結局1期目が最高だったアニメ作品ランキング

アニメの世界においては、原作コミックがもともと長寿作品である場合や、評判が良かった場合などにシリーズ化して2期以降を制作するのが一般的です。こうしてシリーズ化された作品の中には、視聴者の間で「1期目が一番面白かったのでは?」と評価されるケースも少なくありません。
そこで今回は、1期目が特に高く評価されている作品について調査を行い、ランキングにしてみました。

1位 おそ松さん
2位 ルパン三世
3位 進撃の巨人
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『おそ松さん』!

栄えある1位には、2015年10月に放送された『おそ松さん』が輝きました。原作コミック『おそ松くん』の作者・赤塚不二夫の生誕80周年を記念して制作された本作。原作は1960年代(昭和時代)に『週刊少年サンデー』で連載されていましたが、本作では舞台を平成に置き換え、成長して大人になった六つ子の日常が描かれています。
『おそ松くん』は過去二度にわたってアニメ化されていますが、『おそ松さん』ではそれを上回る大きなブームとなったのは記憶に新しいですね。

2位は『ルパン三世』!

2位には国民的人気アニメの『ルパン三世』がランク・インしました。シリーズ第1期の放送が開始されたのは、なんと今から48年前の1971年10月。2017年に50周年を迎えた原作コミックが成人向けだったこともあり、大人の視聴者をターゲットとしたクールな雰囲気が魅力です。
以降のシリーズ作品がより幅広い層に向けたものになっているため、未見の人であれば新鮮な気持ちで見ることができるのではないでしょうか。

3位は『進撃の巨人』!

昭和から続く名作シリーズの第1期作品が1、2位を獲得する中、3位に食い込んだのは平成を代表する作品『進撃の巨人』でした。
こちらも1、2位同様に人気コミックを原作としており、2019年5月現在はシリーズ第3期の後半パートとなる『進撃の巨人 Season3 Part.2』が放送されています。
第3期の時点では「巨人」に関する多くの謎がすでに明らかになっていますが、第1期で主人公のエレンをはじめとする登場人物が謎を謎として抱えたまま戦いに臨む姿は、今見ても手に汗を握りますよね。
今回は、「結局1期目が最高だったアニメ作品ランキング」を紹介させていただきました。気になる4位~71位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,640票
調査期間:2019年2月25日~2019年3月11日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

決定版!2019年ネットの流行語大賞と思うのは?

投票受付期間:2019/12/09 11:00 ~ 2019/12/23 10:59

投票します。よろしいですか?