亜麻仁油の人気おすすめランキング15選【美容を意識した油】

記事ID6975のサムネイル画像

さまざまな健康効果が望めるリノール酸が豊富に含まれる亜麻仁油は、最近注目の食用油ですね。毎日少量ずつ摂取してみたい亜麻仁油の人気商品をランキング形式でご紹介します。また、その選び方についてもまとめていますので、参考になさってくださいね!

毎日の食事に取り入れたい亜麻仁油

オメガ3系の脂肪酸を含む健康的な油として注目されている亜麻仁油亜麻仁油は、人の体内では作ることができない必須脂肪酸のうち、オメガ3系脂肪酸を豊富に含む食用油として人気が高まっています。TV番組などで目にした機会もあるのではないでしょうか。

 

脳細胞を活性化させたり、アレルギー症状を抑えるなど、さまざまな健康効果を期待して摂取するには、1日当たり小さじ~大さじ1杯程度の量が良いと言われています。酸化しやすく、加熱してはいけない油なので、保管や使用方法に気をつける必要があります。

 

ここでは、人気の亜麻仁油ランキング形式でご紹介するとともに、その選び方について、抽出方法容器添加物の有無などのチェックポイントについてまとめています。亜麻仁油購入の際の参考になさってくださいね。

亜麻仁油のおすすめ人気ランキング15選

15位

朝日

あまに油

価格:1,007円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯や保存に便利なスティックタイプ

瓶タイプだと開封したら劣化が進んでしまうと心配なら、このような小分けになっている亜麻仁油はいかがでしょうか。スティックになっているので、お弁当に添えて昼食に新鮮なものを摂れますし、いちいち量るのが面倒な時にも便利ですね。

 

1回分の使い切りのポーションタイプで、1日1包で1か月分とわかりやすい量ですね。個包装なので割高にはなりますが、職場や旅行先などに携帯できるのでおすすめです。

抽出方法低温圧搾内容量3g×30袋
容器スティック添加物
備考小分けタイプ

口コミを紹介

アマニ油は、劣化しやすいので保存に困っていました。小分けにしているので、とても使いやすいです。これで、安心して毎日簡単に利用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

成城石井

カナダ産フラックスシードオイル

価格:1,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香りが薄くクセが少なくて飲みやすい

試してみたけど亜麻仁油の独特の香りがダメだった人におすすめの香りが少ないタイプです。クセの少ない味でそのままでも飲みやすいと好評です。その分精製度が高い印象ですが、コスパ的にお求めやすい価格帯だと思います。

 

成城石井ならではのこだわりで、カナダで搾油したものを輸入して千葉県で原油を精製、充填しています。店舗が近くになくても、通販で気軽に購入できるのはありがたいですね。

抽出方法低温圧搾内容量270g
容器遮光瓶添加物
備考一番搾り

口コミを紹介

匂いも少なく飲みやすいです。朝、小匙1杯毎日飲んでます。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

フラット・クラフト

亜麻仁油

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさん使いたい場合におすすめの大容量

毎日続けたいけれど、コスト的に難しいと亜麻仁油を諦めている人に大容量でコスパが良いこちらがおすすめです。2本より3本とセットでまとめ買いするとさらにお買い得なので、家族が多くて、お料理にたくさん使いたい場合に重宝します。

 

クセのない軽いテイストなので、いろいろなお料理に合います。お料理の味を邪魔しない亜麻仁油ですね。

抽出方法低温圧搾内容量360g
容器遮光瓶添加物
備考まとめ買いがお得

口コミを紹介

毎日サラダに使っています。以前は高価な物を使っていたのですが、これはコスパが良いので気兼ねなく沢山使えるのが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

東京セントラルトレーディング

biologicoils 有機アマニオイル レモンフレーバー

価格:1,257円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

亜麻仁油の匂いが苦手な人におすすめ

亜麻仁油の匂いが気になって手を出しにくいという人におすすめなのが、このレモンの香りがする亜麻仁油です。有機JAS認証の亜麻仁油とレモンの香りのコラボで、飲みやすいと好評です。特有のクセが緩和されるので、初めての人も試してみてはいかがでしょう。

 

ヨーグルトやサラダ、パンなどとの相性の良い食べ方ができるので、さっぱり風味を味わうことができる反面、お料理を選んでしまいますが、いろいろ開拓するのも楽しいですね。

抽出方法低温圧搾内容量229g
容器遮光瓶添加物レモン香料
備考有機JAS認証

口コミを紹介

オメガ3系油を色々試していて、亜麻仁油は苦手でした。今までのものの中で、このオイルがダントツ美味です。亜麻仁油のクセよりレモンの香りが先にくるので食べやすいです。ヨーグルトにかけて食べてますが美味しくて食べ過ぎます…。亜麻仁油は苦手ですが、このオイルは大好きです。これなら続けられると感じた一品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

紅花食品

有機亜麻仁油

価格:1,345円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

苦味が後を引く美味しさ

ニュージーランド産で有機JAS認定の亜麻仁油で、後から亜麻仁油特有の苦味を感じられます。そのまま直接飲むのもいいのですが、お料理で摂るほうが苦味を感じにくいと思います。170gとお試しにしても、使い切るにしてもほどよい量で使いやすいですね。

 

パンにそのまま塗ったり、サラダのドレッシングに使ったりと魚料理が苦手な人は試してみませんか?

抽出方法低温圧搾内容量170g
容器添加物
備考有機JAS認定

口コミを紹介

美味しいのでスプーンで飲んでいます。焼き魚にかけると臭みがとれて美味しくなります。サラダや味噌汁などにも入れてます。お気に入りになってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

アズマ

有機亜麻仁オイル

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーガニック亜麻のコクのある味わい

イタリア産の有機亜麻の種を原料にしているオーガニック認証の亜麻仁油です。JASと欧州のオーガニック認証を受けているので、健康に良いものを求める自然志向の人におすすめです。独特の苦味を感じますが、これがスムージーやドレッシングにコクを生み出します。

 

口コミでは香りと苦味の感じ方に好き嫌いがはっきりわかれる感じですが、好みで感じ方も変わるので、実際に試してみて欲しいと思います。

抽出方法低温圧搾内容量250ml(230g)
容器添加物
備考JAS、欧州のオーガニック認証

口コミを紹介

こちらのは独特の風味があります。飲んだ直後にバターのような味がします。その後に苦味がジワーっときます。このバターのような風味がある亜麻仁油は初めてです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

日本製粉

アマニ油

価格:927円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセがなくリーズナブルで使いやすい

クセの強いブラウン種ではなく、カナダの稀少なゴールデン種の亜麻仁を使った亜麻仁油です。クセがないのでそのまま飲んで良し、サラダや温かい料理に混ぜても味を邪魔せず飲みやすい仕上がりです。使いやすいため、定期購入している人も多いようですね。

 

容器がおしゃれなデザインですが保存には心もとない透明な瓶なので、箱のまま保存して遮光するといいかと思います。

抽出方法低温圧搾内容量186g
容器添加物-
備考ゴールデン種の亜麻仁

口コミを紹介

くせが無くておいしいオイルだと思います。スチームした食パンにこのオイルとオリーブ油とほんのちょっとの塩を混ぜて塗って食べてます。サラダと言うより、切った野菜にそのままかけるだけでもおいしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アリーガ(alligga)

フラックスシードクッキングオイル

価格:5,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

加熱調理に使える優れもの!

一般的に亜麻仁油は加熱は厳禁とされているのですが、こちらは低温フィルタリング技術加熱安定性の高い亜麻仁油です。健康のために摂りたい亜麻仁油が、250℃もの熱でも品質が保たれるとあれば、使えるお料理の幅が広がりますね!

 

加熱OKの亜麻仁油があるとは知って驚きましたが、その上オーガニックで未精製とあればぜひとも使ってみたくなりますね。

抽出方法低温圧搾内容量250ml(232g)
容器遮光瓶添加物
備考オーガニック・未精製・加熱調理可

口コミを紹介

健康のために亜麻仁油を摂取していましたが、ドレッシングのようにサラダにかけたりスプーンでそのまま飲んでみたりしていました。なかなか毎日続けられないなと思っていたのですが、これは加熱してもOKなので調理に使えてとても便利!これなら毎日欠かさず摂取することができます。クセもないのでありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

SHAPE FOODS

一番搾り アマニ油

価格:1,251円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

苦味と渋みのコクを味わえる

亜麻仁油ならではの苦味と渋みがしっかりあって、コクを味わえる未精製の亜麻仁油です。食べる人を選ぶ味ですが、その分、一度ハマると美味しくてやみつきになるといえるでしょう。亜麻仁油の風味が好きな人におすすめです。

 

生臭さが気になるようでしたら、煮魚の食べる直前に掛けるなど濃い味と組み合わせてみてもいいかも。直接飲むより、お料理に混ぜたほうが摂りやすいかもしれません。

抽出方法低温圧搾内容量460g
容器遮光瓶添加物
備考未精製

口コミを紹介

この亜麻仁油は、精製されまくった透明なタイプの亜麻仁油ではなく、魚臭さが残ったままの黄色い亜麻仁油です。そのまま食べるとまるで魚の油を食べているかのような魚臭さと苦味があります。感覚的には鯖の味噌煮の油などに近いです。合う料理としては、魚介系の豚骨や味噌のラーメンなどに凄く合います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

フローラ社

亜麻仁油

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クール冷蔵便で品質を保つ姿勢がすばらしい

QAI(国際品質保証協会)認証の有機農法で育った原料で作られた有機亜麻仁油です。こだわりの品質で、輸送での品質保持のためにクール冷蔵便での出荷をするほど徹底的に管理されているのは好感が持てますね。

 

せっかく有機栽培で良質な亜麻仁油ができても、その後の管理でだいなしになっては本末転倒ですので、こうしたしっかりした管理姿勢は評価に値すると思います。

抽出方法低温圧搾内容量230g
容器遮光瓶添加物
備考オーガニック

口コミを紹介

効果ありました!健診結果でコレステロール値が良くなりました。続けてみようかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

東京セントラルトレーディング

BIOPLANETE 有機アマニオイル

価格:896円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

早めに食べ切れる少なめの量

亜麻仁油を試してみたいけど、量があるしけっこう高価…と二の足を踏んでいる人におすすめなのが、この92gと比較的少ない量でお試ししやすい亜麻仁油です。有機JAS認証のヨーロッパ産の亜麻仁で作られた飲みやすいマイルドな味わいになっています。

 

一人暮らしなどでは、なかなかひと瓶を使いきれる自信がない場合も、このコンパクトサイズの亜麻仁油ならちょこちょこ消費できるのではないでしょうか。初めて摂るならオーガニックの味わいを覚えてみてはいかがでしょう。

抽出方法低温圧搾内容量92g
容器添加物
備考有機JAS認証

口コミを紹介

見たときにかなり少ないなと思いましたが、酸化することを考えると使い切りサイズでちょうど良さそうです。癖もないので、料理やデザートなどにかけて食べやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

フラックスシード オイル(亜麻仁油)

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーガニックの低温圧搾一番搾り

オリーブオイルでよく見る表示ですが、エキストラバージンを謳っている亜麻仁油です。オーガニック農園で栽培された種子を化学溶剤や熱を使わずに低温でじっくり絞って、未精製なので天然の栄養がたっぷり入っています。

 

有害物質を混入させないために、容器にも万全を期しているので、毎日摂るのに安全安心の亜麻仁油だと思います。ニュージーランドの大自然が育んだ原料を、低温圧搾で自重でゆっくり抽出した一番搾りの味をお試しください。

 

抽出方法低温圧搾内容量170g
容器遮光瓶添加物
備考オーガニック

口コミを紹介

スムージーに入れて飲んでいます。今まではもっと安価な国産エゴマオイルを使っていましたが、こちらの方が飲みやすくて美味しいです。まさにニュージーランドの大自然の力を感じることができる、飲むオイルですね。サラダやヨーグルトにかけたり、積極的に使いたくなる大好きな味です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

オメガニュートリション社

オメガの有機 亜麻仁油

価格:2,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ産の未精製有機亜麻仁油

有機JAS認証を受けているオーガニックな亜麻仁油です。光と酸素を遮断したオメガフローという独自の低温圧搾で未精製というこだわりよう。それは、一人でも多くの人に良い油を届けたいという世界的有機オイルメーカーならではなのですね。

 

有機の亜麻仁の栄養を最大限に引き出した逸品です。毎日摂りたい亜麻仁油ですが、高品質でのこの価格は納得ではないでしょうか。

抽出方法低温圧搾内容量355ml
容器遮光ボトル添加物
備考未精製

口コミを紹介

TVでアマニオイルが良いときき、早速購入しました。生野菜のサラダに小さじ2杯かけるのを習慣にしました。減量効果はないですが、肌が乾燥でカサカサせず、しっとりしました。また、便秘解消にも役立っているとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

有機 亜麻仁油

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニュージーランド産のJASオーガニック認定品

ニュージーランドのオーガニック農園の原料で作られた有機栽培の亜麻仁油です。大自然の恵みを低温圧搾でゆっくり搾り、亜麻仁油の独特な風味とクセ、濃厚な色がしっかり出ています。JASオーガニック認定で、品質も折り紙つきで安心ですね。

 

一度使うとやみつきになる美味しさを、一度試してみませんか?亜麻仁油の美味しさに開眼するかもしれませんね!

抽出方法低温圧搾内容量170g
容器遮光瓶添加物
備考オーガニック

口コミを紹介

とても品質が良く、美味しくて身体にいい3拍子ですね。サラダにかけたら思いがけなく美味しくて、こんなにサラダを引き立たせるとは予想もつきませんでした。えごまオイルのように少しくせがあるわけでもなく、野菜になじむ絶品オイルとはこのことですね。とても気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ニュー・サイエンス

亜麻仁油

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香りが良くてクセがない高品質

カナダの無農薬栽培認定農場の原料を使っている高品質の亜麻仁油です。低温圧搾で抽出して未精製なので、栄養もたっぷり!その分匂いはありますが、亜麻仁油そのものを味わえるので、体に良いものを摂っていると思えます。

 

さすがにお手頃価格とはいえませんが、本物志向の人におすすめです。370mlでは1ヶ月で使い切れないという場合は200mlの瓶もあるので、1人暮らしだったり使い切る自信がない時は、少ない量がおすすめです。

抽出方法低温圧搾内容量370ml
容器遮光瓶添加物
備考未精製

口コミを紹介

魚の皮の生臭さを濃縮したような(笑)ものすごく癖のある味と感じました。翌日から肌のしっとり感がすごく、アレルギー性鼻炎の症状がおさまり驚き。翌々日は仕事の徹夜明けにもかかわらず体のだるさがいつもより軽く、非常に元気。亜麻仁油を摂取し始めたこと以外になにも変わったことをしていないので亜麻仁油のおかげだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

亜麻仁油の選び方

健康的な油として注目されている亜麻仁油ですが、毎日の食事に取り入れるためにはどんな商品を選べばいいのでしょうか。亜麻仁油を購入する際のチェックポイントをまとめてみました。

亜麻仁油の中身で選ぶ

亜麻仁油は油そのものの調味料なので、他の調味料に比べると混ざり物は少ないものですが、他の油に比べて高価なものです。中身をしっかり吟味して購入しましょう。

低温圧搾法(コールドプレス法)の亜麻仁油

植物油の搾油法には圧搾法、抽出法、圧抽法がありますが、低温圧搾法(コールドプレス法)の亜麻仁油をおすすめします。たくさんの油を抽出するために高温圧搾法で作られる亜麻仁油では、せっかくの栄養が壊されている可能性があります。

 

もともと亜麻仁油は熱に弱い油なので、高温圧搾法では熱によって有害な物質が生まれてしまう危険性もあります。低温圧搾法で作られた亜麻仁油は、比較的価格も高めなことが多いので、価格も判断のひとつとして注目してみましょう。

未精製の亜麻仁油

亜麻仁の独特のクセが気になる人は、無味無臭に近くて摂取しやすい精製された亜麻仁油を好まれるかもしれませんが、亜麻仁油本来の栄養をまるごと摂りたい場合は、未精製の亜麻仁油がおすすめです。

 

精製度が高くなると色が薄くなり、苦味や渋みが少なくなって飲みやすいと感じます。亜麻仁油が苦手という人には、精製度が高いものから始めてみるのもいいかもしれませんが、より健康効果を期待するなら、やはり未精製の亜麻仁油に勝るものはないでしょう。

 

香りや苦味、渋みなどの亜麻仁油のクセを気にせずに摂るには、そのまま飲むよりドレッシングや野菜ジュースなどに混ぜるようにするといいでしょう。味の濃いお料理の食べる直前にかけると、コクが出て美味しくなることもあるのでお試しください。

添加物なしの亜麻仁油

酸化しやすい亜麻仁油には、保存料酸化防止剤などの添加物が入っているものもあります。健康を考えるなら、やはり余計な添加物は入っていないものを選びたいものですね。酸化を気にするのでしたら、短期間(1ヶ月程度)で使い切る量を考えて購入しましょう。

オーガニックな亜麻仁油

健康のために亜麻仁油を摂取するなら、オーガニック商品を検討してみませんか?有機JAS認証や海外のオーガニック認証の有無をチェックしてみましょう。JASBIOUSDAの文字がパッケージにあるかを見てみてくださいね。

フレーバー入りの亜麻仁油

亜麻仁油の香りが苦手という声は、意外と多いものですね。そんな場合は、レモンやオレンジなどのフレーバー入りのものを試してみてはいかがでしょうか。使えるお料理の幅は狭まるかもしれませんが、意外とこれなら食べられると実感することも多いようです。

 

柑橘系のさっぱりとした風味で、サラダのドレッシングやヨーグルトのトッピングなどで美味しくいただけます。香り付けのレモンなどを別に用意することなく、ドレッシングを作るのも手軽にできますね。

亜麻仁油の容器で選ぶ

光や熱で劣化が早まる亜麻仁油は、保存容器が重要です。遮光容器(ボトル)遮光に入っている亜麻仁油を選びましょう。酸化した油は健康効果が薄れるだけではなく、活性酸素と反応して過酸化脂質を作り出す原因にもなりかねません。

 

品質保持のために、光や熱にさらされるガスコンロ周りではなく、冷蔵庫に保管して早めに使い切るように心がけてください。加熱調理には向かない油冷やしても固まらないので、必ず冷蔵庫!と覚えておくといいですね。

 

瓶だと多い、開封してからの劣化が気になる場合は、1回分ずつを小分けにしてあるポーションタイプがおすすめです。使い切りできる量で携帯もできるので、出先でも新鮮な亜麻仁油を必要なだけ摂ることができます。

亜麻仁油の内容量で選ぶ

他の油に比べて酸化するのが早い亜麻仁油は、1ヶ月ほどで使い切る量を買うのがおすすめです。1人当たり1日分の5g(小さじ1杯)×家族の人数×30日とすると、1ヶ月あたりのだいたいの量がわかると思うので、目安にしてください。新鮮なうちに使い切りましょう!

亜麻仁油の健康効果

亜麻仁油にはさまざまな健康効果が期待できますが、どんな効果があるかをご存知でしょうか?ここでは、亜麻仁油を摂取することで期待できる効果について簡単にまとめてみました。

オメガ3系脂肪酸

亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は、オメガ3系脂肪酸と呼ばれる多価飽和脂肪酸の一種です。認知症やアルツハイマー病の脳疾患、アトピーなどのアレルギー症状や皮膚のトラブル、動脈硬化の予防などに効果があるとされています。

 

オメガ3系脂肪酸は、DHAやEPAを含む魚でも摂取できますが、昔に比べて魚の摂取量は減っているといわれています。魚料理が苦手な人や菜食主義者、サラダなどで手軽に取りたい人でも油という形で取れるので、摂取方法のひとつとしておすすめですね。

 

また、α-リノレン酸は魚介類だけではなく、クルミ亜麻仁油のような植物由来のものからも摂ることが推奨されているので、積極的にお料理に使っていきたい油だといえます。

リグナン

亜麻仁油に含まれるリグナンは、抗酸化作用があるポリフェノールです。女性ホルモンのエストロゲンの調整作用があるといわれています。エストロゲンの量で左右される疾患(心臓疾患や骨粗しょう症)やガンなどの予防効果が期待されています。

加熱性と非加熱性の亜麻仁油

亜麻仁油は熱を加えない使い方が主流ですが、加熱できる亜麻仁油もあります。せっかくの栄養や成分を無駄にしないように使い分けましょう。

生食が基本の亜麻仁油

亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は、熱や光で酸化しやすい繊細なものなので、酸化させずに摂取することが大切です。早めに使い切ることはもちろんのこと、焼いたり、炒めたり、揚げたりといった40℃を超える熱を加えるお料理には使用不可と思ってください。

 

冷たいお料理に向いている亜麻仁油は、豆腐や納豆、ヨーグルトにかけたり、サラダのドレッシングに使ったり、スムージーやジュースに混ぜたりなどがおすすめです。温かい味噌汁やスープなどは、食べる直前に入れるといいですね。

 

 

加熱調理ができる亜麻仁油

栄養を損なうために加熱できないと思っていた亜麻仁油ですが、メーカーの技術開発により、加熱調理もできる商品があります。他の亜麻仁油とは一線を画す画期的な商品ですが、これで亜麻仁油を使う料理がたくさんできますね!

 

油ですので摂り過ぎには注意ですが、炒め物や揚げ物にも使える亜麻仁油は重宝します。低温圧搾で未精製という高品質は、ぜひ一度は使ってみたい亜麻仁油かと思います。

亜麻仁油のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5245769の画像

    ニュー・サイエンス

  • 2
    アイテムID:5246181の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 3
    アイテムID:5246326の画像

    オメガニュートリション社

  • 4
    アイテムID:5246558の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 5
    アイテムID:5247280の画像

    東京セントラルトレーディング

  • 6
    アイテムID:5247227の画像

    フローラ社

  • 7
    アイテムID:5247033の画像

    SHAPE FOODS

  • 8
    アイテムID:5247323の画像

    アリーガ(alligga)

  • 9
    アイテムID:5247263の画像

    日本製粉

  • 10
    アイテムID:5247162の画像

    アズマ

  • 11
    アイテムID:5247060の画像

    紅花食品

  • 12
    アイテムID:5246915の画像

    東京セントラルトレーディング

  • 13
    アイテムID:5246794の画像

    フラット・クラフト

  • 14
    アイテムID:5246289の画像

    成城石井

  • 15
    アイテムID:5246819の画像

    朝日

  • 商品名
  • 亜麻仁油
  • 有機 亜麻仁油
  • オメガの有機 亜麻仁油
  • フラックスシード オイル(亜麻仁油)
  • BIOPLANETE 有機アマニオイル
  • 亜麻仁油
  • 一番搾り アマニ油
  • フラックスシードクッキングオイル
  • アマニ油
  • 有機亜麻仁オイル
  • 有機亜麻仁油
  • biologicoils 有機アマニオイル レモンフレーバー
  • 亜麻仁油
  • カナダ産フラックスシードオイル
  • あまに油
  • 特徴
  • 香りが良くてクセがない高品質
  • ニュージーランド産のJASオーガニック認定品
  • アメリカ産の未精製有機亜麻仁油
  • オーガニックの低温圧搾一番搾り
  • 早めに食べ切れる少なめの量
  • クール冷蔵便で品質を保つ姿勢がすばらしい
  • 苦味と渋みのコクを味わえる
  • 加熱調理に使える優れもの!
  • クセがなくリーズナブルで使いやすい
  • オーガニック亜麻のコクのある味わい
  • 苦味が後を引く美味しさ
  • 亜麻仁油の匂いが苦手な人におすすめ
  • たくさん使いたい場合におすすめの大容量
  • 香りが薄くクセが少なくて飲みやすい
  • 携帯や保存に便利なスティックタイプ
  • 価格
  • 4104円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 2460円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 896円(税込)
  • 2700円(税込)
  • 1251円(税込)
  • 5480円(税込)
  • 927円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 1345円(税込)
  • 1257円(税込)
  • 998円(税込)
  • 1285円(税込)
  • 1007円(税込)
  • 抽出方法
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 内容量
  • 370ml
  • 170g
  • 355ml
  • 170g
  • 92g
  • 230g
  • 460g
  • 250ml(232g)
  • 186g
  • 250ml(230g)
  • 170g
  • 229g
  • 360g
  • 270g
  • 3g×30袋
  • 容器
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • 遮光ボトル
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • 遮光瓶
  • スティック
  • 添加物
  • -
  • レモン香料
  • 備考
  • 未精製
  • オーガニック
  • 未精製
  • オーガニック
  • 有機JAS認証
  • オーガニック
  • 未精製
  • オーガニック・未精製・加熱調理可
  • ゴールデン種の亜麻仁
  • JAS、欧州のオーガニック認証
  • 有機JAS認定
  • 有機JAS認証
  • まとめ買いがお得
  • 一番搾り
  • 小分けタイプ

まとめ

健康のために毎日の食事に使いたい亜麻仁油ランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたか?抽出方法や容器などのチェックポイントを活かして、美味しい亜麻仁油を購入する際の参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ