モンベルのテントの人気おすすめランキング15選【口コミも紹介】

記事ID9047のサムネイル画像

モンベルのテントは、その品質の高さから、日本の内外問わず多くの人に愛されています。特に日本においては日本特有の気候に適応することから、高い評価を受けている商品です。ここでは、そんなモンベルのテントの人気おすすめランキングと選び方をまとめました。

日本の気候に適応したモンベルのテント

日本の気候は、色々な国と比べても特異な気候をしています。高温多湿なこの環境は、特にキャンプ用品メーカーからすると悩みの種です。というのも、高温多湿な環境では快適性を実現できなかったり、あるいは商品自体の寿命が縮んでしまう可能性があるからです。

 

しかしながらモンベルでは日本の気候を分析し、高温多湿な環境であっても最大限のパフォーマンスを発揮できるように商品を作っています。よって、どの商品も高品質なものばかりです。しかし、そうなると数ある商品からひとつを選ぶのに悩んでしまうと思います。

 

そこで今回は、モンベルのテントの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ご購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングはデザイン・大きさ・素材・価格の4つのポイントを基準として作成しました。

モンベルのテントの人気おすすめランキング15選

15位

モンベル

マイティドーム2 オプショナルキャノピー

価格:13,640円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最軽量のテント

こちらの商品は、世界最高品質の軽量テントです。その軽さはツーリングで担いでいっても問題のないほどで、1~2人用のテントとしてはぴったりだといえるでしょう。もちろん、生地には優れた防水能力を備えており、快適性も問題がありません。

総重量1.41kgメイン素材バリスティックナイロン
14位

モンベル

モンベル マイティドーム 1型

価格:55,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最も軽量なテント

こちらの商品は、「マイティドーム」シリーズの中で最も軽量な商品です。その分室内はそれほど広くありませんが、1人が寝るのには十分な広さが確保されています。ソロでキャンプをするという方、ツーリングで自由気ままに寝るという方におすすめです。

総重量1.24kgメイン素材バリスティックナイロン
13位

モンベル

U.L. ドームシェルター 2型

価格:53,765円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1人で運べるテント

こちらの商品は、冬以外のシーズンに対応した、非常に軽いテントです。その重量はなんと1kgを切っており、バイクの荷台に乗せても問題のないほどです。また、設営も簡単なので、ソロキャンプにはぴったりな一品といえます。

メイン素材ナイロン・リップストップ総重量890g

口コミを紹介

3分ほどで組み立てられます。4隅を固定するためのペグ4本は最低追加で必要です。
中で調理等しなければ、それほど結露はひどくなく(5月の話)、入口がフルにメッシュになるため、意外と涼しく過ごせました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

モンベル

ULドームシェルター1型

価格:39,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの軽さと携行性

こちらの商品は、「ドームシェルター」の中で、最も軽い商品です。女性であっても1人でもてるぐらいの重さなので、アウトドアが趣味の女性にもおすすめです。また、シングルウォールとはいっても一定以上の耐久性はあるので、その点も問題ありません。

メイン素材ナイロン・リップストップ総重量760g

口コミを紹介

簡単に設営でき、一体型構造により害虫をシャットアウトでき、一人の山行に必要十分な空間を得ることができる。

これは、超軽量・小型で便利な、ウォールに通気性/通水性が無い、「柳に風」思想の構造を持つ、ドーム型テントである。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ノーブランド品

mont-bell ムーンライトテント3型 アイボリー

価格:85,652円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に設営が出来るモンベルの花形

こちらの商品は、数あるモンベルのテントの中でも、定番商品といえる商品です。その特徴は何より最も設営が簡単であるという点で、誰でもすぐに設営を行うことができます。「月明りの下でも設営が可能」といううたい文句には間違いがありません。

メイン素材ポリエステル総重量3.6kg
10位

モンベル(mont-bell)

ジュピタードーム 4型 イエロー×サンセットオレンジ(YL/SO) [3~4人用]

価格:61,012円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐雪能力の高いテント

こちらの商品は、冬に使うことを想定したテントです。雪への耐性が高く、雪深い場所でも問題なくテントを楽しむことができます。テントを選ぶのなら、絶対に耐久性を重視したいという方におすすめの商品です。

メイン素材ナイロン総重量3.88kg
9位

mont bell

ステラリッジテント2本体

価格:39,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で使いやすいテント

こちらの商品は、非常に使いやすいテントです。過酷な環境下であっても快適な寝床を提供する剛性を備えていながら、強風の時にも素早い設置が可能になる工夫がこらされています。その上で非常に軽いので、その点を含めてもおすすめできる商品です。

メイン素材ポリエステル総重量1.43kg
8位

montbell(モンベル)

アストロドーム S インナールーム IV

価格:14,300円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族が集まる大空間を作り出せる一品

こちらの商品は、別売りの「アストロドーム」と組み合わせて、内部をテントに改装することのできる商品です。アストロドーム自体が非常に広いタープで、大人数でのキャンプに向いていますが、これを活用することで食住環境を簡単に整えることができます。

メイン素材ナイロン総重量1.94kg

口コミを紹介

アストロドームはムーンライトテントとの連結や、インナーテントの設置など様々なアレンジを楽しむことができます。子供を持つパパママにおすすめです!

出典:https://camphack.nap-camp.com

7位

モンベル

アストロドーム

価格:86,900円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人数キャンプにおすすめな高耐久度テント

こちらの商品は、非常に耐用性の幅が広いテントです。メーカーによると-23度まで快適に眠ることができるほどの対低温性能を有しており、寒い時期のキャンプでも快適に過ごすことができます。また、非常に広いのでその点を鑑みてもおすすめの商品です。

メイン素材ポリエステル・タフタ総重量9kg

口コミを紹介

全てを解放すれば、かなり開放感も得られます。夜、虫が吹き込んでくる川沿いキャンプなどでは、モスキートネットである程度の虫の流入をふせげます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

モンベル(mont-bell)

タープ ミニタープHX ダークフォレスト

価格:12,880円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプでぴったりな商品

こちらの商品は、キャンプをする際に居住スペースとなるタープです。他のタープと比べると設営が楽で軽く、スマートに使いやすい商品となっています。また、初心者にも設営の仕方がわかりやすいように解説されているので、キャンプ初心者にもおすすめです。

メイン素材ポリエステル総重量870g

口コミを紹介

ソロには良い製品です!
価格もそれなりに安いし、設営しやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

モンベル(mont-bell)

ムーンライトテント 2型 グリーン GN

価格:39,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設置しやすいテントの少し大きめバージョン

ムーンライトテントシリーズのコンセプトは、「月明りの下でも設置しやすいテント」という点です。こちらの商品もそのコンセプト通りに作られており、設置の仕方が非常に簡単なものになっています。ただ、商品が少し大きめなので2人キャンプ等にぴったりです。

メイン素材ナイロン・リップストップ総重量2.8kg

口コミを紹介

ものすごく組み立てが簡単!慣れてしまえば5分もあれば十分 初テントでしたがこんなに簡単なんだとイメージが変わりました

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

モンベル(mont-bell)

クロノスドーム1型 [1~2人用] スカイブルー

価格:32,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性に優れた広い空間

こちらの商品は、広い天頂部と通気性に優れている点が特徴的な商品です。その通気性の良さは夏にテントの中にいてもある程度問題なく過ごすことができるほどであり、まさに夏キャンプにぴったりな商品といえるでしょう。スカイブルーの爽やかな色もポイントです。

メイン素材ポリエステルタフタ総重量2.19kg

口コミを紹介

「かなり良い」というのは知っていましたが
サイズ、作り、値段、どれを見てもレベルが高く
欠点らしい欠点がありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

モンベル(mont-bell)

クロノスドーム1型 [1~2人用] ゴールデンオレンジ

価格:21,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るい色で冬向き

こちらの商品は、快適なテント内空間を提供してくれる「クロノスドーム」の色違いです。パッした明るいオレンジ色は遠くから目立ちますし、内側から見ても暖色の効果が見込めます。スカイブルーよりも、冬向きの商品だといえるでしょう。

メイン素材ポリエステルタフタ総重量2.19kg

口コミを紹介

コード入りのアルミポールで組み立ては20分以内に終わると思います。各所に考え抜かれた工夫があり、かつシンプルで耐久性も高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

モンベル(mont-bell)

ムーンライトテント 1型 グリーン GN [1~2人用]

価格:24,200円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプに最適!野宿にもぴったり

こちらの商品は、ソロキャンプに最適な「ムーンライトテント」です。サイズが非常に小さいため、1人でキャンプに行き、1人で設営し、1人で帰ってくることができます。お手軽にキャンプをはじめたい、気楽なキャンプがしたいという方におすすめの商品です。

メイン素材ナイロン・リップストップ総重量2.3kg

口コミを紹介

雨に強くて、風向きが分かれば冬の突風や酷暑の換気にも対応できるし、頑丈で、しっかり自立して、最低限の前室がある。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

モンベル(mont-bell)

ムーンライトテント 3型 グリーン GN

価格:46,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子ども連れでキャンプをするのにぴったり

こちらの商品は、ムーンライトテントの2人~3人用のものです。ムーンライトテントの設置のしやすさと取り回しの良さはそのままに、単純にサイズが大きくなっています。そのため、子どもや配偶者、友達などと一緒にキャンプをするのにぴったりなものです。

メイン素材ナイロン・リップストップ総重量3.8kg

口コミを紹介

サイズ的には密着すれば大人2人と子供2人いけます。当方は3人で使用する為に購入したので良い感じです。使用するのが待ち遠しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

モンベルのテントの選び方

モンベルのテントは、先述したようにいずれの商品も高い実用性を秘めています。なので、その中からひとつを選ぶとなるとどうしても迷ってしまう方も多いはずです。そこで以下では、モンベルのテントの選び方を紹介していきましょう。

目的で選ぶ

自分がテントで何をしたいのか、ということを考えましょう。その目的にあわせて、適切なタイプのテントを選ぶことによって、適切なものを選ぶことができます。

キャンプ用-居住性を重視(ムーンライトなど)

テントを使う目的の中で、最も多くの人が考えているのは「キャンプ用」でしょう。キャンプにおいてテントは必須品で、眠る場所であり、時には生活空間でもあります。よって、キャンプ用にモンベルのテントを選ぶのなら、居住性のよさを重視しましょう。

 

具体的に、テントの通気性と防寒性の高さを意識してください。通気性が高ければ暑い間に使えますし、逆に防寒性が高ければ秋冬の寒い時期のキャンプに向いています。モンベルのテントの中には、3シーズンに対応しているものもあるので、その点もチェックしましょう。

 

また、居住性という面ではスペースの広さもチェックポイントのひとつです。特に身長の高い方は、ソロキャンプ用でも「2型」を買うなど、うまく工夫をしましょう。自然の中で快適な睡眠を取るというのも、キャンプの醍醐味のひとつだからです。

ツーリングなど-携帯性の高さを重視(スケリッジなど)

ツーリングでテントが必要な場合や、移動手段がバイクなどである場合は、できるだけ携行性の高いテントを選ぶといいでしょう。テントの携行性は、テントとポールを含む重量で計算することができます。

 

重量が重ければ重いほど携行性は悪くなりますし、逆に軽ければ軽いほど、持ち運びは容易になるでしょう。また、テント自体の大きさも意識しておきたい点のひとつです。テントが大きいとバイクの荷台に乗せづらくなり、バランスを崩してしまいかねないからです。

 

加えて、「設置のしやすさ」に関しても意識しておくべきでしょう。特に1人でテントを張る場合は、設置に時間のかかるテントは存外大変なものです。その点もしっかりと意識して、使いやすいテントを選びましょう。

登山など-安全性と耐久性重視(アストロドームなど)

一泊二日の登山をしたり、あまり人が来ないような場所での野宿を計画しているのなら、安全性と耐久性を意識したテントを選ぶといいでしょう。特に山の上は風や雨が強く、気候の変化が激しめです。よって、耐風性・耐水性に留意しましょう。

 

その際、「シングルウォール」か「ダブルウォール」かも確認しておきましょう。これは本体のほかにフライシートがあるかどうかの種別で、ダブルウォールであれば、耐寒性と耐水性が高くなる傾向にあります。

 

また、安全性と耐久性の他にも、登山に使う場合は重さも重視したいところです。というのも、耐久性を重視するあまり重いテントを購入してしまうと、山頂まで重い思いをする必要があるからです。

スペックで選ぶ

モンベルのテントには多様な商品が存在します。これらにはそれぞれスペックが書かれているので、自分の中で必要なスペックと特徴を理解しつつ、適切なものを選ぶようにするのも、選び方のひとつです。

設営のしやすさ

設営のしやすさは、モンベルのテントを選ぶ上で重要な要素のひとつです。というのも、モンベルのテントは設営がしやすいように製作されており、「ムーンライトテント」シリーズなどは、「月夜の中でも設営できるように」というコンセプトの商品です。

 

設営に時間のかかるテントを選んでしまうと、せっかくのアウトドアの時間が作業の時間になってしまい、全力でアウトドアを楽しむことができなくなってしまいます。よって、設営が簡単なものを選ぶことは、時間を買うことにも繋がってくるのです。

 

もし設営のしやすいものを選びたいのなら、ソケットの形を見るといいでしょう。ソケットの形が四方に展開している形のものであれば、非常に簡単に設営をすることができます。ソケットの形にも気を付けて選ぶといいでしょう。

サイズ

サイズは、人によってどんなサイズが適切なのか異なっています。そのため、どうしても選びづらいと感じる方多いかもしれませんが、モンベルはユーザーが商品を選びやすいように、「ムーンライトテント〇型」など、サイズを端的に表しています。

 

具体的に、モンベルのテントには1型から9型という表記が存在しています。この表記は数字が小さければ小さいほどサイズが小さいものという意味です。また、数字はおおよその収容人数を示しています。例えば、1型であれば概ね1人用と考えていいでしょう。

 

サイズが大きすぎると持ち運びが面倒になるので、できる限り自分が使う収容人数にあったものを選ぶのがベストです。もちろん、家族で使う予定があるのならそちらを使ってもいいでしょう。

オプションの豊富さ

付属しているオプションも、テントを選ぶ上での重要なスペックのひとつです。モンベルには多彩なオプション品が販売されているので、そうした点を考えることも重要な点だといえるでしょう。

 

例えば、「スノーフライ」などは重要なオプションのひとつです。スノーフライとは、雪が降っているときに耐雪性能をつけることのできるオプションのことをいいます。これがあれば、寒い地域や積雪のある山でも問題なくキャンプをすることができます。

 

また、「グランドシート」もオプションのひとつです。これがあれば地面から伝わる熱を遮断することができ、眠るときに寒い思いをすることがありません。もちろん購入しなければならないというわけではありませんが、拡張性の高さも意識すべき点のひとつです。

季節で選ぶ

テントを選ぶ上で、季節を考えることも重要な要素のひとつです。なぜなら、テントによって適切に過ごすことができる季節が異なっているからです。適切な季節を選べば、適切な居住性を楽しむことができます。

 

具体的に見たいのが、テントの防風性の高さです。防風性は後付けすることが難しく、防風性が高ければ高いほど、逆に夏での使用は向いていないことになるからです。逆に、防風性があまりなく、通気性の高い商品は夏での使用に適しています。

 

モンベルのテントのほとんどは、使うことができるシーズンが設定されています。よって、自分がよくテントを使うシーズンに適したものを選ぶようにしましょう。もしオールシーズン使うのなら、冬用とそれ以外のシーズン用の二つを持っておいた方が無難です。

モンベルのテントの魅力

数あるテントの中で、モンベルが選ばれる理由はなんでしょうか。そこには、モンベルならではの魅力があるからです。以下では、そんな魅力の一端を紹介していきます。

創業者が登山家目線なのが魅力

モンベルの創業者は、「辰野勇」氏です。彼はモンベルをここまで大きくした事業者でありながら一流の登山家で、若い頃から冬山に繰り出すほどの登山好きでもありました。そのため、モンベルの商品は登山家目線で作られたものがほとんどです。

 

創業者が実際の経験から作り出した商品であるがゆえに、モンベルの商品はひとつひとつが当事者目線で作られています。そのため、あらゆる点で非常に便利で使いやすい商品が揃っているのです。

 

実際、モンベルのテントが完全に密閉されない仕様になっているのは、辰野氏が昔、密閉されたテントの中で酸欠状態に陥った経験から出たアイデアなのです。そのように、モンベルの商品は当事者目線で作られているため、魅力的だといえます。

日本の気候に適応可能なのが魅力

モンベルは、言うまでもなく日本発のメーカーです。そのため、主なターゲットを日本でテントを使用する方に定めています。よって、販売しているテントも、日本での使用を前提として制作されているのです。

 

具体的に、モンベルのテントは結露がしづらかったり、あるいは耐水性が非常に高かったりします。これは、日本の気候が持つ高温多湿という条件を鑑みた上で制作された特徴です。そのため、テント内が快適だったり、設営の後に汚れづらかったりします。

 

実際、モンベルのテントを長らく愛用しているキャンパーは多いようです。キャンプ場に行けば、モンベルのロゴが入ったテントを多数目にすることができるでしょう。それだけ長く愛されるのは、モンベルの技術力が高い証拠でもあるのです。

他のメーカーに比べると低価格なのが魅力

テントは、総じて決して安い買い物ではありません。特に複数人用のテントを購入しようと思うと、10万円前後のお金をださなければならないこともしばしばあります。ところが、モンベルの商品は数万円前後でも複数人用のテントを購入することができるのです。

 

だからといって、品質が悪いというわけではありません。モンベルのテントが非常に高い品質を保っている点は、先述した通りです。例えば、軽量性や設置の容易さなどは、世界中を探してもトップレベルの性能を誇っています。

 

にもかかわらず商品が安いのは、モンベルが日本製メーカーであることに由来しています。日本のメーカーだからこそ価格を抑え、安く販売することができているのです。その点も、日本人にモンベルのテントが愛される理由のひとつといえるでしょう。

モンベルのテントのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5394693の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 2
    アイテムID:5394663の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 3
    アイテムID:5394650の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 4
    アイテムID:5394641の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 5
    アイテムID:5394628の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 6
    アイテムID:5394604の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 7
    アイテムID:5394565の画像

    モンベル

  • 8
    アイテムID:5394538の画像

    montbell(モンベル)

  • 9
    アイテムID:5394530の画像

    mont bell

  • 10
    アイテムID:5394526の画像

    モンベル(mont-bell)

  • 11
    アイテムID:5394483の画像

    ノーブランド品

  • 12
    アイテムID:5394305の画像

    モンベル

  • 13
    アイテムID:5394295の画像

    モンベル

  • 14
    アイテムID:5394286の画像

    モンベル

  • 15
    アイテムID:5394278の画像

    モンベル

  • 商品名
  • ムーンライトテント 3型 グリーン GN
  • ムーンライトテント 1型 グリーン GN [1~2人用]
  • クロノスドーム1型 [1~2人用] ゴールデンオレンジ
  • クロノスドーム1型 [1~2人用] スカイブルー
  • ムーンライトテント 2型 グリーン GN
  • タープ ミニタープHX ダークフォレスト
  • アストロドーム
  • アストロドーム S インナールーム IV
  • ステラリッジテント2本体
  • ジュピタードーム 4型 イエロー×サンセットオレンジ(YL/SO) [3~4人用]
  • mont-bell ムーンライトテント3型 アイボリー
  • ULドームシェルター1型
  • U.L. ドームシェルター 2型
  • モンベル マイティドーム 1型
  • マイティドーム2 オプショナルキャノピー
  • 特徴
  • 子ども連れでキャンプをするのにぴったり
  • ソロキャンプに最適!野宿にもぴったり
  • 明るい色で冬向き
  • 通気性に優れた広い空間
  • 設置しやすいテントの少し大きめバージョン
  • ソロキャンプでぴったりな商品
  • 大人数キャンプにおすすめな高耐久度テント
  • 家族が集まる大空間を作り出せる一品
  • 安価で使いやすいテント
  • 耐雪能力の高いテント
  • 簡単に設営が出来るモンベルの花形
  • 驚きの軽さと携行性
  • 1人で運べるテント
  • 最も軽量なテント
  • 最軽量のテント
  • 価格
  • 46800円(税込)
  • 24200円(税込)
  • 21500円(税込)
  • 32380円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 12880円(税込)
  • 86900円(税込)
  • 14300円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 61012円(税込)
  • 85652円(税込)
  • 39600円(税込)
  • 53765円(税込)
  • 55000円(税込)
  • 13640円(税込)
  • メイン素材
  • ナイロン・リップストップ
  • ナイロン・リップストップ
  • ポリエステルタフタ
  • ポリエステルタフタ
  • ナイロン・リップストップ
  • ポリエステル
  • ポリエステル・タフタ
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ナイロン・リップストップ
  • ナイロン・リップストップ
  • バリスティックナイロン
  • バリスティックナイロン
  • 総重量
  • 3.8kg
  • 2.3kg
  • 2.19kg
  • 2.19kg
  • 2.8kg
  • 870g
  • 9kg
  • 1.94kg
  • 1.43kg
  • 3.88kg
  • 3.6kg
  • 760g
  • 890g
  • 1.24kg
  • 1.41kg

まとめ

モンベルのテントの人気おすすめランキングをまとめました。モンベルのテントはいずれも品質が高く、しかも価格も抑えめです。自分に合ったモンベルのテントを探しているという方は、ランキングを参考にしてよいものを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ