初心者も!アジングラインの人気おすすめランキング10選

記事ID19787のサムネイル画像

アジングラインはアジングを楽しむならぜひ持っておきたいアイテム。エステル素材やPE、フロロカーボンなど様々なものが販売されています。目的に合ったラインと結び方で釣果アップを狙いましょう!この記事では、アジングラインの選び方やおすすめ商品をご紹介しています。初心者でもわかりやすく解説しているのでぜひチェックしてください。

アジングラインで狙った魚を釣り上げよう!

アジングラインはアジ釣りなどに適した特徴を持つライン。ジグやルアーなどを使った仕掛けづくりには欠かせません。釣り初心者の中には「ラインなんてどれを選んでも同じじゃないの?」と思っている方もいるでしょう。
 
でも実は、ラインはたくさんの種類があり、特徴ごとに適した使用方法が異なります。自分の釣りスタイルや目的に合ったものを選ぶことで、釣果アップが期待できる場合も!ポイントを押さえいれば難しくないので、ぜひ意識して選んでみましょう。
 
この記事では、アジングラインの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは素材と強度、感度、使い勝手を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

アジングラインの選び方

アジングラインを選ぶときのポイントをご紹介します。自分の釣りスタイルが決まっていない場合は、初心者向けのものを選んでおくのがおすすめです。

素材で選ぶ

アジングラインに用いられることが多い素材は4つ。それぞれの特徴をご紹介します。シーンやスタイルに合わせて使い分けてみましょう。

扱いが簡単なものなら「ナイロン」

ナイロン製のアジングラインは、絡まりにくく、扱いやすいのが特徴です。結びやすいので初心者向けのラインといえるでしょう。

 

また、引っ張ると少し伸びるという特徴があります。魚に違和感を与えにくいので、仕掛けであることがバレにくいのが利点です。細すぎると伸びやすくなるので、やや太めの0.6号前後で使用するのがいいでしょう。価格が安いのも魅力的です。

いろんな仕掛けを作って試すなら「PE」

軽いルアーを遠くに飛ばすことが容易なPEライン。強度が高く、またあまり伸びないので感度が良いというメリットがあります。

 

相性が良いリグが多いので、いろんな仕掛けを作って試したい場合はPEラインを持っておくと対応しやすいでしょう。0.06号という細さでも強度がある程度保たれるので、目立たず魚にバレにくいアジングラインを選びたい方にもおすすめです。

岩場での使用なら「フロロカーボン」

フロロカーボンラインは擦れに強く、長時間使い続けることができます。岩場やテトラポッドのすぐ近くなど、擦れるものが周りにたくさんある場所でのアジングにおすすめです。また、フロロカーボンラインは強度が高く、リーダーとして使用されることも多い素材といえるでしょう。
 
比重が高く、ジグを沈ませやすいのも魅力。一方で絡まりやすいという難点があり、初心者が扱うときは注意が必要です。細さ0.5号前後、重さが2ポンド前後のものが使いやすいと人気。

ショックリーダーとともに使うなら「エステル」

エステルラインは、軽い仕掛けとの相性が抜群です。感度が高いので、使用者の釣りテクニックを存分に生かすことができます。やや高めの比重で、投げるとゆっくりと沈んでいくため、軽い仕掛けでも問題なく獲物を狙うことができるのが魅力。

 

アジングに特化した素材で、0.3号前後の細さのものをショックリーダーと合わせて使うのが一般的です。

太さで選ぶ

アジングラインの太さを選ぶときのポイントをご紹介します。細さと強度のバランスを見ながら選ぶのが重要です。

ジグヘッドリグを単体で使う(ジグ単)なら「0.3号程度の細め」

アジングでは細目のラインを使用するのが一般的です。号数は0.3号前後。細い方が水の中でも動かしやすいので、自分の狙いたい位置で使用することができます。

 

ジグヘッドリグを単体で使うアジングの一般的な手法では、0.3号程度のものを選んでおくといいでしょう。ただし、細い分切れやすいので、初心者は0.5号前後から始めるのがおすすめです。

先端に結ぶときに使うなら「太め」

仕掛けの先端に結ぶときなど、切れて欲しくない場所に使うアジングラインなら、太めのものを選んでおくといいでしょう。フロロカーボンラインは特に太めのものが多く、0.6号前後で使うのが一般的です。

強度で選ぶ

アジングラインを選ぶときは、強度を確認して選びましょう。単位は「lb」と書いてポンドと読みます。1lbで約450gの重さに耐えることを示す目安です。

一般的な強度なら「1.5lb」

強度は素材と太さで左右されます。アジングでよく使われるものは、1lb以上の強度のもの。仕掛けの重さに合わせて調整をするといいでしょう。一般的な仕掛けの場合は1.5lbくらいの強度がおすすめです。

初心者なら「2.5lb」

アジング初心者なら、強度が高めのアジングラインを選ぶのがおすすめです。ラインが切れてしまうなどのトラブルを減らすことができます。
 
ただし、強度が高ければ高いほど良いというわけではありません。強度が高すぎると、扱いづらくなることが多く、仕掛けづくりで苦労する原因になります。

遠投やプラグを使ったアジングなら「強度高め」

遠投でアジなどのライトな魚を狙う場合や、プラグを付けてアジングを行う場合は、強度が高いアジングラインを選びましょう。遠投やプラグを使ったアジングでは、ラインが切れるトラブルが起こりやすいためです。
 
一般的にアジングに使われるラインの強度は1~3lb程度ですが、特別な事情がある場合は4lb以上のものを使うこともあります。また、遠投やプラグを使ったアジングでは、ショックリーダーを付けて使用するとトラブルを減らせるでしょう。

比重で選ぶ

アジングラインを選ぶとき、水に対しての比重が重要です。比重は、仕掛けの沈みやすさに影響します。

浅瀬の獲物を狙うなら「比重が軽い」ライン

比重が軽いアジングラインは、仕掛けが沈みにくいので、浅瀬の獲物を狙う際に適しています。また、重めのジグを使う場合も、不要に沈まなくて済むので使い勝手が良いでしょう。

 

ただし、軽すぎると全く沈まないので、海水の比重1.03程度よりも比重が重いものである必要があります。

軽い仕掛けに合わせて使うなら「比重が重め」のライン

比重が重めのアジングラインは、軽い仕掛けでもしっかり沈ませることができるのでおすすめです。基本的に、比重1.1以上のものなら、問題なく沈ませることができます。
 
ナイロンやエステル、フロロカーボン素材のものは比重が重めのものが多いので、探すときは参考にしてください。

夜釣りで使うなら「視認性の高いもの」

夜釣りの場合は、昼間以上にアジングラインが見えにくく苦労するという声が多くあります。悩みを解消したい場合は、視認性の高いアジングラインを選ぶのがおすすめです。
 
白や蛍光色などの明るい色が付いたアジングラインは、夜でも人間の目で捉えやすいといえます。また、ライトグリーンは水中で光を反射する色。魚にバレにくいのが魅力です。

ラインの操作性を重視するなら「リグの重さに合ったもの」を

操作性を重視してアジングラインを選ぶ場合は、リグとの相性が重要です。切れにくいよう太めのアジングラインを選びつつ、リグに対して太すぎないサイズ感を把握しましょう。

 

リグの説明書等に適した太さが書かれていることもあるので参考にしてください。また、慣れてくると、好みに合わせて調整することが可能です。

感度を重視するなら「伸びにくいもの」を

釣りのときにアジングラインの感度が高いと、あたりが来たことにいち早く気付くことができます。かかった獲物を逃がさないためにも、感度が高いアジングラインを選びたいもの。アジングラインの感度は伸縮性で決まります。
 
伸縮性が低いほど、引っ張られたときの感触が使用者に伝わりやすく、明確にあたりを実感できるでしょう。一般的にPEやエステルは伸縮性が低いため、感度が高いといえます。

人気メーカー・ブランド・シリーズで選ぶ

アジングライン選びで迷ったら、よく使われている人気メーカーやブランド、シリーズを参考に選ぶのもおすすめです。代表的なものをご紹介します。

高性能な釣り糸メーカーなら「サンライン」

サンラインは品質の高さで人気の釣り糸メーカー。「釣り糸の常識を超えていく」をコンセプトとしたものなど、釣り好きの要求を満たすハイレベルな商品を多数扱っています。
 
釣り糸メーカーなだけあって、豊富な種類から選べるのが魅力。アジングライン選びに迷っている方は、一度調べてみるといいでしょう。

高感度・高耐久力を実現するなら「Tictのジョーカー」

ジョーカーは、釣り用品メーカー・Tictが展開するアジングラインのブランド。極細のアジングラインを使いたいという方におすすめです。

 

Tictはジョーカーの他にも、様々な商品を扱っています。気に入った商品があったら、同ブランドの他の製品を試してみると、相性の良いものに出会いやすいでしょう。

アジの重さを考えたラインなら「Pinky(ピンキー)」

Pinkyは、アジングでのよくある悩みや味の平均重量などを踏まえて試行錯誤し作られたアジングラインシリーズ。仕掛けとアジの重さを合わせても、使い勝手が良いのが魅力です。

 

太さや強度、感度などのアジングラインの性能に加えて、コスパなどの事情も加味して選びたいという方はぜひチェックしてください。

ナイロン素材のアジングラインの人気おすすめランキング3選

3位

サンヨーナイロン

アジング 専用ライン 鯵

初心者向けの扱いやすいアジングライン!

本製品は価格が安く使いやすいので、初心者におすすめ。アジング専用に作られているので、アジのあたりをしっかりと感知します。どのアジングラインを選べばいいかわからないという方にまず試してほしい一品です。

素材 ナイロン 比重 -
太さ - 長さ 100m
強度 4lb イエロー

水切れがいい!操作性を重視したい方に

水切れが良く、遠くまで飛ばしやすいナイロン素材のアジングラインです。軽いリグでもコントロールしやすいので、操作性を重視して選びたい方におすすめ。

 

しなやかでトラブルが起きにくく感度が高いため、初心者から上級者まで使いやすいといえるでしょう。パッケージのかっこよさも魅力的です。

素材 ナイロン 比重 -
太さ 0.3号 長さ 150m
強度 1lb イエロー

口コミを紹介

無難な方は3lbぐらいが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

透明で扱いやすいアジングラインをお探しの方に

昼間に釣りに出かけることが多い方や、カラーラインは使いにくいと感じる方におすすめのジョーカー。1.38というやや軽めの比重で、浅瀬での釣りにも使いやすいのが魅力です。

 

極細モノフィラメントラインで、高い耐摩耗性を発揮します。ハードな岩場でも使い勝手が良いでしょう。

素材 ナイロン 比重 1.38
太さ 0.2号 長さ 200m
強度 - 透明

口コミを紹介

思ってた以上に良かった!
ダイワの2004にそのまま200m巻いてます

出典:https://www.amazon.co.jp

ナイロン素材のアジングラインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6464972の画像

    ティクト(TICT)

  • 2
    アイテムID:6464967の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:6464964の画像

    サンヨーナイロン

  • 商品名
  • ジョーカー 200m
  • 月下美人TYPE-N2
  • アジング 専用ライン 鯵
  • 特徴
  • 透明で扱いやすいアジングラインをお探しの方に
  • 水切れがいい!操作性を重視したい方に
  • 初心者向けの扱いやすいアジングライン!
  • 価格
  • 1,542円(税込)
  • 1,078円(税込)
  • -
  • 素材
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • 比重
  • 1.38
  • -
  • -
  • 太さ
  • 0.2号
  • 0.3号
  • -
  • 長さ
  • 200m
  • 150m
  • 100m
  • 強度
  • -
  • 1lb
  • 4lb
  • 透明
  • イエロー
  • イエロー

PE素材のアジングラインの人気おすすめランキング3選

3位

ラパラ(Rapala)

ラピノヴァX マルチゲーム

夜でも使いやすいライトグリーンカラー!

夜にアジングを行う予定がある方におすすめのアジングライン。夜でも見やすいカラーであるライトグリーンのカラーです。0.3号の細さに対して、7.2lbという高い強度が特徴的。強度が高いので、岩場や防波堤などハードな場所での釣りにも適しています。

素材 PE 比重 -
太さ 0.18号~3.0号 長さ 150m
強度 7.2lb(0.3号の場合) ライトグリーン

口コミを紹介

ライン感度もすごく、あっ、いま、餌を突いてる、とか、岩場から砂地に変わった、と言うようなことも明確に分かるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シマノ(SHIMANO)

PEライン ピットブル 4本編み

汎用アジングラインとして一つ持っておきたい商品

PE素材を採用して、汎用性を高めました。様々な仕掛けと相性が良いアジングラインをお探しの方におすすめです。VT工法という編み方で強度を高めています。

 

カラーはライムグリーンとブルースーパーブルーの2種類から選べるので、使うシーンにより適したものを用意しましょう。

素材 PE 比重 -
太さ 0.4~2号 長さ 150m
強度 8.6lb(0.4号の場合) ライムグリーン、ブルースーパーブルー

口コミを紹介

良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ピットライフ

POWER BRAID PRO PEライン

コストを気にせず釣りを楽しもう!

本製品は、500mの大容量という点が魅力的。コストを気にせず釣りを楽しみたい方におすすめです。大容量であることで、失敗を恐れず使用できるので、初心者の方の練習用にも適しています。10mごとに色が変わるマルチカラー仕様で、水深を確認するのも容易。

素材 PE 比重 -
太さ - 長さ 500m
強度 10lb マルチカラー

口コミを紹介

アジング用に購入しました。今のところ耐久性等にも問題なく、コスパがいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

PE素材のアジングラインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6464941の画像

    ピットライフ

  • 2
    アイテムID:6464946の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6464957の画像

    ラパラ(Rapala)

  • 商品名
  • POWER BRAID PRO PEライン
  • PEライン ピットブル 4本編み
  • ラピノヴァX マルチゲーム
  • 特徴
  • コストを気にせず釣りを楽しもう!
  • 汎用アジングラインとして一つ持っておきたい商品
  • 夜でも使いやすいライトグリーンカラー!
  • 価格
  • 2,680円(税込)
  • 1,137円(税込)
  • -
  • 素材
  • PE
  • PE
  • PE
  • 比重
  • -
  • -
  • -
  • 太さ
  • -
  • 0.4~2号
  • 0.18号~3.0号
  • 長さ
  • 500m
  • 150m
  • 150m
  • 強度
  • 10lb
  • 8.6lb(0.4号の場合)
  • 7.2lb(0.3号の場合)
  • マルチカラー
  • ライムグリーン、ブルースーパーブルー
  • ライトグリーン

その他素材アジングラインの人気おすすめランキング4選

4位

バークレイ(Berkley)

フロロカーボンライン 150m

適度な張りで使いやすい!プロも使用するハイスペック品

プロが使用することも多いフロロカーボンライン。岩場でのアジングにぜひ導入したい商品です。クリアカラーなので魚にバレにくいといえます。

 

適度な張りでアジの食いつきをしっかりとらえることができるでしょう。強度が選べるので、シーンに合わせて使い分けるのもおすすめです。

素材 フロロカーボン 比重 -
太さ 0.6号、1.2号など 長さ 150m
強度 2~20lb(0.6号の場合) 透明

口コミを紹介

150m巻きとなっておりガンガン使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サンライン(SUNLINE)

ソルティメイト 鯵の糸エステルNightBlue

アジングに特化したハイスペックな一品

反響感度が高いエステル素材を採用したアジングラインです。ハイスペックにもかかわらず、240mで2,000円程度と購入しやすい価格が魅力。コントロールしやすいので、釣りのテクニックを生かしたい方におすすめです。

素材 エステル 比重 -
太さ 0.2~0.6号 長さ 240m
強度 1.25lb(0.25号の場合) ブルーブルー

口コミを紹介

部屋でリールに巻いてる時はそこまで青いとは感じませんでしたが常夜灯下や日中だとかなり青く光ります

出典:https://www.amazon.co.jp

ポリエステル素材でアジングに最適な特徴を実現

日が暮れてからでも扱いやすい蛍光ピンクのアジングラインです。魚に避けられにくいカラーを採用しているため、釣果も期待できるでしょう。

 

ポリエステルを素材に採用しています。細いのに強度が高く、沈みやすく伸びにくいというアジングに適した特徴を実現しました。

素材 ポリエステル 比重 1.38
太さ 0.25号 長さ 200m
強度 - ピンク

口コミを紹介

この間は 22cm のオオモンハタが掛かり 根に潜ららたのですが 上手くやり取りして 釣り上げましたが 切れませんでした!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ユニチカ(UNITIKA)

ライン ナイトゲーム ザ・アジFC

しっかり仕掛けを沈ませたい方に

比重が高く沈ませやすいフロロカーボンライン。深い場所での使用に適しています。遠投やプラグを使ったアジングにもおすすめ。ECサイトには、実際に使った人からのライントラブルが少ないという喜びの声も投稿されています。

素材 フロロカーボン 比重 -
太さ 0.5~1号 長さ 150m
強度 4lb(1号の場合) 透明

口コミを紹介

このラインを購入していますがライントラブルは皆無です。大げさではありません。フロロに対して不安要素のある方、ぜひ使ってみてください。本当にいいラインです。

出典:https://www.amazon.co.jp

その他素材アジングラインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6464933の画像

    ユニチカ(UNITIKA)

  • 2
    アイテムID:6464910の画像

    34

  • 3
    アイテムID:6464901の画像

    サンライン(SUNLINE)

  • 4
    アイテムID:6464925の画像

    バークレイ(Berkley)

  • 商品名
  • ライン ナイトゲーム ザ・アジFC
  • ピンキー 200m 0.3号
  • ソルティメイト 鯵の糸エステルNightBlue
  • フロロカーボンライン 150m
  • 特徴
  • しっかり仕掛けを沈ませたい方に
  • ポリエステル素材でアジングに最適な特徴を実現
  • アジングに特化したハイスペックな一品
  • 適度な張りで使いやすい!プロも使用するハイスペック品
  • 価格
  • -
  • -
  • -
  • 2,063円(税込)
  • 素材
  • フロロカーボン
  • ポリエステル
  • エステル
  • フロロカーボン
  • 比重
  • -
  • 1.38
  • -
  • -
  • 太さ
  • 0.5~1号
  • 0.25号
  • 0.2~0.6号
  • 0.6号、1.2号など
  • 長さ
  • 150m
  • 200m
  • 240m
  • 150m
  • 強度
  • 4lb(1号の場合)
  • -
  • 1.25lb(0.25号の場合)
  • 2~20lb(0.6号の場合)
  • 透明
  • ピンク
  • ブルーブルー
  • 透明

アジング最強ラインに適した結び方選び

アジングラインを使ってアジングを行う際の結び方選びのポイントをご紹介します。アジングラインの性能を生かす仕掛けを意識してみましょう。

結ぶ速さを重視するなら「3.5ノット」

完成までの工程が少なく、すぐに仕掛けを作ることができる3.5ノット。簡単で失敗しにくいため、ラインを無駄にしたくないときにもおすすめです。アジングラインの素材を問わず、安定した強度で結ぶことができます。

複数のアジングラインを結び合わせるなら「電車結び」

電車結びは、細さの違うアジングラインを結び合わせるのに適した結び方です。基本的には、細いライン同士で結び合わせるほど、強度に安定感が出ます。凝った仕掛けを作るときには押さえておきたい結び方だといえるでしょう。

強度重視なら「FGノット」

FGノット重い仕掛けや獲物に耐えるだけの強度が欲しい時におすすめ。摩擦にしっかり絶えてくれるのが強みです。ただし、エステル素材のアジングラインとは相性が悪く、組みにくさや強度の弱さが目立ちます。

アジングに適した釣り竿をチェック

アジング初心者の方に向けて、アジング向きの釣り竿のパーツをご紹介します。ラインや仕掛けだけでなく、釣り竿にもこだわってみてくださいね。

アジング用ロッド

ロッドとは、釣り竿の本体ともいえる部分。ロッドを選ぶ場合は、アジングに特化したアジング専用ロッドがおすすめです。餌釣りやサビキ釣りのものはアジングに不向きなので注意しておきましょう。

 

以下の記事では、アジングロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

スピニングリール

釣り糸を巻くためのパーツがリールです。リールには種類がありますが、アジングにおすすめなのはスピニングリールと呼ばれるもの。アジングに使う場合は、1000~2000番程度の大きさのものが使いやすいといえます。

リーダー

ラインを継ぎ足したり、ルアーとつなげる場合に、強度不足を解消するためのラインを使用することが多くあります。これがリーダーと呼ばれるものです。特に、エステルラインやPEラインをメインで使用する場合には必須といっていいでしょう。

 

以下の記事では、アジングルアーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

アジングワームも手に入れよう!

アジング初心者の方の中には、アジングワームをまだ持っていないという方もいるかもしれません。アジングワームは、アジ釣りに適したワーム。アジが口に含みたくなる見た目や、アジの口に入りやすい形状にこだわって作られています。
 
アジングでは、ジグヘッドフックという針に、アジングワームを装着して仕掛けを作るのが一般的です。この仕掛けをジグ単と呼んでいます。
 
アジングワームを使った釣りは、サビキ釣りと違って簡単に仕掛けを用意できるので、初心者の方にもおすすめです。以下の記事では、アジングワームの選び方やおすすめ商品をご紹介しています。これからアジングに挑戦するという方はぜひチェックしてください。

まとめ

アジングラインの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。自分のスタイルに合ったアジングラインを選ぶことで、釣りの楽しさが広がります。人気のものを中心に様々な商品を試しながら、最高のアジングラインを見つけてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ショックリーダーの人気おすすめランキング20選【ナイロンとフロロカーボン製も!】

ショックリーダーの人気おすすめランキング20選【ナイロンとフロロカーボン製も!】

釣具
釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも紹介!】

釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも紹介!】

釣具
【大手16社を徹底比較】ウォーターサーバーの人気おすすめランキング!【2021年最新版】

【大手16社を徹底比較】ウォーターサーバーの人気おすすめランキング!【2021年最新版】

その他
プレゼントに!レディース腕時計の人気おすすめランキング25選【人気ブランドも紹介!】

プレゼントに!レディース腕時計の人気おすすめランキング25選【人気ブランドも紹介!】

腕時計
【ヨガティーチャーが選ぶ】ヨガマットの人気おすすめランキング23選

【ヨガティーチャーが選ぶ】ヨガマットの人気おすすめランキング23選

フィットネス・ダイエット
初心者にも!花瓶の人気おすすめランキング20選【アンティークものも紹介!】

初心者にも!花瓶の人気おすすめランキング20選【アンティークものも紹介!】

インテリア雑貨