実はアーティストが楽曲提供していたジャニーズソングランキング

ジャニーズ アーティスト アイドル J-POP
2020年にデビューが決まっているSixTONES(ストーンズ)。彼らのデビューシングルをX JAPANのYOSHIKIがプロデュースをすることが発表され、大きな話題になりました。
新曲が発売となれば必ずといっていいほどに音楽チャートを賑わすジャニーズの楽曲。実はアーティストが提供している楽曲も数多く存在します。そこで今回は、アーティストが提供していて驚いたジャニーズソングについて聞いてみました。

1位 硝子の少年
2位 宙船(そらふね)
3位 愛なんだ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『硝子の少年』!

1997年に発売されたKinKi Kidsのデビューシングル『硝子の少年』。実は、山下達郎が作曲を手掛けています。レトロ感漂うポップな曲調が、時代や流行に左右されず長く愛されている理由といえそうです。ちなみに、山下達郎のアルバム『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』(初回限定盤)では、山下達郎が歌う『硝子の少年』が収録されています。

2位は『宙船(そらふね)』!

2006年に発売されたTOKIOの通算35枚目のシングル『宙船(そらふね)』。中島みゆきが作詞・作曲を手掛けており、長瀬智也が主演を務めたテレビドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)の主題歌として起用されました。メッセージ性の強いこの楽曲は、中島みゆき、TOKIOどちらが歌ってもしっくりくる、そんなところに名曲の貫禄を感じますね。

3位は『愛なんだ』!

1997年に発売されたV6の通算5枚目のシングル『愛なんだ』。玉置浩二が作曲を手掛けており、誰でも歌いやすいテンポが特徴のこの楽曲は、20年以上たった現在もジャニーズの後輩たちに歌い継がれています。喜怒哀楽を愛で包む、前向きになれる歌詞も魅力的。明るくテンポがいいのでカラオケにもぴったり。盛り上げ系鉄板ソングです。
制作を手掛けたアーティストの特色が色濃く出た楽曲に、ジャニーズのアイドルらしさが重なることで、両者ともに一味違った雰囲気の楽曲が完成するところがコラボレーションの面白いところ。この他にも、スガシカオや氷室京介、ゆずの北川悠仁など、大物アーティストが手掛けた楽曲がたくさん。気になる4位~51位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,171票
調査期間:2019年4月09日~2019年4月23日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

決定版!2019年ネットの流行語大賞と思うのは?

投票受付期間:2019/12/09 11:00 ~ 2019/12/23 10:59

投票します。よろしいですか?