一番好きな中華レストランチェーンランキング!2位「餃子の王将」、1位に選ばれたのは…

日本へは江戸時代に伝来したと言われている「中華料理」。日本人向けに料理を提供する店が出てきたのは明治時代になってからとの事ですが、その後は全国へと普及し、現在では街の至る所に中華系のレストランチェーンが展開しています。
そこで今回は、一番好きな中華レストランチェーンはどこなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 大阪王将
2位 餃子の王将
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「大阪王将」!

「大阪王将」
1969年に大阪・京橋に「餃子の王将」からのれん分けする形で1号店を開業し、翌1970年からギョーザ専門チェーンとしてスタートした「大阪王将」。ギョーザを中心に中華そばや担々麺などの麺類、中華丼や天津飯、点心などバラエティーに富んだメニューを提供しています。店舗ごとに個性を持った町中華にし、地元客を大切にするという経営方針のため、各店舗が街に合わせたオリジナルメニューを提供している事でも知られており、中には地元中華店のメニューを引き継いだ店舗もあるそうです。

2位は「餃子の王将」!

「餃子の王将」
1967年に京都・四条大宮で1号店をオープンし、京都市内を中心に全国へと店舗を展開していった「餃子の王将」。「早く、おいしく、安く」を営業方針に掲げており、看板メニューのギョーザをはじめ、肉シューマイや春巻きなどの点心、一品料理、麺類まで、豊富なメニューを手頃な価格で提供しています。全店共通の単品メニューに加えて、各店舗が独自に考案したメニューやセットメニューを提供しているのも特徴の一つで、お気に入りのメニューを求めて店舗巡りをするのも楽しそうです。

1位は「バーミヤン」!

「バーミヤン」
すかいらーく(現・すかいらーくホールディングス)が1986年に東京・町田で1号店をオープンした中華料理メインのファミリーレストランチェーン「バーミヤン」。ギョーザやラーメン、チャーハンといった定番のメニューから本格的な中華料理まで、多彩なメニューをお財布に優しい価格で提供しており、平日と土曜日のランチタイム(日曜日・祝日を除く)には、税込659円で食べられる「日替わりランチ」や、ご飯とスープがおかわり自由な「中華満腹定食」などを提供しています。
ファミリーレストラン感覚で気軽に中華料理を楽しめる「バーミヤン」が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~44位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが一番好きな中華レストランチェーンは、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2024年2月27日~2024年2月27日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

ちょい飲みするなら最高だと思うレストランチェーンは?

  • ラパウザ

    投票
  • デニーズ

    投票
  • グラッチェガーデンズ

    投票
  • 神戸屋レストラン

    投票
  • ステーキ宮

    投票
  • イケアレストラン(スウェーデンレストラン)

    投票
  • ココス

    投票
投票受付期間:2024/07/25 11:00 ~ 2024/08/08 10:59

投票します。よろしいですか?