gooランキングの第483回の調査結果について

gooランキング調査概要「日常生活の興味に関する調査」

調査対象 Freeasy登録モニター
調査方法 非公開型インターネットアンケート(選択回答形式)
調査期間 2020年11月10日~2020年11月10日
有効回答者数 500名
モニター性別
男性 50.0
女性 50.0
モニター年代
19歳以下 0.0
20歳代 33.6
30歳代 33.2
40歳代 33.2
50歳代 0.0
60歳代以上 0.0
モニター居住地
北海道 4.8
東北 3.6
東京 16.2
関東(東京以外) 25.6
甲信越・北陸 8.2
東海 7.6
近畿 18.0
中国 6.4
四国 2.4
九州・沖縄 7.2
ランキングデータについて

gooランキングで提供している各種ランキングのうち、情報提供元に「gooランキング」とあるものは、gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票やインターネットリサーチのモニターに対して選択回答形式のアンケートを行い、その結果を集計したものです。
また、「男性」「女性」と表記されているものは、上記のモニターから、「男性」および「女性」の回答のみを抽出して結果を集計したものです。

過去のランキング調査結果
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

真っ先に思い浮かぶ百人一首の歌は?

  • 秋風にたなびく雲の絶え間よりもれいづる月の影のさやけさ

    投票
  • かくとだにえやはいぶきのさしも草さしも知らじなもゆる思ひを

    投票
  • しのぶれど色にいでにけりわが恋はものや恩ふと人の問ふまで

    投票
  • かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れぱ夜ぞふけにける

    投票
  • めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲隠れにし夜はの月かな

    投票
  • たち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かばいざ帰り来む

    投票
  • あさぼらけ宇治の川霧絶え絶えにあらはれわたる瀬々の網代木(あじろぎ)

    投票
  • これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関

    投票
  • あらし吹くみむろの山のもみぢ葉は竜田の川のにしきなりけり

    投票
  • 見せばやな雄島のあまの袖だにも濡れにぞ濡れし色は変らず

    投票
  • みちのくの忍ぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにしわれならなくに

    投票
  • 夜(よ)をこめてとりのそらねははかるともよに逢坂の関は許さじ

    投票
  • たれをかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに

    投票
  • いにしへの奈良の都の八重桜今日九重ににほひぬるかな

    投票
  • 瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ

    投票
  • すみの江の岸による波よるさへや夢のかよひ路人目よくらむ

    投票
  • ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは

    投票
  • うらみわびほさぬ袖だにあるものを恋にくちなむ名こそ惜しけれ

    投票
  • 音に聞くたかしの浜のあだ波はかけじや袖の濡れもこそすれ

    投票
  • ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

    投票
  • あまの原ふりさけ見ればかすがなる三笠の山にいでし月かも

    投票
  • いま来(こ)むといひしばかりに長月の有明の月を待ちいでつるかな

    投票
  • 奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき

    投票
  • いまはただ思ひ絶えなむとばかりを人づてならで言ふよしもがな

    投票
  • きみがため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな

    投票
  • わすれじの行く末まではかたければ今日を限りの命ともがな

    投票
  • つくばねの峰より落つるみなの川恋ぞ積りて淵となりぬる

    投票
  • わびぬれば今はた同じなにはなるみをつくしてもあはむとぞ思ふ

    投票
  • あひ(い)見ての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり

    投票
  • このたびはぬさも取りあへずたむけ山もみぢのにしき神のまにまに

    投票
  • あまつ風雲のかよひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ

    投票
  • あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたぴのあふこともがな

    投票
  • なには(わ)がた短きあしのふしのまもあはでこの世をすごしてよとや

    投票
  • ながらへばまたこの頃やしのばれむうしと見し世ぞ今は恋しき

    投票
  • わが庵(いほ)は都のたつみしかぞ住む世を宇治山と人はいふなり

    投票
  • 玉の緒よ絶えなば絶えね長らへば忍ぶることの弱りもぞする

    投票
  • みかの原わきて流るる泉川いつ見きとてか恋しかるらむ

    投票
  • 春すぎて夏来にけらし白たへのころもほすてふあまの香具山

    投票
  • 恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか

    投票
  • 白(しら)露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける

    投票
  • あふ(おう)ことの絶えてしなくばなかなかに人をも身をも恨みざらまし

    投票
  • 花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに

    投票
  • 長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝(けさ)はものをこそ思へ

    投票
  • わたのはら八十島(やそしま)かけて漕ぎいでぬと人には告げよあまの釣舟

    投票
  • 秋の田のかりほの庵(いほ)の苫(とま)を荒みわがころも手は露に濡れつつ

    投票
  • よのなかよ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

    投票
  • ふくからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐とい言ふらむ

    投票
  • 人はいさ心も知らずふる里は花ぞ昔の香に匂(にほ)ひける

    投票
  • なげきつつひとりぬる夜の明くるまはいかに久しきものとかは知る

    投票
  • あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む

    投票
  • 大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ずあまの橋立

    投票
  • 春の夜の夢ばかりなる手枕(たまくら)にかひなく立たむ名こそ惜しけれ

    投票
  • きみがため春の野にいでて若菜摘むわがころも手に雪は降りつつ

    投票
  • 田子の浦にうちいでて見れば白たへの富士の高嶺に雪は降りつつ

    投票
  • ほととぎす鳴きつるかたをながむれぱただ有明の月ぞ残れる

    投票
投票受付期間:2021/06/12 11:00 ~ 2021/06/26 10:59

投票します。よろしいですか?