びたい場合に適しています。

 

バイアグラは強度や持続時間、効き目の早さと、バランスが取れているのがわかります。その反面、食事の影響は受けやすいので、服用前に気をつける必要があります。腸で吸収されるバイアグラは、脂質が大敵です。吸収率が下がるので、なるべく油ものを取らないように心がけましょう。

 

薬剤の名前 勃起の強度 持続時間 効き目が出るまで 食事の影響
シアリス マイルド 30~36時間 1~3時間 受けにくい
バイアグラ 強め 3~5時間 30分~1時間 受けやすい
アバナフィル 強め 15~30分 15~30分 受けにくい
レビトラ かなり強め 15~30分 15~30分 やや受けにくい

定期配送やバラ売りも!DMMオンラインクリニックの薬の価格は?

DMMオンラインクリニックはバラ売りから薬を販売しています。20~30錠セットを始め、1ヶ月10錠セットの定期配送コースもあります。セットに応じて5~10%の割引もあるので、継続するならバラ売りよりもセットのほうがお得です。

 

それぞれ薬の種類によって価格差があるので、薬の特徴などを考慮しながら、医師とも十分に相談を行いましょう。

 

単剤処方 バラ売り

20錠セット

(5%オフ)

30錠セット

(10%オフ)

1ヶ月10錠

定期配送

(10%オフ)

バイアグラ

ジェネリック

(25mg)

 

420円(税込)

7,984円(税込)

1錠あたり

399円(税込)

11,345円(税込)

1錠あたり

378円(税込)

3,782円(税込)

バイアグラ

シート

(25mg)

 

770円(税込)

14,630円(税込)

1錠あたり

732円(税込)

20,790円(税込)

1錠あたり

693円(税込)

6,930円(税込)

レビトラ

ジェネリック

(10mg)

 

1,481円(税込)

28,131円(税込)

1錠あたり

1,407円(税込)

39,976円(税込)

1錠あたり

1,333円(税込)

13,325円(税込)

シアリス

ジェネリック

(10mg)

 

980円(税込)

18,622円(税込)

1錠あたり

931円(税込)

26,463円(税込)

1錠あたり

882円(税込)

8,821円(税込)

アバナフィル

(100mg)

 

1,225円(税込)

23,283円(税込)

1錠あたり1,164円(税込)

33,086円(税込)

1錠あたり1,103円(税込)

11,029円(税込)

ED薬を飲んでも勃起するには”きっかけ”が必要

飲むとたちまち効果が出るわけではありません。個人差や薬の種類にもよりますが、15~30分が一般的な効果が出るまでの時間です。飲んだだけで勃起するわけではなく、きっかけとなる性的刺激が必要です。

 

性的な気分になったときや、興奮状態になったときに勃起が促されます。血管拡張作用の影響で火照りを感じる場合もあります。勃起状態は勃ったあとにすぐに萎えるわけではなく、十分余裕を持って性行為できる時間持続します。

 

人それぞれの体質との兼ね合いもあるので、強めの薬を処方すれば正解といったわけでもありません。医師にもしっかり相談のうえ、理想とする勃起の仕方を探りましょう。

まとめ

DMMオンラインクリニックは予約、診断、処方までネット完結できるEDクリニックです。EDは男性にとって大きな悩みですが、周囲の人に知られずに診療を受けられる点を始め、最短当日配送、診療費0円といった部分も大きなメリットです。EDはひとりで悩まずに、まずは相談するところから始めてみましょう!

EDの悩みを親身になって解決

【スマホ完結で気軽に利用できる】

 

スマホ1台で予約から診察、薬の処方まで完結します。ビデオツールによる診察なので医師との医師疎通も取りやすいうえ、一切病院に通わなくていいので予約スケジュールも取りやすく、忙しい人にも向いています。

 

【診察料金0円でかかる費用は薬代と配送料のみ】

 

DMMオンラインクリニックの診察料金は破格の0円です。実質的な負担料金は薬代と配送料(全国一律550円)のみで、かかる費用も最小限に抑えられます。お金が多くかかりがちなオンラインクリニックのイメージを覆すサービス内容です。

 

【提携クリニックによる診療】

 

DMMオンラインクリニックはプラットフォームサービスで、医療機関と患者を繋げる架け橋です。実際に診察を行うのは提携クリニックの医師なので、しっかり経験と知識のある医師が担当してくれます。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事