ブレンダーの人気おすすめランキング【2019年最新版】

記事ID7396のサムネイル画像

「便利なのはわかっているけれど、どれを選んだらよいのか分からない」と購入をためらう人が多いのがブレンダー。1台あると調理がはかどり、時短家事ができるのでぜひすぐにでも使っていただきたいブレンダーについて詳しくご紹介します。

ブレンダーとは?

ブレンダーは、食材をボウルなどの容器に入れて食材をつぶしたり混ぜたりする調理器具です。一般的にブレンダーといえば、ハンディタイプの「ハンドブレンダー」を指します。

 

「シャフト」とよばれるスティック状の本体の先端に、「チョッパー」や「ホイッパー」などアタッチメントという器具を装着して使います。ブレンダーを使うと、包丁で食材を刻んだり、手でこねるといった手間のかかる作業を1台でこなしてくれます。

 

ハンドブレンダーなら、食材を入れた容器に突っ込むだけで使用できるため、調理後、器に入れ替える手間がなく、洗い物も少なくてすみます。また、ブレンダーは据え置き型のフードプロセッサーよりもコンパクトなため場所を取らず、キッチンの引き出しに収めておくこともできます。

 

今回は「操作性」「機能」「価格」の3点に着目して、ブレンダーのランキングを作成しました。

ブレンダーの人気おすすめランキング15選

15位

シロカ

ハンドブレンダー SCB-401

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理初心者におすすめ

国内家電メーカー・シロカの商品は、機能は最低限のものを搭載して価格はリーズナブルなものが中心。そしてこのブレンダーの操作方法も「スイッチ1個を押すだけ」とシンプルです。家電を扱うのが苦手な方でも、簡単に使えますよ。

 

コンパクトでオシャレなデザインも好評です。「一人暮らしでキッチンスペースが狭い人」におすすめの商品です。取扱説明書には、マヨネーズやバーニャカウダなどの料理レシピがあります。料理初心者の方が、まずはシンプルな機能だけでも使ってみたいという方は、選んでみてはいかがでしょうか。

消費電力150Wアタッチメント計量カップ
連続運転時間1分コード長さ1.2m

口コミを紹介

離乳食初期の調理で使用期間が短いので、シンプルで安価な物をと思い、こちらを購入しました。
刃先が外れないので洗いにくさはありますが、100均の注ぎ口洗いブラシをU字に曲げて使うと、中の方も綺麗に洗えました。
良い買い物をしたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ハンドブレンダー HBL-200

価格:3,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使わないときの収納も重視したいなら

アイリスオーヤマの家電はどれも、「機能はシンプル、価格リーズナブル、品質はグッド」がモットー。ブレンダーも低価格でありながらも、「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」の4役の機能を備えています。シャフト上部のレバーでスピード調節ができます。

 

この商品はブレンダーを使わないときの保管や収納も、配慮がなされています。専用スタンドを使って、全てのパーツをまとめてコンパクトに収納できるのもうれしいですね。調理したものをチョッパー用ボウルに入れたまま、カバーをして保存することができるますし、カバーは滑り止めとしての役割もあります。

消費電力200Wアタッチメントチョッパー用ボウル(500ml)、ブレンダーカップ(500ml)
連続運転時間ブレンダー・チョッパー:2分、泡だて器:3分コード長さ約1.5m

口コミを紹介

ブレンダーを使う時間を調整することで軟飯や10倍粥など幅広く対応していて使いやすい。
洗浄も楽なのでほぼ毎回使用しています。離乳食用に購入したので一年持てばいいかと思い使っていますが、
まだまだ現役です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ツインバード工業(TWINBIRD)

チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4817W

価格:4,509円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ターボスピード付きでもリーズナブル

金属加工の一大産地、新潟県燕三条地区にあるツインバード工業のブレンダーです。リーズナブルではありますが、「つぶす」「ねる」「まぜる」「きざむ」の1台4役と多機能です。

 

スイッチはターボとノーマルの2種類で、スイッチを押しながらブレンダーを動かします。機能はシンプルでもいいけれども、ある程度のパワーがほしいという方にはおすすめのブレンダーです。

消費電力100Wアタッチメントチョッパー容器、専用計量カップ
連続運転時間1分コード長さ1.8m

口コミを紹介

ハンディブレンダーは重たいイメージでしたが、これは重く無いのでとっても使いやすかったです。
ポタージュを作りましたがお手入れも楽々でした。
これからも、色々試して楽しみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

タイガー魔法瓶(TIGER)

スマートブレンダー SKQ-G200-W

価格:8,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガラス製の専用カップで衛生的

キッチン家電としてはおなじみのタイガー魔法瓶のブレンダーです。「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立てる」「おろす」の5役ができますので、なるべく多くのアタッチメントを使いたい方にはおすすめの商品です。国内メーカーならではの安全面での機能「2段階の安全スイッチ」で誤作動を防止します。

 

このブレンダーの一番のメリットは、専用カップがガラス製であることです。熱湯消毒ができますので、食品のにおいが付きにくくなります。また、赤ちゃんの離乳食を作りたいので衛生面にはとくに気をつけたい、という方におすすめです。

 

消費電力150Wアタッチメント専用カップ、ブレンダー、ホイップブレード、おろしカッター
連続運転時間1分コード長さ約1.45m

口コミを紹介

おろし金付きが決め手でしたが、大根おろしは楽、手でおろすより、出てくる水分が少ないので、ジューシーな仕上がりです

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

dretec(ドリテック)

ハンドブレンダー HM-802IV

価格:2,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性にも使いやすい配慮がところどころに

タイマーやはかり、体重計や体温計などの生活家電を販売するドリテックのブレンダーです。操作方法はスイッチひとつを押すだけ、「つぶす」「混ぜる」作業ができます。

 

このブレンダーは力がない女性でも安心して使いやすい設計がところどころに見られます。スリムなシャフトは、すべりにくいように電源スイッチの周りに凹凸のあるデザインです。専用カップの底にもゴムが付いているので、すべりにくくなっています。

消費電力200Wアタッチメント専用カップ
連続運転時間1分コード長さ約1.2m

口コミを紹介

思ったよりパワーが、ありました。結構、早めにかくはんされて時間短縮し良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ボッシュ(BOSCH)

コードレスハンディブレンダー MSM6A60JP

価格:45,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動工具でも有名なメーカーのブレンダー

ドイツに本社があるボッシュ社は、自動車部品と電動工具のメーカーです。ボッシュ社は電動ドライバーでもおなじみですが、ブレンダーも人気商品です。電動ドライバーの愛用者が、ブレンダーもお選びになることが多いようです。

 

アタッチメントは2つだけで、8通りの調理ができます。カップは専用フタ付きで、冷蔵も冷凍もできる保存容器として使えて便利です

消費電力アタッチメントブレンダージャグ(フタ付き)、ユニバーサルカッター(フタ付き)
連続運転時間コード長さ

口コミを紹介

10年ほど前に購入したものが調子が悪くなったので、買い替えました。
10年前のものとほぼ同じで「変わらないこと」も素晴らしいなあと思いました。
モデルチェンジが多い日本製のものと違うので安心感があります。
変わったところは電源が重たいトランス方式からスイッチング電源になったことです。軽くなって良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

LINKChef

ハンドブレンダー HB-1230

価格:3,994円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作しやすいハンドル設計

LINKChefのハンドブレンダーは、1台で「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」「砕く」が可能です。消費電力は300Wでパワフルですが、人間工学的に設計されたハンドルですので快適に使用することができます。本体は低速モードと高速モードの2種類でスピード選択が可能、シンプルな使い心地です。

 

ブレンドシャフトと各アタッチメントは、食器洗い乾燥機の使用が可能です。アタッチメントのひとつ、チョッパーのカッターは丈夫なチタンコーティング製ですので、錆びにくく清潔に使用できます。また、氷の破砕もできますので、スムージー作りにお使いいただけます。

消費電力300Wアタッチメントブレンダー、泡立て器、チョッパー(カッター)、専用計量カップ(800ml)、収納スタンド
連続運転時間1分コード長さ1.2m

口コミを紹介

泡立て機能も付いているブレンダーを探してると一気に値段が跳ね上がるものばかりでしたが、これは値段も変わらずリーズナブルなお値段で、即決購入!
連続使用すると熱くなって止まってしまいますがオンオフを小まめに使い分ければクリアできるかな?
コスパはかなり高いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

パナソニック(Panasonic)

ハンドブレンダー MX-S301-K

価格:10,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の4枚刃カッターを使用

国内大手家電メーカー、パナソニックのハンドブレンダーです。このモデルは中位機種で、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立て」ができます。独自形状の「新4枚刃ブレンダーカッター」は、食材をつかみやすい「フィニッシュブレード」と、新たに刃付けされた「サブシャープブレード」で構成されています。食材を均等に循環させながら細かく切削が可能です。

 

国内メーカー製ならではの、安全性能の高さも人気の理由です。ロック解除ボタンと運転スイッチを同時に押す「2アクションスイッチ」は、スイッチが不用意に入らないように配慮。お子さまが誤って使うおそれがあるご家庭でも、安心してお使いいただけます。

消費電力165Wアタッチメントカッターホルダ専用カップ、へら付きブラシ
コード長さ約1.3m連続運転時間約1分

口コミを紹介

「クラッシュアイスを使う機会が無い」ことと、「国内メーカーの保証の安心感がある」ことと、この2点でこの商品に決めました。
「チョッパーアタッチメント」の形状で新バージョンに決めました。こちらの方が分解して洗いやすそうだったからです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

バーミックス(Bamix)

ハンドブレンダー ベーシック M300

価格:31,495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも愛用するブレンダー

1954年にスイスで誕生したバーミックスのブレンダーは、世界中で愛用されているハンディタイプのフードプロセッサーです。おしゃれなデザインで、ブレンダーを購入した人であれば、一度は耳にしているブランドではないでしょうか。高価ではあるものの、モーターから部品までスイス工場で製造されており、修理対応も充実しています。

 

バーミックスの特徴は、パワフルな使い心地でしょう。連続使用時間は5分ですので、時間をかけて使えます。ジャガイモやカボチャのポタージュをバーミックスで作れば、ふんわりとしたなめらかな口当たりになりますよ。

消費電力アタッチメントミンサー、ウィスク、ビーター)・スーパーグラインダー・パウダーディスク
連続運転時間5分コード長さ

口コミを紹介

中華料理で麻婆豆腐を作る際に、花椒は丸い種の状態をフライパンでいためた後、粉末状に粉砕して使うのですが、こちらのバーミックスでは上手くいきますが他社製のブレンダーでは上手く粉砕できませんでした。
値段は他社製よりもやや高めに感じますが、値段を超える良さがあると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Cuisinart (クイジナート)

スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

価格:7,134円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台で多機能なブレンダー

アメリカの大手調理家電メーカー、クイジナートのブレンダーです。とくにフードプロセッサーは有名で、欧米で「クイジナート」といえば、フードプロセッサーのことを指すほど。ブレンダーにおいても、高い評価を得ています。

 

1台で「つぶす」「刻む」「泡立てる」「こねる」「おろす」「細切り」「薄切り」が可能です。便利なリバーシブルディスク採用一枚のディスクで薄切り、細切りを使い分けができます。ご自宅でスライサーを用意しなくても、このブレンダーでできるのは大変便利です。

 

消費電力400Wアタッチメントブレンダーシャフト、ブレード、バルーンウィスク、ウィスク
連続運転時間約30秒コード長さ約1.5m

口コミを紹介

この価格で色々な機能が付いているのはお得かなと思います。
見た目もステンレス調でスタイリッシュで、
料理出来ますアピールにはもってこいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

CHULUX

CHULUX ハンドブレンダー 300W ブラック HB002

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無段変速付きでこの価格

中国の家電メーカー、CHULUXのブレンダーです。比較的ブレンダーとしては、低価格でありながら、無段変速でスピード調節ができますので、食材によってスピードを自由に変えられます。

 

また、リーズナブルでありながら、300Wとハイパワーであることも好評の理由です。氷を砕くこともできます。チョッパー用ボウルの蓋は、ブレンダー使用時のすべり止めになりますので、スピードを上げても安心してお使いいただけます。

消費電力300Wアタッチメントチョッパー用ボウル・500mL、ブレンダ―カップ700mL、ホイッパー
連続運転時間30秒コード長さ約1.5m

口コミを紹介

3回くらい使いました。すごく時短になり助かってます。
玉ねぎのみじん切りも一瞬でできる。涙が出ないしご飯がはかどって助かります。週末は子供がホイップクリーム泡立ててました。ふんわりした美味しいクリームが出来満足です。
子供の手にもフィットしてそんなに重くないのが良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

homgeek

ハンドブレンダー

価格:4,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6枚刃でパワフルに使える

中国の家電メーカー・homgeekのブレンダーは、「刻む」「泡立てる」「つぶす」「混ぜる」が可能です。ダイヤル目盛りによって5段階のスピード調節が可能、本体上部斜めにありますので、片手でも回しやすくなっています。

 

チョッパーの刃は6枚刃ですので、硬い食材も安定して潰すことができます。また、刃は「304ステンレス」製ですので、サビに強く衛生的に使えます。

 

 

消費電力400Wアタッチメント
連続運転時間コード長さ

口コミを紹介

6枚刃がついているアタッチメントで、初めてスムージーに挑戦してみましたが、小松菜などの材料もしっかりと混ざり合い、美味しく作ることができました。コーンポタージュのトウモロコシを細かく砕く際にも、便利でした。
これからも色々な料理で使っていきたいと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

イデアインターナショナル

BRUNO マルチスティックブレンダー

価格:6,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性が使ってうれしいデザインと機能

ブルーノのブレンダーは、「つぶす」「混ぜる」「刻む」「砕く」「泡立てる」が可能です。「DCモーター」を採用しているため、消費電力が少なく調理時の音が比較的静かなのもポイントです。女性の手にもなじむスリムなシャフトも魅力的です。

 

アイボリーやグリーンなど、ブルーノならではの、おしゃれなパステルカラーのバリエーションが魅力ですね。キッチンを彩ってくれるカラーですので、プレゼントにしてもよろこばれるでしょう。

 

 

消費電力200Wアタッチメントチョッパーボトル、ボトル用フタ、チョッパーボトル専用カッター、ブレンダーカップ(500ml)
連続運転時間コード長さ約1.5m

口コミを紹介

ブレンダーがほしくて数日どのブレンダーを買うか迷ってましたが、持ち手がスマート、飽きのこないシンプルなデザインに惹かれ購入しました
思い通りの商品でした!
初心者ですがとても使いやすいです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Seneo

ハンドブレンダー マルチクイック SN-103AB

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインと機能のコスパが高いブレンダー

Seneoのブレンダーは、リーズナブルな価格ですが、ステンレス製でスタイリッシュなデザインです。キッチンに出したままにしておいても、さまになります。

 

見た目だけではなく、使い心地もお値段以上との評価も。ハンドブレンダー両側のボタンを押すまま、簡単にアタッチメントを着脱できます。また本体、泡立て器接続部、ふた以外は食器洗い機で洗えます。

 

 

消費電力300Wアタッチメント泡だて器、ビッグチョッパー刃 、チョッパーボウル(500ml)、専用計量カップ(600ml)
連続運転時間コード長さ

口コミを紹介

安いので、あまり期待せずにお試し購入してみましたが、何の問題もなく快適に使用できています。想像以上の活躍です。氷も冷凍イチゴも問題なくつぶしてくれます。付属のカップ使用で回りに飛び散ることもなく重宝しています。今まで年代物のミルミキサーを使用していて、音の大きさにうんざりしていましたが、このブレンダーなら静かなので、夜や早朝にも気兼ねなく使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ブラウン ハウスホールド(Braun Household)

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ775

価格:14,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作業がはかどるハイパワーとスピード調節

ブレンダー大手のブラウンの上位モデルです。「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「きざむ」「スライス」「せん切り」「こねる」の幅広い使い方が可能です。 1.5Lの大容量カップ、しかも置き型フードプロセッサーに匹敵するパワーで、たくさんの食材の下ごしらえがスピーディーにおこなえますよ。

 

自分の手の感覚でスピードコントロールができる「スマートスピードテクノロジー」を搭載しています。握り具合によってスピードを調節でき、食材に合わせてスピードを自由に変えられますので、長時間の作業も問題なくこなせます。

消費電力400Wアタッチメントブレンダーシャフト、泡立て器、チョッパー(カッター)、専用計量カップ、専用スパチュラ
連続運転時間ブレンダー 1分、泡立て・チョッパー 2分コード長さ約1.2m

口コミを紹介

この商品の良いところはアイス用カッターが付属するところではないでしょうか。
氷を砕けることで用途が大きく広がります。
また、シェーバーで有名なブラウンだけにモーター部分も安物メーカーと比べて安心感が桁違いです。
価格は高めですが、単なるブレンダー用途で終わらせたくない方で、活用する料理が想像できるならこの商品を選んで間違いはないでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブレンダーの選び方

この章では、ブレンダーを選び方を、「機能性」「操作のしやすさ」「価格」の3つに着目してご紹介します。

機能性で選ぶ

ブレンダーは時短調理のために使われることが多いです。スムーズに調理するためには、機能性を重視してブレンダーを選びましょう。

どんなことができるか

ブレンダーを選ぶときにまずチェックするときは、どんな機能があるかを知ることです。低価格モデルのブレンダーであれば、「つぶす」「まぜる」の2種類が中心になるでしょう。

 


一方で上位機種には、「スライス」「せん切り」「泡立てる」「こねる」「おろす」といった使い方もできます。硬い食材にも使いたい場合は、「チョッパー」や「グラインダー」などの対応したブレードを備えている必要があります。

 


スムージーを作るためにブレンダーを購入する方も多いでしょう。しかし、なかには氷には使えない機種もあります。スムージーのような、氷を使ったレシピに使いたいとお考えの方は、対応しているかどうかを確認しましょう。

アタッチメントに注目しよう

ブレンダーは「シャフト」とよばれる本体に、アタッチメントをつけて使用します。アタッチメントを使うことによってさまざまな加工ができます。基本的には、「つぶす」「まぜる」の加工ができる「ブレード」というアタッチメントを使用します。

 


一方でお菓子や凝った料理を作る機会が多い方は、アタッチメントの多いブレンダーがおすすめです。上位機種では、ブレードの他にも、「おろす」「細切り」「うす切り」などに使えるアタッチメントがついています。

 


他にも、野菜のみじん切りや肉のミンチのための「チョッパー」や、生クリームを作るときに使う「ホイッパー」などがあります。

ハイパワーのものを選ぶ

ブレンダーの消費パワーは、「消費電力」を確認しましょう。200W以上のモデルであれば、普段使いには十分です。シンプルな機能であれば200W以下のモデルが多く、消費パワーが少ない分、小型で扱いやすくなっています

 

一方で300W以上のブレンダーは、硬い食材も楽に細かくできます。皮付きの硬いカボチャでも、短時間でなめらかにできますよ。

 

一度にたくさん作りたいときは連続稼働時間に注目しましょう。しかし、ハンドブレンダーは、基本的に1〜2分程度の短時間使用を想定して作られています。ホイップクリームを作るのであれば、連続運転時間が3分以上のものが理想的です。

操作のしやすさで選ぶ

時短調理には、操作のしやすさも大切です。コードが短いものですと、快適に作業ができないことがありますし、スムーズに作業したいときはスピード調節ができると捗るものです。

コードの長さは適切なものを

充電切れの心配をせずに使いたい方は、電源コードタイプを選びましょう。なるべく自由に動いて調理できるように、コンセントから作業場所までの距離電源コードが長めのものを選ぶとよいでしょう。


ハンドブレンダーはコード付きタイプがほとんどではありますが、なかにはコードが付いていない充電式タイプも存在しています。コードの絡まりや引っ掛かりを気にせずに使用したい方におすすめです。しかし、こまめに充電をしなくてはいけないというデメリットがあります。

スピードを重視

スピードを細かくコントロールできるモデルを選べば、仕上がり具合を調節しやすくなります。赤ちゃんの成長に合わせて、離乳食の食感などを変えることも可能です。

 

スピード調節機能は、スイッチ式・ダイヤル式・レバー式・ボタン式などから選べます。ダイヤル式は細かいスピード調節ができるのでおすすめ、上位機種のブレンダーによく見られます。

お手入れのしやすさで選ぶ

ブレンダーは専用計量カップに、台所用中性洗剤とぬるま湯を入れてスイッチを押すだけで、洗浄ができます。このようにブレンダーは、ミキサーやフードプロセッサーよりも、お手入れがしやすいのがメリットです。毎日手軽に使い続けるためには、細かな部分まで丁寧に洗えるかもポイントです。刃に直接触れて洗浄するのは不安ですので、食器洗浄機の使用ができればさらに便利です。

 


ブレンダーを使わないときの保管や収納も注目したいものです。収納専用スタンドがあれば、すべてのパーツをまとめてコンパクトに収納できます。チョッパーボウル用カバーがあれば、食材をいれたまま冷蔵庫に保存することができて便利です。

価格で選ぶ

ブレンダーは、2,000円台から1万円以上のものまで価格帯は幅広くなっています。5,000円前後のリーズナブルなものと、1万円以上の上位機種の特徴の違いを知って、ブレンダーを選びましょう。

~5,000円前後

「つぶす」「まぜる」が中心のブレンダーは、機能の種類が絞られている分、価格も5,000円前後からとお手頃で、初めてハンドブレンダーを購入する方にとっては購入しやすいでしょう。


「結局チョッパー以外のアタッチメントは一度も使用していない」という方もいらっしゃるほどです。毎日のスムージーや離乳食作り、料理のちょっとした下ごしらえなど、固形の食材を液状にする作業が中心で程度であれば、こちらの価格帯のブレンダーを選んでみてはいかがでしょうか。

10,000円以上

10,000円以上の上位機種では、「おろす」「細切り」「うす切り」などに使える交換用替刃がセットになったモデルもあり、フードプロセッサー・ミキサーと同様レベルの作業ができます。


コードレスタイプや、W数が多いものは、比較的価格が高くなるようです。また、人間工学に基づいた形状のシャフトは、手になじみやすく、しっかり持てて滑りにくいです。上位機種ではこのような配慮がされたブレンダーが多いので、安全に快適に使いたいという方は、選択肢に選んでみてはいかがでしょうか。

ブレンダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5267005の画像

    ブラウン ハウスホールド(Braun Household)

  • 2
    アイテムID:5267133の画像

    Seneo

  • 3
    アイテムID:5266993の画像

    イデアインターナショナル

  • 4
    アイテムID:5267129の画像

    homgeek

  • 5
    アイテムID:5267130の画像

    CHULUX

  • 6
    アイテムID:5267042の画像

    Cuisinart (クイジナート)

  • 7
    アイテムID:5267055の画像

    バーミックス(Bamix)

  • 8
    アイテムID:5267048の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 9
    アイテムID:5267131の画像

    LINKChef

  • 10
    アイテムID:5267125の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 11
    アイテムID:5267124の画像

    dretec(ドリテック)

  • 12
    アイテムID:5267121の画像

    タイガー魔法瓶(TIGER)

  • 13
    アイテムID:5267052の画像

    ツインバード工業(TWINBIRD)

  • 14
    アイテムID:5267025の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 15
    アイテムID:5267126の画像

    シロカ

  • 商品名
  • ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック7 MQ775
  • ハンドブレンダー マルチクイック SN-103AB
  • BRUNO マルチスティックブレンダー
  • ハンドブレンダー
  • CHULUX ハンドブレンダー 300W ブラック HB002
  • スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS
  • ハンドブレンダー ベーシック M300
  • ハンドブレンダー MX-S301-K
  • ハンドブレンダー HB-1230
  • コードレスハンディブレンダー MSM6A60JP
  • ハンドブレンダー HM-802IV
  • スマートブレンダー SKQ-G200-W
  • チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4817W
  • ハンドブレンダー HBL-200
  • ハンドブレンダー SCB-401
  • 特徴
  • 作業がはかどるハイパワーとスピード調節
  • デザインと機能のコスパが高いブレンダー
  • 女性が使ってうれしいデザインと機能
  • 6枚刃でパワフルに使える
  • 無段変速付きでこの価格
  • 1台で多機能なブレンダー
  • プロも愛用するブレンダー
  • 独自の4枚刃カッターを使用
  • 操作しやすいハンドル設計
  • 電動工具でも有名なメーカーのブレンダー
  • 女性にも使いやすい配慮がところどころに
  • ガラス製の専用カップで衛生的
  • ターボスピード付きでもリーズナブル
  • 使わないときの収納も重視したいなら
  • 料理初心者におすすめ
  • 価格
  • 14500円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 6350円(税込)
  • 4580円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 7134円(税込)
  • 31495円(税込)
  • 10199円(税込)
  • 3994円(税込)
  • 45000円(税込)
  • 2599円(税込)
  • 8420円(税込)
  • 4509円(税込)
  • 3650円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 消費電力
  • 400W
  • 300W
  • 200W
  • 400W
  • 300W
  • 400W
  • 165W
  • 300W
  • 200W
  • 150W
  • 100W
  • 200W
  • 150W
  • アタッチメント
  • ブレンダーシャフト、泡立て器、チョッパー(カッター)、専用計量カップ、専用スパチュラ
  • 泡だて器、ビッグチョッパー刃 、チョッパーボウル(500ml)、専用計量カップ(600ml)
  • チョッパーボトル、ボトル用フタ、チョッパーボトル専用カッター、ブレンダーカップ(500ml)
  • チョッパー用ボウル・500mL、ブレンダ―カップ700mL、ホイッパー
  • ブレンダーシャフト、ブレード、バルーンウィスク、ウィスク
  • ミンサー、ウィスク、ビーター)・スーパーグラインダー・パウダーディスク
  • カッターホルダ専用カップ、へら付きブラシ
  • ブレンダー、泡立て器、チョッパー(カッター)、専用計量カップ(800ml)、収納スタンド
  • ブレンダージャグ(フタ付き)、ユニバーサルカッター(フタ付き)
  • 専用カップ
  • 専用カップ、ブレンダー、ホイップブレード、おろしカッター
  • チョッパー容器、専用計量カップ
  • チョッパー用ボウル(500ml)、ブレンダーカップ(500ml)
  • 計量カップ
  • 連続運転時間
  • ブレンダー 1分、泡立て・チョッパー 2分
  • 30秒
  • 約30秒
  • 5分
  • 約1分
  • 1分
  • 1分
  • 1分
  • 1分
  • ブレンダー・チョッパー:2分、泡だて器:3分
  • 1分
  • コード長さ
  • 約1.2m
  • 約1.5m
  • 約1.5m
  • 約1.5m
  • 約1.3m
  • 1.2m
  • 約1.2m
  • 約1.45m
  • 1.8m
  • 約1.5m
  • 1.2m

まとめ

ブレンダーのおすすめランキングをご紹介しました。はじめてブレンダーを使った人の多くは、「どうしてもっと早く買わなかったのだろう」と感想を持つといわれるほど便利な調理家電です。ブレンダーにはさまざまな機能がありますが、今回のランキングをご参照いただいて、ご自身の使い方にあった商品をみつけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ