電動サンダーの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID6829のサムネイル画像

電動サンダーは金属や木材の研磨をする道具で、電動サンダーを使用することで手動で研磨するよりも効率的に作業を行うことができます。電動のため疲れにくく手動よりもキレイに仕上がるのでおすすめです。今回はおすすめの電動サンダーの種類や選び方をランキングで紹介します。

塗装剥がしにも使える電動サンダー

電動サンダーは本体にサンドペーパーを装着して電気の力で木材や金属を研磨する電動工具の1つですが、研磨するだけではなく様々なアイテムの塗装を剥がす用途としても電動サンダーは使用されることが多いです。

 

自分で新しく塗装をしたい場合は古い塗装が邪魔になります。手作業で塗装を剥がすのには労力と時間が多く掛かってしまいます。電動サンダーを使用することで誰でも簡単に古い塗装を剥がすことができます

 

また他にも金属に付いてしまったサビなどを取ることができることも電動サンダーの大きな特徴の1つです。今回は電動サンダーの種類や性能性、機能性の観点からランキングを作成しました。

電動サンダーの人気ランキング15選

15位

HiKOKI(ハイコーキ)

ミニサンダ

価格:5,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パット穴集塵方式採用

パットに集塵穴が開いているため、作業をしながら強力に粉塵をキャッチしてくれる大人気の電動サンダーです。一般的な回転運動だけでなくプラス偏心運動をするため、回転軸をずらしながら回転します。そのため高い研削能力を発揮し、非常にキレイな仕上がりになります。大型ソフトグリップ採用で手にフィットしやすく安定した作業が行えます

種類オービタルサンダー電源タイプコード式
消費電力200Wパッドサイズ110×100mm
回転数14,000回/分吸塵パック付属

口コミを紹介

発注翌日にとどきました。オービタルサンダーにしては、かなり静かなのかなとおもいます。室内でテーブルを削るのに使用しましたが、特に養生をせずに使用できました。かなりよい商品と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

新興製作所

サンダー

価格:2,832円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

仕上げや塗装剥がしにも

非常にシンプルなオービタルサンダーで3種類のサンディングペーパー各6枚が付属しているため、届いてすぐに使用することができます。木材や金属の研磨だけではなく仕上げや塗装剥がしにも最適です。回転数は12000/min-1もあるため、効率的に作業をすることができるリーズナブルな人気の商品です。

種類オービタルサンダー電源タイプコード式
消費電力150Wパッドサイズ幅90×長さ187mm
回転数12,000min-1吸塵パック無し

口コミを紹介

値段が安いのであまり期待は、してなかったのですが、思った以上の商品でした。少しでも長く使用できたらと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

イーバリュー(E-Value)

ランダムサンダー

価格:3,579円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードの長さが2mと長い

電源コードの長さが2mもあるためコンセントから少し離れていても作業が行える人気の電動サンダーです。種類はランダムサンダーなのでパッドが円形状になっており、曲面の研磨を行うのに最適です。集塵パックも付いているため粉塵が出にくい点もおすすめのポイントで、ラバーグリップで手に馴染みやすいおすすめの商品です。

種類ランダムサンダー電源タイプコード式
消費電力220Wパッドサイズ125mm径
回転数12500回転/分吸塵パック付属

口コミを紹介

私はヨットの船底を塗装する前に前回塗装をした塗料を剥離するために購入しました。今までの手作業でごしごし削っているより、10倍ほど楽に剥離できました。家でベランダの手すりなどを塗装する下準備にも役立ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ボッシュ(BOSCH)

吸じんマルチサンダー

価格:6,848円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトタイプのマルチサンダー

ラバーグリップを装備しているため、手にフィットしやすく本体も900gと軽量なので利き手関係なく使用しやすい人気の商品です。新マイクロフィルターシステムを搭載しているので、吸い上げた粉塵をしっかりろ過してキレイな空気だけを排出します。先端の三角部分は取り外しが可能で、好きな方向に取り付けられるのでペーパーを無駄にしません

種類コーナーサンダー電源タイプコード式
消費電力80Wパッドサイズ105×154×154
回転数11250min-1吸塵パック付属

口コミを紹介

今まで、丸型を使っていましたが、これはアイロンの形になっているところが隅々(角の隅の隅まで)までサンディングできるのが素晴らしいと思いました。女子が使っても重くないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

髙儀(Takagi)

吸じんオービタルサンダー

価格:4,125円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすいトップハンドル

ハンドルのタイプがトップハンドルになっているため使いやすい人気のオービタルサンダーです。吸塵パックも付いているため屋内での使用もやりやすく、コンパクトサイズですが両手でも作業しやすい形状で、女性でも楽に扱うことが可能です。回転数を調整することができるので、作業するポイントに合わせやすい点もおすすめのポイントです。

種類オービタルサンダー電源タイプコード式
消費電力150Wパッドサイズ約90×186(mm)
回転数約5,000~11,000 min-1吸塵パック付属

口コミを紹介

他のオービタルサンダーの使用経験がないので比較は出来ません。しかし、不具合なく使える。手作業よりは、はるかに効率が良いし、安かったので優とします。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ボッシュ(BOSCH)

吸じんランダムアクションサンダー

価格:9,231円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低振動で疲れにくい

キャリングケースやペーパー取り付けアダプターも付属しているため、持ち運びに便利でぺーパーの取り付けも簡単に行える人気の商品です。両手で握りやすいハンドルタイプになっており、振動も少ないので長時間の作業でも疲れにくいです。回転数も2000~12000まで調整することができるので、作業するポイントに合わせやすい商品です。

種類ランダムサンダー電源タイプコード式
消費電力260Wパッドサイズ
回転数2,000-12,000回転/分吸塵パック付属

口コミを紹介

風呂の石鹸カスや台所のシンク、人造大理石、屋外のタイルなど、主に水磨きで使用中。磨きに適している回転速度(2000rpm~)で、無段階調節可能。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

髙儀(Takagi)

ベルトサンダー

価格:5,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作業台に固定が可能

電動サンダーの中でも特に研磨力の高いベルトサンダーです。本体を手に持って作業するだけではなく作業台に本体を固定して素材を当てて研磨する使い方も可能で2Wayの使い方ができるおすすめの商品です。ベルトの幅は約76mmと非常に広いので太い素材でも研磨しやすく、回転数も高いおすすめのベルトサンダーです。

種類ベルトサンダー電源タイプコード式
消費電力680Wパッドサイズ
回転数約28,000min-1吸塵パック付属

口コミを紹介

バイブ式のサンダーを使っていましたが埃が舞って仕方なかったのと削り具合があまり良くなかったのでサンダーを探していました。削り具合も良いし埃の立具合がましになりました。もう一つよかったのは小物を削るときにサンダー面を上にして固定すれば小物をペーパー面にあてて磨けたことでした。1台2役に使えるのが良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

TACKLIFE JP

ランダムサンダー

価格:4,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無段変速が可能

しっかりとした冷却システムが搭載されており、長時間の作業でも本体が熱くなりにくい大人気のランダムサンダーです。0-13000OPMまでの無段変速が可能で、素材や作業に合わせやすい点もおすすめのポイントです。300Wの強力パワーで効率の良い作業が可能です。丸形ソフトグリップで振動が少ないため疲れにくい電動サンダーです。

種類ランダムサンダー電源タイプコード式
消費電力300Wパッドサイズ径125mm
回転数0-13000OPM吸塵パック付属

口コミを紹介

これまで、四角い電動サンダーしか使ったことが無かったのですが、こちらの方がよく削れて、ペーパーの持ちも良いし、なにより速度調整ができるので、削り代の調整が簡単にできるのがありがいです。四角い電動サンダーが使いやすい場面もありますが、先にこちらを買っておくべきでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

リョービ(Ryobi)

ベルトディスクサンダ

価格:20,548円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディスクサンダーも搭載

研磨力の高いベルトサンダーだけではなくディスクサンダーも搭載されている使い勝手の良い電動サンダーです。ディスク部分はマジック式でペーパー径も150mmと大きいため様々な用途に使用できます。ベルトサイズも100×915mmと非常に幅が広いため太い素材でもしっかりと研磨することが可能なおすすめの商品です。

種類ベルトディスクサンダー電源タイプコード式
消費電力400Wパッドサイズ
回転数(50Hz)2,800min-1・(60Hz)3,400min-1吸塵パック無し

口コミを紹介

今までの手作業でのヤスリがけが馬鹿らしくなる程よく削れます。早く購入していれば良かったと後悔するくらいです。ただし、動作音はかなり大きいです。ルーターやジグソウ程ではないですがそこそこご近所に気を使うレベルですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ボッシュ(BOSCH)

吸じんオービタルサンダーPRO

価格:9,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低振動設計で疲れにくい

サンディングペーパーの着脱が確実で簡単に行えるイージーフィットシステムを採用しているため女性でも簡単に扱うことができます。ペーパーを高い密着度で装着することができるため、仕上がりが非常に美しいです。電子無段変速機能だけでなく低振動設計にもなっているため非常に使い勝手の良いおすすめの電動サンダーです。

種類オービタルサンダー電源タイプコード式
消費電力300Wパッドサイズ92x182mm
回転数7,000~12,000min-1吸塵パック付属

口コミを紹介

マキタのDIY用を使用していましたがヤスリを都度張り替えするのがめんどうだったので、2台体制にするため試しにプロ用なのに安かったこちらを購入。吸じん機能は凄いし削りの安定感も凄い‼ こっち一台ばかり使用しています。オービタルサンダーの購入を検討の方はぜひお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

マキタ(Makita)

充電式ランダムオービットサンダ

価格:14,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式で使い勝手が良い

本体重量が1.6kgと少し重量がありますが、その分しっかりと研磨することができる人気のランダムサンダーです。電動サンダーには珍しくコード式ではなく充電式のため、好きな場所で使用がしやすい点もおすすめのポイントです。回転数は3段階で調整することが可能なので使い勝手が良く、握りやすいグリップ形状の商品です。

種類ランダムサンダー電源タイプ充電式
消費電力パッドサイズφ123mm
回転数高速11,000・中速9,500・低速7,000回転/分吸塵パック付属

口コミを紹介

コード式のものも持っていますが、電源の無い現場で使用する機会がありましたので購入しました。パワーが有り、他の充電工具とバッテリーが共有出来ますのでとても良いです。コード式の出番がなくなるかも?

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ワットノット(Whatnot)

サンダー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチ式の電動サンダー

ワンタッチ式の電動サンダーなので機械に弱い方や女性でも楽に扱うことが可能な大人気のオービタルサンダーです。紙ヤスリではなく布ヤスリを採用しているため、ヤスリの耐久力は3倍もあります。ヤスリ装着部は誰でも簡単に脱着が可能なワンタッチのクリップ方式を採用しています。価格もリーズナブルなおすすめの商品です。

種類オービタルサンダー電源タイプコード式
消費電力150Wパッドサイズ90×187mm
回転数12000min-1吸塵パック

口コミを紹介

この値段で布ヤスリがついてすぐ使えるのでかなりお得だと思います。ギターの塗装剥離と下地処理に使用しましたが不満は無いです。強いて上げると細かい部分が届かない、少し大きい、少し重いくらいでしょうか。コストパフォーマンス、作業性は本当に良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

三共コーポレーション

ミニデルターサンダー

価格:2,174円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい場所に最適

コードの長さが3.0mもあるコード式のミニデルタサンダーで、細かい場所などの作業にも最適な大人気の商品です。二重絶縁構造になっているため、安心して使用することができる点もおすすめのポイントです。研磨具の交換はマジックテープ式なので誰でも簡単に脱着を行うことができるコンパクトなコーナーサンダーです。

種類コーナーサンダー電源タイプコード式
消費電力105Wパッドサイズ
回転数12000min-1吸塵パック

口コミを紹介

ギターの塗装を剥がすために購入しました。小型で平らでない面も快適に削れました。
電気工具は高いので、この低価格が助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

リョービ(Ryobi)

ミニサンダ

価格:8,068円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強制集塵も可能

片手で扱えるほどサイズがコンパクトなミニサンダーです。女性でも楽に扱えるためDIYなどでの使用にも最適で、別売りの集塵カバーで強制集塵をすることも可能です。マジック式、クランプ式も使用が可能なので使い勝手が良いです。マイクロスティックパッド採用でペーパーの着脱も簡単に行えるおすすめの商品です。

種類オービタルサンダー電源タイプコード式
消費電力170Wパッドサイズ75×105mm
回転数12,000min-1吸塵パック対応

口コミを紹介

車の水垢鱗落としの為に購入。知り合いのハウスクリーニング業者が鏡磨き用に使用しているのを見て購入しました。さすがプロも使用する機械だけあってパワフル。手作業だったら何時間いや、何日かかっただろう・・・というような作業も数十分で完了。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タックライフ(Tacklife)

サンダー

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい部分の作業に最適

小回りが利きやすく操作性に優れているコーナーサンダーです。細かい部分までしっかりと研磨することが可能なので使い勝手が良いです。本体のサイズがコンパクトなため、手の小さな女性でも楽に扱うことが可能です。低振動、低騒音設計になっているので屋内での使用でも周囲に迷惑をかけにくいおすすめの商品です。

種類コーナーサンダー電源タイプコード式
消費電力130Wパッドサイズ
回転数0-12000RPM吸塵パック付属

口コミを紹介

まずはコンパクトで、重くもなく、使いやかったです。パワーも強力。電源コードが3mあるのも良かったです。取説も日本語バージョンがあり、分かりやすく、簡単取り付けで手軽に作業できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

電動サンダーの選び方

電動サンダーは多くのメーカーから様々な種類が販売されています。性能や機能の違いなども多くあるので自分のニーズに最適な商品を選ぶことが重要なポイントです。

電源タイプから選ぶ

電動サンダーには2種類の電源タイプが搭載されています。それぞれにメリットやデメリットがあるのでしっかりと選ぶようにしましょう。

充電式から選ぶ

充電式は電源コードを必要としないので好きな場所で使用することができる使い勝手の良さが大きな特徴です。充電さえしておけば好きな時に使用が可能で、取り回しもやりやすいため高い人気を得ています。

 

ただし、充電が少なくなってくるとパワーが落ちてしまう製品も多いです。また電動サンダーの中では充電式の種類は少ないため探すのが難しい点はデメリットです。

コード式から選ぶ

電動サンダーの中では一般的な電源タイプはコード式です。コードの長さは商品の種類によって様々ですが、大体は1.5~3mの間が多いです。充電式と違いコンセントの近くでしか使用できない点はデメリットです。

 

ただし、充電をする必要がないので好きな時に使用がしやすく充電切れの心配がない点は大きなメリットです。またパワーが強い製品が多いので作業効率を上げたい場合にもおすすめの電源タイプです。

種類から選ぶ

電動サンダーには大きく分けて4種類のサンダーがあります。それぞれに最適な使用用途などもあるため、自分が使用するシーンに最適な種類から選ぶことが重要です。

オービタルサンダーから選ぶ

オービタルサンダーは荒削りの段階だけでなく最終的な仕上げにまで使用がしやすい万能の電動サンダーです。市販で販売されているサンディングペーパーも使用が可能なのでランニングコストが低く使いやすいです。

 

ただし下記で紹介する種類と比較すると研磨力が弱く、強力な研磨力が必要な塗装剥がしなどには向かないので注意が必要です。扱いやすい種類でもあるため、DIYや日曜大工などでも多く使用される人気の種類です。

ランダムサンダーから選ぶ

ランダムサンダーはオービタルサンダーとは違い市販のサンディングペーパーには対応していませんが、形状が円形になっている種類の電動サンダーです。接地面が少ないため平面だけでなく曲面の研磨にも最適な種類です。

 

またサンディングペーパー以外にもスポンジなども付けて使用することが可能で、ワックス掛けなどに使用することもできます。使用した後のムラもできにくいため仕上げが非常に美しいことが特徴の種類です。

コーナーサンダーから選ぶ

コーナーサンダーは別名としてデルタサンダーとも呼ばれる種類で、アイロンのような三角形の形状をしていることが大きな特徴です。そのため細かい部分や角などの研磨がしやすく、狭い場所でもしっかり研磨ができる人気の種類です。

 

こちらも市販のサンディングペーパーを使用することができないので注意が必要です。広い範囲などの研磨には向いていないため、あくまでも角部分や狭い部分の研磨にだけ使用するようにすると作業効率もアップし仕上がりも美しくなります。

ベルトサンダーから選ぶ

ローラーに専用のベルトを装着して回転させることで研磨するのがベルトサンダーです。上記で紹介した電動サンダーの中では最も研磨力が高く、塗装剥がしなどの強力な研磨力が必要な作業におすすめの種類です。

 

一般的にはプロ向けともされているので一般家庭で使用する機会は少ないです。素材に対して当てにいく製品と、作業台にベルトサンダーを固定して素材を当てに行く種類があります。

サイズや重量から選ぶ

電動サンダーは手に持って使用するアイテムなのでサイズや重量など、自分の用途に最適なサイズの製品から選ぶことも重要です。

サイズ(両手・片手)から選ぶ

電動サンダーの中には両手でしっかり持って作業する製品と片手でも簡単に扱えるコンパクトなサイズの製品が販売されています。しっかりと力を入れるなら両手で使用するサイズの製品を、女性など力がない方が使用する場合はコンパクトなサイズがおすすめです。

重量から選ぶ

電動サンダーは手に持って作業をするので軽量な製品が良いと考える方も多いですが、実際は力を入れて研磨する必要があるため、重量がある程度ある製品の方が使い勝手が良く人気が高いです。

 

あまりに軽すぎると力を入れる際に本体の重量によるプラス効果が期待できないため自分の力だけでしっかり押し付ける必要が出てきます。そうなると長時間の作業では疲れてしまうので、ある程度は重量のある製品から選ぶのがおすすめです。

吸塵パックに対応している製品から選ぶ

木材だけでなく金属に対して使用する電動サンダーは研磨するため、どうしても粉塵が出てきてしまいます。吸塵パックが装着できる製品だと粉塵を作業しながら吸引してくれるため粉塵を気にせず作業ができます。

 

特に屋内で使用する場合は粉塵のせいで作業がやり辛くなってしまうので注意が必要です。ただし、吸塵パックが装着できるからといって換気などが必要なくなる訳ではない点は注意です。粉塵を吸い込まないようにする準備と換気はどんな状態でも行うようにしましょう

市販のサンドペーパーに対応している製品から選ぶ

電動サンダーの種類によっては市販で販売されているサンディングペーパーが使用できる製品も販売されています。市販のサンディングペーパーが使用できるとランニングコストも掛からずに経済的なのでおすすめです。

 

たまにしか使用しない場合は専用のサンディングペーパーしか使用できない製品でも気にはなりませんが、定期的に使用することがある場合は市販のサンディングペーパーに対応しているかどうかは事前にチェックしておきましょう。

静音性の高い製品から選ぶ

電動サンダーはどんなにコンパクトな製品でも音が大きく出てしまいます。そのため近くに住人が住んでいる場合や夜に作業を行うことが多い場合は静音性の高い製品から選ぶことも重要です。迷惑を掛けないためにも音には注意しておくようにしましょう。

回転数を調整できる製品から選ぶ

回転数を自在に調整できる電動サンダーは素材や作業のポイントに合わせて回転数を変えることができるのでおすすめです。また回転数を下げることで音も静かになるため音が気になる方も回転数の調整できる製品から選ぶのがおすすめです。

パッドの大きさから選ぶ

より効率的に研磨作業を行いたい場合にチェックするポイントとして回転数をチェックする方も多いですが、回転数の他にパッドの大きさもチェックするのがおすすめです。パッドが大きいと結果的に研磨効率が上がるので効率重視の方はパッドの大きさをチェックしましょう。

電動サンダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5224282の画像

    タックライフ(Tacklife)

  • 2
    アイテムID:5224271の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:5224259の画像

    三共コーポレーション

  • 4
    アイテムID:5224205の画像

    ワットノット(Whatnot)

  • 5
    アイテムID:5224187の画像

    マキタ(Makita)

  • 6
    アイテムID:5224168の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 7
    アイテムID:5224156の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 8
    アイテムID:5224138の画像

    TACKLIFE JP

  • 9
    アイテムID:5224120の画像

    髙儀(Takagi)

  • 10
    アイテムID:5224098の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 11
    アイテムID:5224083の画像

    髙儀(Takagi)

  • 12
    アイテムID:5224013の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 13
    アイテムID:5223789の画像

    イーバリュー(E-Value)

  • 14
    アイテムID:5223758の画像

    新興製作所

  • 15
    アイテムID:5223728の画像

    HiKOKI(ハイコーキ)

  • 商品名
  • サンダー
  • ミニサンダ
  • ミニデルターサンダー
  • サンダー
  • 充電式ランダムオービットサンダ
  • 吸じんオービタルサンダーPRO
  • ベルトディスクサンダ
  • ランダムサンダー
  • ベルトサンダー
  • 吸じんランダムアクションサンダー
  • 吸じんオービタルサンダー
  • 吸じんマルチサンダー
  • ランダムサンダー
  • サンダー
  • ミニサンダ
  • 特徴
  • 細かい部分の作業に最適
  • 強制集塵も可能
  • 細かい場所に最適
  • ワンタッチ式の電動サンダー
  • 充電式で使い勝手が良い
  • 低振動設計で疲れにくい
  • ディスクサンダーも搭載
  • 無段変速が可能
  • 作業台に固定が可能
  • 低振動で疲れにくい
  • 使いやすいトップハンドル
  • コンパクトタイプのマルチサンダー
  • コードの長さが2mと長い
  • 仕上げや塗装剥がしにも
  • パット穴集塵方式採用
  • 価格
  • 3299円(税込)
  • 8068円(税込)
  • 2174円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 14084円(税込)
  • 9530円(税込)
  • 20548円(税込)
  • 4799円(税込)
  • 5365円(税込)
  • 9231円(税込)
  • 4125円(税込)
  • 6848円(税込)
  • 3579円(税込)
  • 2832円(税込)
  • 5880円(税込)
  • 種類
  • コーナーサンダー
  • オービタルサンダー
  • コーナーサンダー
  • オービタルサンダー
  • ランダムサンダー
  • オービタルサンダー
  • ベルトディスクサンダー
  • ランダムサンダー
  • ベルトサンダー
  • ランダムサンダー
  • オービタルサンダー
  • コーナーサンダー
  • ランダムサンダー
  • オービタルサンダー
  • オービタルサンダー
  • 電源タイプ
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • 充電式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • コード式
  • 消費電力
  • 130W
  • 170W
  • 105W
  • 150W
  • 300W
  • 400W
  • 300W
  • 680W
  • 260W
  • 150W
  • 80W
  • 220W
  • 150W
  • 200W
  • パッドサイズ
  • 75×105mm
  • 90×187mm
  • φ123mm
  • 92x182mm
  • 径125mm
  • 約90×186(mm)
  • 105×154×154
  • 125mm径
  • 幅90×長さ187mm
  • 110×100mm
  • 回転数
  • 0-12000RPM
  • 12,000min-1
  • 12000min-1
  • 12000min-1
  • 高速11,000・中速9,500・低速7,000回転/分
  • 7,000~12,000min-1
  • (50Hz)2,800min-1・(60Hz)3,400min-1
  • 0-13000OPM
  • 約28,000min-1
  • 2,000-12,000回転/分
  • 約5,000~11,000 min-1
  • 11250min-1
  • 12500回転/分
  • 12,000min-1
  • 14,000回/分
  • 吸塵パック
  • 付属
  • 対応
  • 付属
  • 付属
  • 無し
  • 付属
  • 付属
  • 付属
  • 付属
  • 付属
  • 付属
  • 無し
  • 付属

まとめ

電動サンダーはプロ向けの工具だけではなく一般家庭でも使用がしやすい製品も多く販売されています。DIYや日曜大工を趣味とする方も多くなってきたことで手軽に使用できる製品も人気が高く、お気に入りの電動サンダーを購入してDIYなどをもっと楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ