ロードバイク用ペダルの人気おすすめランキング【シマノ・MKS】

ペダル選びは安定した走りができることで、楽しさが分かると思います。そこで今回はロードバイクのペダルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはグリップ力、機能、素材を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

今回の記事ではロードバイク用ペダルの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではロードバイクについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ロードバイク用のペダルは奥が深い!

初めてロードバイクに乗って「街乗りしてみようかな」とか。ロードバイクを楽しんでいるけど、「思っているほどスピードが出ない」とか。ペダルからの「脱着が上手くできない」とか。ロードバイクの走りは、要となるペダルを知ることが大事です。

 

ロードバイクのペダルは、実は奥が深い。走りのパワーを伝える重要なパーツになります。体力の消耗を抑えたり、膝の怪我になることもあるので、走りに合わせたペダルを選ぶことが必要です。メーカーには種類も沢山ありますので選ぶのが大変です。

 

今回はロードバイクのペダルの選び方をはじめとして、おすすめ人気商品ランキングを紹介します。ランキングはフラットペダルビンディングペダルを分けて作成しました。きっと気に入ったペダルがあるかもしれません。参考にしてみて下さい。

ロードバイク用ペダルの選び方

自転車は、マウンテンバイク、クロスバイク、BMX、タイプによって走り方も違います。今回は、ロードバイクについて、ビギナーからエキスパートまでのペダルの選び方をご紹介します。

ペダルの種類で選ぶ

ロードバイクのペダルは、フラットペダルビンディングペダルがあります。そのふたつが支流です。ロードバイクのお好みの走り走り方によって、ペダルの選び方が必要です。

カジュアルに走るには「フラットペダル」がおすすめ

初心者、通勤、街乗り、ファンライド等、気軽で安定した使いやすさがうけているフラットペダル。さっと乗れて、スニーカーや靴で、踏み込みの良さが感じられるペダルもあります。また、ビンディングペダルと同じ性能も感じさせるものもあります。

走りをステップアップするには「ビンディングタイプ」がおすすめ

ビンディングシューズはフラットシューズと比べると大きく異なります。それは、足をペダルに乗せるのではなく、足とペダルを固定します。固定することによって、効率よくペダルを回すことができます。走りにこだわりが出て来るとビンディングタイプです。

 

下記の記事では、ビンディングシューズについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

素材で選ぶ

ビンディングペダルには、初心者向き、中級者向き、上級者向きで素材によって選ぶことができます。ツーリングを好む走りやレース志向の走りによっても素材を意識することは大切です。

初心者には「アルミ製」がおすすめ

プラスチック製よりも強度があり、錆びつかない。また、軽量なので体力の消耗を軽減します。取り付けも簡単で、ワイドなプラットフォームで足を固定して、所定の位置に保持します。ロードバイク、マウンテンバイクやクロスバイク、BMXにも対応ができます。 

強さと軽さには「カーボン製」がおすすめ

効率的な走りを求めると、やはり、カーボン製です。フラットペダルもビンディングペダルにもありますからお好みの応じて、軽さと耐久性を追求する方には持って来いのペダルです。樹脂にカーボン繊維を強化したペダルですから、満足な走りを得ることができます。

おしゃれと衝撃吸収には「ナイロン製」がおすすめ

ナイロン製のペダルは、樹脂にナイロンファイバーが加えていることで、高強度で、衝撃の吸収性が高いので柔軟性があります。カラーラインナップも豊富で、デザイン性があります。ロードバイクも含め、通勤通学で毎日自転車を利用する方におすすめです。

当たりの柔らかさと漕ぎやすさには「グラスファイバー製」がおすすめ

耐熱性と耐久性に優れたペダルで、長距離を好まれる方向きです。ガラスを溶解して繊維状に加工したグラスファイバー樹脂を加えて強化した素材です。錆びの心配もなく、劣化しにくい素材なので、マウンテンバイク、クロスバイクにも利用ができます。

軽量タイプは長距離走行の「体力温存」におすすめ

ロードバイクで長距離を走ると、体力を温存することも大事です。足を軽く回すことができれば体力の消費を抑え、ロードバイク自体の重量も軽減できます。ペダル選びは、素材、大きさ、形に注目し、脚力とロードバイクに合ったペダルを選んでください。

「デザイン・カラー」にもこだわって

ロードバイクのビンディングペダルでは性能が重視されます。フラットペダルは街乗りが多くみられるので、デザインやカラーを選んでおしゃれに街乗りを楽しむ方も多く見られます。ロードバイクに合わせたコーディネイトの楽しみ方をおすすめします。

 

ブランド・メーカーで選ぶ

代表的なSHIMANO(シマノ)MSK(三ヶ島)。指示される理由は足のホールド感や脱着が簡単。軽量で素材も耐久性がある。この2社から選んでも間違いはありません。

間違いのないペダル選びには「SHIMANO(シマノ)」がおすすめ

ユーザーからかなりの信頼があり、支持されているSHIMANO(シマノ)は、ペダルのラインナップが豊富です。レース用から街乗りまで幅広く展開しています。世界にもたくさんの利用者がいます。ブランドとしての位置づけも顕著です。おすすめのブランドです。

フラットペダル愛用者には「MKS(三ヶ島)」がおすすめ

国産ペダルのフラットペダルが欲しい。と、いうこだわりの方におすすめなのが、MSK(三ヶ島)です。国内生産100パーセントで日本を代表するメーカーで、厳しい品質管理を行い、国内の競輪用ペダルNJS基準をクリアしている高度な作りから、街乗り用のペダルも展開しています。

性能で選ぶ

高性能は、中級者エキスパートに多く支持されているペダルです。性能と安定性が十分に発揮されています。初めてのペダル選びも高性能を知ることは大事なことです。 

悪道には「しっかり踏み込み」ができるのがおすすめ

フラットペダルでの高性能とは、足を乗せる面が広いことやグリップ力があることで、安定性が最高になる。カーボンペダルを超えるような回転力がある。それによって、ベアリングもセラミックを利用して、耐久性もある。そのような条件を満たしているペダルをおすすめします。

素材には「超軽量・耐久性」がおすすめ

ビンディングペダルの高性能とは、カーボンとチタンで作られたペダルで、とても軽いので回転力があり、パワーロスを防ぎます。また、耐久性は最高です。プロ仕様ともいわれるペダルですから、脱着がスムーズに設計されています。文句なしのおすすめです。

ペダルの設計で選ぶ

ビンディングペダルには、2つのタイプがあります。SPDSPD-SL2種類です。片面でペダルと専用のサイクルシューズの脱着を行います。難しさが初心者には伴います。

ビンディングタイプ初心者には「SPDペダル」がおすすめ

SPDペダルは、元々マウンテンバイク用に開発されたペダルです。しかし、外しやすさからロードバイクにも対応が可能となりました。初心者から中級者までの対応が可能です。また、気軽に散歩程度のサイクリングを楽しむ方にも支持されています。

ロードバイク初心者には「SPDサイクルシューズ」がおすすめ

初心者は、付けることも外すことも上手くいかずに転んでしまうことがあります。付けて、外す、感覚を身に着けるためには、SPDシューズをおすすめします。種類も豊富です。SPDとSPD‐SLの両方が使用可能のタイプや、スニーカータイプもあります。

ロードバイク専門には「SPD-SLペダル」がおすすめ

SPD-SLペダルは、本格的なロードバイク専用ペダルです。クリートを3つのねじ式でシューズに取り付けます。ペダルとシューズがより一体化とになり、安定性とスムーズな漕ぎ方ができるので、ロングライドやレースでよく使われるペダルです。

中級者からエキスパートには「SPD-SLサイクルシューズ」がおすすめ

中級者やエキスパート向きのサイクルシューズです。距離や時間で長く走ることに適した設計のため、初心者向きのSPDペダルとは異なり、ペダルから外した後の歩行は、歩きにくい設計となっています。ロードバイク専門シューズと言っても過言ではありません。

クリートで選ぶ

クリートは、ビンディングタイプを利用する際に、ペダルにサイクルシューズをしっかりとはめ込むための素材です。シューズ購入時に付属品として付いてきます。

SPD用クリートは「オフロード」におすすめ

SPD用クリートは、二つ穴のねじ式でサイクルシューズの裏側の甲のあたりに止めます。

SPDペダルとSPDサイクルシューズを固定する役目です。2つ穴式なので、脱着がスムーズです。サイクルシューズを足を横にずらす感覚で外れます。

SPD-SL用クリートは「中級者〜エキスパート」におすすめ

SPD-SL用クリートは、三つねじ式で止めます。SPDとの違いは三つねじ式で止めます。三つねじ式ですからしっかりと固定する感じです。脱着がスムーズでない場合は、微調整を行うことで、より漕ぎやすく、ストレスのない走りが行えます。

フラットペダルの人気おすすめランキング5選

5位

TIOGA(タイオガ)

シュアーフットミニ

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

軽量で見た目も良し!初心者に適したペダル!

フラットペダルで、ロードバイクデビューを考えている初心者向きの方におすすめです。小ぶりで軽量なので、見た目はとてもスタイリッシュ。軽量だと実用性が問われますが、アルミ製なので錆が出ないため、雨天でも問題なしです。

 

ロードバイクのみならず、マウンテンバイク(MTB)、クロスバイクなどにも利用が可能です。スピード重視ではなく街乗りでのんびり走りたい方におすすめです。

素材 アルミ合金切削ボディ サイズ W62mm×L70mm×H22mm
重量 ペア/208g カラー

口コミを紹介

自転車デビューした友人にプレゼントしましたが異常に喜んでました。見た目も高級感ありますし、スポーツバイク初心者に贈る品としても良いなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ディズナ(DIXNA)

リブラペダル

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ビンディングペダルのようですが実はフラットペダル!

フラットペダルは、当然、両面ともフラットな面で、楽に足を乗せて走ることができます。このペダルは片面のみがフラットペダルとなっていて、片面は底にウエイトの形状があるため、その重さによって、必ず足をフラットな面に乗せられるようになっています。

 

街乗りのオンロードに最適な効果をもたらします。また、形状がしっかりと足の裏面に吸い付くようなデザインになっていて、安定性抜群です。

素材 シールドベアリング ・クロモリ サイズ W90mm×L160mm
重量 ペア/380g カラー

口コミを紹介

重りがあるので踏み面が常に上に向くようになっていて便利ですし、回転も良く、デザインも少し大きめなビンディングペダルのようにも見えますので非常に気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

WELLGO(ウエルゴ)

アルミペダル

使い心地は良好!これで走り方が変わる!

長距離を走る上で、肝心なことは、軽量で、尚且つ、ペダル面のスパイクピンがしっかりと靴、シューズにグリップしているかどうかにかかわります。雨の日でも濡れた靴やシューズをしっかりとグリップして、安全に走行ができるペダルです。

 

縦長設計で、小ぶりですから母指球あたりに力が入るところをうまくとらえた設計になっています。街乗りでも長距離でも、きっと満足していただけるペダルです。

素材 アルミニュウム 6061 サイズ W65mmxL90mmxH28mm
重量 ペア/247g カラー 黒・赤・白・オレンジ

口コミを紹介

漕ぎやすく力も入ってペタルも回しやすくなりました。子供とツーリングで40㌔走りましたがほとんど疲れませんでした。通勤も楽々で最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ROCKBROS(ロックブロス)

フラットペダル

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

頼りがいのあるペダル!走行中の抵抗を軽減!

幅が広い作りになっているので、とても踏みやすい形です。通勤用の自転車、ママチャリ、そして、ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)、クロスバイクなどに使用できます。ペダルの面に合わせて20個のピンが、しっかりとホールドして安心走行を実現します。

 

また、防水加工で、5色の展開がありますから、デザイン性を重視している方には、使用している自転車に合わせて楽しむことができます。価格的にも納得のペダルです。

素材 ナイロン繊維 サイズ W11mm×L120mm×H20mm
重量 ペア/365g カラー 黒・赤・青・黄・オレンジ

口コミを紹介

ゴツくて薄い見た目に惹かれました!ペダルストラップを付ける際にストラップの穴の位置にあるビョウが邪魔で外して取り付けました。未だあまり使用して無いですが、大変カッコイイです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

CXWXC

フラットペダル

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

クオリティの高さをもとめるならこのペダル!

幅広にやや高めのピンが靴底をしっかりホールドをすることによって、まるで、ビンディングペダルのようなライディングを感じられるでしょう。また、サイクリング中に泥、水、塵が入らない作りですから耐久性は抜群です安心して走行ができます。

 

当然、マウンテンバイク(MTB)オフロードにも対応が可能です。5色展開ですから、コーディネイトが楽しめます。取り付けには8mmアレンキーが必要です。

素材 アルミニュウム合金 サイズ W100mm×L115mm
重量 ペア/342g カラー 黒・赤・青・黄・グレー

口コミを紹介

ピンもよく食い込むし、回転もMKSより回る。無音でかなり回る。ペダル漕いでる時の音もしない。値上がりや販売停止などに備えて買いだめしておくか迷っている

出典:https://www.amazon.co.jp

フラットペダルのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 サイズ 重量 カラー
1
アイテムID:6492958の画像
フラットペダル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

クオリティの高さをもとめるならこのペダル!

アルミニュウム合金 W100mm×L115mm ペア/342g 黒・赤・青・黄・グレー
2
アイテムID:6492562の画像
フラットペダル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

頼りがいのあるペダル!走行中の抵抗を軽減!

ナイロン繊維 W11mm×L120mm×H20mm ペア/365g 黒・赤・青・黄・オレンジ
3
アイテムID:6492346の画像
アルミペダル

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

使い心地は良好!これで走り方が変わる!

アルミニュウム 6061 W65mmxL90mmxH28mm ペア/247g 黒・赤・白・オレンジ
4
アイテムID:6490412の画像
リブラペダル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ビンディングペダルのようですが実はフラットペダル!

シールドベアリング ・クロモリ W90mm×L160mm ペア/380g
5
アイテムID:6489900の画像
シュアーフットミニ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量で見た目も良し!初心者に適したペダル!

アルミ合金切削ボディ W62mm×L70mm×H22mm ペア/208g

ビンディングペダルの人気おすすめランキング5選

5位

TIME(タイム)

XPRESSO (エクスプレッソ)4 T2GR008

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

色々試して落ち着くペダルはこれです!

ビンディングペダルにしては、割と大きなペダル面が安定性を感じさせて、踏み込む力を効率的に、且つ、快適に回すことができます。フローティング機構と呼ばれる技術で、かかとが左右5度傾くことができるので、脱着がスムーズで、関節の負担を軽減します。

 

何となく違和感とか膝の痛みなど、使っているペダルに多少なりの不満があれば、変えてみては如何でしょうか。その時のおすすめのペダルが、これです。

素材 ステンレス・スチール 製品サイズ W9.05cmxL13.34cmxH6.35cm
重量 115g/片側 カラー

口コミを紹介

以前はシマノを使っていました。片方の膝に時折痛みが出てました。これに変えて他の方々が言われる通り膝の痛みが解消できました。又、脱着もし易くなり買って良かったと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

スピードプレイ(SPEEDPLAY)

ウルトラライトアクション

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

初心者向きの優しいペダル!脱着がとてもスムーズ!

ビンディングタイプは、片面でバイクシューズを固定します。初めての方はバイクシューズをペダルにはめこむ意識が強くなり、下を向いて、倒れたりすることもあって、大変になります。しかし、このペダルは両面とも固定ができるので、ペダルの脱着がスムーズです。

 

これから初めてビンディングペダルを使用する方におすすめです。また、ペダルの脱着が上手くできずに悩まれている方にもおすすめのペダルです。

素材 クロモリ 製品サイズ W15.90cmxL15.90cmxH5.20cm
重量 250g/片側 カラー 黒・赤・ピンク

口コミを紹介

脱着については付ける時が若干硬いですが、外す時は簡単に外れます。また遊びの調整は出来ないものの十分な可動域があるため、膝への負担は軽減されそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

シマノ(SHIMANO)

デュラエース R9100 シリーズ PD-R9100

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ペダリングの軽さを求めるならこのペダル!

ロードバイクを語る上で、SHIMANO(シマノ)を知らない方はいません。そのSHIMANO(シマノ)製品の中でもデュラエースは最高峰です。トッププロのために開発されたと言っても過言ではありません。それだけパフォーマンスに優れている製品です。

 

初心者の方でありがちなビンディングペダルをどれにしていいのか。で、悩まれている方は、この最高峰のペダルから始めても満足のいく走りを提供します。

素材 カーボン 製品サイズ W11.81cmxL21.41cmxH6.20cm
重量 117g/片側 カラー

口コミを紹介

別のバイクでアルテグラのペダルも使用しております。デュラエースと何が違うかは個人的にははっきりとはわかりません。どちらも良いペダルでよく回ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Favero Electronics

Assioma(アシオマ) DUO

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

走る楽しさを知るためにデータ管理ができる!

ここ数年、自転車ブームの中、ロードバイクのレースに参加する方も、年々、増えてきていますね。自転車の楽しさを知るとレースに出てみたい。データ管理を行って、しっかりとした安定性とスピードの充実を計りたい。計測することでトレーニングの励みにもなります。

 

レース使用やトレーニングの充実を図る方にはおすすめのペダルです。センサー内蔵のパワーメーターペダルによって、データを知り、管理することで楽しさが一段と広がります。

素材 ステンレス鋼 製品サイズ W30.00cmxL16.00cmxH10.00cm
重量 145g/片側 カラー

口コミを紹介

スマホアプリで簡単設定、取り付け簡単、充電式で安心、パワー計測精度高く、ペダルとしての性能も抜群で非の打ちどころ無し!!最高のペダルパワーメーターに出会えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シマノ(SHIMANO)

SPD-SLペダル PD-RS500 EPDRS500

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ビンディングペダルデビューはこれで決まり!

やはり、ロードバイクのパーツで、SHIMANO(シマノ)のペダルが、初心者からエリートクラスまで、幅広く支持をうけています。ツーリングやファンライド、楽しむ走りはこのペダルがです。ペダルの形状がワイドなので、足が乗せやすく脱着がスムーズです。

 

カーボン製ではなくステンレス製です。だからと言って、性能が落ちるわけではありません。ロードバイクの走りの楽しさを知ることは、このタイプがおすすめです。

素材 スチール 製品サイズ W16.00cmxL17.00cmxH5.00cm
重量 160g/片側 カラー

口コミを紹介

ビンディングに変更したかったので購入。上位モデルはいくらでもあるが、正直、重量くらいしか差がないので、重量を気にするならダイエットをしたら良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビンディングペダルのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 製品サイズ 重量 カラー
1
アイテムID:6495469の画像
SPD-SLペダル PD-RS500 EPDRS500

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ビンディングペダルデビューはこれで決まり!

スチール W16.00cmxL17.00cmxH5.00cm 160g/片側
2
アイテムID:6495018の画像
Assioma(アシオマ) DUO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

走る楽しさを知るためにデータ管理ができる!

ステンレス鋼 W30.00cmxL16.00cmxH10.00cm 145g/片側
3
アイテムID:6494737の画像
デュラエース R9100 シリーズ PD-R9100

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ペダリングの軽さを求めるならこのペダル!

カーボン W11.81cmxL21.41cmxH6.20cm 117g/片側
4
アイテムID:6494557の画像
ウルトラライトアクション

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初心者向きの優しいペダル!脱着がとてもスムーズ!

クロモリ W15.90cmxL15.90cmxH5.20cm 250g/片側 黒・赤・ピンク
5
アイテムID:6494266の画像
XPRESSO (エクスプレッソ)4 T2GR008

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

色々試して落ち着くペダルはこれです!

ステンレス・スチール W9.05cmxL13.34cmxH6.35cm 115g/片側

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天 「ペダル」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

トゥークリップペダルも知っておこう

トゥークリップはクラシックペダルです。湾曲した樹脂や金具に足のつま先を入れてストラップでペダルと足の甲を締めて固定します。現在、ビンディングタイプが支流の前には、トゥークリップペダルが、ロードバイクユーザーに圧倒的な利用があり、支持されていました。

 

 

ロードバイクの楽しみ方は長距離ライドと短期ライドの2つ

ロードバイクは、自然を感じながら走ることも、街並みを見ながら走ることも、レースにエントリーすることも、ライディングする思いは、やはり、ペダルが肝心な要素となるわけです。ペダルを知ることで、自分の好みのロードバイクの走りが変わってきます。楽しみ方は大きく分けて、長距離ライドと短期ライドです。

 

短期ライドはゆっくり景色を眺めながら短い距離で楽しんで走る。また、長距離ライドになると50キロから100キロ走るので体力が示される。だからこそ、ライディングの楽しみ方はペダル選びから初めてみることが必要です。

 

ロードバイクのペダルをどこのメーカーでどんな感じで走ることができるのか。そう思うと、ワクワクしませんか。さあ、お好みのロードペダルを付けて走りましょう。下記の記事では、ロードバイクについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

まとめ

ここまでロードバイクのペダルをフラットペダルとビンディングペダルに分けて、ランキング10選で紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。走りにこだわりがある方や初心者にも参考になるように機能と人気の商品を選んでみました。きっと、楽しい走りができますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ビンディングペダルの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

ビンディングペダルの人気おすすめランキング10選【メーカーもご紹介】

自転車
【コスパ最高のものも!】ロードバイクのおすすめ人気ランキング8選【乗り心地重視も!】

【コスパ最高のものも!】ロードバイクのおすすめ人気ランキング8選【乗り心地重視も!】

自転車
女性向けクロスバイクの人気おすすめランキング10選【人気メーカーも紹介】

女性向けクロスバイクの人気おすすめランキング10選【人気メーカーも紹介】

自転車
ロードバイク用輪行袋のおすすめ人気ランキング10選【横型も紹介】

ロードバイク用輪行袋のおすすめ人気ランキング10選【横型も紹介】

自転車
シングルスピード自転車の人気おすすめランキング10選【通勤・通学にも】

シングルスピード自転車の人気おすすめランキング10選【通勤・通学にも】

自転車
シューズカバーの人気おすすめランキング10選【ワークマン・バレエで使えるものも!】

シューズカバーの人気おすすめランキング10選【ワークマン・バレエで使えるものも!】

靴用品