スマホ連動体重計の人気おすすめランキング17選【スマホで健康管理】

記事ID7355のサムネイル画像

ダイエットの必需品である体重計。健康管理をする上でも必要不可欠なアイテムですよね。そんな体重計の中でもスマホと連携させられるタイプのおすすめの種類や選び方をランキング形式でご紹介します。毎日のダイエットや健康管理にきっと役立ちますよ。

スマホと連動できる体重計の魅力

健康管理をする上でも欠かせない存在の体重計。ただ体重を測るだけの体重計だけでなく、内臓脂肪・体脂肪率・筋肉量などさまざまな項目を測定できる体組成計など沢山の種類のものが多くのメーカーから販売されています。

 

中でもスマホと連動できるタイプのものはとても便利なアイテムです。スマホと連携させることでより簡単にしっかりと自分の体を管理できるので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな体重計、体組成計をおすすめ順にピックアップ。通信機能測定できる項目部位専用アプリの有無などを基準にランキング。データの自動転送や乗るだけで測定が開始する自動認識機能にも注目しました。ぜひチェックしてみて下さいね!

 

 

スマホと連動できる体重計の人気おすすめランキング15選

17位

オムロン(OMRON)

体重体組成計 HBF-227T-SBK

価格:8,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

測定データを簡単自動転送できる

乗るだけで個人を特定し測定を開始する自動認識機能を搭載したこちらの商品。なんと約4秒で測定が完了します。簡単に素早く体組成を測定できる優れものです。毎日のことなので、面倒なボタン操作が不要な点が嬉しいですね!

 

Bluetooth通信機能を搭載しており、専用アプリOMRON connectに測定データを転送可能。測定データを簡単に確認・管理することができます。驚くことに測定後60分以内であれば、アプリを立ち上げなくてもデータは自動転送されるんですよ。

 

6歳から体脂肪率などの体組成が測定できる子どもアルゴリズムを搭載。お子さんの肥満予防にも役立ちます。5歳までは体重・BMIのみ測定が可能です。ガラス天板のフラットデザインなので、お手入れが簡単な点も嬉しいですね。

電源単4形アルカリ乾電池(LR03)×4登録人数4人
通信機能Bluetooth

口コミを紹介

今まではiphoneに手入力していたのが、タッチだけで簡単にデータを入力できるようになって、めっちゃ楽。

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

オムロン(OMRON)

カラダスキャン HBF-230T-SW

価格:7,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつでも気持ちよく使えるガラス天板

iPhoneのヘルスケアにも対応している製品がランクイン!過去のデータを基に、乗るだけで誰が乗ったかを推定する自動認識機能を搭載。ボタン操作をすることなく簡単に測定ができるベーシックタイプです。

 

便利なBluetooth通信機能を搭載。専用アプリOMRON connectに測定データを転送し、体重や体脂肪率、骨格筋などの測定データを簡単に確認・管理することができます。測定後60分以内は、アプリを立ち上げなくてもデータは自動転送される優れものです。

 

厚さは28mmと狭いスペースにも収納できるスリムサイズ。天板はガラス製でフラットデザインのため拭き掃除も簡単。いつでも清潔を保てますね。測定結果は大きな文字で表示されるので、立ったままでもしっかり確認できます。

電源単4形 電池登録人数4人
通信機能Bluetooth
15位

タニタ(Tanita)

体組成計 BC-768 WH

価格:8,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

立てかけ収納ができる

健康管理をするならココ!というくらい有名メーカーのタニタ。そんなタニタの体組成計がランクインです。測定できる項目は体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・推定骨量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢。健康管理が目的であれば十分な項目ですね。

Bluetooth通信を使ってiPhone・Androidに測定結果を送信可能。スマホアプリ「ヘルスプラネット」で管理できます。記録したデータはグラフ表示されるので変化が一目瞭然。日々の健康管理のサポートをしてくれます。

 

操作方法も非常に簡単!ボタンを操作せずにただ乗るだけ。それだけで電源がONになり、登録者の中からあなたを自動で認識して結果を表示する「乗るピタプラス」という機能を搭載しています。測定ごとに個人を指定する手間が省け、簡単に測定できますね。

 

 

電源DC6V 単4乾電池×4本登録人数5人
通信機能Bluetooth
14位

MASARU

体重・体組成計 180kgまで対応

価格:2,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

13項目測定可能

スタイリッシュな見た目と低価格が魅力的なこちらの商品。驚くことに安くても非常に高性能な体重計なんです。4つの高精度のセンサーとBIA技術を利用して、13種類の健康項目をより正確に測定。非常に詳細に測定できると好評です。

 

測定可能項目は13種類。その上、午前・午後・一日・週・月・年でデータを細かくグラフ化できるので、体の変化やトレーニングの成果を確認・比較できます。Bluetoothを使ってiPhone・Androidスマホにデータを自動送信。専用アプリは無料ダウンロードできます。

 

さらに、専用アプリMASARU以外のアプリも使えるのがすごいところ。Apple Health・Samsung Health・Google Fit・Fitbitと連携ができるので、これらのアプリの愛用者の方には非常におすすめですよ。

 

電源 単4形 電池登録人数無制限
通信機能Bluetooth
13位

staryar

体組成計 スマホ連動

価格:2,193円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用アプリで健康管理

室内の温度表示機能までついたこの製品。体重計本体は20mmという薄型で乗ったら割れてしまいそうと感じるほど。でも大丈夫!厚い鋼化ガラスでできているので、車に轢かれても壊れません!

 

便利なApple health、Fitbitと連携が可能。それにより、日・週・月・年単位の数値履歴がグラフになって、推移が一目で確認できます。目視できるのでモチベーションの維持にもつながりそうですね。

 

気になる通信機能はBluetooth。そのため測定時にはスマホの用意が必要となりますが、データを自動送信してもらえるので面倒な入力は必要ありません。いつでもどこでも測定値を確認できるので、健康管理やダイエットの強力なサポーターとなりそうです。

 

 

電源単4形 電池登録人数8人
通信機能Bluetooth

口コミを紹介

気軽に体重を管理したかったので。このくらいの価格でスキャン機能がついていて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

RENPHO

スマートスケール

価格:3,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB充電式の体重計

低価格なのに機能が充実しているこの商品。なんとUSB充電タイプとなります。リチウム電池搭載で電池不要。環境に優しくエコな商品です。省エネモードなら1回のフル充電で約2~5ヶ月も使えるので、こまめに充電する必要もありません。

 

使い方も簡単。乗るだけで、体重・BMI・除脂肪体重・体年齢など13種類の健康項目をすばやく測定できます。Bluetoothを経由して専用アプリでデータが自動記録されるので、健康管理もらくらくです。

 

デザインもシンプルで、表面が強化ガラスとなっているので丈夫な上にお手入れらくらく。幅28×縦23×高さ2.5cmという小型で薄型なので、狭いスペースにも置け持ち運びにもストレスなく対応できますよ。

電源USB充電式登録人数無制限
通信機能Bluetooth
11位

タニタ(Tanita)

体組成計 RD-800-BK

価格:31,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

筋肉の質が分かる

高精度デュアル周波数測定と部位別測定を搭載したタニタ最高峰モデル。タニタがこれまで培ってきた技術を全て搭載した製品です。測定項目数はタニタ史上最多の26項目。値段は張りますが、これがあれば完璧な体調管理ができそうですね。

 

グリップを握る2電極方式の採用で、全身と左腕・右腕・左脚・右脚・体幹部の5つの部位ごとの体脂肪率・筋肉量・筋肉スコアの測定が可能。部位ごとの筋質点数測定を実現し、両腕・両脚はそれぞれの筋肉の質を指標化した筋質点数測定を可能にしました。

 

脈拍測定機能を搭載しているので、体組成測定脈拍測定がコレ一台で実現。日頃の健康管理はもちろん、専用アプリヘルスプラネットを使うことで、心肺能力に合わせたトレーニングが可能となる優れものです。

電源DC6V 単3形乾電池×4本登録人数4人
通信機能Bluetooth

口コミを紹介

軽量コンパクトで性能良し。
機能面においては申し分ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

タニタ(Tanita)

体組成計 RD-906 WH

価格:12,873円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

医療分野の技術を搭載した製品

第11位より安価な筋質点数を表示できるデュアルタイプ体組成計が第10位にランクイン!筋肉の状態を点数で表した指標である筋質点数は、筋肉量よりも敏感に変化すると言われているので変化が分かりやすく、運動継続のモチベーションに役立ちそうですね。

 

自動認識機能ももちろん搭載。乗るだけで測定がスタートし、測定結果の表示まで操作不要。しゃがんでボタン操作をしなくても、乗るだけで簡単に身体をチェックできる手軽さが嬉しいですね。

 

Bluetooth通信機能により、対応のiPhone・Android端末にデータを転送可能。アプリでデータ管理が簡単に行えます。しゃがんでスマホをかざさなくても、立ったまま手元で測定結果を確認できます。

電源DC6V 単3乾電池×4本登録人数4人
通信機能Bluetooth
9位

EASEHOLD

体重計 Android対応

価格:3,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

18項目が測定可能

乗るだけで電源ONからアプリ転送まで自動で行う優秀な体重計がランクイン。測定結果は専用アプリにて折れ線グラフリストで確認可能。データがわかりやすいので日々の健康管理からダイエットまでしっかりサポートしてくれそうですね。

 

この製品最大の特徴は、赤ちゃんの体重統計が作れるところ。赤ちゃんのプロフィールを作成することができ、携帯で毎月どれぐらい体重が増えてるか統計が作れます。毎日子育てをがんばるお母さんの強い味方になってくれますよ。

 

強化ガラスを採用した薄型のタイプとなるので、日々のお手入れも簡単。見た目もスタイリッシュで高級感があります。立てかけて置くこともできるので、収納スペースにも困りません。

 

 

 

電源単4形 電池登録人数8人
通信機能Bluetooth
8位

Withings

Withings Body+ WBS05-WHITE-ALL-JP

価格:9,060円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランス生まれのスマートな体重計

見た目もスマートなフランス生まれの体重計が第9位にランクイン。体重だけでなく、BMI・体脂肪・水分率のほか、骨量・筋肉量まで測定可能な優秀な製品です。コレ一台あれば健康管理もらくらくですね。

 

体重計に乗るたびに、Wi-FiBluetoothを通じてデータが自動的に専用アプリHealth Mateに同期されます。さらにHealth Mateは100以上のアプリと連携可能。自分の使いやすいアプリが使える魅力的なポイントですね。

 

そんな毎日の生活に欠かせない機能を沢山搭載しているBody+ は最大8人まで登録可能ベビーモード妊娠モードも搭載し、赤ちゃんの健康もトラッキング可能です。もちろん自動認識しトラッキングもしますよ。

 

 

 

電源単4電池×4登録人数8人
通信機能Bluetooth/Wi-Fi

口コミを紹介

乗るだけで勝手に連携してくれるのでかなり楽です。
デザインもスマートなので隠さなくても見た目が邪魔にならず、こちらにして良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Cozylife

体脂肪計 体組成計 ITO

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ITOコーティングを採用し体重計がランクイン。ITO薄膜は、透明でありながら電気伝導性を有する特徴を持っています。これにより従来の体重計には必須であった金属電極なしでより簡単に自由に測定可能となりました。

 

とても便利なこの製品。心臓ペースメーカーを使っている方の使用は禁止されているので注意が必要です。また素足で乗ることが必須条件。電極片がないので冬でも冷たくないのが嬉しいですね。

 

専用アプリAIFitは無料ダウンロードが可能。他にもiPhoneのヘルスケアFitbitなどにも同期が可能との口コミもあります。乗るだけで自動で電源がオンとなり即測定開始。携帯で測定結果を管理できるのでダイエットの強い味方となりそうですね。

 

電源単4形 電池登録人数-
通信機能Bluetooth

口コミを紹介

スマホに履歴を保存できるので、毎日の推移が一目で確認できるので非常に満足です。iPhoneのヘルスケアとも連動しているので一括管理ができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

HANAMO

体重計 JP-WHITE-236 ホワイト

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格だけど高性能

3,000円を切るお手頃価格の体重計が第6位にランクイン!体重・BMI・脂肪率・筋肉・水比記録・内蔵脂肪・骨量・基礎代謝が測定できるので、健康管理の強力サポーターとなってくれそうな一台です。

 

面倒なボタン操作も必要なし。乗るだけで電源が自動で入り、過去のデータから測定者を認識して測定がスタートします。登録可能人数は最大10名!家族みんなで使えますね。普通のガラスより4倍硬い強化ガラスを採用しているので耐久性もばっちりですよ。

 

測定したデータはBluetooth経由で専用アプリに自動転送。面倒な記録の必要はありません。アプリのチャートで過去のデータと比較ができるので、毎日のダイエット・健康管理に非常におすすめな一台です。

 

 

 

 

電源USB充電式登録人数10人
通信機能Bluetooth
5位

エレコム

体重・体組成計 HCS-WFS01BK

価格:5,555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

面倒な毎回のデータ転送操作が不要

初心者にも見やすく使いやすいと評判のこちらの商品。液晶画面の数字が大きく表示され、とても見やすいです。Wi-Fi接続なので計測時にスマホを用意しなくても、後で測定データを転送できます。スマホ連携が初めての方に嬉しい設計ですね。

 

あの筑波大学との産学連携によって、体積推定方式を採用した内蔵脂肪レベルや体脂肪率、骨格筋率などをより正確に測定可能となりました。体重・内臓脂肪レベル・体脂肪率・BMI・骨格筋率・骨量・基礎代謝の7項目が測定可能です。

 

乗るだけで過去の測定データから登録者を推定する自動認識機能を搭載しているため、電源を入れるなどの面倒なボタン操作の必要なし!登録人数は最大で4名まで可能なので、家族みんなで使えますね。

 



電源単4形 電池登録人数4人
通信機能Wi-Fi

口コミを紹介

乗ると勝手に、ユーザーを判断して記録してくれるのでとても便利です

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Withings

体重計 WBS06-BLACK-ALL-JP

価格:6,304円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

計測項目はシンプルに体重とBMIのみの初心者向け体重計

Withingsの体重計を毎週使用しているユーザーの2/3が最初の6ヶ月間で減量に成功したと謳っているこの製品。ダイエットが目的で体重計を探している方には非常に気になるキャッチコピーですね。

 

測定するたびに体重とBMIの推移が表示される優れた点がおすすめポイント。ディスプレイには現在の体重だけでなく、過去8回分の測定値の推移が表示されます。スマートフォンをいちいち開かなくとも測定のたびにこれまでの傾向を照らし合わせることができます。

 

専用アプリも充実。Health Mateアプリで目標体重を設定したり、栄養トラッキング機能を使って食事内容を記録したりすることもできます。すべてのデータは、Wi-FiやBluetoothを通じてアプリに自動同期されるので、手軽に進捗状況が確認できますね。

電源-登録人数8人
通信機能Wi-Fi/Bluetooth

口コミを紹介

fitbitとの連携もfitbitのホームページから簡単にできます。
乗るだけで測定してくれるので、便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

HANAMO

体重・体組成計 アプリで健康管理

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルでありながら8項目の測定が可能

リーズナブルな価格でありながら、体重・体脂肪率・体水分率・推定骨量・基礎代謝量・内臓脂肪レベル・BMIなど8項目の測定が可能となるこの製品。毎日の健康管理やダイエットの強い味方となってくれそうですね。

 

専用アプリと連携することで、日・週・月・年ごとの分析傾向をグラフ化。数値の変化を見たり、管理したりが簡単に行えます。アカウントをログインしたら、機種変更してもデータが消えない点も嬉しいポイントですね。

 

普通のガラスより4倍硬い強化ガラスの採用により、耐衝撃性の向上を実現。強化ガラスを使用したデザインで清潔感と高級感のあるおしゃれな体重計は、毎日使うものだけにテンションが上がりそうですね。

 

電源USB充電式登録人数10人
通信機能Bluetooth

口コミを紹介

実物は想像通り、薄く黒い平面で綺麗な外観です、 スイッチなどを入れる必要も無く乗るだけで測定出来てしまいます。測定値も専用アプリに即座に転送されますのでメモを取ったりする必要も無く簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Fitbit(フィットビット)

スマート体重計 Aria2 FB202WT-JP

価格:12,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-Fi接続対応の実力派

Wi-fi接続で計測結果を自動で専用アプリFitbitダッシュボードと同期。面倒な操作の必要はなく、日々の変化が簡単に確認できます。計測項目は、体重・体脂肪率・除脂肪体重・BMIの4つ。シンプルな項目が初心者向きではないでしょうか。

 

登録人数は最大で8人。家族みんなで使えますよ。Fitbitのユーザー登録をすれば、8人までのユーザーを判別し、それぞれのFitbitアカウントに計測結果を反映。データは他のユーザーには非公開となるので安心です。

 

もちろん乗るだけでユーザーを自動認識してくれる機能も搭載。表面にはモダンで洗練されたデザインのガラスを採用し、バックライト付きLCDディスプレイを搭載 。見た目もおしゃれで毎日出したままにしておいても、インテリアの邪魔にならなさそうですね。

 

 

電源-登録人数8人
通信機能Wi-Fi

口コミを紹介

いざ繋がったらこれがすごい!乗って降りるのに10秒もかかりません。体重体脂肪BMIすべて一瞬です(身体検査受けたばかりで、ほぼあってる印象)

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ACEVIVI

体組成計 Bluetooth対応

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

登録人数は無制限

低価格な上に優秀なこの製品が堂々の第1位!体に微弱な電流を流し、その際の電気の流れやすさを計測することで体組成を推定する方法であるBIA生物測定法により14項目の測定が可能。BIA生物測定法は、タニタなど多くの製品でも使われている方法です。

 

高精度のセンサーを4つ搭載し、素足で乗るだけで簡単に測定開始。かつBIA技術を利用しているので、さまざまな健康項目を素早く測定できるんです。電源は単4形乾電池3本。これで1年使えるとはエコな製品ですね。

 

強化ガラスを使用したデザインで清潔感と高級感のあるおしゃれな体重計。見た目のおしゃれさに加えて耐荷重は180kgまで対応可能です。さらに登録人数は無制限!家族みんなの健康管理に役立ちそうですね。 

電源単4形乾電池3本登録人数無制限
通信機能Bluetooth

口コミを紹介

スイッチなどを入れる必要も無く乗るだけで測定出来てしまいます。見やすいし体脂肪率や筋肉量やBMI数値がわかるから良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホと連携できる体重計の選び方

いかがでしたか。スマホと連携する体重計は便利な機能がたくさんあってどれも魅力的で捨てがたい商品ばかりでしたよね。次に、数あるスマホと連携する体重計の中からどのように選べば良いのかをご紹介致しますので、こちらも参考にしてみて下さい。

目的で選ぶ

体重計を購入する目的は何でしょうか?健康管理・ダイエット・トレーニング。それによって選ぶ製品は大きく変わってきます。価格や機能が大きく変わってくるので、まずは自分の目的をはっきりとさせてから製品を絞り込むのも一つの方法ですよ。

健康管理

健康管理が目的で体重計を購入するのであれば、体重が測れるシンプルな設計のものがおすすめです。自分にとって必要な項目が体重・BMI・体脂肪率など必要な項目のものを選ぶとリーズナブルに購入でき、使い方も簡単で毎日続けやすいかもしれません。

 

また毎日気軽に使い続けるためにも、軽くて手入れが楽なものがおすすめです。毎日出したままにしておくのか、立てかけて収納するのか。収納スペースを確認して選ぶのも大切です。体重計によっては立てかけてしまえないものもあるので要チェックです。

 

またガラス天板を採用しているフラットなモデルだと拭き掃除も楽に行えます。毎日使っているとどうしても汚れてきてしまうので、簡単にお手入れができるものだといつでも清潔に長く使えそうですね。

 

ダイエット

ダイエットが目的ならまずは測定可能単位をチェック!大まかな体重管理で良いなら100gでも十分ですが、50g単位のものだとより細かく体重管理ができるのでおすすめです。また体重の他にBMI値・基礎代謝などが測定できるモデルだとダイエットに役立ちそうですね。

 

測定タイプにも注目。両手両足測定タイプなら体型の違いや体内水分の日内変による影響を受けにくいという特長があります。さらに全身の体組成だけではなく、両腕・両脚・体幹といった部位別の体組成チェックを行うこともできます。

 

それに対して両足測定タイプは、乗るだけで計測が可能というメリットがありますが体内水分の日内変動の影響を受けやすいので、毎日同じ時間帯で測る必要があります。どこまでの正確さを求めるかによってタイプを選ぶと良いかもしれませんね。

 

 

 

 

トレーニング

トレーニングが爆発的ブームになっていますが、そんなトレーニングに励む方が購入するならダイエット向け機能にプラスして筋肉量などを測定できるタイプがおすすめです。高性能なモデルだとより詳しく測定ができるので本格的なトレーニングに大活躍します。

 

1週間に12時間以上のトレーニングをしている方にチェックしてもらいたい機能がアスリートモード。一般成人とアスリートでは身体組成の違いから、測定される電気抵抗が異ると言われています。正確に測定するためにもぜひチェックしてほしい項目です。

 

筋力は主に筋肉量や筋質が関係しています。このため、筋肉量だけでなく質も高めることで筋力を高めることが期待できます。そのため、筋質点数の機能を搭載したモデルを選ぶと運動の効果がわかりやすく、運動継続のモチベーションに役立ちますよ。

測定方法で選ぶ

昔ながらのシンプルな体重計と違い、スマホと連携できるタイプのほとんどは測定可能項目がたくさんあります。たくさんあればあるほど価格も高くなりがちなので、不要な出費を抑えるためにもぜひ自分のニーズに合ったものを選ぶようにしてみてください。

とりあえずの日々の体調管理が目的なら体重と体脂肪率

日々の健康管理が目的で購入をするのであれば、体重・体脂肪・BMIが測定できるものがおすすめ。その他にも基礎代謝量体内年齢なども測定ができるものだと健康管理のモチベーションも上がりそうですね。

 

中でも体脂肪率とは体脂肪の量が体重に占める割合のことを言い、体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100で表されます。体脂肪が過剰に蓄積された状態が肥満と呼ばれ、自分の体が今どんな状態か簡単に把握できるのであると便利な測定項目です。

 

面倒なボタン操作をすることなく乗るだけで測定を開始して自動で測定結果をアプリに転送してくれる機能も外せません。日々の健康管理のためには毎日の計測が不可欠です。面倒な動作はなるべくカットできるものだと毎日続けられるかもしれません。

 

 

 

 

 

もう一歩進んだ健康管理なら骨・タンパク・心臓系

日々の健康管理に加えてもう少し詳しく測定したい方には、体水分率・推定骨量・心拍数の測定項目が入ったものがおすすめです。ただし、推定骨量は骨粗しょう症の診断はできないので注意してくださいね。

 

では推定骨量とはどんな項目なのか。骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量を測定できる項目となります。痩せすぎや運動不足は骨量減少の原因となると言われているので、筋肉だけでなく骨量も維持することが大切なんです。

 

体水分率とは、体重に占める血液、リンパ液、細胞外液、細胞内液量の割合のことを言います。体水分は体温を一定に保つなど体にとって重要な働きをしているので、体水分率を確認できる健康管理におすすめな項目です。

 

 

 

 

筋肉の「量」ではなく「状態」を数値化した「筋質点数」

トレーニングをしている方にぜひおすすめしたい項目が筋質点数という項目。これは、デュアル周波数測定により得られた体の情報から筋肉の質を0~100点の点数で評価したものです。

 

筋力は筋肉量だけでなく質も高めることでを高まることが期待できると言われており、筋肉量を気にする方にはぜひおすすめしたいこの項目。筋質は「筋肉量」よりも敏感に変化する傾向があるので、運動の効果が分かりやすくモチベーションに繋がりますよ。

 

筋質点数以外にも、筋肉量・筋肉量判定・左右部位別測定など、トレーニングをしている方には嬉しい筋肉の情報が細かく測定できる機能が搭載されているモデルを選ぶとトレーニングのモチベーションが上がりそうですね。

通信方法で選ぶ

ランキングでもご紹介したように通信機能にはBluetoothとWi-Fiの2種類があります。この2つにはちゃんとした違いがあるんです。違いを知ってどちらの方がより自分に合っているかで選ぶのも一つの方法です。

インターネット環境がないならBluetooth

Bluetoothは、近距離無線通信の規格です。そのため、測定データをお手持ちのスマートフォンに飛ばすためには毎回スマートフォンの用意が必須となります。通信速度や距離はWi-Fiに劣りますが、簡単な設定で使えるのは魅力的ですね。

 

インターネット環境が整っていなくても使えるのも大きなメリット。そのため、Bluetoothの体重計を選べばインターネット環境が整っていない場所でも測定・スマートフォンに記録が簡単に行えます。

 

ダイエットや健康管理は毎日欠かさず測定することが成功する秘訣です。インターネット環境に左右されずどこでも気軽に測定したいと考える方にはBluetooth対応のものをおすすめします。

省ける手間は全部省きたい方はWi-Fi

Wi-Fiは、インターネットを繋ぐことで複数の機器を同時に接続できるものです。Wi-Fiは今や大型スーパーやカフェ、一般家庭など多くの場所で使用されている非常に便利なものですよね。

 

そんなWi-Fi対応の体重計を選ぶ最大のメリットは、測定するだけで自動でデータをスマートオンに転送してくれるところ。自宅にWi-Fi環境さえ整っていれば、測定時にアプリを立ち上げる手間いらずなんです。

 

またWi-Fiは大量のデータ通信が可能となるのも大きなメリット。体重だけでなくたくさんの測定項目を記録したい方は、測定項目と併せてWi-Fi対応かどうかも確かめておくと転送時にスムーズかもしれませんね。

スマホと連携できる体重計のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5267882の画像

    ACEVIVI

  • 2
    アイテムID:5267811の画像

    Fitbit(フィットビット)

  • 3
    アイテムID:5267771の画像

    HANAMO

  • 4
    アイテムID:5267734の画像

    Withings

  • 5
    アイテムID:5267648の画像

    エレコム

  • 6
    アイテムID:5278582の画像

    HANAMO

  • 7
    アイテムID:5265434の画像

    Cozylife

  • 8
    アイテムID:5265412の画像

    Withings

  • 9
    アイテムID:5264140の画像

    EASEHOLD

  • 10
    アイテムID:5264116の画像

    タニタ(Tanita)

  • 11
    アイテムID:5264089の画像

    タニタ(Tanita)

  • 12
    アイテムID:5264077の画像

    RENPHO

  • 13
    アイテムID:5278629の画像

    staryar

  • 14
    アイテムID:5264022の画像

    MASARU

  • 15
    アイテムID:5263994の画像

    タニタ(Tanita)

  • 16
    アイテムID:5266119の画像

    オムロン(OMRON)

  • 17
    アイテムID:5264060の画像

    オムロン(OMRON)

  • 商品名
  • 体組成計 Bluetooth対応
  • スマート体重計 Aria2 FB202WT-JP
  • 体重・体組成計 アプリで健康管理
  • 体重計 WBS06-BLACK-ALL-JP
  • 体重・体組成計 HCS-WFS01BK
  • 体重計 JP-WHITE-236 ホワイト
  • 体脂肪計 体組成計 ITO
  • Withings Body+ WBS05-WHITE-ALL-JP
  • 体重計 Android対応
  • 体組成計 RD-906 WH
  • 体組成計 RD-800-BK
  • スマートスケール
  • 体組成計 スマホ連動
  • 体重・体組成計 180kgまで対応
  • 体組成計 BC-768 WH
  • カラダスキャン HBF-230T-SW
  • 体重体組成計 HBF-227T-SBK
  • 特徴
  • 登録人数は無制限
  • Wi-Fi接続対応の実力派
  • リーズナブルでありながら8項目の測定が可能
  • 計測項目はシンプルに体重とBMIのみの初心者向け体重計
  • 面倒な毎回のデータ転送操作が不要
  • 低価格だけど高性能
  • フランス生まれのスマートな体重計
  • 18項目が測定可能
  • 医療分野の技術を搭載した製品
  • 筋肉の質が分かる
  • USB充電式の体重計
  • 専用アプリで健康管理
  • 13項目測定可能
  • 立てかけ収納ができる
  • いつでも気持ちよく使えるガラス天板
  • 測定データを簡単自動転送できる
  • 価格
  • 2899円(税込)
  • 12980円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 6304円(税込)
  • 5555円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 9060円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 12873円(税込)
  • 31400円(税込)
  • 3099円(税込)
  • 2193円(税込)
  • 2799円(税込)
  • 8100円(税込)
  • 7480円(税込)
  • 8700円(税込)
  • 電源
  • 単4形乾電池3本
  • -
  • USB充電式
  • -
  • 単4形 電池
  • USB充電式
  • 単4形 電池
  • 単4電池×4
  • 単4形 電池
  • DC6V 単3乾電池×4本
  • DC6V 単3形乾電池×4本
  • USB充電式
  • 単4形 電池
  • 単4形 電池
  • DC6V 単4乾電池×4本
  • 単4形 電池
  • 単4形アルカリ乾電池(LR03)×4
  • 登録人数
  • 無制限
  • 8人
  • 10人
  • 8人
  • 4人
  • 10人
  • -
  • 8人
  • 8人
  • 4人
  • 4人
  • 無制限
  • 8人
  • 無制限
  • 5人
  • 4人
  • 4人
  • 通信機能
  • Bluetooth
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • Wi-Fi/Bluetooth
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth/Wi-Fi
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth
  • Bluetooth

まとめ

スマホと連携できる体重計のランキングと選び方、参考になりましたか?測定できる項目、価格などたくさんの商品があるので、ぜひこれだ!と思う1つを見つけてみて下さいね。きっと健康管理やダイエットを頑張るあなたをサポートしてくれますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ