ジャンプ史上超絶イケメンなメインキャラといえば? 3位 冴羽りょう、2位 五条悟、1位に輝いたのは…

1968年に創刊され、2023年7月に55周年を迎えた漫画誌『週刊少年ジャンプ』。長い歴史の中で数多くの作品が生み出されてきましたが、こうした作品の数だけさまざまなキャラクターが登場し、物語を彩ってきてくれましたよね。
そこで今回は、ジャンプ史上最もイケメンなメインキャラは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 冴羽りょう
2位 五条悟
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「冴羽りょう」!

1985年~1991年にかけて連載されたアクションコメディー『CITY HUNTER』(作者・北条司)。同作の主人公で、ボディーガードをはじめさまざまな依頼を引き受ける裏社会ナンバーワンのスイーパー(始末屋)が「冴羽りょう」。無類の美人好きで、女性に手を出そうとしてパートナーの槇村香からお仕置きされる事も多いですが、正確な銃の腕と鋭い洞察力で、どんな依頼も見事にこなします。

2位は「五条悟」!

2018年に連載を開始し、2023年9月現在はアニメも放送中のダークファンタジー『呪術廻戦』(作者・芥見下々)。同作で主人公・虎杖悠仁の担任を受け持つ東京都立呪術高等専門学校の教師として登場するのが「五条悟」。軽薄でマイペースな性格のトラブルメーカーですが、自他共に認める最強の特級呪術師でもあり、悠仁をはじめとする次世代の呪術師を教え導く、頼れる存在でもあります。

1位は「うちはサスケ」!

1999年~2014年にかけて連載され、国内外で高い人気を誇る忍者アクション『NARUTO -ナルト-』。同作で主人公・うずまきナルトがライバル視している忍者学校の同級生が「うちはサスケ」。優秀な一族の子孫で、自身も忍者として優れた才能とセンスを持っています。無口でクールな性格ながら、忍者学校でも指折りの美少年という事もあり、ヒロインの春野サクラをはじめ女子の間で大人気。
『NARUTO -ナルト-』のスピンオフ作品『BORUTO-ボルト-』では、娘を持つ渋いイケオジキャラとして登場する「うちはサスケ」が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~55位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたがジャンプ史上最もイケメンだと思うメインキャラは、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:2,903票
調査期間:2023年8月14日~2023年8月28日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

関連ランキング
notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

木南晴夏のハマり役だと思う作品は?

  • マッサン(亀山エマ 役)

    投票
  • 犬飼さんちの犬シリーズ(鳥飼カエデ 役)

    投票
  • 特上カバチ!!(岡本桂 役)

    投票
  • 花のち晴れ~花男 Next Season~(紺野亜里沙 役)

    投票
  • てっぱん(千春 役)

    投票
  • 太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~(リサ(作戦参謀)/浦原理沙 役)

    投票
  • 風のハルカ(花田万里子 役)

    投票
投票受付期間:2024/05/20 11:00 ~ 2024/06/03 10:59

投票します。よろしいですか?