ほくろ除去クリームの人気おすすめランキング15選【自分でほくろケア】

記事ID8105のサムネイル画像

自分でほくろを除去できるほくろ除去クリーム。実際に気になるほくろを除去できたという報告も上がっています。商品によって除去する仕組みは様々で、種類も多く、どれを選べばよいか迷いますよね。そこで今回は、ほくろ除去クリームのランキングと選び方をご紹介します。

ほくろ除去クリームで気になるほくろを除去!

ほくろを除去するなら病院で施術するのが一般的な方法であり、それなりにお金が掛かりますしハードルが高いです。近年注目を浴びているほくろ除去クリームなら、安価でお手軽に自分でほくろを除去できます。

 

とはいえ、本場のほくろ除去クリームは日本で認可されておらず、外国から輸入品が多いので、安全性や健康面を考慮して自己責任で使用しなくてはなりません。中には、一般的な市販や有名通販サイトで購入できるものもあります。

 

どんな商品がほくろ除去に効果があるのか気になりますよね。そこで今回は、ほくろ除去クリームのおすすめランキング15選をご紹介します。ランキングの基準は、有効成分・効果・安全性の3つになります。

ほくろ除去クリームの人気おすすめランキング15選

15位

DANDYGATE

メンズコンシーラー フェイスマナー

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほくろを隠してくれるメンズ用のコンシーラー

DANDYGATEが販売している「メンズコンシーラー フェイスマナー」は、ほくろやシミ、ニキビ跡、毛穴など気になる部分を”ひと塗り”でカバーして隠すことができます。

 

ほくろを除去できるわけではありませんが、ほくろ除去クリームよりも気軽に安全でおすすめです。通常肌から日焼け肌まで使えて、コンパクトなのもメンズには嬉しいポイント!

内容量20g成分保湿成分など
効果シミ・ニキビ跡・毛穴

口コミを紹介

気になるホクロを取ることを考えてた矢先に
こちらの商品をみつけ購入
手術費用を考えたら
こちらのコンシーラーが何十個も買える計算です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

コモライフ

ビューナ ポツケアゲル

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほくろに似たポツポツを除去するクリーム

ほくろに似ている古い角質によるポツポツに、絶大な効果を発揮するのが、コモライフの「ビューナ ポツケアゲル」という美容クリームです。

 

植物由来の種子エキスで、古い角質のポツポツを綺麗に除去するだけではなく、豊富な保湿成分もたっぷり配合しているので、保湿クリームとしても全身に使用できます。

内容量150g成分ハトムギ種子エキス・アンズ種子エキス
効果古い角質によるポツポツ

口コミを紹介

首、デコルテにポツポツした小さなできものが出来ていて、気になっていたので購入。
使って5日でポツポツが少なくなってきました。このまま使い続けたら無くなるかも。
量も多くたっぷり使えるので良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

WHITH WHITE

痩身ジェル

価格:2,016円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低刺激でメラニンの生成を抑制するピーリングジェル

WHITH WHITEの「痩身ジェル」は、全身に使えるピーリングジェルです。医薬部外品に分類されており、徹底的に美白してくれますが低刺激なので、敏感肌にもおすすめ!

 

とにかく美肌にこだわった化粧品で、プラセンタによりほくろやシミの原因である、メラニン色素の生成を抑制してくれます。

 

ほくろ除去クリームのようにほくろを除去するわけではありませんが、ほくろ対策しながら美肌をみちびいてくれますよ。

内容量250g成分プラセンタ・ヒアルロン酸
効果メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

口コミを紹介

美白効果は始めたばかりなので長く使わないと分かりませんが、
美肌の効果はありそうです笑
ハリなのかツッパリ感なのか出てくるので仕上げに化粧水と乳液は必要かと…
気長に使ってみます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

株式会社dot

Be89

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

妊婦や授乳中の方でも使用可能!

妊婦や授乳中の方でも使えるほくろ除去クリームが、こちらの株式会社dotが販売する「Be89」という商品です。SNSで人気沸騰となり、amazonでもボディクリーム部門で、売れ筋・新着ランニングで1位を獲得しています。

 

有効成分のアルブチンがメラニンの生成を抑えて、トラネキサム酸で肌荒れを防止します。全身に使えるほど安全なアイテムで、古い角質や汚れを除去してくれるので、とってもおすすめですよ。

内容量30g成分アルブチン・トラネキサム酸成分
効果メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

口コミを紹介

デリケートゾーンとひじの黒ずみが気になっていて購入しました。
思ったより小さかったので、すぐ使い切ってしまうかと思いましたが、クリームの伸びがよく、少量で十分。一週間ほどお風呂上りに使用してみましたが、すこしずつ黒ずみが薄くなってきました!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ロート製薬

【医薬部外品】メラノCC

価格:842円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wビタミンでほくろを薄くするほくろ除去クリーム

ロート製薬が販売している「メラノCC」は、美白成分・抗炎症成分・殺菌成分など有効成分が多く配合されており、ほくろを薄くする効果もあると囁かれています。

 

活性型ビタミンCとビタミンE誘導体のWビタミンで、メラニンの生成を抑えることができ、シミやニキビ跡だけではなく、ほくろも薄くする効果に期待できます。

内容量20ml成分活性型ビタミンC・ビタミンE誘導体
効果シミ・ニキビを防ぐ

口コミを紹介

目尻に1cm大のシミが目立ち始め使用を開始。最初の2ヶ月ほどはぜんぜん効果が無く使用をやめていましたが、3ヶ月ほどしてからどんどん薄くなり始め、半年後には全くシミが消えました。効果には数ヶ月程度のタイムラグがある様ですが結果は満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

クロレス

クロレス ボディケアクリーム

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質・安全性が高いほくろ除去クリーム

厚生労働省が認可しているアルブチンや、植物由来のエキスにより、ほくろに働きかけるのが「クロレス ボディケアクリーム」です。

 

ハイドロキノンよりも刺激が少ないのが特徴で、製造にもこだわり国内生産されているので、品質や安全性の高いほくろ除去クリームとして多くの人におすすめです。

内容量30g成分アロエベラ液汁・豆乳発酵液・ヨクイニンエキス
効果デリケートゾーンなどの黒ずみケア

口コミを紹介

柔らかめの白色クリームですが、けっこう保湿力もありますね。塗った感じは普通のクリームです。ピリピリ感やあとから荒れることはありませんでした。
デリケートゾーンにも使えるというほど刺激は抑えているのかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

O.T.C

カソーダ クリーム

価格:1,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強アルカリ性のほくろ除去クリーム

O.T.Cから販売している「カソーダ クリーム」は、ひまし油と重曹を混ぜたクリームであり、強アルカリ性なので刺激が強いですががほくろ除去の効果も強力です。

 

効果があるほくろと、効果がないほくろがありますが、皮膚の表面に近い薄いほくろであれば、クリームを塗り2.3日後にカサブタ状になって除去できるようです。

 

刺激が強く肌のダメージになってしまうので、敏感肌の人にはおすすめできませんが、口コミやレビューではほくろに効果があったという報告が多数あがっているので、実力はホンモノでしょう。

内容量30g成分重曹・ヒマシ油
効果シミ

口コミを紹介

個人差は有るとの事ですが、私のシミはすごーくゆっくりですが薄くなってきてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アンドシーム

ホワイトラッシュHQクリーム

価格:2,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純ハイドロキノンの力でほくろ(メラニン色素)を薄くする!

メラニン色素を薄くするのに効果的である純ハイドロキノンが5%配合されているのが、アンドシームの「ホワイトラッシュHQクリーム」というほくろ除去クリームです。

 

お肌のほくろやくすみ、シミなどが気になりだしたら、ぜひ使って集中ケアしてみてはいかがでしょうか。施術よりもお安く肌にも負担が掛からないのでおすすめです!

内容量15g成分純ハイドロキノン
効果メラニン色素を薄くする

口コミを紹介

数日お休みした後、iHerbで購入したレチノールクリームと一緒に使用しています。気になる部分にレチノールクリームを塗り、その上にベビー綿棒でこちらを塗っています。ハイドロキノンのみの効果ではないと思いますが、2週間くらい経過した頃からシミが薄くなってきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

小林製薬

メンズケシミン乳液

価格:896円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっとり保湿しながらメラニンの生成を抑制!

7位の小林製薬から販売されている「メンズケシミン乳液」は、顔全体のシミを防ぐ、肌がしっとり潤う薬用乳液ですが、メラニンに働きかけるのでほくろにも効果があるようです。

 

ビタミンC誘導体が角質層の奥までとどいて、メラニンの生成を抑えるだけではなく、乳液でしっとり保湿して乾燥を防ぎ、日やけ・雪やけ後のほてりも防いでくれます。

内容量110ml成分トラネキサム酸(シミ防止成分)
効果紫外線などによるシミ原因対策

口コミを紹介

化粧水と一緒に乳液を使っています。肌かが粉吹いたり、肌が引っ張られる感じがしたので、使い始めました。今回はリピートです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

BLIES

ホワイトニング スキンクリーム

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デリケートゾーン・全身に使えるスキンクリーム

黒ずみやほくろなどをケアして美白を徹底サポートしてくれる、BLIESの「ホワイトニング スキンクリーム」は、デリケートゾーンから全身まで使える優れモノです。

 

有効成分アルブチン・グリチルリチン酸2Kを配合した医薬部外品で、くすみ・黒ずみ・ほくろの原因であるメラニンを抑えて、肌を優しく整えてくれますよ!

内容量-成分アルブチン・グリチルリチン酸2K
効果全身の気になる黒ずみ

口コミを紹介

お肌の黒ずみがずっと気になってて色々なクリームを使用しましたが、今一つでした。
こちらのクリームを使って行くにつれ、黒ずみが少しずつ消えていきお肌の調子が良くなって来ました。
刺激臭も殆どなく使いやすい一品でした

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

VERITAS(ベリタス)

エコレーヌ エブリデイフェイシャルクリーム

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌エネルギーを補給する超保湿クリーム

VERITAS(ベリタス)の「エコレーヌ エブリデイフェイシャルクリーム」は、細胞間脂質と同じ構造であるラメラ構造を再現して作られた、キレイが潤う超保湿クリームです。

 

ラメラ構造のクリームには、肌に良い栄養だけ含まれているので、栄養補給して加齢やストレスで失われる肌エネルギーを開放することができます。

 

素肌に点滴をしているような唯一無二の感覚とともに、お肌にエネルギーが満たされていくのが実感できるはずです。ふっくらしっとりハリのある美肌にみちびくだけではなく、ほくろやシミといった肌トラブルに効果が期待できそうです。

内容量30g成分スクワラン・レシチン・ローズマリーエキスなど
効果肌エネルギーを解放
4位

CR-lab (シーアール・ラボ)

ルシフェル HQクリーム

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌の漂白剤のようなほくろ除去クリーム

気になるほくろにピンポイントでアプローチしてくれるのが、シーアール・ラボが販売している「ルシフェル HQクリーム」というほくろ除去クリームです。

 

高濃度の純ハイドロキノンで悩める紫外線ダメージを角質層からケアして、肌を漂白してほくろを薄くしてくれるかもしれません。お肌に嬉しい美容液成分も配合されているのもGOOD!

内容量15g成分純ハイドロキノン・ブドウ果実細胞エキス・
効果紫外線ダメージを角質層からケア

口コミを紹介

軽めなので乳液のようで伸びが良いです。
夜塗にシミが気になる部分に塗ってます。
私は数日少し赤くなりましたが、徐々にシミが薄くなってきているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コスメクリニック

AMPLEUR(アンプルール) BBクリーム

価格:4,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほくろやシミを隠して紫外線も防ぐ!

2位にランクインした「AMPLEUR(アンプルール) BBクリーム」は、光を利用して、まるでレフ板をあてたかのようにほくろ・シミ・くすみを瞬間カバーしてくれます。

 

するっとひと塗りするだけで、ほくろやシミといった気になる箇所を隠して、明るい白ツヤ肌に仕上げてくれますよ。spf35/pa++でメイクアップ効果もあるので、女性の方や紫外線対策にもピッタリでおすすめ!

 

紫外線はメラニンに影響を及ぼすためほくろの原因にも繋がるので、カバーするだけではなくほくろやシミをしっかり防ぐこともできるのではないでしょうか。スキンケアの後に、適量を全体にムラなくのばすと効果的です。

内容量40g成分ハイドロキノン誘導体・ツヤ素肌成分
効果光でシミ・くすみ・小ジワ・毛穴を消去&トーンアップ

口コミを紹介

結果として、ニキビができなくなったのが本当に嬉しいです!今は3本目。
ツヤ感も出るしトラブル改善してくれたので、個人的にはこれからも使い続けるつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

クレモナ

UVミルク

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほくろの原因である紫外線を徹底的にブロックする!

紫外線を徹底的ブロックして、ほくろやシミ、ソバカスを防ぎたいなら、クレモナの「UVミルク」がSPF50+ PA++++なのでとてもおすすめです。

 

添加物フリー処方なので安心して使えるお肌に優しい日焼け止めです。また美容液成分も67.5%配合されているので、美白や美肌をしっかりかなえてくれますよ!

内容量50ml成分ヒアルロン酸・ステアリン酸・コラーゲン・セラミドなど
効果紫外線をブロック、シミ、ソバカス

口コミを紹介

確かに白くなるし、石鹸だけではすぐに落ちませんが、しっかり焼けません。
もうこれなしでは夏を過ごせないのでとても感謝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

LANTELNO(ランテルノ)

ホワイトHQクリーム

価格:2,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ・効果・品質 3拍子揃ったほくろ除去クリーム

今回のほくろ除去クリームのおすすめランキングで、見事1位に輝いたのは、LANTELNO(ランテルノ)の「ホワイトHQクリーム」という商品です。

 

一定の安全が保たれた純ハイドロキノン5%が配合されており、くすんだ点、色素沈着、肝斑、そばかす、ニキビ跡などはもちろんですが、ほくろも薄くして目立たなくする効果に期待できます。

 

「安いしコスパが良い」「効果が実感できている」「くすみの点が薄くなる」など、嬉しい声が多数上がっており、人気も実力もトップクラスといっていいでしょう。こだわりの12成分も贅沢に配合されているのも、お肌に嬉しいポイント!

内容量10g成分ビタミンC誘導体・セラミドなど
効果くすんだ点、色素沈着、肝斑、そばかす、ニキビ跡など

口コミを紹介

シミに悩んで使いはじめましたが、ハイドロキノンって本当に効くんですね……。
初めてハイドロキノン商品を購入しましたが、このクリームはすごく効果を感じられました!

出典:https://www.amazon.co.jp

ほくろ除去クリームの選び方

ここからは、ほくろ除去クリームの選び方を解説していきます。安全面や健康面を一番に考慮して、効果が期待できるものを見つけてくださいね!

成分で選ぶ

ここでは、ほくろ除去・ほくろ対策に有効な成分をいくつかご紹介していきます。ほくろ除去クリームは商品によって様々な有効成分が処方されていますので、成分表などをチェックしてみると良いでしょう。

純ハイドロキノン

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分であり、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあります。

 

その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれており、そのため”肌の漂白剤”として化粧品に使用されています。

 

美白効果が高いゆえに、肌への刺激性も強いため、敏感肌や刺激が気になる方はアルプチン配合のほくろ除去クリームがおすすめです。

トラネキサム酸

小林製薬の「ケシミン」といった商品に配合されているトラネキサム酸は、メラニンの生成を抑制する働きがあるため、ほくろやシミなどを対策することができます。

UVカット成分

紫外線はシミやほくろの原因になるので、肌を紫外線から守ってくれるUVカット成分が配合されているものを選ぶことで、シミとほくろ対策ができます。「SPF50+ PA++」といったの表記が紫外線防止効果の有無を見分けるポイントでになります。

保湿成分

ほくろ除去クリームは、他の美容クリームに比べても刺激性が強い商品が多いため、肌をしっかりケアすることが大切です。

 

ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドといった保湿成分が配合されていれば、うるおいを与えて肌をしっとり保湿して、乾燥から守ってくれます。

種類で選ぶ

ほくろ除去クリームとは、一般的にアルカリ性の美容クリームであり、メラニン色素の産生を抑制したり、シミやくすみ、そばかすなどに効果のある商品のことを指します。

 

ここでは、ほくろ除去に効果が期待できそうな4種類のアイテムをご紹介します。気になるほくろ除去クリームがあっても、試してみる前に安全性や効果を事前に調査することが大切です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは美容では皮膚の美白に利用されている成分であり、アメリカでは医薬品としてその美白効果が認められていますが、その一方で、発がん性が指摘されており、ヨーロッパでは使用が禁止されている国もあります。

 

ほくろやシミの原因であるメラニン色素を抑制する漂白剤のようなものであり、ほくろ除去クリームの1つとして知られています。

 

前述したように、安全性は高く問題ないという意見もあれば、発がん性があり危険であるという意見もあるので、使用する際には、ハイドロキノンの安全性についてよく理解を深めるようにしましょう!赤みや痒みが伴う場合もあるようです。

シミ・黒ずみ対策のスキンケア

「ほくろ除去クリーム」という商品は少なく、シミ・そばかす・黒ずみ・くすみなどメラニン色素が原因となる肌トラブルををケアする商品が、ほくろ除去クリームに該当します。

 

ほくろに効果があると説明されている商品はほとんどありません。シミや黒ずみなどに効果があれば、ほくろにも効果があるとは言い切れないので注意が必要です。効果や使用感は、口コミやレビューを参考にすると良いでしょう。

 

また、ほくろと思っていたものが実はシミや黒ずみだったという可能性も考えられるので、そういったケースにもシミ・黒ずみ対策のスキンケアが有効になるでしょう。

コンシーラー

コンシーラーと言えば、お肌の気になる箇所を自然に隠してくれるというアイテムであり、一時的に隠しているだけなので、ほくろを除去できるわけではありません。

 

商品によっては、UVカットや日焼け止めの機能が備わっているものもあり、シミや黒ずみを防いでくれるので、ほくろ対策には期待できるかもしれません。

 

他人にバレずに自然に画することができ、安全で安価にほくろをカバーできるというのがメリットであり、ほくろレーザー治療などの手術ではなく、コンシーラーを選ぶ方も少なくないです。

カソーダ

ひまし油と重曹を混ぜたカソーダは、強アルカリ性で皮膚を溶かす要領でほくろを除去します。刺激が強く肌に良いとは言えませんので、あまりおすすめできません。

 

「ほくろが薄くなった」「効果がでてきた」という声もありますが、「色素沈着してしまった」「ほくろがイボのようになってしまった」という報告も上がっているので、慎重に使うようにしましょう。

スクラッチの有無で選ぶ

ほくろ除去クリームは、主にスクラッチタイプ(ほくろに傷を付けてから塗るタイプ)とノースクラッチタイプ(ほくろに傷を付けずに塗るタイプ)の2種類があります。

 

それぞれのメリット・デメリットを解説するので、参考にして選んでください。

ノースクラッチタイプ

ノースクラッチタイプとは、ほくろに傷を付けずに使うことができる、ほくろ除去クリームのことです。、後述するスクラッチタイプよりも安全性が高いので、ノースクラッチタイプを推奨します。

 

傷を付けないとはいっても、アルカリ性や有効成分でほくろを刺激して除去するので、ほくろ以外の場所に付着しないように注意しましょう。

 

高価になりますが、天然由来の原料が使われているほくろ除去クリームもあり、例えばフィリピン製の「ニッキ―モールアウトクリーム」は、ハーブやフルーツの有効成分がほくろに吸収されることで、除去できる仕組みになっているようです。

スクラッチタイプ

爪楊枝などでほくろに傷を付けて、そこにほくろ除去クリームを塗って使用するのが、スクラッチタイプです。

 

自分でほくろに傷を付けると、感染症のリスクも考えられますし、化膿したり、傷跡が残るといった別の問題も生じることもあるので、あまりおすすめしません。

 

スクラッチタイプのほくろ除去クリームを用いる際は、安全性についての理解を深める意味でも、商品の取扱説明書をよく読んで、アフターケアもするようにしましょう。最悪の場合は、医師に相談しましょう。

価格で選ぶ

ほくろ除去クリームは、ほくろレーザー治療や手術に比べると安価であり、商品によっては非常に安いものもあります。安価だからといって不用意に試すのはNGです。

 

逆に高価なほくろ除去クリームだからといって、必ず効果があるわけではありません。ほくろ除去に効果があるかどうかは、個人差がありますので、購入して試してみたけどあまり効果がない、というケースはつきものと言えるでしょう。

 

色々な商品に手を出すと費用もかさんでいくので、経済的にほくろ除去クリームを使うためにも、事前によくリサーチすることが大切です。使い続けることほくろを除去する商品は、ランニングコストを抑えるようにしましょう。

ほくろ除去クリームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5328181の画像

    LANTELNO(ランテルノ)

  • 2
    アイテムID:5328184の画像

    クレモナ

  • 3
    アイテムID:5328188の画像

    コスメクリニック

  • 4
    アイテムID:5328194の画像

    CR-lab (シーアール・ラボ)

  • 5
    アイテムID:5328195の画像

    VERITAS(ベリタス)

  • 6
    アイテムID:5328202の画像

    BLIES

  • 7
    アイテムID:5328205の画像

    小林製薬

  • 8
    アイテムID:5328208の画像

    アンドシーム

  • 9
    アイテムID:5328211の画像

    O.T.C

  • 10
    アイテムID:5328220の画像

    クロレス

  • 11
    アイテムID:5328226の画像

    ロート製薬

  • 12
    アイテムID:5328231の画像

    株式会社dot

  • 13
    アイテムID:5328238の画像

    WHITH WHITE

  • 14
    アイテムID:5328242の画像

    コモライフ

  • 15
    アイテムID:5328251の画像

    DANDYGATE

  • 商品名
  • ホワイトHQクリーム
  • UVミルク
  • AMPLEUR(アンプルール) BBクリーム
  • ルシフェル HQクリーム
  • エコレーヌ エブリデイフェイシャルクリーム
  • ホワイトニング スキンクリーム
  • メンズケシミン乳液
  • ホワイトラッシュHQクリーム
  • カソーダ クリーム
  • クロレス ボディケアクリーム
  • 【医薬部外品】メラノCC
  • Be89
  • 痩身ジェル
  • ビューナ ポツケアゲル
  • メンズコンシーラー フェイスマナー
  • 特徴
  • コスパ・効果・品質 3拍子揃ったほくろ除去クリーム
  • ほくろの原因である紫外線を徹底的にブロックする!
  • ほくろやシミを隠して紫外線も防ぐ!
  • 肌の漂白剤のようなほくろ除去クリーム
  • 肌エネルギーを補給する超保湿クリーム
  • デリケートゾーン・全身に使えるスキンクリーム
  • しっとり保湿しながらメラニンの生成を抑制!
  • 純ハイドロキノンの力でほくろ(メラニン色素)を薄くする!
  • 強アルカリ性のほくろ除去クリーム
  • 品質・安全性が高いほくろ除去クリーム
  • Wビタミンでほくろを薄くするほくろ除去クリーム
  • 妊婦や授乳中の方でも使用可能!
  • 低刺激でメラニンの生成を抑制するピーリングジェル
  • ほくろに似たポツポツを除去するクリーム
  • ほくろを隠してくれるメンズ用のコンシーラー
  • 価格
  • 2990円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 4400円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 896円(税込)
  • 2640円(税込)
  • 1590円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 842円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2016円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 内容量
  • 10g
  • 50ml
  • 40g
  • 15g
  • 30g
  • -
  • 110ml
  • 15g
  • 30g
  • 30g
  • 20ml
  • 30g
  • 250g
  • 150g
  • 20g
  • 成分
  • ビタミンC誘導体・セラミドなど
  • ヒアルロン酸・ステアリン酸・コラーゲン・セラミドなど
  • ハイドロキノン誘導体・ツヤ素肌成分
  • 純ハイドロキノン・ブドウ果実細胞エキス・
  • スクワラン・レシチン・ローズマリーエキスなど
  • アルブチン・グリチルリチン酸2K
  • トラネキサム酸(シミ防止成分)
  • 純ハイドロキノン
  • 重曹・ヒマシ油
  • アロエベラ液汁・豆乳発酵液・ヨクイニンエキス
  • 活性型ビタミンC・ビタミンE誘導体
  • アルブチン・トラネキサム酸成分
  • プラセンタ・ヒアルロン酸
  • ハトムギ種子エキス・アンズ種子エキス
  • 保湿成分など
  • 効果
  • くすんだ点、色素沈着、肝斑、そばかす、ニキビ跡など
  • 紫外線をブロック、シミ、ソバカス
  • 光でシミ・くすみ・小ジワ・毛穴を消去&トーンアップ
  • 紫外線ダメージを角質層からケア
  • 肌エネルギーを解放
  • 全身の気になる黒ずみ
  • 紫外線などによるシミ原因対策
  • メラニン色素を薄くする
  • シミ
  • デリケートゾーンなどの黒ずみケア
  • シミ・ニキビを防ぐ
  • メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ
  • メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
  • 古い角質によるポツポツ
  • シミ・ニキビ跡・毛穴

まとめ

ほくろ除去クリームを使って自分でほくろを除去するなら、効果やメリットばかりでなく、安全性やデメリットを理解して使用しましょう。種類も多いので自分の肌に合ったものを見つけて、正しくほくろを除去してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ