目ヂカラがハンパない!男性芸能人ランキング

テレビの画面越しでも、視線を向けられただけで思わずドキっとしてしまうほど強烈な「目ヂカラ」を持った役者さんっていますよね。その中でも最強の目ヂカラを持っているのは誰なのか、今回は男性芸能人に絞って探ってみました。

1位 市川海老蔵(十一代目)
2位 阿部寛
3位 北村一輝
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「市川海老蔵(十一代目)」!

見事1位に輝いたのは、歌舞伎界をけん引する市川海老蔵(十一代目)。歌舞伎には目を大きく見開き、片目だけを寄り目にする「にらみ」という見得(みえ)※がありますが、実はこの「にらみ」は市川家の屋号である「成田屋」のお家芸であり、中でも團十郎や海老蔵など一部の役者しか許されていない特別なもの。現在この「にらみ」を披露できるのは、市川海老蔵ただ一人! そんな「にらみ」の印象も強く、最上位に選ばれました。
※見得(みえ)とは、重要なシーンや感情の高まりを表現するため、役者が静止してポーズを取る演技のこと

2位は「阿部寛」!

「阿部寛」
189センチという長身スレンダーな体形と整った目鼻立ちで男女問わず高い人気を集めている阿部寛。先日最終回を迎えたテレビドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)では、13年ぶりに復活した偏屈すぎる主人公・桑野信介を好演し、話題を集めました。彼の代表作の一つといえる映画『テルマエ・ロマエ』では、日本人でありながら古代ローマ人・ルシウス役を熱演。彫りが深く濃い顔立ちという日本人離れしたルックスから、「役柄がぴったり」と高評価を獲得。大きな瞳に、吸い込まれるような目ヂカラがそなわり、見るものをとりこにしました。

3位は「北村一輝」!

「北村一輝」
3位には、映画『テルマエ・ロマエ』で阿部寛と共演し、引けを取らないほどの濃い顔立ちで古代ローマ人を見事演じきった北村一輝。現在放送中のNHK連続テレビ小説『スカーレット』では、戸田恵梨香演じる主人公の人柄の良い父親役として出演中ですが、若かりし頃は殺人鬼やチンピラなどアウトローな役柄を演じることも多く、迫力のある目ヂカラで、一度見たら忘れられない印象を与えてきました。
このように、上位には目がクリっとして、日本人離れした濃い顔立ちをした芸能人が選ばれる結果となりました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたにとっての「目ヂカラ」がハンパないと思う男性芸能人は誰ですか?
写真:タレントデータバンク
阿部 寛|1964/6/22生まれ|男性|A型|神奈川県出身)
北村 一輝|1969/7/17生まれ|男性|A型)
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年10月29日~2019年10月29日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

クセが強すぎると思う競走馬の名前は?

投票受付期間:2020/03/27 11:00 ~ 2020/04/10 10:59

投票します。よろしいですか?