本日1月7日は、七草粥の日!

お正月休みに気が緩んでお酒を飲みすぎてしまうという人は多いと思いますが、飲みすぎた次の日に待ち構えているのはもちろん「二日酔い」です。

つらい二日酔いの時には、どうしても胃腸に優しい食べ物が欲しくなるもの。そんな時に食べたくなるのは一体どんな食べ物なのかを調査してみました。

1位 おかゆ
2位 雑炊
3位 うどん、ヨーグルト
5位以降のランキング結果はこちら!

1位は消化も抜群!の「おかゆ」


1位に選ばれたのはやはり「おかゆ」でした。生のお米を多めの水で軟らかくなるまで炊くため、ほかの食べ物と比べて胃腸への刺激が少なく、非常に消化も良いので、二日酔いの時にはぴったりですよね。

ちなみに、禅の世界にはおかゆを食べる事で得られる10の効果を表した「粥有十利(しゅうゆうじり)」という言葉があるそうです。こちらの効果については「『粥有十利』おかゆで得られる効果で、知らなかったものランキング」をご覧ください。

「粥有十利」にも書かれていますが、「おかゆ」には排泄を良くして腸の動きを正常にする効果もあります。最近は腸の活動を正常に保つ事で健康な体を手に入れる「腸活」が注目を集めていますが、「腸活」は美容・ダイエットにも効果があるそうなので、ぜひお試しを。

2位は味もしっかり満足の「雑炊」


2位にランク・インした「雑炊」は、「おかゆ」と違って炊いたご飯を水洗いしてぬめりを取り、出汁や調味料、具材を加えて煮込んだものです。

出汁や調味料で味付けするのが一般的なので「おかゆ」よりも胃にはやや重めですが、その分しっかりとした味が楽しめるのはうれしいところです。二日酔いの症状があまり重くない時は、こちらを選ぶのも良さそうですね。

3位はツルツル入る「うどん」とさっぱり「ヨーグルト」


3位の「うどん」は何と言っても喉ごしと歯ごたえが魅力。体が弱って食事が喉を通りにくくなっている時でも、「うどん」ならツルツルと体に入っていきますし、消化も非常に良いので安心して食べる事ができます。

うどん一玉は250カロリー前後とそれなりにありますが、二日酔いの時は栄養補給も必要。ちょっと胃腸が回復してきたなと思ったら、煮込んだお肉を乗せて肉うどんにしてみるのもお勧めですよ。

同票数で3位にランク・インした「ヨーグルト」はさっぱりとした味で食べやすいのが魅力です。ヨーグルトにふくまれる乳酸菌は免疫力を高めると言われているので、風邪などの病気予防にも良さそうですね。

今回のランキングでは「雑炊」や「うどん」などの強力なライバルを押さえて「おかゆ」が1位を獲得しましたが、gooランキングでは「おかゆに”ちょい足し”すると美味しいと思うものランキング(2017年版)」も紹介しているので、「おかゆを食べてみようかな」と思った方はぜひチェックを!

調査方法:アイリサーチが調査を行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代女性:複数回答)
調査期間:2017年12月19日~2017年12月20日

ランキング順位はこちら