ウマ娘にも登場?一番好きなG1宝塚記念の歴代優勝馬ランキング

兵庫県宝塚市にある阪神競馬場で、上半期の締めくくりのレースとして開催されるJRAのG1レース「宝塚記念」。毎年12月に開催される「有馬記念」同様、出走馬をファン投票で選出するオールスターレースでもあります。
そこで今回は、一番好きなG1宝塚記念の歴代優勝馬はどの馬なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 ゴールドシップ
2位 サイレンススズカ
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「ゴールドシップ」!

2012年の3歳牡馬では皐月賞と菊花賞の2冠を制し、同年の有馬記念も優勝する。2013年と2014年にG1宝塚記念を連覇し、3連覇がかかる2015年の同レースでは1番人気に支持されたが、難しい気性がたたってゲートが開いた時に立ち上がり、大幅に出遅れ。16頭中15位と大敗する。2015年の天皇賞・春を勝つなどG1レースは計6勝。

生年月日:2009年3月6日
性別:牡
血統:父=ステイゴールド、母=ポイントフラッグ
調教師:須貝尚介(栗東)
馬主:合同会社小林英一ホールディングス
生産牧場:出口牧場

2位は「サイレンススズカ」!

1997年は勝ちきれないレースが多かったが、主戦騎手が武豊に変更になって以降、馬の行く気に任せたことで1998年には才能が開花。4連勝で迎えたG1宝塚記念でも逃げ切って優勝する。同年の秋初戦・G2毎日王冠を快勝して迎えたG1天皇賞・秋のレース中に故障。予後不良となる。

生年月日:1994年5月1日
性別:牡
血統:父=サンデーサイレンス、母=ワキア
調教師:橋田満(栗東)
馬主:永井啓弐
生産牧場:稲原牧場

1位は「ディープインパクト」!

2005年の3歳牡馬3冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を制し史上6頭目の3冠馬になると、無敗のまま迎えた同年の有馬記念で圧倒的な1番人気に支持されるがまさかの2着。これが国内唯一の敗戦となる。翌2006年は天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念と出走した国内G1レースを全勝し引退。

生年月日:2002年3月25日
性別:牡
血統:父=サンデーサイレンス、母=ウインドインハーヘア
調教師:池江泰郎(栗東)
馬主:金子真人ホールディングス(株)
生産牧場:ノーザンファーム
史上最強馬と呼ばれG1レースを7つ制した「ディープインパクト」が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~38位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが一番好きなG1宝塚記念の優勝馬は、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:382票
調査期間:2022年5月05日~2022年5月19日

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

【HUNTER×HUNTER】一番かっこいい男性キャラクターは?

投票受付期間:2022/11/19 11:00 ~ 2022/12/03 10:59

投票します。よろしいですか?