コードレスイヤホンの人気おすすめランキング15選【コスパの良いものから高音質のものまで】

記事ID9770のサムネイル画像

コードレスイヤホンランキングを作成しました。SONY、BOSEなど様々なメーカーから発売されています。防水性、ノイズキャンセリングなど機能性重視か、デザイン性重視かによって合う商品は違います。ランキングと選び方を参考に理想のコードレスイヤホンを見つけてください。

コードレスイヤホンで快適に高音質な音楽を楽しもう!

「コードレスイヤホンがあれば、コードが絡まったりせずストレスを感じずに音楽を楽しめるはず」と探していませんか。でも、いざ探し始めてみるとメーカーやデザインや価格などいろいろなタイプがあり迷ってしまいますよね。

 

たとえばワイヤレスイヤホンのなかでも完全ワイヤレスのものから、ノイズキャンセリング機能が付いたものネックバンド型で紛失しにくいものスポーツに使える防水仕様のものなど多くのモデルが出ています。

 

そこで今回はコードレスイヤホンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

コードレスイヤホンの選び方

コードレスイヤホンの選び方のポイントを押さえれば、購入した後に「失敗した!」と後悔することもありません。選び方には「タイプ」「連続再生時間」「対応コーデック」などがあります。ぜひ参考にしてくださいね。

付け方のタイプで選ぶ

コードレスイヤホンには付け方によってタイプがあります。たとえば、大きく分けると「インナーイヤー型」や「カナル型」や「耳掛け型」など3種類があり、それぞれ特徴や機能性が違いますので見ていきましょう。

音の広がりが感じられる「インナーイヤー型」

「インナーイヤー型」は耳のなかに軽く挿入して使うタイプなので、耳を圧迫することがなく開放感があるのが特徴でしょう。Appleの「AirPods」などでも使われている型で、どんな耳の形の人でも装着が出来て音の広がりを実感することが可能です。

 

ただし後に紹介するカナル型などと比較すると遮音性が低いので、ものによっては音漏れにつながることもありますね。

安いものも!フィット感がある人気のタイプ「カナル型」

「カナル型」のコードレスイヤホンというのは、耳の穴に耳栓を挿入するような形なので、フィット感や密着性が高く音漏れしづらい構造になっています。価格も1000円以下のコスパのいいものから、10万円以上のものまで幅が広いですね。

長時間使用できる完全ワイヤレスイヤホンなら「耳掛け型」

耳掛け型のコードレスイヤホンは耳にかけて音を楽しむ形が特徴です。少し前までの流行りで、いま現在は少なくなってきたとも言えます。耳に引っ掛けてかぶせるだけの仕様なので、長時間使ったとしても耳に圧迫感を与えず痛くなりにくいのが嬉しいですね。
 
 
ただ、小さなスピーカーを耳掛けして鳴らしているような構造なので、周囲への音漏れが気になることがあります。耳掛け型とカナル型のメリットを足したような形のモデルも展開されているのでぜひ探してみましょう。

「連続再生可能時間」で選ぶならバッテリーに注目

ワイヤレスイヤホン選びには、連続再生可能時間も合わせてチェックしたいところですね。それには長時間バッテリーが持つか、そうでないかを考える必要があります。完全なワイヤレスイヤホンであれば、本体のバッテリーとともに、イヤホンケースについた充電バッテリーも確認しましょう。

 

イヤホン自体のバッテリーであれば、連続での再生可能時間が5時間もあれば1日十分に持つはずです。またケースのバッテリーであればこまめに充電する必要のない、20時間ほど再生が可能なモデルを選ぶと安心です。

音質で選ぶ

ワイヤレスイヤホン選びとしては、音質ももちろん重要視したいですね。商品によっても音質の差がありますが、音声データを圧縮する規格の「コーデック」も関わるので着目しておきましょう。

汎用性が高い標準的なタイプ「SBC」

「SBC」というのは最も一般的なタイプで、商品説明文に注意書きがないケースであればSBCと考えられます。全てのBluetooth機器に対応しているタイプですが、圧縮が優先されているため音質が劣化する・音の遅延が発生するなどのデメリットもあります。

iphoneなどのApple製品と相性抜群「AAC」

Apple製品を持っている方なら「AAC」というコーディックがおすすめです!というのも、Appleのシステムである「iOS」は「AAC」というコーディックに対応しているからですね。SBCを比較すると圧縮率・転送速度が高いので、高音質で遅延の発生を抑えながら音楽を楽しむことが出来るでしょう。

Androidで高音質を求めるなら「apt-x」

一方「Android」であれば「apt-X」というコーディックに対応しています。こちらもSBCを比較すると高音質で遅延を抑えながら接続が出来るのがメリットですね。そのため、Androidユーザーの方はよい音質を楽しめるよう「apt-X」のコードレスイヤホンを選びましょう。

接続の方法で選ぶ

ワイヤレスイヤホンというのは有線ではなく無線を用いて通信する仕組みなので、接続の方法にも注視しておきたいですね。選び方によっては多くの無線が飛び交う施設や駅などでも混線して音が途絶えたりする可能性が低くなりますよ。

Bluetoothなら「ver.4.2以上」がおすすめ

Bluetooth接続の安定性を考慮するのであれば、最新のBluethoothの規格を選ぶと安心です。いまの最新の規格としては「Bluetooth5.0」です。とはいえ最新の規格は値段も高くなりがちなのでコスパの関係から手を出しづらいこともあるでしょう。

 

その場合は少なくても「4.2」以上のバージョンに対応したコードレスイヤホンを選ぶことで、音の遅延を抑えて快適性を高められます。以下の記事では「Bluetoothイヤホン」を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

接続の安定性を求めるなら「NFMI」

より安定性の高いコードレスイヤホン・ワイヤレスイヤホンを選びたいなら、MiGLO(NFMIとも呼ぶ)という技術が採用されたタイプを選んでください。これは磁場を利用することで左右のイヤホンの通信の安定性を高めてくれる技術です。

 

補聴器などの医療分野の技術を応用していて、ノイズや音ずれが少ないのがメリットですね。

機能性で選ぶ

そのほかにも、コードレスイヤホンの機能性で選ぶことも大事です。たとえば「防水性」があるものや「防塵性」があるもの、「ノイズキャンセリング」機能が搭載されたものなど多くの商品が展開されています。1つずつ見ていきましょう。

ランニング時など!水没しても安心な「防水仕様」

運動時やランニングなどスポーツをする際に使う方は、防水仕様のコードレスイヤホンがおすすめです。大事なのは防水性のレベルで、防水機能というのはIPX(IP)などの表記で判断します。IPXにはレベルが0~8まで8段階に分かれそのレベルによって防水効果が違うのです。

 

たとえばスポーツで軽く汗をかく程度であればIPXレベル4以上で問題ないでしょう。ただ、雨の日のランニングやウォーキングなどをする人であればIPXレベル5以上がおすすめですね。IPXレベル8であれば思いがけない水没や、装着したまま水の中で泳いでも心配はありません。

屋外スポーツなら防水性だけではなく「防塵性」もチェック

屋外でスポーツをする人やアウトドアに使用したい人は、チリやホコリが入るのを抑える「防塵性」もチェックしておきたいです。防塵性は6段階で表記されていて、数値が大きくなればなるほど高い防塵性ということが分かりますね。

電車や飛行機などの騒音が気になるなら「ノイズキャンセリング」

記事番号:9770/アイテムID:5483092の画像

余計な騒音がない状態で音楽を楽しみたい人には「ノイズキャンセリング機能」がおすすめです。「ノイズキャンセリング機能」が搭載されていた場合、周りに流れている騒音・雑音を打ち消してくれるような音を出します。

 

そうすると周囲の音が気にならない状態で音楽を楽しむことが出来るのです。カフェで周りのしゃべり声がうるさい時や飛行機に乗っている時に、周りの環境音を遮ることが出来るのでおすすめですね。以下の記事では<ノイズキャンセリングイヤホン>を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ハンズフリーで通話をしたいなら「リモコン・マイク付き」

コードレスイヤホンはハンズフリー通話も出来るのが便利です。もしハンズフリー機能を活かしたいのであれば、リモコンとマイク付きのものがいいでしょう。たとえば音楽を楽しんでいる最中にスマホで電話の呼び出し音がかかったとしても、ボタンを押すだけでそのまますぐに応答出来ます。

 

料理中など作業の最中で両手がふさがっていても、スマホを取り出して持つこともなく応答が出来るのは嬉しいですね。

テレビ用やオーディオ用など「対応機種」をチェック

テレビやオーディオをコードレスイヤホンで視聴したい人もいますよね。といっても、どのテレビ、どのオーディオでもBluetoothに対応していてワイヤレスで音が聴けるというわけではありません。

 

たとえば、コードレスイヤホンを購入したとしても自宅にあるテレビがBluetoothに対応していなければ、ワイヤレスでテレビを楽しむことは難しいでしょう。そのため、まずは手持ちのテレビやオーディオがコードレスイヤホンに対応している機種かどうかを確認しておく必要があります。

「ケース付き」なら持ち歩きも便利

ケース付きのコードレスイヤホンは、一般的にケース自体が充電をしてくれるような機能が付いています。その場合、ポンと入れておくだけで充電されるのが便利ですよね。充電が出来ないケースであっても、かわいいデザイン、おしゃれなデザインなど多くのモデルがあるので好みのものを選んでくださいね。

紛失リスクを避けるには「ネックバンド」も検討を

なくしものが多い方には、「ネックバンド型」のコードレスイヤホンもおすすめ出来ます。ネックバンド型は首掛けが可能なので、耳からポロッと落ちて紛失してしまったというリスクも少ないでしょう。

 

しかも、ネックバンド型の大きなメリットは、バンド部分にバッテリーが搭載されている点です。このバッテリーがあるおかげで、一般的なワイヤレスイヤホンよりも再生可能時間が長いという特徴があります。こまめに充電したくないという人にピッタリです。

メーカーで選ぶ

コードレスイヤホンは、メーカーで選ぶのもおすすめです。たとえば「SONY」や「Apple」や「BOSE」などさまざまなメーカーやブランドがあるので特徴を知ってから購入するようにしてみてください。

かわいいものも!機能性なら「SONY」

ソニーのコードレスイヤホンは、国内だけでなく海外にも人気です。低価格でコスパ最強のモデルや上級者が使うようなモデルまで幅広く展開しているのが特徴でしょう。ノイズキャンセリングの機能や、外部の音を取り込む機能など、機能性を重視するならSONYがおすすめです。

 

また女性が使えそうなかわいいデザインもあるので、奥さんや彼女など女性へのプレゼントとしてもいいでしょう。

口コミ評価よし!デザイン性重視なら「Apple」

Appleから展開されている、「AirPods」や「AirPods Pro」はデザイン性が高くおしゃれなのがウリですね。シンプルで余計な装飾が付いていないので、華美なデザインが苦手な人にもおすすめです。

 

「購入してよかった!」「コードの絡まりがなくてラク!」と、amazonでの口コミ評価も高い人気のアイテムです。

値段にこだわりがない防水性の高い「BOSE」

BOSEのコードレスイヤホンの特徴は、防水性が高いことでしょう。汗や雨に濡れても水で壊れてしまう心配がなく装着し続けることが出来ます。スポーツをする人やアウトドアで雨にうたれる可能性がある人に便利です!

 

またBOSEのスマホアプリとも連携し、コードレスイヤホンを紛失しても接続している場所をチェックしたり、アラームを鳴らしたりすることが出来る機能も嬉しいですね。

フィット感にこだわるなら「beats」

beats」のコードレスイヤホンは耳の形に密着しやすくフィット感が高いのが魅力です!たとえば、イヤーフックが搭載されているようなデザインのものは、スポーツやランニング中でも落としたりすることがありません。防水性もあるので汗を多くかくようなアスリートにも向いているでしょう。

インナーイヤー型のコードレスイヤホンの人気おすすめランキング5選

5位

Hihiccup

Bluetooth イヤホン

価格:2,533円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手間いらず!自動でオンオフ機能が便利

収納ケース付きでコードレスイヤホンを取り出した瞬間に自動で音楽が聴けます!しかも、ワンタッチ設計で、2秒以上触れることで音量調節が出来、5秒以上触れることでスイッチオン・オフとなるので便利です。

タイプインナーイヤー型連続再生時間本体バッテリーのみ最大6時間・ケース使用の場合は最大280時間以上
対応コーデックAAC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

ボタンはタッチセンサーでセンサーの反応もよくて、再生停止などの操作・音量調整可能なので非常に便利で使い勝手がいい操作も右イヤホン長押しで音量アップ、左イヤホン長押しで音量ダウンなど非常に簡単でランニング中などでも簡単なので手放せません

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SUTOMO

5000mAh超大容量イヤホン

価格:4,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディスプレイで電池の残量が丸わかり

電池残量がディスプレイを見ることでひと目で分かる、コードレスイヤホンです!ケースの充電容量も5000mAhもあるので、災害時やアウトドアなど外出時やいざという時にも便利ですね。

タイプインナーイヤー型連続再生時間本体バッテリーのみ最大4~5時間・ケース使用の場合は最大150時間以上
対応コーデックAAC・SBC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

商品を開封して思ったのが、コンパクトな充電ケースにお洒落なイヤホンが収納されており、携帯性に大変優れています。電池残量がインジケーターなので一目で確認することができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

happy plugs

インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

価格:9,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれで個性的!大理石など高級感あるケース付き

コードレスイヤホンやワイヤレスイヤホンに「ファッション性」を求める人にピッタリなのがこのモデルでしょう。シンプルでおしゃれなホワイトやピンクゴールドのほかに、大理石調のホワイトマーブルや、ヒョウ柄のレオパードまで、多彩なデザインが揃っています!

タイプインナーイヤー型連続再生時間本体バッテリーのみ最大3.5時間・ケース使用の場合は最大14時間以上
対応コーデックAAC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

発売するまで待っていました!この値段で、他にないお洒落なデザインに機能、自分の耳との大きさがあっていたので、買ってよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

XZTX

インナーイヤー型 Bluetooth イヤホン

価格:5,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性が喜ぶかわいいデザインがたまらない!

ペールピンクの優しいカラーがかわいいデザインのコードレスイヤホンですね。わずか10円玉くらいの大きさで、インナーイヤー型なので耳の穴にストレスを与えずに装着感がいいのが魅力でしょう。女性への贈り物にも喜ばれますよ。

タイプインナーイヤー型連続再生時間本体バッテリーのみ最大6~8時間・ケース使用の場合は最大32時間以上
対応コーデックAAC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

初めてワイヤレスイヤホンを購入しました。かわいいパステルピンクって感じです
設定も使い方も簡単でしたたくさん使いたいと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Apple(アップル)

Apple AirPods with Charging Case

価格:18,077円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Apple製品を使っている人向け!Siriにもつながる

Appleのインナーイヤー型のコードレスイヤホンです。ケース付き自動で電源が入って接続してくれるので非常に便利です。「ヘイ、Siri!」と声をかければすぐにSiriにもつながり検索をすることも出来ますよ。

タイプインナーイヤー型連続再生時間本体バッテリーのみ最大5時間・ケース使用の場合は最大24時間以上
対応コーデックSBC・AAC接続方法

口コミを紹介

文句の付けようがありません。比較のために価格の安い類似品を購入しましたが雲泥の差。特に低音はヒビ割れなどもなくズシズシ身体に感じる程響いてきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

インナーイヤー型のコードレスイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5458743の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:5459077の画像

    XZTX

  • 3
    アイテムID:5459093の画像

    happy plugs

  • 4
    アイテムID:5459139の画像

    SUTOMO

  • 5
    アイテムID:5460169の画像

    Hihiccup

  • 商品名
  • Apple AirPods with Charging Case
  • インナーイヤー型 Bluetooth イヤホン
  • インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン
  • 5000mAh超大容量イヤホン
  • Bluetooth イヤホン
  • 特徴
  • Apple製品を使っている人向け!Siriにもつながる
  • 女性が喜ぶかわいいデザインがたまらない!
  • おしゃれで個性的!大理石など高級感あるケース付き
  • ディスプレイで電池の残量が丸わかり
  • 手間いらず!自動でオンオフ機能が便利
  • 価格
  • 18077円(税込)
  • 5380円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 4880円(税込)
  • 2533円(税込)
  • タイプ
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • インナーイヤー型
  • 連続再生時間
  • 本体バッテリーのみ最大5時間・ケース使用の場合は最大24時間以上
  • 本体バッテリーのみ最大6~8時間・ケース使用の場合は最大32時間以上
  • 本体バッテリーのみ最大3.5時間・ケース使用の場合は最大14時間以上
  • 本体バッテリーのみ最大4~5時間・ケース使用の場合は最大150時間以上
  • 本体バッテリーのみ最大6時間・ケース使用の場合は最大280時間以上
  • 対応コーデック
  • SBC・AAC
  • AAC
  • AAC
  • AAC・SBC
  • AAC
  • 接続方法
  • ver.5.0
  • ver.5.0
  • ver.5.0
  • ver.5.0

カナル型のコードレスイヤホンの人気おすすめランキング5選

5位

Anker

Soundcore Liberty Neo

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強!音飛びも抑えられた美しいサウンド

値段が安価ながら、高音質なサウンドを希望している人に応えてくれるモデルです。Bluetoothバージョンは5.0なので、音飛びが少なくて好きなときに好きな音楽を長時間の間、楽しめます。

タイプカナル型連続再生時間1回充電で3.5時間・ケース充電でさらに12時間
対応コーデックSBC・AAC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

とてもコスパが良い商品です。5000円程度で良い音で音飛びしない完全ワイヤレスヘッドホンが購入出来て良かったです。5時間ほど聴きましたが、音飛びしませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOSE(ボーズ)

Bose SoundSport Free wireless headphones

価格:20,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳が痛くならずフィット感バツグンなSportチップ

Boseのこちらのコードレスイヤホンは、Sportチップという独自のイヤーチップを採用しています。円錐形の柔らかい質感のチップはフィット感がとてもよく、軽量で落ちにくいのも特徴ですね。長時間イヤホンを装着していると耳が痛くなってしまう方におすすめです。

タイプカナル型連続再生時間1回充電で5時間・ケース充電でさらに10時間
対応コーデックAAC接続方法

口コミを紹介

やはり音質は最高です。高音の抜けや低音、中音全てが完全ワイヤレスで1番だと思います。操作はボタンなので確実に操作することができます。バッテリーの持ちも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

JayBird

Jaybird VISTA フルワイヤレスイヤホンJBD-VST-001NGM

価格:19,602円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

わずか6gで軽い!トライアスロンにも使われる防水仕様

Jaybirdの完全ワイヤレスイヤホンは、アメリカのトライアスロン協会の公のトレーニングイヤホンとして選ばれている優秀品です。コンパクトでフィット感があり、6gという軽量性を兼ね備えています。防水性能は IPX7なので汗や雨に濡れても安心して運動が出来ます。

タイプカナル型連続再生時間1回充電で6時間・ケース充電でさらに10時間
対応コーデックSBC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

完全ワイヤレスイヤホンが欲しいと思っているけど、音質が気になる人にはおすすめです。イコライザーを自由に調整できるので好きな音にできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Bang & Olufsen

完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 2.0

価格:29,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水性・防塵性のどちらもあり!アウトドアにも

Beoplayの高級感をアップした新モデルです。オリジナルの高品質レザーが美しい充電ケースは、本体と併用して充電することで再生可能時間が最大16時間にもなります。防水仕様だけでなく防塵機能も付いているので、アウトドアや屋外でも安心して使えますね。

タイプカナル型連続再生時間本体バッテリーのみ最大4時間・ケース使用の場合は最大16時間以上
対応コーデックAAC接続方法NFMI・ver4.2

口コミを紹介

今までは当たり前にケーブルに繋いで充電をしていましたが、ワイヤレス充電が出来るようになってから使用を続けていたところ、あまりの快適さに驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Apple(アップル)

AirPods Pro

価格:30,569円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雑音を消すノイズキャンセリング機能が便利!

Appleユーザーで優秀なコードレスイヤホンが欲しいという人におすすめの商品です。まるで周囲に雑音がないような環境に整えるノイズキャンセリングが特徴です!一方でランニング時には、周囲の音が聞こえるよう外部音取り込みモードにも切り替えられます。

タイプカナル型連続再生時間本体バッテリーのみ最大4.5時間・ケース使用の場合は最大24時間以上
対応コーデックSBC・AAC接続方法ver.5.0

口コミを紹介

天ぷら揚げながらこのレビュー書いてるんですけど揚げる音が全然気になりません…!
多分電車とかも超快適だと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

カナル型のコードレスイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5458780の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:5460372の画像

    Bang & Olufsen

  • 3
    アイテムID:5458766の画像

    JayBird

  • 4
    アイテムID:5460224の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 5
    アイテムID:5458810の画像

    Anker

  • 商品名
  • AirPods Pro
  • 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 2.0
  • Jaybird VISTA フルワイヤレスイヤホンJBD-VST-001NGM
  • Bose SoundSport Free wireless headphones
  • Soundcore Liberty Neo
  • 特徴
  • 雑音を消すノイズキャンセリング機能が便利!
  • 防水性・防塵性のどちらもあり!アウトドアにも
  • わずか6gで軽い!トライアスロンにも使われる防水仕様
  • 耳が痛くならずフィット感バツグンなSportチップ
  • コスパ最強!音飛びも抑えられた美しいサウンド
  • 価格
  • 30569円(税込)
  • 29900円(税込)
  • 19602円(税込)
  • 20100円(税込)
  • 円(税込)
  • タイプ
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • カナル型
  • 連続再生時間
  • 本体バッテリーのみ最大4.5時間・ケース使用の場合は最大24時間以上
  • 本体バッテリーのみ最大4時間・ケース使用の場合は最大16時間以上
  • 1回充電で6時間・ケース充電でさらに10時間
  • 1回充電で5時間・ケース充電でさらに10時間
  • 1回充電で3.5時間・ケース充電でさらに12時間
  • 対応コーデック
  • SBC・AAC
  • AAC
  • SBC
  • AAC
  • SBC・AAC
  • 接続方法
  • ver.5.0
  • NFMI・ver4.2
  • ver.5.0
  • ver.5.0

耳掛け型のコードレスイヤホンの人気おすすめランキング5選

5位

thevapeart

骨伝導 ワイヤレスイヤホン

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィット感バツグン!ランニングをしてもズレない

快適にスポーツをすることが出来るように、人間工学にそったデザインになっています。フィット感が高くジョギングやサイクリング、ランニングなど激しい動きが加わっても落ちたりずれたりしないのが特徴ですね。ポップなカラーなのでおしゃれで見つけやすいです。

タイプ耳掛け型・骨伝導型連続再生時間使用時間最大4時間・待ち受け時間10日間
対応コーデック接続方法Ver.5.0

口コミを紹介

骨伝導イヤホンを初めて使ったのですが、本当に音楽がすごいと思いました。 慣れれば快適で値段は満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Mpow

Mpow flame ブルートゥース イヤホン

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質なのに2000円台!コスパが凄い

高音質で高性能なコードレスイヤホンを安く手に入れたい人におすすめなのがこちらのモデルです!Bluetooth5.0バージョンで、音飛びや遅延がない状態でストレスが少なく音楽を楽しめます。しかも、2000円台と試しやすい値段も魅力ですね!

タイプ耳掛け型連続再生時間使用時間最大7時間
対応コーデック接続方法Ver.5.0

口コミを紹介

デザインの良さと使用感が素晴らしい。耳フック全体が柔らかい素材で出来ているので長時間装着しても耳が全く痛くなりません。過去に似たような形のハズレ品を引いて残念な経験をしたので、このイヤホンの装着感には感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SUTOMO

骨伝導イヤホン

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

骨伝導のコードレスイヤホンだからスポーツ時にピッタリ

スポーツをする際、周囲の環境音をしっかり聞きたい人に便利なコードレスイヤホンでしょう。骨伝導タイプなので、耳の穴をふさぐこともなく音楽を楽しめます。IPX7もの防水仕様のためにの汗や雨に濡れたり水洗いをしたりしても、内部の機器を守ってくれます。

タイプ耳掛け型・骨伝導型連続再生時間使用時間最大8時間・待ち受け時間280時間
対応コーデックAAC接続方法Ver.5.0

口コミを紹介

音楽を聞きながら周りの音も聞こえるので、とてもいいです。
音質はとてもいい感じ。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソニー(SONY)

完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900

価格:21,573円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水の中で音楽を楽しめる!雨の日や水中トレーニングに最適

「IPX8」と防水性能が高く、スポーツ中に水中でも音楽が聴ける防水仕様が魅力です!4GBものメモリーが内蔵しているのも魅力で、なんと920曲もの音楽を入れておくことが出来ます。

タイプ耳掛け型・カナル型連続再生時間1回充電で6時間・ケース充電でさらに18時間
対応コーデックSBC・AAC接続方法Ver.4.0

口コミを紹介

発売日に購入。まずこの商品を購入した理由は4GBの内臓メモリがある点、これによりbluetooth接続しなくても直ぐに音楽が聴ける。bluetooth接続して動画を見ても遅延が余りなく素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Apple(アップル)

Powerbeats Pro 完全ワイヤレスイヤホン

価格:23,894円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納ケース付き!ケースを開ければすぐに自動再生

高性能のコードレスイヤホンを求めるならこのモデルがおすすめです。最長9時間もの連続再生が可能なので、1日中充電をしなくても出かけていられますよね。自動再生機能があるので、ケースを開ければ自動的に使うことが出来て時短にもなります。

タイプ耳掛け型・カナル型連続再生時間1回充電で9時間・ケース充電で最大24時間
対応コーデック接続方法Class1

口コミを紹介

ケーブルのあるイヤホンのようにすぐに音楽が聴ける、耳から外すだけで音が止まる、
片方だけでも音の再生が可能と、とにかく手軽に使えるといった印象を受けた。

出典:https://www.amazon.co.jp

耳掛け型のコードレスイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5458962の画像

    Apple(アップル)

  • 2
    アイテムID:5458849の画像

    ソニー(SONY)

  • 3
    アイテムID:5458979の画像

    SUTOMO

  • 4
    アイテムID:5458996の画像

    Mpow

  • 5
    アイテムID:5459028の画像

    thevapeart

  • 商品名
  • Powerbeats Pro 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900
  • 骨伝導イヤホン
  • Mpow flame ブルートゥース イヤホン
  • 骨伝導 ワイヤレスイヤホン
  • 特徴
  • 収納ケース付き!ケースを開ければすぐに自動再生
  • 水の中で音楽を楽しめる!雨の日や水中トレーニングに最適
  • 骨伝導のコードレスイヤホンだからスポーツ時にピッタリ
  • 高音質なのに2000円台!コスパが凄い
  • フィット感バツグン!ランニングをしてもズレない
  • 価格
  • 23894円(税込)
  • 21573円(税込)
  • 5580円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 3999円(税込)
  • タイプ
  • 耳掛け型・カナル型
  • 耳掛け型・カナル型
  • 耳掛け型・骨伝導型
  • 耳掛け型
  • 耳掛け型・骨伝導型
  • 連続再生時間
  • 1回充電で9時間・ケース充電で最大24時間
  • 1回充電で6時間・ケース充電でさらに18時間
  • 使用時間最大8時間・待ち受け時間280時間
  • 使用時間最大7時間
  • 使用時間最大4時間・待ち受け時間10日間
  • 対応コーデック
  • SBC・AAC
  • AAC
  • 接続方法
  • Class1
  • Ver.4.0
  • Ver.5.0
  • Ver.5.0
  • Ver.5.0

コードレスイヤホンの使い方と正しい付け方

コードレスイヤホンが落ちたりズレたりしないようにするためには、コツがあります。たとえば、ウイングが付いたコードレスイヤホンであれば、チップを耳の穴に入れた後、ウィング部分を耳の溝に合わせて挿し込むことで少しくらい激しい動きをしても外れにくくなります。

 

ちょっとした工夫でフィット感が変わりますのでやってみてくださいね。より詳細なことを知りたい人は以下のページを確認してみてください。

まとめ

コードレスイヤホンワイヤレスイヤホンには多くの種類があって、選び方によっては自分にピッタリのものが手に入ることが分かりましたよね。実際、値段が高ければいいというわけでもありません。口コミや評価を参考に使い勝手のいいコードレスイヤホンを選びましょう。

 

以下の記事では今回あまり紹介出来なかったコスパ最強の人気イヤホンを紹介しています。値段が安いもののほかにも、片耳でも聴けるモデルや防水仕様のモデルなど多種類を揃えているのでぜひ参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ