最も輝いていた歴代フィギュアスケート選手ランキング!羽生結弦、高橋大輔、プルシェンコ、圧倒的1位はもちろん○○○○!

氷の上で音楽に合わせてスケート靴で滑走し、その演技の技術や芸術性を競うスポーツ「フィギュアスケート」。その長い歴史の中で、これまでに数多くの名選手が誕生し、その素晴らしい演技で私たちを楽しませてくれましたよね。
そこで今回は、全盛期に最も輝いていたと思う歴代のフィギュアスケート選手は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 エフゲニー・プルシェンコ
2位 高橋大輔
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「エフゲニー・プルシェンコ」!

4歳でフィギュアスケートを開始。10代の頃から出場した大会で前人未踏のジャンプを次々と成功させ、2006年に出場したトリノ五輪では個人で金メダルを獲得する。その後もバンクーバー五輪、ソチ五輪などで活躍するが、故障に苦しみ、2017年に現役を引退した。

生年月日:1982年11月3日
出身地:ロシア

2位は「高橋大輔」!

2002年に「世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会」で日本人男子として初めて優勝に輝き、以降も国内外の大会で活躍。2010年にはバンクーバー五輪で日本人男子初のメダルを獲得する。引退後の2018年に現役復帰を果たし、現在はアイスダンス選手として活躍中。

生年月日:1986年3月16日
出身地:岡山県

1位は「羽生結弦」!

4歳でスケートを始め、2008年~2009年シーズンの「全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会」で優勝。シニアデビュー後も国内外の大会で優勝を重ね、2014年のソチ五輪、2018年の平昌五輪と2大会連続で金メダルを獲得する。2022年7月にプロスケーターへ転向した。

生年月日:1994年12月7日
出身地:宮城県
2018年にフィギュア選手としては史上初めてとなる国民栄誉賞を受賞した選手が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~32位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが全盛期に最も輝いていたと思う歴代のフィギュアスケート選手は、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:673票
調査期間:2022年8月10日~2022年8月24日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

脚本の完成度が高すぎると思う2000年以降の朝ドラは?

  • ウェルかめ(脚本:相良敦子)

    投票
  • ちゅらさん(脚本:岡田惠和)

    投票
  • 天花(脚本:竹山洋)

    投票
  • どんど晴れ(脚本:小松江里子)

    投票
  • こころ(脚本:青柳祐美子)

    投票
  • あさが来た(脚本:大森美香)

    投票
  • おひさま(脚本:岡田惠和)

    投票
投票受付期間:2024/07/11 11:00 ~ 2024/07/25 10:59

投票します。よろしいですか?