Visaクレジットカードの人気おすすめランキング27選【2020年最新版】

記事ID8230のサムネイル画像

Visaクレジットカードは他の海外ブランドとはどのような違いがあるのでしょうか。また、Visaカードでも会社によって違いがあります。セキュリティや還元率など気になる部分がたくさんありますよね。そこで、今回は人気ランキング形式でVisaクレジットカードについてご紹介します。

Visaクレジットカードを作ってみよう!

様々な場所で使える便利なVisaカードも、どの会社で作ったらよいのか悩みますよね。

 

Visaだけでも2700種類以上のクレジットカードが流通しているのです。

 

そこで今回はVisaクレジットカードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

Visaクレジットカードの特徴とメリット

Visaは世界で定番のクレジットカード。世界各国に多くの加盟店があり、日本国内でもほとんどのお店がVisaの支払いに対応しています。セキュリティも優れているのが特徴なので、一枚は持っておきたいクレジットカードです。

 

ここでは、Visaクレジットカードの特徴とメリットを紹介しているので、Visaカードを作ろうか考慮している人は参考にしてください。

世界中で使える

Visaカードは世界中でトップシェアを誇るクレジットカードブランドです。決済の50%以上がVisaで行われており、発行枚数は20億以上。また、世界200カ国、3000万店以上の加盟店があり、国内外ともVisaカードがあれば、現金がなくても生活していけるほどです。

 

Visaブランドは、アメリカのバンク・オブ・アメリカが、1958年に消費者向けの「BankAmericard」というクレジットカードを作ったことが始まりです。「Visa」に名称が変更されたのは1976年。

 

Visaは世界中の企業と提携し、多くの人が便利なサービスを使えるシステムを作っています。海外では「Visa」か「Plus」マークのあるATMでキャッシングすることが可能なので、現地通貨を簡単に手に入れることができます。

 

日本でVisaブランドは銀行系のカードに多く、三井住友が日本で最初のVisaカードを発行しています。

ブランド対応会社数が多い

Visaカードの特徴は対応している会社が多く、クレジットカードを作る際は、選択肢にVisaが含まれているものが多く見られます。Visaは世界中に加盟店が多く、利用シーン自体が多いことが理由でしょう。

 

世界200カ国、3000万店以上の店でカード決済することが可能。ほかの国際ブランド、「JCB」や「MasterCard」も世界中で使うことができますが、使える店舗の多さではVisaに及びません。

 

日本国内シェアも高く、どこに行ってもクレジットカードの決済が必要な場所で使うことができます。クレジットカードを一枚だけ持つのなら、Visaカードにしておくと便利です。

セキュリティが優れている

Visaカードはセキュリティにも力を入れています。ネットショッピングでの決済時には、裏面のセキュリティコードを入力する必要があり、クレジットカード番号が不正に利用されていないかどうかの確認をしています。

 

三井住友のインターネットサービス「Vpass」は、カード決済のセキュリティを強化しており、ネットショッピングの本人確認パスワード、ワンタイムパスワードを導入しています。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

三井住友

三井住友VISAクラシックカード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リボ払いが気軽にできる

国内のVisaカードの定番のひとつ、三井住友VISAクラシックカードをご紹介します。 銀行系カードとしての信用力も高く、学生も社会人も持っておいて損はないおすすめの一枚。

 

一般向けのこちらのカードは審査もそれほど厳しいわけではなく、200万円程度の継続収入があれば通過できるとされています。

 

年会費は、インターネット申し込みで初年度のみ年会費無料。また、「マイ・ペイすリボ」登録とカード利用で翌年度以降も年会費無料となるお得なサービスも見逃せません。

 

マイ・ペイすリボとは、ショッピングの支払いが自動的にリボ払いになるという便利なサービス。毎月の支払い金額も自分で決めることができるので、マイペースでの買い物ができます。

 

また、最短2営業日とスピード発行に対応しているので急ぎの人にも便利なカードです。 ほかにも三井住友VISAクラシックカードには、様々なポイントアップサービスがあります。

 

コンビニ3社とマクドナルドでのカード利用でポイント5倍、ポイントUPモール経由でポイント20倍、買い物金額に応じてボーナスポイントが付与されます。

 

このように、日常のお買い物で三井住友VISAクラシックカードを使うことにより、どんどんお得にポイントが貯まるシステムになっています。

セキュリティ還元率0.50%~2.50%
特典初年度年会費無料

三井住友Visaカードの人気おすすめランキング5選

5位

三井住友

三井住友VISAアミティエカード

三井住友で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯・PHS利用料のポイントが倍に

三井住友VISAアミティエカードは、三井住友が発行する女性向けのクレジットカードです。携帯・PHS利用料のポイントが2倍になるサービスは、おしゃべりが好きな女性にとって嬉しいサービス。

 

また普段よく利用するセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで買い物をするとポイントが5倍になるため、コンビニやマックが好きな人は要チェックです。また年に一度でもお買い物をすると次年度の年会費が無料になるというサービスもあります。

 

海外旅行の傷害保険が最高2,500万円までと手厚い保障となっており、傷害死亡・後遺障害保険、病気やケガの治療、賠償責任、携行品損害など、万一のトラブルの際も充実したサポートを受けることができます。

 

インターネットで申し込むことにより初年度の年会費が無料に、また翌年からも条件次第で無料になるから、使い方次第でかなりお得に使うことができるおすすめのカードです。家族会員は年会費が400円という低価格なのも見逃せません。

セキュリティ還元率0.50%~2.50%
特典携帯・PHS利用料のポイントが2倍
4位

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20代専用のゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカードは三井住友が発行する20代専用のゴールドカードです。国内主要空港のラウンジが無料で利用可能になり、旅行の際の待ち時間もリラックスして過ごせます。また、家族会員も家族特約で海外旅行傷害保険が付くというサービスも。

 

年会費が1,620円かかりますが、初年度は無料という嬉しいサービスも。さらに、翌年度以降もWEB明細書に加えてマイ・ペイすリボコースに登録することで、継続して年会費がかかりません。ポイント付与なども考慮すると、実質の年会費はかからないといえます。

 

マイ・ペイすリボは、買い物すると同時に分割払いが設定されるという便利なサービス。利用代金明細書が届いてからも月の支払い金額を決められるから、買い物内容と月の収支によって返済計画を立てることができます。

セキュリティ還元率0.50%~2.50%
特典家族特約
3位

三井住友

三井住友VISAゴールドカード

三井住友で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

健康相談のドクターコール24が利用可能

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友が発行するお得なサービス満載のクレジットカードです。特に医療サービスが充実しており、普段生活での健康相談が24時間年中無休で利用可能。医師や看護師などの専門スタッフが対応しているので、詳しいことも聞けます。

 

ほかにも国内主要空港の空港ラウンジを利用することができます。また、宿泊の予約は厳選された施設が利用できるシステム「Relux(リラックス)」を3,000円オフで利用できます。退職後の家族旅行や夫婦の旅行をゆったりと過ごすことができるでしょう。

 

ミドル以降の年代におすすめで、健康不安も解消されリラックスした状態で普段の旅行やレジャーを楽しむことができます。毎年のカード利用金額に応じて、ボーナスポイントが付与されるから、普段の支払いもクレジットカードにしてしまうとさらにお得です。

セキュリティ還元率0.50%~2.50%
特典国内主要空港の空港ラウンジが無料
2位

三井住友

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての銀行系カードにおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカードは三井住友が発行する25歳までのクレジットカードです。初めてクレジットカード持つ人にわかりやすくシンプルな機能で使いやすくなっています。年会費も無料。翌年も年一回の利用で無料になるからどんどん使ったほうがお得です。

 

通常お買い物の合計1,000円ごとに1ポイント貯まるポイントですが、三井住友VISAデビュープラスカードは2ポイントになるという特典があります。また、ポイントアップモールを経由するだけで、通常の20倍ものポイントが得られるシステムになっています。

 

満26歳になったら三井住友VISAプライムゴールドカードへランクアップされます。更新時にはワールドプレゼントのポイントが200ポイントもらえるというサービスも。銀行系カードの代表である三井住友カードの最初の一枚として、大変おすすめです。

セキュリティ還元率1.00%~1.50%
特典初年度年会費無料
1位

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本人の顔写真入りで安全性が高い

三井住友VISAクラシックカードAは、クラシックカードの基本機能に加えて本人の顔写真が裏面に入る安全性の高いクレジットカードです。カードの不正利用が減るので、セキュリティに配慮したい人にはたいへんおすすめ。

 

「iD」一体型なので、いちいちチャージする手間も省けます。読み取り機にさっとかざすだけで、小額の支払いも完了。コンビニやドラッグストアでも小銭いらずで必要なものが購入できます。

 

セブン、ファミマ、ローソン、マクドナルドで利用するとポイントが5倍に。普段よくコンビニを利用する人はどんどんポイントが貯まります。

セキュリティ還元率0.50%~2.50%
特典ポイントアップ

楽天Visaカードの人気おすすめランキング5選

5位

楽天

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空港でプライオリティ・パスが使える

楽天プレミアムカードは、楽天が発行するクレジットカード。楽天でのお買い物が常時ポイント5倍になるという大きなサービスが特徴。さらに世界1,200か所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスが無料で発行されるといった特典もあります。

 

また、国内、海外の旅行傷害保険が最高5,000万円という充実したサービス。海外での盗難や病気、怪我などの非常時も適切なサポートがあり、安心して旅行を楽しむことができます。旅行好きの人にはおすすめのカードで、長期の滞在にも心強いでしょう。

 

「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」と、3つのサービスが用意されているので、自分のライフスタイルに合わせて最適なサービスを選ぶことができます。どのコースも毎日の生活に合わせた普段使いに嬉しいサービスがそろっています。

セキュリティ還元率1.00%~5.00%
特典世界の空港ラウンジを利用
4位

楽天

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

会社経営者やフリーランスにおすすめ

楽天ビジネスカードは、楽天が発行するビジネスのサポートが充実しているクレジットカードです。振込コストの削減や経費の支出をまとめて管理することができるので、個人事業主や会社経営者におすすめの一枚。これまで面倒だった会計が楽になります。

 

楽天プレミアムカードの追加カードでもあるため、お誕生日月には大変お得なサービスが。楽天市場・楽天ブックスで買い物をすると楽天スーパーポイントが通常の5ポイントにプラスされて、1%アップされます。

 

貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルなどで1ポイント1円で利用可能。クレジットカードもお買い物も楽天で統一すると、総合的にお得なサービスになるでしょう。年会費は2,200円かかりますがそれ以上のサービスが確実に受けられるカードです。

セキュリティ還元率1.00%~5.00%
特典振込コストの削減
3位

楽天

楽天PINKカード

楽天PINKカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性の生活を応援するカード

楽天PINKカードは、楽天が発行する女性のサービスが充実しているクレジットカードです。「女性特定疾病補償プラン」では乳がんなどの女性特有の病気の際には手厚い補償が受けられるため、カード選びに迷っているのなら押さえておきたい商品です。

 

海外旅行傷害保険も充実しており、旅行代金を楽天PINKカードで支払えば、海外旅行の傷害保険が最大2,000万年に。知り合いのいない海外で、病気や怪我になったとき安心のサポートが受けられるので、旅行をより楽しむことができます。

 

楽天グループの割引クーポンや楽天スーパーポイントのプレゼントなどを330円毎月払うだけで、お得に利用することができます。かわいいパンダデザインやディズニーデザインでカードを使うたびにほっとするでしょう。

セキュリティ還元率1.00%~3.00%
特典女性のための保険
2位

楽天

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外旅行でレンタカーサービスを

楽天ゴールドカードは、楽天が発行するお得なゴールドカード。楽天市場でのお買い物が常時ポイント5倍になるというサービスが。また、楽天アプリや楽天モバイルの利用で11倍になるのは大きなメリット。ポイントはマイルにも交換できるので、旅行費用にもなります。

 

国内で人気のハワイ旅行では、ハワイのホノルル国際空港の空港ラウンジが利用できます。韓国仁川国際空港の空港ラウンジと合わせて年2回まで無料に。ゴールデンウィークや夏休みを利用して、ハワイ旅行をよくする人はチェックしておきましょう。

 

ほかにも、海外でのレンタカーサービスもお得に利用できます。世界10,300カ所もの拠点をもつハーツレンタカーが10%OFFで利用可能。また、海外で必要なWi-Fiルーターレンタルサービスも15%OFFで利用できるという至れり尽くせりのサービスが見られます。

セキュリティ還元率1.00%~5.00%
特典空港ラウンジ
1位

楽天

楽天カード

楽天カードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国内シェアナンバーワン

楽天が発行する楽天カードは、国内シェアを急速に伸ばしているクレジットカードです。これまでは、三井住友や三菱UFJニコスなどの銀行系カードの人気が高かったのですが、2017年以降はIT系の楽天がトップに躍り出ています。

 

人気の秘密は高還元率常時1%という割合は魅力で、楽天でのお買い物では3倍。ネット不正あんしん制度もあり、ネットショッピングの安全性にも配慮しています。

 

審査基準も低く学生やフリーターでも申し込みやすい楽天カード。また、年収に関係なく持っている人が多いのもこのカードの特徴です。

セキュリティ還元率1.00%~3.00%
特典お買い物マラソン

学生が使えるVisaカードの人気おすすめランキング7選

7位

JR東日本

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Suicaのオートチャージが可能

ビックカメラSuicaカードは、JR東日本が発行するクレジットカードです。通勤通学だけでなく、コンビニや駅ビル、自販機やレストランと普段で使えるシーンが多くあります。

 

ビックカメラでの使用で10%のビックポイント、Suicaをクレジットチャージすると1.5%還元されるから、通学でSuicaを使用している人や普段からビックカメラを頻繁に利用している人はお得なサービスが満載です。

 

524円の年会費は初年度無料。Suicaのオートチャージ機能がついているから、チャージし忘れて改札がふさがることがありません。貯まったビックポイントがSuicaに交換できるのも嬉しいサービスです。

セキュリティ還元率0.50%~10.00%
特典ビックカメラの利用で10%のビックポイント
6位

エポスカード

エポスカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遊園地やカラオケで優待が受けられる

エポスカードは、株式会社丸井グループの子会社が発行しています。このため、マルイやモディでお得なサービスが受けられるのが特徴。年4回開催される「マルコとマルオの7日間」ではすべての商品が10%オフになるといった嬉しいサービスもあります。

 

映画館やレストラン、カラオケ、遊園地など、学生がよく利用するレジャー施設での優待が受けられるのが特徴です。その数は10,000以上と多く、全国で便利に使うことができます。また、エポスカードと提携している店ならボーナスポイントをもらうことができます。

 

年会費無料でありながら、海外旅行の傷害保険が充実しているのも見逃せません。旅行やホテルの予約もお得でポイントが最大6倍になるサービスも。また、楽天市場の一部のショップでは、最大30倍のポイントサービスを受けられます。

セキュリティ還元率0.50%~1.25%
特典海外旅行保険
5位

楽天

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天カードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイルと楽天スーパーポイントを選べる

楽天ANAマイレージクラブカードはANAが発行する国際ブランドVisaと提携しているカードです。特徴はライフスタイルに合わせて、「ANAマイルコース」と「楽天スーパーポイントコース」が選べるということ。旅行好きな人はANAマイルで旅費を浮かせましょう。

 

楽天Edy機能と楽天ポイントカード機能がひとつになった便利な一枚。普段のコンビニなどでの支払いは、カードをかざすだけで決済が終了する便利な電子マネーをクレジットカードで利用することができます。貯まったポイントは楽天加盟店での使用が可能。

 

マイルは、ANA・スターアライアンス加盟店各社のフライト予約や、提携ホテルやレンタカーを利用することで効率よく貯めることができます。搭乗手続きをせずに保安検査場へ進める「スキップサービス」は、ゴールデンウィークや年末などの混雑時には大変便利です。

セキュリティ還元率1.00%~3.00%
特典ANAマイル
4位

NTTドコモ

dカード

dカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100円につき1ポイントの高還元率

dカードは、NTTドコモが発行する学生におすすめのカードです。一番のメリットは還元率の高さ。ローソンやファミリーマート、マクドナルドなど、dカード対象店なら利用金額100円につき1ポイントが付与されます。

 

購入日から一年以内のケータイ補償も魅力。ケータイをなくしたり壊しやすいという人には大変おすすめのクレジットカードです。

 

貯まったポイントはJALマイルに交換したり、Pontaポイント・商品券などに交換できます。また、携帯電話の機種変更や部品交換の際にポイントを使うことも。ポイントアップモールの経由や、特約店での利用で、通常ポイントとは別のポイントも得られます。

 

 

セキュリティ還元率1.00%~4.00%
特典ローソンで最大5%おトク
3位

ライフカード

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外での買い物で5%のキャッシュバック

学生専用ライフカードは、株式会社ライフカードが発行する18歳以上25歳以下の学生が対象のクレジットカードです。卒業後は、ライフカードに自動更新されますが、年会費が永年無料なので、学生時代に作っておくとお得です。

 

特徴は海外でお買い物をしたときに、総額の5%がキャッシュバックされるというシステム。また、学生の間のみ海外旅行の傷害保険が最高2,500万円になるという手厚いサービスもあります。

 

海外へ出かける学生にはお得なクレジットカードで、年間50万円の利用でスペシャルボーナスも付与されます。年会費がかからないのにお得なサービスが満載で、学生時代の生活が充実しそうです。

セキュリティ還元率0.50%~1.00%
特典海外の買い物でキャッシュバック
2位

三井住友

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAクラシックで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

26歳になったらプライムゴールドカードへ切り替え

三井住友VISAデビュープラスカードは三井住友が発行する25歳以下限定の学生や新社会人にぴったりのクレジットカードです。満26歳になったら「プライムゴールドカード」へランクアップされるので、学生のうちに加入しておくと大変お得です。

 

年会費がかかりますが年一回でもカードの利用があれば、次年度も無料に。年会費を払いたくないという人におすすめで、食費や電気、ガス、水道など日々の支払いをすべてクレジットカードにしておくだけで、手間もかからずポイントも貯まっていきます。

 

通常、カード利用金額の合計1,000円ごとに1ポイント貯まるワールドプレゼントポイントですが、三井住友VISAデビュープラスカードなら2倍の2ポイントになるという充実したサービス。さらに入会後3ヶ月間はポイントが5倍になるというのも見逃せません。

 

銀行系カードをお得に持ちたいという人には大変おすすめのカードです。

セキュリティ還元率0.50%~2.50%
特典1.00%~1.50%
1位

楽天

楽天カード

楽天カードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電子マネーのEdyが使える

楽天が発行する楽天カードは、年会費無料に加えて高還元率が魅力の学生にぴったりのカードです。常時1%のポイントが楽天の利用で3倍に。ETCカードでも100円につき1ポイント貯まるのでかなりお得です。

 

インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても補償してくれるネット不正あんしん制度で、誰でも不安なくネットショッピングが楽しめます。

 

プリペイド型電子マネー「Edy」が搭載されており、チャージすることで読取機にタッチするだけで支払いが完了します。

セキュリティ還元率1.00%~3.00%
特典楽天での買い物でポイント3倍

以下の記事では学生向けのクレジットカードを紹介していますので、はじめてカードを作るという人はぜひチェックしてみてください。

年会費無料のVisaカードの人気おすすめランキング7選

7位

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家計管理に強いカード

セディナカード Jiyu!da!は、が発行する年会費無料で多くのサービスが受けられるお得なクレジットカードです。セブン-イレブン、ダイエー、イオンでカードを利用するとポイントが3倍に。貯まったポイントは、様々な商品や商品券と交換することができます。

 

さらに家計管理にも強いのがこのカードの特徴。毎月の支払いを5,000円から変更することができるので、無駄遣いすることがなくなります。日々のお買い物の金額を決めて、使いすぎることなく効率よくポイントが貯まっていきます。

 

旅行のプレゼントもあり、毎月抽選で150名に海外旅行、国内宿泊は100名というサービスも。カード利用金額によって、抽選回数が変わるのでどんどん使えば使うほどチャンスが広がります。家庭の主婦の人はもちろん、独身者にもおすすめの一枚です。

セキュリティ還元率0.50%~1.50%
特典セブン-イレブン、ダイエー、イオンで利用するとポイント3倍
6位

イオン

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポイントはLALマイルに交換できる

イオンカードは、イオンが発行する流通系のクレジットカードです。イオンはお買い物の際に、ときめきポイントがたまり、商品やサービスと交換できるというシステム。また、電子マネーWAONのオートチャージにも利用できます。

 

イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15%になったり、公共料金の支払いで毎月5WAONポイントが付与されるため、振込関係をすべてイオンでまとめるとお得になります。

 

貯まったポイントはLALマイルに交換できるのも魅力です。また、優待加盟店での利用で、ときめきポイントが倍増するサービスも見られます。イオン、イオンモール、マックスバリュ、ダイエーなど、イオンのグループ店を毎日使うのならおすすめの一枚です。

セキュリティ還元率0.50%~1.33%
特典イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15%
5位

EPOS

エポスカード

エポスカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルイやモディでお得

エポスカードは、株式会社丸井グループの子会社が発行するクレジットカード。特にマルイとモディでのお買い物にメリットがあり、年4回開催される「マルコとマルオの7日間」ではすべての商品が10%オフになるというサービスを受けられます。

 

レストランやカラオケ、遊園地など、学生が楽しめる場所で優待を受けられれるのも特徴です。

セキュリティ還元率0.50%~1.25%
特典マルイやモディでお得
4位

セゾン

出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラスで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライバーにお得なカード

セゾンが発行する出光まいどプラスは、ガソリンスタンドでのガソリン給油が1リットルにつき2円引きになるというお得なサービスがあります。灯油も1円引きで、利用金額が多いほど来月の値引き割合も増えるという仕組みになっています。

 

入会特典としてガソリンや灯油、軽油がさらに安い価格で利用できるから、日々の通勤で車が欠かせないという人にはおすすめのクレジットカードです。

セキュリティ還元率0.50%
特典ガソリン値引き
3位

NTTドコモ

dカード

dカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケータイを壊しやすい人におすすめ

dカードは、NTTドコモが発行する便利なクレジットカードです。dカード対象店なら利用金額100円につき1ポイントが付与。ローソンやファミリーマート、マクドナルドなど、普段の生活で利用するお店が多いので、効率よくポイントが貯まります。

 

ケータイ補償もあり、購入日から一年以内なら、万が一の故障・紛失の際には、最大1万年が支払われます。

セキュリティ還元率1.00%~4.00%
特典ローソンで最大5%おトク
2位

セゾン

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

永久不滅ポイントでポイント期限がない

セゾンカードインターナショナルは、セゾンが発行する年会費無料のお得なクレジットカードです。特徴はポイントの期限がない永久不滅ポイント。せっかくポイントを貯めても、うっかり期限切れで使えないということがありません。

 

また、日々の買い物以外でも、口コミ投稿、アンケートの回答などで永久不滅ポイントを得ることができます。セゾンポイントモールを経由することで、最大30倍のポイントアップをすることが可能。

 

ETCカードや家族カードも発行することができるので、幅広い用途に使えるおすすめの一枚です。

 

セキュリティ還元率0.50%
特典永久不滅ポイント
1位

楽天

楽天カード

楽天カードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポイントがどんどん貯まる

国内シェアの高い楽天カードは、楽天が発行する高還元率のカードです。お買い物は常時1%のポイントが付与され、楽天でのネットショッピングでは3倍になるというサービスも。

 

また、ポイントアップキャンペーンも多く、お得にポイントを貯めることができるチャンスが多いクレジットカードです。

 

また電子マネーの「Edy」機能が搭載されており、あらかじめチャージしておくと、加盟店で読み取り機にタッチするだけの支払いが完了します。

セキュリティ還元率1.00%~3.00%
特典ポイント還元率常時1%

Visaゴールドカードの人気おすすめランキング3選

3位

アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレスで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個人事業主や法人代表者向けビジネスカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行する、ビジネスに特化しているクレジットカードです。大きな魅力は臨時・不測の出費時でも柔軟に支払い可能であること。起業1年目でも申込可能で心強い見方です。

 

コスト管理にも優れており、3ヵ月ごとの利用記録を集計した「四半期ご利用集計」と「四半期ご利用明細」を利用可能。また経費にもポイントが付与され、メンバーシップ・リワードでは、100円=1ポイント換算となるため、取引カードに指定すると大変お得に。

 

また、出張サービスも充実しており、国内外の空港ラウンジがプラス一名まで無料で利用できます。さらに旅行代金をカードで支払うと、旅行傷害保険が最大1億円という高額に。貯まったポイントはANAマイレージクラブに1,000ポイント単位で移すこともできます。

セキュリティ還元率1.00%
特典ビジネス経費の管理
2位

楽天

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポイントが最大11倍

楽天ゴールドカードは、楽天が発行するゴールドカードです。最大の魅力は、楽天市場でのお買い物は常時ポイントが5倍になるということ。さらに、楽天市場アプリの利用でプラス1倍、楽天モバイルの利用でプラス2倍となるため、11倍のポイントアップサービスが可能。

 

また、ハワイホノルル国際空港や、韓国仁川国際空港の空港ラウンジを年2回まで無料で利用できます。海外レジャーで人気の高い地域であるハワイ旅行は毎年欠かせないという人には大変おすすめ。出発前のひと時をゆったりリラックスして過ごすことができます。

 

また、実店舗での利用も可能で、楽天ポイントカード加盟店では、現金のかわりに楽天スーパーポイントでの支払いをすることもできます。年会費が2,200円かかりますが、トータルで考慮すると大変お得なサービス内容であることが分かります。

セキュリティ還元率1.00%~5.00%
特典
1位

NTTドコモ

dカード GOLD

dカード GOLDで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドコモユーザーなら大変おすすめな1枚

dカード GOLDは、NTTドコモが発行する高還元率のお得なクレジットカードです。提携店のマツモトキヨシ、高島屋、タワーレコードなどではポイントが2%というところもあるので、チェックしておきましょう。

 

ドコモのケータイ/「ドコモ光」の支払いなら1,000円につき10%のポイントが還元されます。またポイントアップモールを経由すると10倍という場合もあるので見逃せません。普段の生活でポイントを効率よくためたい人には大変おすすめなクレジットカードです。

 

さらにケータイ保障も充実しており、3年間で最大10万円が支給。ケータイをよく壊すという人には心強いシステムです。また、貯まったポイントはドコモのケータイ料金に当てることができ、ローソンやマクドナルドなどでも使えます。

セキュリティ還元率1.00%~4.00%
特典最大10万円のケータイ補償

visaクレジットカードの選び方

国内だけではなく、海外でも便利なVisaクレジットカードは各会社から様々出ています。初めてクレジットカードを選ぶという人は迷ってしまいますね。そこで、ここではVisaクレジットカードの選び方について簡単にご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ブランドで選ぶ

Visaカードの代表的なブランドをご紹介します。銀行系の三井住友とIT系の楽天、通信系のドコモdカードと3つの主要なクレジットカードをチェックしておきましょう。一枚に絞るのではなく、併用して持つことも可能です。

三井住友

銀行系のクレジットカードを作るのなら三井住友を押さえておきましょう。

 

三井住友は日本で最初にVisaカードを発行したパイオニア的存在。カード会社としての歴史もあり、セキュリティ面にも力を入れている信用の高いブランドです。Visaだけでなく、MasterCardや中国銀聯とも提携し、多くのカードを発行しています。

 

発行しているカードの種類も多く、一般カードからプラチナカード、学生カードまで様々選ぶことができます。すべてのカードに「マイ・ペイすリボ」が使えるので、急な出費でも困ることなく安心して過ごすことができます。

 

楽天

IT系のクレジットカードとして代表的なブランドが楽天です。ネットショッピングで幅広く多くの人に利用されている楽天市場を運営していることでも知られており、楽天クレジットカードの利用でポイントが倍増するシステムになっています。

 

通信キャリアへの参入も知られており、今後携帯電話サービスと合わせてクレジットカードを利用することで大きなサービスを受けられる可能性も高いでしょう。国内のVisaカードで最も発行数が多く、ポイント還元率が高いことでも知られています。

dカード

dカードはNTTドコモが発行するクレジットカードで、通信系カードの代表です。ドコモのユーザーなら大変おすすめな一枚で、ドコモのケータイ/「ドコモ光」の支払いなら1,000円につき10%のポイントの還元が受けられるという手厚いサービスが見られます。

 

国内での提携店も多く、カードの利用でポイントがアップ。貯まったポイントは、ドコモの携帯料金に当てられるなど、ドコモで回線契約しているユーザーには大変お得なシステムになっています。

機能付きのものを選ぶ

キャッシングやJALマイル、家族カードの追加など、クレジットカードには様々な機能があります。自分の一年間の行動を考えてみて、お得なサービスを受けられるカードを選びましょう。ここでは、Visaカードの機能についてご紹介しています。

キャッシング機能

急な出費でお金が必要になったときに、ATMやCDで現金を融資してもらえるシステムをキャッシングといいます。数万円からの借入が可能で、限度額が個人で決められています。

 

金利は普通の銀行ローンなどと比べて高いことが特徴。翌月一括払いは元金と手数料を一括で返済するので、金利を抑えることができます。リボ払いにすると高い金利を払うことになるので、計画的な借入がおすすめです。

 

いざというときにキャッシングできる機能があると大変助かるので、クレジットカードの機能にプラスされていると安心です。

JALマイルがたまる

クレジットカードでマイルを貯めるのならANAよりJALマイルがおすすめです。クレジットカードで航空券を購入しても直接マイルを貯めることができないのがその理由。

 

貯まったクレジットカードポイントをANAマイルに高還元率で交換するためには、別途年会費がかかることもあるので注意が必要です。

 

JALマイルが貯まるクレジットカードは、Orico Card THE POINT、dカード、JCB CARD Wなどで、マイルのほかにも様々なサービスが受けられます。

カードが追加できる

カードを作った本人以外に、家族分のカードを追加することができるサービスもあります。家族カードは年会費が安く、中には無料となるカードも見られます。

 

また、家族が学生の間のみ無料という場合もあるので、現在お子さんが数人いるという人は、トータルで見てお得となることも。家族全員がクレジットカードを持つのなら、家族カードのサービスを利用することをおすすめします。

 

またETCカードなどを別にプラスすることも可能。クレジットカードとは別に発行されるので、数枚のカードを使えることになります。

色・ランクで選ぶ

クレジットカードのランクは大きく分けて、一般、ゴールド、プラチナ、ブラックと分かれています。初めてクレジットカードを作る人は、年会費が無料の一般カードがおすすめ。作ったけどほとんど使わない場合もあるため、学生などの最初の一枚として最適です。

 

金色が多いゴールドカードは年会費が1万円程度であることが多く、一般カードより割高だと感じることもあります。しかし、ポイント還元率も高く、様々なサービスを受けられるので、トータルで見るとお得なことがほとんど。しかし審査が厳しいこともあります。

 

プラチナカードは年会費が5万円程度かかるものもあり、カード会社からの招待制となるものもあります。サービスも充実しており、世界の空港ラウンジが利用できたり、旅行傷害保険の額も桁違いに増えるのが特徴。審査がかなり厳しいことで知られています。

 

ブラックカードは限られた有料会員のみが持つことができるクレジットカード。プライオリティ・パスの無料申し込みなどプラチナにはない優待サービスもあります。医療サービスが充実しており、電話での健康相談があるものも見られます。

学生向けのものを選ぶ

学生向けのVisaカードもあります。主婦や学生など、収入がなくても世帯主の家族カードで加入することも可能。直接申し込んだ場合も収入の審査がゆるく、世帯主の年収で判断されます。

 

また学生向けのサービスが多く、入会後数ヶ月間はポイントが倍増したり、学生がよく利用する店舗やサービスと連携いているものが多く見られます。

 

学生向けは対象年齢が25歳以下などに限定されていることが多いので、しっかりチェックしましょう。20代限定など、学生から社会人になっても使い続けられるカードもあります。

引き落とし方法の種類で選ぶ

Visaカードは様々な引き落とし方法が設定されいるので、自分の収入に合わせて支払うことができるものを選びましょう。一括で返すことが理想ですが、何回かに分けて返したいときは、分割かリボ払いを選ぶことができます。

様々な引き落とし方法に対応しているものを選ぶ

カードでお買い物をすると、一括払いや分割払い、リボ払いのどれかで支払いをすることになります。この引き落とし方法が定められているカードもあるため、万が一のことを考慮して多くの支払いに対応しているものがおすすめです。

 

一括はその名の通り、来月に一回で代金が引き落とされること。分割払いは支払い方法を自分で決めて、計画的に返済することができます。

 

リボ払いは分割払いと似ていますが違います。リボ払いはどんなに高額な商品を購入しても月の支払い金額が決められているので、手元に大きなお金がない場合も買い物をすることができます。

 

専用の引き落とし方法のものを選ぶ

クレジットカードによっては引き落とし方法が固定されているものもあります。三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は、カードを利用すると自動的にリボ払いになるシステムです。

 

リボ払いはどんなに高額な商品を購入しても毎月の返済額が一定になるため、大きな出費を防ぐことができるのがメリットです。

 

しかし、支払い総額が大きくなるため、トータルでの手数料も高くなります。支払残高によって毎月の返済金額が変わる、残高スライド方式というやり方もあります。どちらがよいかは自分の収入や返済方法を考慮してよいほうを選びましょう。

Visaクレジットカードを利用する際の注意点とは?

Visaクレジットカードを利用する前に、基本的な注意事項をチェックしておきましょう。特にセキュリティには配慮して、署名は他人が真似できないよう手書きの文字を入れましょう。

 

英文字より漢字などの難しい署名のほうが、コピーされる確立が減ります。ここでは、クレジットカード利用の注意点を紹介しています

カードを使う前に

Visaクレジットカードを使うときの注意点を紹介します。まず、カードが届いたら裏面の署名の欄に自分のサインを書きましょう。人が真似することができない、自分だけの筆跡で書くことがセキュリティの面でも安心です。

 

次に磁気不良がおきないよう、カードを大切に扱うこと。カードの交換は結構時間がかかるので最初からカードケースに保管するなど、工夫してみましょう。

 

次は、トラブルが起こらないよう他人に貸さないこと。つい家族や友人には渡してしまいそうですが、クレジットカードは大金を使うことができるため、安易にならないほうがよいでしょう。

 

分割やリボ払いは計画的に

手元にお金がなくてもお買い物ができる便利なクレジットカードですが、分割やリボ払いを設定するときは、無理のないよう計画的に行うことが大切です。分割は自分で支払い回数を決められますが、リボ払いは常に一定の金額のみ毎月支払う便利なシステムです。

 

しかし、どちらも返済期間が長期になると手数料がかさむため、トータルの返済額が増えることになるということを確認しましょう。

海外でのキャッシングは注意して

海外での利用シーンも多いVisaカードですが、ATMで現地通貨をキャッシングする際は、安全面に十分注意しましょう。暗証番号を入力する際は他人に見られないよう配慮し、現金を取り出す際も周囲に人がいないが確認して行いましょう。

 

海外でのキャッシングはその日の為替レートで支払われるため、お得になることもあります。街中のATMで気軽にできるので、思いついたときすぐに現金が手に入るのも便利。治安の悪い海外では、必要なときだけキャッシングして現金を得るのがよい方法のひとつです。

 

後の支払い方法は普段のクレジットカードと同じ。翌月一括で返済すれば、手数料も両替商よりお得となることもあります。

以下の記事は、クレジットカード使用時の注意点を紹介しているので是非ご覧ください。

まとめ

国内も海外も充実したサービスが受けられるVisaカードについて解説しました。最初の一枚を作るなら、Visaカードがおすすめで、店やサービスを選ばずに利用可能。海外での提携店の数も多く、国内も海外もVisaカードがあれば現金がなくても生活に困らないでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ