Web会議システムの人気おすすめランキング20選【無料・有料プランを紹介】

記事ID9597のサムネイル画像

インターネット環境と接続できる機器があればどこでも会議に参加できるWeb会議システム。移動の手間や費用を削減できるのが魅力です。無料や有料の違いや、ZoomやSkypeなどシステムにも違いがあります。今回はWeb会議のおすすめをランキング形式で紹介します。

どこにいても会議に参加!Web会議システムのおすすめを紹介

パソコンの他に、スマホやタブレットなど手軽にどこでも会議に参加できるWeb会議。会議を行いたいけど時間が合わない、移動の手間や移動費用などに頭を悩ませるケースもありますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、Web会議システムです。

 

Web会議システムを導入する事で、いつでもどこでも会議に参加することが可能になります。大きな移動をせずに手軽に会議に参加できるのは、大きなメリットですよね。

 

そこで今回は、Web会議システムのおすすめをランキング形式で紹介していきます。今回のランキングは、導入形態・コスパ・扱いやすさを基準としたランキングです。ランキングの後には、選び方のポイントも紹介していきますので、是非参考にしてください。

Web会議システムとは?メリットを紹介

様々な雇用形態で働く人がいる中で、企業も働き方の見直しを進めています。近年その中でも注目を浴びているのが、Web会議システムです。ここからは、Web会議システム導入にあたってのメリット・デメリットを解説していきます。

「簡単に会議を開く」ことが出来る

Web会議システムの魅力は、ネットワーク環境があれば会議を開くことが可能な点にあります。ネットワーク環境があればパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットといったデバイスでも何時でも、どこでも、リアルタイムで打ち合わせを行うことが可能です。

 

オフィス内の会議室の移動、資料の印刷を行う必要もありません。ペーパーレス化により、作業時間の大幅な削減が見込めます。また、会議開始前には機材の設置にも時間と人員を要しますが、リモートワークスタイルは、各自で仕事環境を整えているため、余計な準備の手間が省けますよ。

「低コスト」で導入可能

Web会議は、テレビ会議のようなモニターや専用機器を必要としないため低コストで導入することが出来ます。クラウド型のWebサービスを活用すれば、サーバーの初期費用も要りません。システム使用料と、各自のインターネット代のみで、会議を開けます。

 

Web会議システムは、インターネット環境・各デバイスさえ整っていれば、低価格で始めることが出来るのが魅力です。

あらゆる「コストの削減」に繋がる

全てがインターネット上で解決できるため、コストカットに役立ちます。Web会議だけでなく、面接や商談のために導入するケースもあります。オフィス会議であれば、会議のためだけに移動や交通費が発生しますが、Web会議であればそういったコストも削減が可能です。

 

資料印刷を行うと印刷代もかかりますが、Web会議であれば、時間と場所に制約されることがありません。各自が好きな場所で参加可能です。機材代、時間、交通費、紙の印刷代などあらゆる面でのコストカットが可能です。

Web会議システムの「デメリット」とは

ここまで、Web会議システムの導入にあたってのメリットを伝えしましたが、デメリットもあることも理解しておきましょう

 

Web会議システムは、インターネット環境があれば手軽に参加できる反面、インターネット環境に左右されてしまう可能性があります。回線状況が悪ければ、画質や音質に影響が出るばかりか、最悪の場合接続が中断してしまいます。

 

また画面上の対話の場合、参加者の表情、雰囲気が把握しづらいこともあるため、重要な会議、人事面談などは対面で行う企業もあります。大人数での会議では、誰が話したか解らない、画面が小さくなることでの画質の低下など、大人数での会議には向いていない点も、デメリットと言えるでしょう。

Web会議システムの人気おすすめランキング15選

15位

株式会社grabss

BIZMEE

価格:0円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

P2Pを使った無料Web会議サービス

BizMeeは、PC、タブレット、スマートフォン全ての端末で利用出来る無料Web会議サービスです。会員登録は必要なく、登録者が会議室を作りそこへメンバーを呼び出すだけで会議が開始可能。P2Pでの接続なので、データは盗難されません。

初期費用無料月額無料
無料期間期限なし導入形態クラウド型
14位

Microsoft

skype for business

価格:220円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Windows Officeに特化したWEB会議システム

Windows Officeを導入しているWeb会議システムで、最大250人が月額わずが220円で、Officeファイルを使ったWEB会議をひらけるのがSkype。Officeというソフトの都合上、事務に応用しやすい点が魅力です。

初期費用有料版:220円〜月額有料版:220円〜
無料期間導入形態クラウド型
13位

楽天コミュニケーションズ株式会社

connect live

価格:1,950円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで扱いやすい

Connect liveは、ブラウザのみで利用することができるWEB会議ツールです。またソフトのインストールやダウンロードなども不要なので、シンプルに扱えます。テキストによるチャットや録音や、会議のスケジュールを割り当てる機能もあり、非常に実用的です。

初期費用無料月額1950円
無料期間無し導入形態クラウド型
12位

株式会社テリロジーサービスウェア

mora video conference

価格:3,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

契約した99.9%のユーザーが継続している

moravideoconferenceは、クラウド型とオンプレミス型のどちらも選ぶことのできるWeb会議システムで、高画質、高音質の会議が手厚いサポートで受けられるのが特徴です。またPC、タブレット、スマートフォン問わず稼働でき、稼働率は99.9%を誇っています。

初期費用クラウド型:78,000円/オンプレミス型:1,078,000円月額クラウド型:3,000円
無料期間1週間導入形態クラウド型/オンプレミス型
11位

Lifesize

Lifesize Cloud

価格:2,500円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲストユーザーの手軽な参加が魅力

Lifesize Cloudはテレビ会議メーカーのLifesizeが提供しているサービスで、クラウド型ながら安全性の高いセキュリティが魅力のWeb会議システムです。IDを持たないゲストユーザもアプリのダウンロードが不要で、ブラウザから気軽に会議に参加することが可能です。

初期費用無料月額2500円
無料期間2週間導入形態クラウド型
10位

ドコモ・システムズ株式会社

sMeeting

価格:28,800円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンプライアンスの充実したWeb会議に最適

sMeetingの最大の特徴は、会議中に配布した資料が、会議終了時に端末から削除されるため、会議の内容が流用されない事です。また、1ライセンス当たり2,000円で500人までの会議が開けて、同時に18人の映像・音声を共有することも可能になります。

初期費用30,000円月額28,800円〜
無料期間2週間導入形態クラウド型
9位

ニューロネット株式会社

SaasBoard

価格:3,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い選択肢が特徴

SaasBoardは、CollaboとRoomの異なる特徴を持った、Web会議システムを利用できるサービスで、個人でも法人でもどんな業種にも対応しやすいWeb会議システムです。月額0円から始めることのできるプランも用意されているなど、初めやすいのも魅力です。

初期費用無料月額0円〜
無料期間2週間導入形態クラウド型
8位

ジャパンメディアシステム株式会社

LiveOn

価格:78,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

支援業務系グランプリ受賞で確かな品質を備える

LiveOnはクラウド型とオンプレミス型どちらにも対応できるWeb会議システムで、ライセンスの追加や、オプション機能の追加なども可能なので、目的や用途に合わせて運用ができるのがポイントです。支援業務系グランプリを受賞するなど、品質の高さも確かです。

初期費用78,000円月額3,000円
無料期間2週間導入形態クラウド型/オンプレミス型
7位

NTTテクノクロス株式会社

Meeting Plaza

価格:9,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した通信システムが魅力

Meeting Plazaは、日本のみならず世界各地にサーバー設置拠点を設けていることで、海外との接続でも安定した通信が可能なWeb会議システムです。クラウド型とオンプレミス型どちらにも対応していて、更には豊富な機能も搭載しているのも特徴の一つです。

初期費用30,000円〜月額9,000円〜
無料期間2週間導入形態クラウド型/オンプレミス型
6位

ENWA株式会社

EyeVision

価格:5,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低遅延でストレスフリーな会議を実現

EyeVisionは、世界高水準のデスクトップ共有機能を誇るWEB会議システムです。高画質・高音質・低遅延を実現することで、ストレスフリーなWEB会議を行うことが可能となります。遠隔操作が可能になるオプションも用意するなど、幅広い用途で扱えます。

初期費用無し月額5000円〜
無料期間無し導入形態クラウド型/オンプレミス型
5位

株式会社ネオラボ

Calling Meeting

価格:59,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ID無制限のお得なWeb会議システム

Calling Meetingは、IDの制限無制限のルーム制のWeb会議システムです。どれだけIDを発行しても追加料金が発生しないので、参加する人が多いほどお得に運用が可能になります。ルーム名とパスワードを決めるだけで、簡単にルームを作成できるのも魅力です。

初期費用100,000円月額59,000円〜
無料期間無し導入形態クラウド型
4位

株式会社ブイキューブ

V-CUBEミーティング

価格:2,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国内トップのシェア率が高品質の証明

V-CUBEミーティングはクラウド型WEB会議システムで、国内トップのシェアを誇るWEB会議システムで、5,000社以上の導入実績が信頼を明かしとも言えるでしょう。シンプルで誰でも使いやすいシステムでありながら、高品質と抜群の使いやすさを備えています

初期費用5500円〜月額2000円〜
無料期間30日間導入形態クラウド型
3位

シスコシステムズ

Cisco Webex

価格:1,490円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界で最も利用されているWeb会議システム

Cisco Webexは、世界No.1のシェア率といわれるクラウド型のWeb会議システムです。世界で最も使用されているだけあり、14カ国語に対応しています。特徴の異なる2種類のクラウドサービスを展開し、プランも豊富なので目的や用途に合わせた運用が可能となります。

初期費用21,500円月額1490円〜
無料期間1ヶ月〜導入形態クラウド型
2位

エイネット株式会社

Fresh Voice

価格:15,000円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

官公庁や大手企業も導入している実績

Fresh Voiceは、高品質ながらPC作業が苦手な人でも扱いやすい操作性が魅力のWeb会議システムです。品質に加えてセキュリティ面での安全性も大きな特徴となっています。市役所や有名大学などが導入している実績がセキュリティの安全性を物語っています。

初期費用100,000円月額15,000円〜
無料期間有り導入形態クラウド型
1位

Zoom Video Communications, Inc

Zoom

価格:0円(税込)

公式で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無料でも充実の機能性

ZoomはHDビデオと高音質のチャットを搭載している本格的なWeb会議プログラムですが、最も素晴らしいのは無料プランの存在です。無料プランでも、なんと100人をWeb会議に招待でき、基本性能は変わりません。

初期費用無料月額2,000円〜
無料期間期限なし導入形態クラウド型

Web会議システムの選び方

Web会議システムによって、音声の通話状況や映像の品質に差があります。テレビ会議に慣れている方にとって、品質の差に多少は気にはなるでしょう。製品導入を検討中の方は、途中で音声が途切れたり、映像が乱れたりしないかチェックしておくと安心です。

「通信の安定性」は何より重要

Web会議システムはインターネットを利用して使用するため、通信の安定性は何より重要なポイントと言えるでしょう。回線の混雑や、接続数によって不安定な状況になってしまっては、有意義な会議を行うことが出来ません。

 

通信の安定性を重要視するのであれば、専用のシステムを構築するオンプレミス型がおすすめです。またWeb会議システムの中には、自動的に帯域を制御してくれる機能が搭載れている製品もおすすめです。

利用料金から選ぶ

Web会議システムは製品によって利用料金は異なります。初期費用がかかるものもあれば、無料でダウンロードして使用できるサービスもあります。会議の利用人数、ネットワーク環境など、製品の特長と状況を複合的に考えて選んで下さい。

導入しやすい「無料版」

有料版製品を購入後、使用用途に合わなかったという事態を防ぎたい方は、無料版からトライするのがおすすめです。使用可能なサービスが制限されている場合もありますが、使用感を確認する意図であれば、無料版でも問題ありません。

 

無料版は、手軽に導入できるのがメリットである反面、セキュリティに不安がある・機能に制限があるなどデメリットも少なからずあるので、目的に合わせて導入を検討するのがより重要になります。

機能性・品質を求めるなら「有料版」

機能性・品質を維持したい場合は、有料版をするのがおすすめです。価格は製品によって、様々なプランがあるため、使用用途に沿って選びましょう。複数のサービスを比較すると、追加料金不要で使用できるものや、サポート体制が充実しているプランもあります。

 

無料版では、サービスをお試し感覚で使用するしかできなかったものも、有料版に入ることでイレギュラーな事態が生じた際もサポート体制が充実しているものの方が、ストレスなく活用できますよ。

導入形態から選ぶ

Web会議は導入形態から選ぶことも重要なポイントになります。「クラウド型」と「オンプレミス型」2つの導入形態によって性質や導入費用などが異なります。どちらにもメリット・デメリットがあるので、目的に合わせて選ぶのがポイントです。

低コストな「クラウド型」

出来る限り、低コストで抑えたい方にはクラウド型がおすすめです。初期費用が少なく、設備費用もかからず、利用状況によっては月額利用料金を抑えて運用することが可能になります。クラウド型は、インターネット環境が整っていれば導入しやすいのが特徴です。

 

低コストで、手軽に導入しやすい反面、通信の安定性に難があり、サーバーが混雑すると通信が安定しない可能性があります。またオンプレミス型に比べてセキュリティ面が完全ではない点もデメリットとなります。

品質・セキュリティ重視なら「オンプレミス型」

オンプレミス型は、自社内にサーバーを設置することで、外部からの影響を受けること無くセキュリティ面で安全に活用することが可能になります。大事な資料を活用する会議などを行う可能性があるのなら、セキュリティ面に問題がないのは嬉しいポイントですね。

 

また自社内にサーバーを設置することで、ノイズや遅延など通信面でも有利に働きます。通信の安定性が高いこともオンプレミス型の魅力です。デメリットといえば、自社にサーバーを設置するので、初期費用や導入に手間がかかる点です。

機能性で選ぶ

より便利にWeb会議を行うのであれば、注目したいのはシステムの機能性です。機能性が充実することで、より質の高い会議が行なえ便利に会議をすすめることが可能になります。機能性と言っても様々なので、目的に合わせて選びましょう。

「映像・音声の品質」が重要

通信の安定性と共に重要なのが、映像や音声の品質です。映像がクリアでないと資料やホワイトボードの文字が読みづらく、音声の質が悪いと重要なポイントを聞き逃す可能性も出てきます。映像と音声の品質が低いと会議の質にも影響を及ぼします

 

無料トライアルや無料期間を設けているメーカーも多いので、無料期間のうちに映像や音質の確認は必須といえるでしょう。会議の質を上げるためにも、映像や音声の質には十分にこだわりましょう。

使いやすい「操作性」

Web会議システムの導入を検討するにあたり、誰でも簡単に活用できるかも重要な選定ポイントです。操作面で使いづらい場合、業務効率化よりも生産性の低下が懸念されます。

 

そのため、ここでも「無料版」から製品の使用感を試すことをおすすめします。画面構成、設定などを実際に目で見て、操作して製品の使いやすさを確認してくださいね。

「必要な機能」が備わっているか

音声・映像共有以外にも、活用できる機能を押さえておきましょう。Web会議システムによって備えている機能も異なり、強みである機能にも違いがあります。扱う側にとっても必要な機能が違うので、どんな機能が必要なのか見極めてから導入しましょう

 

例えば、会議資料を共有できる「ファイル共有機能」、テキストや図形を使いやり取りする際に便利な「ホワイトボード機能」、相手の画面を共有できる「デスクトップ共有機能」、また「録音・録画機能」など様々な機能があります。

「同時接続可能数」をチェック

Web会議システムの製品によって、同時に接続できる数にも違いがあります。またその数によって料金プランが変動することがあるのを理解しておきましょう。導入前にどれだけのアカウントや拠点をつなぐのかしっかりとシュミレーションするのがポイントです。

安全性の高い「セキュリティ対策」

Web会議システムでは、ネットワークを手軽に使えますが、その反面セキュリティ対策にも注力する必要があります。大事な資料を扱っている場合もありますので、セキュリティ対策は重要なポイントとなります

 

セキュリティを重視するのであれば、自社のネットワークを利用してWeb会議を行うオンプレミス型がおすすめです。外部からの干渉を受けづらく、セキュリティ面での安全性が高いのが特徴です。

「サポートの充実度」もポイント

有料版のWeb会議システムであれば、法人向け・ビジネスサービス向けに特化したサポート体制にも注目しましょう。導入前に、営業担当が説明と相談に応じてくれます。その際に、製品が自社の運用条件を満たしているかを確認できます。

 

その後、専用サポート窓口が用意されているため操作面で分からないこと、トラブル相談にも気軽に応じて頂けます。ITツールに詳しくない方であっても、サポート体制が整っていることで、安心感にも繋がりますね。

Web会議とテレビ会議の違いを解説

Web会議と混同されやすいテレビ会議。実は違いがよくわからないという方も多くいます。それぞれ特徴や製品に違いがありますので、ここからはメリットとデメリットの観点から違いを解説していきます。

それぞれの「メリット」

Web会議システムは、スマートフォン、タブレット端末とネット環境があれば自由に会議を行うことが可能です。その為、運用コストを抑えて導入することが出来ます。中にはシステム活用だけなら、無料で利用できるサービスも。場所に縛られない点もメリットと言えるでしょう。

 

テレビ会議は自社内で専用のカメラやマイクを使用して行う会議システムです。専用の機器を使用するため映像や音声が高品質で、Web会議に比べて画像も乱れにくいのがメリットです。

それぞれの「デメリット」

テレビ会議システムは、映像やその他の機能も高品質な分、運用コストが大幅にかかります。モニターを繋ぐ機材も必要なため、設置準備に手間がかかります。

 

Web会議システムは運用コストが低い分、品質に差が生じてしまう可能性もあります。会議人数が増えるほど、画像が乱れることなどもあるので、イレギュラー対応と管理体制をどうしていくかは検討する必要があります。

Web会議に必要なアイテムを紹介!

Web会議をより質の高いものに、より便利に進めるためには、マイクスピーカやカメラといったアイテムが必要になってきます。ここからは、Web会議に必要なアイテムを紹介していきます。

音声を伝えるマイクスピーカー

1つのの部屋で複数人がWeb会議に参加する場合に必要になってくるのが、マイクスピーカーです。パソコンやスマートフォン、タブレットといった機器に内蔵されているマイク機能でも十分と思われがちですが、複数人での会議の場合は、やはり専用のアイテムとでは差が出てきます。

 

マイクやスピーカーの品質は、会議の品質に直結するため、Web会議をより有意義な会議にするためには、マイクやスピーカーを使用するのをおすすめします。その場合、会議に参加する人数に合わせてマイク・スピーカーを選ぶのがポイントです。

大人数のWeb会議に必要性の高いカメラ

カメラも大人数でのWeb会議には、必要となってくるアイテムです。1対1や少人数でのWeb会議の場合は、問題ありませんが、人数が多くなるに連れ、カメラに映らない・画質が悪くなり資料の視認性が悪くなるといった問題が出てきます。

 

その問題を解決してくれるのが、専用のウェブカメラです。ウェブカメラを導入する時は、画質の鮮明さ・画角の広さで選ぶのがポイントとなります。

Web会議システムのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5471829の画像

    Zoom Video Communications, Inc

  • 2
    アイテムID:5471787の画像

    エイネット株式会社

  • 3
    アイテムID:5471671の画像

    シスコシステムズ

  • 4
    アイテムID:5471470の画像

    株式会社ブイキューブ

  • 5
    アイテムID:5471382の画像

    株式会社ネオラボ

  • 6
    アイテムID:5471368の画像

    ENWA株式会社

  • 7
    アイテムID:5471317の画像

    NTTテクノクロス株式会社

  • 8
    アイテムID:5471228の画像

    ジャパンメディアシステム株式会社

  • 9
    アイテムID:5471184の画像

    ニューロネット株式会社

  • 10
    アイテムID:5470904の画像

    ドコモ・システムズ株式会社

  • 11
    アイテムID:5470855の画像

    Lifesize

  • 12
    アイテムID:5470706の画像

    株式会社テリロジーサービスウェア

  • 13
    アイテムID:5470637の画像

    楽天コミュニケーションズ株式会社

  • 14
    アイテムID:5470275の画像

    Microsoft

  • 15
    アイテムID:5463681の画像

    株式会社grabss

  • 商品名
  • Zoom
  • Fresh Voice
  • Cisco Webex
  • V-CUBEミーティング
  • Calling Meeting
  • EyeVision
  • Meeting Plaza
  • LiveOn
  • SaasBoard
  • sMeeting
  • Lifesize Cloud
  • mora video conference
  • connect live
  • skype for business
  • BIZMEE
  • 特徴
  • 無料でも充実の機能性
  • 官公庁や大手企業も導入している実績
  • 世界で最も利用されているWeb会議システム
  • 国内トップのシェア率が高品質の証明
  • ID無制限のお得なWeb会議システム
  • 低遅延でストレスフリーな会議を実現
  • 安定した通信システムが魅力
  • 支援業務系グランプリ受賞で確かな品質を備える
  • 幅広い選択肢が特徴
  • コンプライアンスの充実したWeb会議に最適
  • ゲストユーザーの手軽な参加が魅力
  • 契約した99.9%のユーザーが継続している
  • シンプルで扱いやすい
  • Windows Officeに特化したWEB会議システム
  • P2Pを使った無料Web会議サービス
  • 価格
  • 0円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 59000円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 78000円(税込)
  • 3000円(税込)
  • 28800円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 3000円(税込)
  • 1950円(税込)
  • 220円(税込)
  • 0円(税込)
  • 初期費用
  • 無料
  • 100,000円
  • 21,500円
  • 5500円〜
  • 100,000円
  • 無し
  • 30,000円〜
  • 78,000円
  • 無料
  • 30,000円
  • 無料
  • クラウド型:78,000円/オンプレミス型:1,078,000円
  • 無料
  • 有料版:220円〜
  • 無料
  • 月額
  • 2,000円〜
  • 15,000円〜
  • 1490円〜
  • 2000円〜
  • 59,000円〜
  • 5000円〜
  • 9,000円〜
  • 3,000円
  • 0円〜
  • 28,800円〜
  • 2500円
  • クラウド型:3,000円
  • 1950円
  • 有料版:220円〜
  • 無料
  • 無料期間
  • 期限なし
  • 有り
  • 1ヶ月〜
  • 30日間
  • 無し
  • 無し
  • 2週間
  • 2週間
  • 2週間
  • 2週間
  • 2週間
  • 1週間
  • 無し
  • 期限なし
  • 導入形態
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型/オンプレミス型
  • クラウド型/オンプレミス型
  • クラウド型/オンプレミス型
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型/オンプレミス型
  • クラウド型
  • クラウド型
  • クラウド型

まとめ

誰でも気軽に活用できるWeb会議システムを紹介しました。複数の機能を使いこなすのは慣れないうちは、戸惑うこともあるかもしれませんが、無料版でその利便性を体感してみる価値は大いにありますね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ