【2021年最新版】コールマンの人気おすすめランキング27選【リュック・アウトドア用品をご紹介】

記事ID8954のサムネイル画像

アウトドアグッズ定番のブランドといえばコールマンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。特にリュックは女子ウケするデザインも多く、価格もリーズナブルなのが魅力です。ここではコールマンの人気でおすすめのリュックとアウトドアグッズの選び方と、商品をランキングにしたので、ぜひ参考にしてください。

多彩なリュックとアウトドア用品の定番コールマンの魅力

コールマンはアウトドアメーカーとして有名ですが、ほとんどの方なら1度は登山などで使ったことがありますよね。アウトドア用品はもちろんですが、特にリュックは種類が豊富で人気があり、シリーズ化されている商品もあります。

 

アメリカ発のコールマンは、実は約半世紀にわたって日本で愛され続けている、有名なアウトドアの老舗ブランドだといことはご存知でしたか。そのため定番商品や人気のシリーズが根強い人気で現在にまでいたっています。

 

そこで今回はコールマンのリュック・アウトドア用品の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは持ち運びやすさ・水の弾きやすさ・コスパの良さを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

コールマンのリュック・アウトドアグッズの選び方

ここからはコールマンのリュックとアウトドアグッズについて見ていきます。アウトドアメーカーの特徴を活かしたアイテムを、ここから詳しく見ていきましょう。

サイズで選ぶ

リュックを選ぶときは、荷物の多さ・シチュエーション・自分のサイズなどに合うように適材適所で使うことが大事です。ここから15~35Lのリュックについて見ていきます。

気軽に外出したいときは「15L」サイズ

コールマンの15Lリュックは小型ですが、ポケットも多数ありドリンクホルダー・着替え・貴重品などをコンパクトに運ぶのに適しています。肩のベルトを調整すれば幼児から小学生まで対応できるので、子供に買い与える方も数多くいます。普通サイズのノートパソコンも入ります。

タウンユースにピッタリな「20L」サイズ

コールマンの20Lリュックは商品の種類自体は少なめです。パソコンのクッションや多くのポケット数など、内装もしっかりと作られており、それほど荷物を持たない人にとっては通勤・通学にベストマッチしてくれます。子供用もあり荷物の多い遠足・通園にもピッタリ。

タウンユースに使いたいなら「25L」

コールマンの25Lリュックはラインナップが豊富です。特にウォーカー25は、使い勝手の良さから普段使い用に使う人が多く、コールマンのリュックの中で最も売れ筋で人気のある商品です。デザインでは女子ウケするピンク・レッド・柄物などのデザインも多数あります。ウォーキング、大きめのノートPCも収納できます。

短期旅行に使うなら大容量タイプの「33L・35L」

コールマンの35Lはアウトドアで使うことを想定された、耐水性の高いシールドシリーズとトレックモーションが人気です。容量はお土産を購入しての一泊はもちろん、3泊4日にも対応できるサイズです。日常使いなら買い物してもかなり余裕があるでしょう。

アウトドアで頻繁に使うなら「防水タイプ」

コールマンはアウトドアメーカーならではの防水加工が施された商品が多く、通勤・通学では大事な書類が濡れないので安心。防水性はなくても撥水加工してあるタイプや、レインカバーが内部にあるタイプもあるので、デザイン性や通気性を重視したい方にピッタリです。

持ち物が多いなら「ポケット数」の多いタイプ

コールマンのリュックシリーズには、平均するとポケット数は5個前後あります。アクセスしやすいタイプ・ポケットの数が多いタイプ・すぐに取り出せる・サイドポケットの有無・密着性の高いタイプなどさまざまありますから、使う目的に応じて選ぶといいでしょう。

シーンを選ばず使うなら「ウォーカー」シリーズ

ウォーカーシリーズはコールマンの人気シリーズで、オーソドックスな機能ながらタウンユース・ビジネスユース・山登りなど、どんな場面でもしっくりくるオールマイティに活躍。サイズはコンパクトから大容量まで揃っており、ポケットが豊富なタイプもあります。

本格的な山登りで使うなら「登山用リュック」

登山道は上り下りが激しいところもあり、フィット感があるかないかで、体の疲労も違います。チェストベルトや胴ベルトがあれば、リュックがズレにくく歩きやすくなります。コールマンには特にチェストベルト付きのリュックが、豊富にラインナップされています。

アウトドアグッズで選ぶ

ここからはレジャーに欠かせないアウトドアグッズを紹介していきます。BBQやキャンプなどで共通して使えるように基本的なものを揃えていきましょう。

アウトドアで休憩・寝泊まりするなら「テント・タープ」

最近のテントやタープは技術の進化により、一人でも設営できる簡単なものが増えてきています。家族や友人とアウトドアを楽しむ際にも、参加者全員が設営をしたことがないということもあるでしょう。そんなときにも特別な技術は必要なく、ポールを立てるだけで基礎が完成する簡単なタイプなら困ることはありません。

 

コールマンなら一本のポールで円錐型のテントを張ることができるものも見つかるので、アウトドア初心者の方も扱いやすい商品が手に入ります。テント類はできるだけストレスなく立てられるものがおすすめ。準備よりアウトドアそのものをゆっくり楽しみましょう。

 

以下の記事では、コールマンテントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

くつろぎタイムには欠かせない「チェア」

アウトドア用のチェアは、できるだけ軽くて折りたためるものが好まれています。コールマンのチェアも、コンパクトサイズのものが多く見られますが、携帯用でもリラックスできる工夫がされていることが特徴です。自宅のベランダや庭で使うこともできるためひとつあってもいろいろ使えて便利です。

 

サイドテーブルやカップホルダーが着いているものは、大きなテーブルを持っていかずともスマホや食事を楽しむことができ、数時間だけのアウトドアにぴったり。2、3人で気軽に郊外へ出かける際にも便利で、半日の日帰りのお出かけを楽しむことができます。

荷物が多い方には「リュック・バッグ」

アウトドアはついつい荷物が多くなり、持ち運びが大変になってしまいます。あれもこれも詰めていると、大容量になってしまい、持ち運ぶこと自体が疲れてしまうこともあります。コールマンのバッグには二輪のキャスター付きのものがあり、どんなに重くなっても抱えて移動することがありません。

 

せっかくアウトドアでゆっくりリラックスしたいのに、車への積み込みや積み下ろしで疲れ果ててしまっては本末転倒。最近はキャンプ用のスーツケースなどもあり、電車などの交通機関で簡単にアウトドアへ出かけられるものもあります。気軽にアウトドアを楽しめるよう、バッグ類にもこだわってみましょう。

泊まりがけのアウトドアに絶対に必要な「ランタン」

コールマンのランタンは、ガソリンとLEDの二種類があります。ガソリンは満タン時なら10時間前後は持つので、もしもの災害時の備えにもなります。およそ130W相当なので明るさがもの足りない、ということはないでしょう。

 

一方のLEDは安全で、トイレの際の足元灯にもなります。コールマンのLEDランタンは、発光パネルが4つ合わさるものがあるなど、個人がそれぞれ懐中電灯として持ち運べるものもあります。スマートフォンなど携帯デバイスの充電にも使えます。LEDランタンを下げられるテントもあるので、トータルでアウトドア用品を揃えるのもおすすめです。

 

以下の記事では、コールマンランタンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

冷たい飲み物を用意するなら「クーラーボックス」

キャンプやBBQをする際には、新鮮な食材が傷まないようにクーラーボックスが必要です。特に真夏の気温が高い季節は、ジュースや氷が数日間冷たさを保つことができる、小さな簡易冷蔵庫として使えるようなものもあります。コールマンには家族が数日間過ごせるような大容量のものもあり、普段の短期冷蔵庫のように使えるものも見つかります。

 

アウトドアで問題になる食材の保冷ですが、できるだけ外気を遮断するため、発泡ウレタンなどの断熱材を施したものがおすすめです。また、内側にボリュームがあるものは空気の層を作りしっかり食材の温度を保つことができます。

使うシーンで選ぶ

アウトドアと一口に言っても、泊りがけなのか、日帰りで数時間だけかなどで、準備するものは違ってきます。自分も含めた人数分を考慮して、適するものを選びましょう。

日帰りで使うなら「コンパクトサイズ」

車や電車で数時間の郊外へ少人数で出かけるのなら、できるだけ荷物をコンパクトにまとめることがおすすめです。自然公園やキャンプ場であれば、水道設備や売店が揃っていることがほとんど。こんな場所なら大きなクーラーボックスは必要なく、折りたたみのチェアだけでゆっくりすごせるでしょう。

 

行き先の設備を確認してアウトドア用品を選ぶことは大切で、まず必要最小限のものだけをそろえるようにしましょう。慣れてきたらどんなものが必要なのかが自然に判断できるようになります。

ツーリングを楽しむなら1人用の「ソロテント」

バイクでツーリングを楽しむ方には、ソロテントが必須です。折りたたむとボストンバックに入るサイズになり、バイクの荷台へ積むことができます。重量の目安は4kgまでのものを選ぶこと。小型バイクでも無理なく積めるものを選ぶと、引き回しの際にも楽です。次はできるだけ簡単に立てられるものにすることです。

 

ワンタッチテントなら設営は5分、片付けも同時間で行えるので、キャンプのストレスもありません。また、雨が降ってもバイクを入れられる前室、屋根があると便利です。本格的に降り出したらカバーをかけることが必要ですが、小雨程度ならテントの前室へちょっと入れましょう。日よけにもなるのでおすすめです。

手間をかけたくないなら「設営片付けが楽」なものを

アウトドアグッズの大小に限らず、できるだけ準備に手間がかからないものがおすすめです。最近のテントはポールが細くて持ち運びが楽にできるものが多いです。一つにまとめて持ち運ぶことを考え、できるだけコンパクトになるようなアイデア・工夫による成果です。

 

移動に車を使うにしても、電車などの交通機関を使うなどにしても、できるだけ軽量のものを選んでおくと簡単にストレスなく準備ができるでしょう。コールマンのテントは、大型のものも細いポールをスリーブに差し込むだけで、完成する簡単なものが揃っています。全体の重量も軽くなり、設営撤収が楽々行えます。

コールマンのリュックサック人気おすすめランキング15選

日常使いに最適

1960年代アメリカのデザイン・素材をアップデートしたネオビンテージスタイルのリュックです。クラシカルカラー・ブランドロゴリボンなどのレトロな仕上がりに。素材には丈夫なコトナを採用。レインカバーが底部にあり、急な雨でも被せるだけで防げます。

素材 コトナポリエステル サイズ 約28cm×45cm×15cm
容量 21L 重量 635g

カジュアルスタイルで使いたい方に

容量は20Lでちょっとした外出に持って行っても気にならない、手軽さが嬉しいスクエア型リュックサックです。ポリエステル素材を使用しており、優しい肌触りと保温性・通気性もあるのが特徴。開口部はファスナーで大きく開き、開けやすい仕様です。

素材 ポリエステル サイズ 28×15×44cm
容量 20L 重量 660g

トレックモーション35

「トレックモーション35」は、内部にアクセスしやすい上部開けできるパネルローディングです。ポリエステル生地でできており、表地底部は厚めの600デニールでとても丈夫。ステッキホルダー・レインカバー・リフレクターなど装備されてトレッキングにも最適。

素材 ポリエステル サイズ 32x55cm
容量 35L 重量 約960g

登山にも使える万能リュック

短期旅行にも対応する「ウォーカー33」は、大容量の33Lです。チェストストラップ&ウエストベルトで登山などの激しい道でもズレずに疲れにくい仕様に。外側には4つのポケットがついており、500mlペットボトルなどがすぐに取り出せて使い勝手も抜群です。

素材 ナイロン/ポリエステル サイズ 51×33×22 cm
容量 33L 重量 680g

口コミを紹介

大容量で、長期旅行にトランクケース+これで歩きました。軽いし密着感があるので重さを軽減して疲れにくかったです。ポケットの多さも◎日常使いには逆に大きい(笑)色も可愛くてお気に入りです!

出典:https://www.amazon.co.jp

多彩な機能で使いやすい

開口部が大きなロールトップ式の33L大容量デイパックです。バックサイドにはファスナーがついており、メインルームに簡単にアクセス可能。底部にはコーデュラ素材を使用しており、丈夫で型崩れしません。ほかにチェストベルト・クッションパッドもあります。

素材 ポリエステル サイズ 30×55×17cm
容量 33L 重量 約850g

口コミを紹介

とってもたくさん入ります。リュックは思ったほど入らないものも多いですが、これはメインのコンパートメントが大きいので、大きなものも入ります。中身が少ないときはサイドのベルトを絞ればコンパクトに。上部のロールトップは止めずに垂らしていてもオシャレです。

出典:https://www.amazon.co.jp

容量を変えられるマチ付き

2~3日の短期旅行・修学旅行・防災用など幅広く使える大容量リュックサックです。大きなメインアクセスファスナーは取り出しやすく、サイドにあるマチを開閉すれば、容量を増やせて約42/50Lに使い分けが可能。大人から子供まで幅広い年代で使用できます。

素材 ポリエステル サイズ 30/45×45×18cm
容量 約42/50L 重量 830g

口コミを紹介

2泊3日の子どもの合宿用に購入しました。サイドのポケット部分がとても大きいので、必要な物を詰めてもまだスペースがありました。リュックサックそのものは軽量ですが丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

パッキングしやすい登山用リュック

パワーローダーは33Lの大容量で、フロントをフルオープンできる上に、バックルはテープ式でパッキングのしやすい構造です。トレッキングやタウンユースにも最適。表地メイン部分と底部には丈夫な600Dポリエステルを使用。雨でも安心なレインカバー付き。

素材 ポリエステル サイズ 約29×61×22cm
容量 33L 重量 約1100g

口コミを紹介

海外旅行するのに購入しました。バックパッカーデビューしました。雨が多かったのですが、カバーも付いており安心でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

防水性のある定番のシールド

シールドシリーズ特有のアウトドアユースを目的に作られており、防水機能・素材の厚み・汚れにくさが特徴のリュックサックです。25Lは普段使いはもちろん、通勤・通学にもピッタリ。チェストベルトもあり、歩いたり自転車に乗ったりしても安定感があります。

素材 ポリエステル サイズ 28x45cm
容量 25L 重量 855g

口コミを紹介

通勤用として、ノートPC+A4書類を持ち運ぶために購入いたしました。
決め手は耐水性が良い事、耐水ポケットがある事です。雨の日でも安心ですし、折り畳み傘を収納して手を空けられるのも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

60年代アメリカのバックをイメージしたデザイン

25Lで普段使いに最適なスクエア型のリュックサックです。表地のメイン部分の素材には、640Dの厚めのコトナポリエステルを使用しており、丈夫なのが特徴。内蔵したレインカバー付きで雨の日も安心、使い終わったら底部にしまえます。ノートPC専用の保護パッド付き。

素材 コトナポリエステル サイズ 約30×48×16cm
容量 約25L 重量 約735g

口コミを紹介

大容量でとても気に入っています。しかも、ノートパソコンを入れるところもあり、非常に使い勝手がいい商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

撥水性のあるシールドタイプ

35Lで大容量のシールドタイプのリュックサックです。素材には撥水性のあるポリエステルを使用しており、雨でも弾いてくれます。平面にはメッシュパネルを採用し、フィット感と通気性を両立。500mlペットボトルホルダー・リフレクターも備わっています。

素材 ポリエステル サイズ 31×50×18cm
容量 35L 重量 1000g

口コミを紹介

リュックは容量を見極めるのが難しいのですが25リットルで丁度良かったです。
相変わらずポケットなど気の利いた気配りも多くデザインを含め大変気に入っております。
取引もスムーズで感謝しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

長方形できっちり詰められる

コールマンの丈夫なポリエステル素材からなる、長方形のリュック。容量が40Lもあるので、キャンプ用品や食料品などがたっぷり入ります。

 

背中部分がメッシュになっているから、熱くても蒸れることがありません。四角い形は隅まできっちりものが詰められるので、丸型より多く収納できます。

素材 ポリエステル サイズ 31×50×18cm
容量 約35L 重量 約1000g

口コミを紹介

LCC等を使用して機内持ち込みで過ごす旅行では大活躍です。サイズ感もよく三泊四日程度ならこの鞄のみで過ごせると思います。(男性の場合)
デメリットとして形が崩れないので電車移動の際等は気を付けないと人とよく接触します。

出典:https://www.amazon.co.jp

オールマイティに活躍

通勤・通学にちょうどいい25Lの安定感のあるティアドロップ(涙の雫)型のリュックサックです。小分けできるオーガナイザーポケットが多数あり、スマホ・ペンなどの収納に便利。500mlペットボトルやステッキホルダーも収納できて、日帰り登山にも最適です。

素材 ナイロン/ポリエステル サイズ 45X32X18cm
容量 25L 重量 570g

口コミを紹介

リュックは容量を見極めるのが難しいのですが25リットルで丁度良かったです。
相変わらずポケットなど気の利いた気配りも多くデザインを含め大変気に入っております。
取引もスムーズで感謝しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

ロールトップのリュックサック

開口部がロールトップなので、荷物の出し入れがしやすく、少ないときは丸めてコンパクトにできます。サイドファスナー付きで内部からそのまま荷物を取り出すことが可能。外装素材にはとても丈夫な、1680Dのバリスティックポリエステルを使っています。

素材 バリスティックポリエステル サイズ 55X30X17cm
容量 33L 重量 -

口コミを紹介

子供の通学用に購入しました。周りはTNFの四角いボックス型リュック使用率が高く、同じものは使いたくない、でもなるべく四角くて荷物が入るもの、PC用スリーブ必須との条件で探した結果、こちらに。ロールトップは荷物の増減に対応できるので便利なようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キッズにピッタリ

コールマンによるウォーカーミニはキッズ用のリュックサックです。容量は10Lと幼児から小学生低学年までに対応しています。通園・通学・遠足などにピッタリ。安全なホイッスル付きチェストベルト&インナーネームラベル付き。カラーは豊富な全11色です。

素材 ナイロン/ポリエステル サイズ 24x37cm
容量 10L 重量 295g

口コミを紹介

キッズとなってますが大人でも調度良いですよ。体が小さいのと大きいリュックは沢山ものを入れすぎるため重たくなるから小型で背負いやすいものを探していました。ピッタリ調度合いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマンのリュックでナンバーワンの人気

コールマンの丈夫で収納力の高いリュックサックです。シンプルな形ですが、細かいものを入れられるオーガナイザーポケット付きで、整理整頓しやすい商品です。背面はメッシュパネルで通気性は抜群。

 

衝撃を吸収するフォームが入っているから、いっぱいにリュックにものをつめても背中が痛くありません。細かいところに気が配られている、女性や子供にやさしいおすすめのリュックです。

素材 ナイロン/ポリエステル サイズ 41×28×17cm
容量 15L 重量 365g

口コミを紹介

使いやすくてリュックそのものも軽いです。細かいものが分けられて、ばらばらにならずに整理できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマンのリュックサックおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7168970の画像

    Coleman

  • 2
    アイテムID:7206828の画像

    Coleman(コールマン)

  • 3
    アイテムID:7208705の画像

    Coleman

  • 4
    アイテムID:7175197の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:7168973の画像

    Coleman

  • 6
    アイテムID:7209914の画像

    Coleman

  • 7
    アイテムID:7194287の画像

    Coleman

  • 8
    アイテムID:7175440の画像

    Coleman

  • 9
    アイテムID:7210041の画像

    Coleman

  • 10
    アイテムID:7181290の画像

    Coleman(コールマン)

  • 11
    アイテムID:7208052の画像

    コールマン(Coleman)

  • 12
    アイテムID:7175350の画像

    Coleman

  • 13
    アイテムID:7176344の画像

    Coleman

  • 14
    アイテムID:7175740の画像

    コールマン(Coleman)

  • 15
    アイテムID:7216410の画像

    コールマン(Coleman)

  • 商品名
  • リュックサック ウォーカー15
  • ウォーカーミニ
  • アトラス 33L
  • リュックサック
  • リュックサック シールド35
  • シールド35
  • スカウトマスター
  • シールド25
  • パワーローダー33
  • トレックパック
  • デイパック 33L
  • ウォーカー33 フレイム
  • リュックサック
  • デイパック 20L
  • JNデイパック
  • 特徴
  • コールマンのリュックでナンバーワンの人気
  • キッズにピッタリ
  • ロールトップのリュックサック
  • オールマイティに活躍
  • 長方形できっちり詰められる
  • 撥水性のあるシールドタイプ
  • 60年代アメリカのバックをイメージしたデザイン
  • 防水性のある定番のシールド
  • パッキングしやすい登山用リュック
  • 容量を変えられるマチ付き
  • 多彩な機能で使いやすい
  • 登山にも使える万能リュック
  • トレックモーション35
  • カジュアルスタイルで使いたい方に
  • 日常使いに最適
  • 価格
  • 3890円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 9380円(税込)
  • 10608円(税込)
  • 8993円(税込)
  • 7064円(税込)
  • 7336円(税込)
  • 5245円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 9754円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 8580円(税込)
  • 素材
  • ナイロン/ポリエステル
  • ナイロン/ポリエステル
  • バリスティックポリエステル
  • ナイロン/ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • コトナポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ナイロン/ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • コトナポリエステル
  • サイズ
  • 41×28×17cm
  • 24x37cm
  • 55X30X17cm
  • 45X32X18cm
  • 31×50×18cm
  • 31×50×18cm
  • 約30×48×16cm
  • 28x45cm
  • 約29×61×22cm
  • 30/45×45×18cm
  • 30×55×17cm
  • 51×33×22 cm
  • 32x55cm
  • 28×15×44cm
  • 約28cm×45cm×15cm
  • 容量
  • 15L
  • 10L
  • 33L
  • 25L
  • 約35L
  • 35L
  • 約25L
  • 25L
  • 33L
  • 約42/50L
  • 33L
  • 33L
  • 35L
  • 20L
  • 21L
  • 重量
  • 365g
  • 295g
  • -
  • 570g
  • 約1000g
  • 1000g
  • 約735g
  • 855g
  • 約1100g
  • 830g
  • 約850g
  • 680g
  • 約960g
  • 660g
  • 635g

コールマンのアウトドアグッズ人気おすすめ商品ランキング13選

初心者でも簡単に張れるタープ

コールマンの、初心者でも簡単に張れるヘキサタープです。メインポールを立てたら、後はクロスポールを広げるだけと簡単にタープが完成。サイドポールもついているから、いろいろな設営バリエーションがあります。

 

アウトドアで、タープが始めての人にもストレスなく立てられる簡単な商品。キャンプやBBQをこれから始める人におすすめです。

種類 タープ サイズ 約460x435x高さ230cm
重さ 約7.6kg 特徴 簡単設営

口コミを紹介

思いつきでキャンプに行きたくなり。タフワイドドームの購入を決め、流れでコールマンで揃えれば間違いないだろうと何となくこちらの商品を選びました。テント同様、事前に設営練習することなく、7歳の娘と二人で設営しましたがなんの問題もなくキレイに張ることができました!

出典:https://www.amazon.co.jp

3つのレイヤーで4シーズンに対応

コールマンの一年中使える、 マルチレイヤースリーピングバッグです。アウターレイヤー・ミッドレイヤー・フリースと3つのレイヤーを季節の気温に合わせればオールシーズン使用できます。

 

すべてポリエステル素材で摩擦に強く丈夫な寝袋は、災害のときにも活躍。肌触りはフカフカで保温性も抜群です。

種類 寝袋 サイズ 約90x200cm
重さ 4.9kg 特徴 3つのレイヤーを組み合わせて使う

口コミを紹介

触り心地が普通の布団にちかく、ナイロンっぽくないことで睡眠環境として最適だったので、文句なしの☆5です。万人受けするタイプの寝袋ではありませんが、私のように睡眠を重視し、少人数でのオートキャンプしかしない方にはおすすめです。セパレートできるので、季節に合わせて温度調節も可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

大型タイヤでデコボコ道も平気

多くの荷物を簡単に運べる、コールマンのキャリーワゴンです。特徴は大型タイヤでスムーズに移動できること。石や木の枝を踏んでも安定しているから、ストレスなく車からサイトまでを何度も往復できます。

 

荷物が多いアウトドアには便利なワゴン。収納時の際はわずか18×40×77cmになり、アウトドアの負担をなくします。

種類 キャリーワゴン サイズ 使用時:約106×53×100cm 収納時:約18×40×77cm
重さ 11kg 特徴 折りたたみ式

口コミを紹介

予想通り子供が喜んで乗りバーベキューの運搬で役立ちました。また、駐車場から自宅のマンションまで荷物が多いと何往復もしていたのですが、一回で済むようになり荷物運びがかなり楽になりました。折りたたむとコンパクトになるので車に収納しています。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ホイールつきの大容量クーラーボックス

コールマンのホイールつきの50QTクーラーボックスです。ペットボトルや生鮮食品などを入れて、中は発泡ウレタンで断熱効果は抜群。保冷力は5日続き、数日の家族キャンプなら十分持つでしょう。

 

ホイールが付いているから、車からサイトまで移動が楽です。帰りは、キャリーワゴンとしても使えるでしょう。

種類 ホイールクーラー サイズ 約58x46x45(h)cm
重さ 約7kg 特徴 タイヤつき

口コミを紹介

35度の猛暑で日陰に置いておいても、早朝に入れた氷が夜までほぼ溶けずに残っています(レゴスの保冷剤XLサイズを数個使用)。取っ手が、もう少し丈夫だと最高なんだけど…。大きくて沢山入るし、保冷がしっかり!安心してキャンプ出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

大容量の51L

コールマンの大容量のクーラーボックス、54QTです。51Lの大容量サイズで、2ℓペットボトルが縦に12本入るサイズ。外側はステンレスとスチール素材で、中は厚みがある3cmの発泡ウレタンランチロックでしっかりと冷気を逃さず食材を冷たく保ちます。

 

家族や友人とのアウトドアシーンや学校行事、スポーツ大会など幅広く利用可能。真夏の災害時など、急に停電した際にもあると便利です。

種類 クーラーボックス サイズ 約60x42x41(h)cm
重さ 7.5Kg 特徴 大容量51L

口コミを紹介

冷凍庫を買い替えた時に、冷凍品を入れてドライアイスを5㎏入れました。もうひとつソフトタイプも買ったので同じ条件で使いましたが、さすがにハードタイプの方は翌日もま

出典:https://www.amazon.co.jp

クアッドパネルの小型ランタン

省電力で光るLEDランタンです。4つの発光パネルをランタンに取り付けて使うから、懐中電灯が必要になったら、取り外し単独で使うことができます。

 

最大約800lm(ルーメン)の明るさで、広範囲をしっかりと照らすことができます。キャンプにはもちろん、災害時や停電の際にあると重宝するおすすめのランタンです。

種類 クアッドマルチパネルランタン LED サイズ 約14.5x23.5(h)cm
重さ 約1200g 特徴 LED

口コミを紹介

非常時に備えておこうと思い購入しました。数年ぶりに新たに買い替えたのですが、その明るさにびっくりしました!4枚に分かれる部分もスムーズに外れるように改善されているし、1枚でも相当な明るさなので機能面ではかなり満足しています!

出典:https://www.amazon.co.jp

130Wの大光量

コールマンのランタンは130Wの大光量が特徴です。燃料にホワイトガソリンを使用し、燃料タンク容量は約590ccで、満タンの状態で燃焼時間は約7.5~15時間も持ちます。気温の低い時期でも安定して使えるので、アウトドアだけでなく災害時にも役立ちます。

種類 ランタン サイズ 約16x31cm
重さ 約1400g 特徴 ホワイトガソリン使用

口コミを紹介

抜群の耐久性と大光量のパワーが気に入って過去10年間使用し続けてきたモデルで、昨年不慮の転倒により壊れてしまい、修理も考えましたが、やはり新しいもので安全にまた10年は使わせてもらおうと購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐荷重が100キロで頑丈

コールマンのサイドテーブルが付いた屋外用のチェア。耐荷重が100kgもあり、体格のよい男性も安心して座ることができます。サイドテーブルにはマグカップやペットボトルを入れられるので、飲み物がうっかりこぼれることもありません。

 

マンションのベランダでも使えるコンパクトサイズで、たたむと持ち運びやすくアウトドアへおすすめです。

種類 チェア サイズ 約87x52x77cm
重さ 約5.5kg 特徴 耐荷重100kg

口コミを紹介

広げるのもたたむのも固いですが慣れれば
問題なし、むしろ質の高さが感じられるくらい。
意外と珍しいカーキでデザインも良くもう1つ欲しいくらいでした!

出典:https://www.amazon.co.jp

屋内でも屋外でも大活躍

コールマンのコンパクトで折りたたみが可能な屋外用レイチェアです。リラックスできる背もたれ角度と、座りやすいサイドフレームが特徴。わずか3ステップで組み立てができる上に、しっかりしたフレームが支えてくれているので安心してゆったり座れます。

種類 チェア サイズ 使用時:約61×70×98cm・収納時:約25×15×89cm
重さ 3.7kg 特徴 リクライニング・降りたたみ

口コミを紹介

キャンプデビューに購入。が、まだ行けてないので、リビングで使ってます。色はシックで落ち着いていて、ハイバックでしっかり首をホールドしてくれるし最高です!本当に買ってよかった。耐久性は分かりませんが、大事に使いたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャリー付きのボストンバッグ

コールマンのボストンキャリーバッグです。重いものをたっぷり詰めてもキャスターで楽々移動できます。容量は70L。口が大きく開くため、大きなものもストレスなく入れることが可能。ファスナーがたくさん付いているから、小物を分けて収納できます。

 

大型2輪キャスターでスムーズに荷物が運べます。荷物が多いスキーや、部活の合宿などにおすすめのボストンバッグです。

種類 ボストンバッグ サイズ 32x65x31cm
重さ 約3.5kg 特徴 大型2輪キャスター

口コミを紹介

沖縄5泊の旅で使用しました。ボストンバッグのような使い方だけでなくキャリーとしても使えるので場所や環境用途に合わせ無理なく移動することができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

円柱形の大容量バッグ

PVC素材でしっかり雨をはじくドライバッグです。容量は110Lと大量のものを入れられるので、家族や友人とのアウトドアにおすすめ。開口部が広く形も円柱形なので、毛布などがそのまますっぽり入るでしょう。

 

ショルダーベルト付きで、肩からかけることができます。シンプルで、普通のバッグやリュックでは入らない大きなものを入れることが可能。スポーツ用品などをまとめておく用途にもよいでしょう。

種類 ドライバッグ サイズ 約40x95cm
重さ 770g 特徴 防滴

口コミを紹介

大容量なのでキャンプ用品は全て入ってしまうと思います。トップケース装着車はハードケースを後部座席に載せてしまうとトップケースを開ける事が出来なくなってしまうので、圧し潰せる柔らかいバッグの方が快適に旅が出来ます。写真にあるキャンプ用品を詰めてもまだまだ余裕があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

高さが切り替えられる簡単タープ

コールマンの、簡単に設営できるオープンシェードのタープです。1人でも設営できるので、少人数でのBBQなどにおすすめ。高さは3段に切り替えられて、日差しの量を調節できます。

 

天井にバッテリーランタンを取り付けられるハンガーが付いて、夜のアウトドアにも最適。持ち運び便利なコンパクトサイズで一つあれば、自然公園・キャンプ施設などで何かと重宝するでしょう。

種類 タープ サイズ 約300X300X225cm
重さ 約15.5kg 特徴 高さ切り替え

口コミを紹介

パーティーシェードは重くて大きいのが不安でヘキサタープを買いましたが、区画サイトで毎回レイアウトに苦戦してしまうのでパーティーシェードを買いました。私は女性ですが持てない重さでは無いし、一人で10分で設営できます。設営動画があるのが良いですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

ワンポールで簡単に設営できるティピー型テント

コールマンのワンポールで立てられる、円錐形のティピーテントです。ポールの高さがあるから圧迫感がなく、広く感じることがメリット。テントの前部に小さな部屋を作ることで、荷物を置いたり、雨の進入を防ぐことができます。

 

初心者でも簡単に設営できる簡単な商品。簡単だけど心地よくすごせる機能がしっかりあるので、リラックスしてアウトドアを楽しむことができます。

種類 テント サイズ 約325x230x200(h)cm
重さ 約6kg 特徴 前室

口コミを紹介

エクスカーションティピーは初めての設営でも簡単に出来ました。ワンポールテントが欲しくて色々な候補からティピーテントを選びました。設営が簡単なのがなによりですね。家族4人でしたが寝るだけに関しては十分でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

コールマンのアウトドアグッズおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7168991の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:7168988の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:7168985の画像

    コールマン(Coleman)

  • 4
    アイテムID:7168982の画像

    コールマン(Coleman)

  • 5
    アイテムID:7195770の画像

    コールマン(Coleman)

  • 6
    アイテムID:7168976の画像

    コールマン(Coleman)

  • 7
    アイテムID:7198516の画像

    コールマン(Coleman)

  • 8
    アイテムID:7168964の画像

    コールマン(Coleman)

  • 9
    アイテムID:7168961の画像

    コールマン(Coleman)

  • 10
    アイテムID:7168958の画像

    コールマン(Coleman)

  • 11
    アイテムID:7199304の画像

    コールマン(Coleman)

  • 12
    アイテムID:7168952の画像

    コールマン(Coleman)

  • 13
    アイテムID:7168949の画像

    コールマン(Coleman)

  • 商品名
  • ワンポールテント
  • パーティーシェード
  • アウトドアドライバッグ
  • 3way ボストンバッグ
  • レイチェア 2000026745
  • サイドテーブルデッキチェア
  • コールマン ワンマントルランタン(ケース付) 286A740J
  • クアッドマルチパネルランタン
  • クーラーボックス 54QT
  • ホイールクーラー
  • アウトドアワゴン 2000033445
  • マルチレイヤースリーピングバッグ
  • タープ XPヘキサタープ
  • 特徴
  • ワンポールで簡単に設営できるティピー型テント
  • 高さが切り替えられる簡単タープ
  • 円柱形の大容量バッグ
  • キャリー付きのボストンバッグ
  • 屋内でも屋外でも大活躍
  • 耐荷重が100キロで頑丈
  • 130Wの大光量
  • クアッドパネルの小型ランタン
  • 大容量の51L
  • ホイールつきの大容量クーラーボックス
  • 大型タイヤでデコボコ道も平気
  • 3つのレイヤーで4シーズンに対応
  • 初心者でも簡単に張れるタープ
  • 価格
  • 17378円(税込)
  • 16000円(税込)
  • 3218円(税込)
  • 10780円(税込)
  • 6700円(税込)
  • 3817円(税込)
  • 18230円(税込)
  • 7556円(税込)
  • 28800円(税込)
  • 10250円(税込)
  • 13111円(税込)
  • 10593円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 種類
  • テント
  • タープ
  • ドライバッグ
  • ボストンバッグ
  • チェア
  • チェア
  • ランタン
  • クアッドマルチパネルランタン LED
  • クーラーボックス
  • ホイールクーラー
  • キャリーワゴン
  • 寝袋
  • タープ
  • サイズ
  • 約325x230x200(h)cm
  • 約300X300X225cm
  • 約40x95cm
  • 32x65x31cm
  • 使用時:約61×70×98cm・収納時:約25×15×89cm
  • 約87x52x77cm
  • 約16x31cm
  • 約14.5x23.5(h)cm
  • 約60x42x41(h)cm
  • 約58x46x45(h)cm
  • 使用時:約106×53×100cm 収納時:約18×40×77cm
  • 約90x200cm
  • 約460x435x高さ230cm
  • 重さ
  • 約6kg
  • 約15.5kg
  • 770g
  • 約3.5kg
  • 3.7kg
  • 約5.5kg
  • 約1400g
  • 約1200g
  • 7.5Kg
  • 約7kg
  • 11kg
  • 4.9kg
  • 約7.6kg
  • 特徴
  • 前室
  • 高さ切り替え
  • 防滴
  • 大型2輪キャスター
  • リクライニング・降りたたみ
  • 耐荷重100kg
  • ホワイトガソリン使用
  • LED
  • 大容量51L
  • タイヤつき
  • 折りたたみ式
  • 3つのレイヤーを組み合わせて使う
  • 簡単設営

ダサいわけではない!おしゃれな女子向けもある

コールマンはアウトドアブランドなので、耐久性のあるタフなデザインをイメージしそうですが、リュックの種類も豊富で女子向けもあります。おしゃれな柄物デザインやピンク・レッドなどのカラーも揃っています。

 

容量も20~33Lにすればタウンユースでも違和感はありません。また15Lのキッズ用リュックでもベルトを調整すれば大人の女性でもサイズが合うので、1度試してみるのもいいでしょう。以下の記事では「レディースリュックの人気おすすめランキング30選」を紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

まとめ

アウトドアシーンの必要なグッズが何でも揃うコールマンについてご紹介しました。コールマンはアメリカの定番アウトドアショップブランドとして、国内の実店舗も多く見つかります。実際に商品を見て触って購入を決めるのもおすすめです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【おしゃれリュックも紹介】

大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【おしゃれリュックも紹介】

バッグ
アウトドアグッズの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!】

アウトドアグッズの人気おすすめランキング15選【2021年最新版!】

アウトドアグッズ
【2021年最新版】アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選

【2021年最新版】アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選

アウトドアチェア・ベンチ
ドッペルギャンガーの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

ドッペルギャンガーの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

アウトドアグッズ
【2021年最新版】防水バッグの人気おすすめランキング19選【ビジネスシーンでも活躍】

【2021年最新版】防水バッグの人気おすすめランキング19選【ビジネスシーンでも活躍】

バッグ
【2021年最新版】anelloのリュックの人気おすすめランキング15選【マザーズバッグも】

【2021年最新版】anelloのリュックの人気おすすめランキング15選【マザーズバッグも】

バッグ